芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/10(月) 06:46:38.85 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    オリエンタルラジオの中田敦彦が、12月5日放送の『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で、メイプル超合金・カズレーザーへの思いを明かした。

    中田はカズレーザーが初めて『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)に出演した際に共演。
    楽屋では飄々としていたが、本番で正解を連発したという。

    その姿を見て「クイズの才能って、これなんだ!」と中田は驚き、収録中に「俺、もう2度と『Qさま』出ないでおこう」と決断。

    それまで同番組で、芸人ではロザン宇治原史規しか「ライバルがいなかった」と明かし、
    宇治原に「世代交代のタイミングが来ましたね」と宣言したこともあったが、別の路線に進むことを決めた。

    「これ全然違うストーリー始まるわ。俺も俺で、そういうクイズよりプレゼンテーションとか、
    アカデミックなことや、ビジネスに興味を持ち始めてたから。『俺はここじゃねぇんだな』と」

    そこで「カズ、頑張ってね」とエールを送り、「盛大に負けを認めた後輩の一人」と語っていた。

    「クイズ番組の仕組み」について、中田は2013年5月12日放送の『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』(テレビ朝日系)で告白。

    難問を正解する回答者だけでなく、簡単な問題でも不正解するおバカタレントを出演させる理由について、「視聴者に優越感を抱かせる」ためだと力説。

    中田は、一度はクイズで天下取りを目指したが、現在はビジネスに軸足を起き、講演などを行うビジネスサロン、SKE48古畑奈和のアルバム曲のプロデュースなど多方面に活動。
    お笑い芸人の可能性を広げる存在として注目されている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15715418/
    2018年12月9日 11時0分 Smart FLASH


    【【芸能】オリラジ中田敦彦、カズレーザーを見てクイズ道から引退決意】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/10(月) 14:28:52.80 ID:CAP_USER9.net

    9日放送の『上沼・高田のクギズケ』(読売テレビ系)で、上沼恵美子が『M-1グランプリ2018』(朝日放送系)の審査について
    自身を揶揄したとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智の騒動について皮肉を連発した。

    番組冒頭、「あのちょっと一言よろしいでしょうか」と切り出すと、「あの私ね、ネットとか知らなくて疎くて。アナログ女で申し訳ないんですけど、先週でしたかね、
    『M-1グランプリ』やりまして、それで誰かがあの、凄いことになってるらしいんですよ。炎上して」と発言。

    そして、「私は依怙贔屓もしませんし、審査を何年もやらせていただいて、本当に何年も真剣に審査をさせていただいています。
    ですから間違いなく、私の意見の審査でございますので、どうかよろしくお願いしたいということ」

    と審査員の姿勢について理解を求める。さらに、とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智については、

    「お2人のことは全く私はなんとも思っておりません。暴言だなんだと言ってますけども、全然結構です。悪いけど興味ないです。
    悪いけどこのへんで堪忍してくださいませ」

    とバッサリ。すると、「何も知らない」という高田純次が、「じゃあ来年から僕が出るようにしましょう」と笑いにする。上沼も「よろしくお願いいたします。
    バトンタッチ」と乗った。上沼は「興味がない」とし、最後は笑いにしたものの、その表情は厳しさに溢れており、一連の騒動はやはり不愉快だったようだ。

    そんな上沼の嫌味が炸裂したのが番組中盤。「暴走老人が多い」という話題で、自身の複数番組で前説を務めていたというお笑いコンビ・祇園に「師匠はいるんですか?」と質問。
    祇園の2人が「NSCという養成所出身なので(いない)」とコメントすると、上沼は「師匠とか師弟関係がないから礼儀正しくない人が多いな、今」と強烈な皮肉。

    祇園の2人はびっくりしてしまうが、「祇園はしっかりしてるよ」とフォローを入れた。この「礼儀正しくない人」が誰を指しているのかは、不明だ。

    そして、番組の最後には、上沼が「酔うと気が大きくなる。なんでも上げたくなる」などと発言。

    すると、祇園の2人が「じゃあ飲みに行かせていただいていいですか」と立候補すると、上沼は「待ってたわ今度行こうね、ぜひぜひぜひ」と笑顔を浮かべる。

    しかし、最後に「でもね、若手の漫才の方のぐでんぐでんは嫌です」と強烈な嫌味。スタジオは笑いに包まれ、エンディングとなった。

    番組内で2人の騒動に直接触れることはなかったが、節々に嫌味を入れ、笑いを取るとともに、「許さない」というメッセージとも取れる強烈な皮肉を入れた上沼。
    この内容を見た視聴者は「格が違う」「しっかり笑いを取って嫌味を言っているのは凄い」などと、上沼の話芸を称賛した。

    酔った勢いで上沼に「喧嘩を売った」とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智だったが、残念ながら格が違いすぎたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1604580/
    2018.12.10 12:10 リアルライブ


    【【芸能】上沼恵美子、「今の吉本の芸人は礼儀正しくない」と嫌味連発 “格が違う”と称賛の声 (】の続きを読む



    1 きのこ記者φ ★ :2018/12/10(月) 21:52:10.26 ID:CAP_USER9.net

    <THE W 2018>◇決勝・ファーストステージ◇10日◇日本テレビ

    日本テレビの副音声担当のダウンタウン松本人志(55)が、ゲストの清水ミチコ(58)に怒鳴りつけられた。

    松本は対戦の合間に登場して、清水に「ミッチャン、髪、バッサ、バサやな」とツッコミ。
    清水は「あたし? あたし、ベストなんですけど。副音声は黙ってろ!」と声を上げた。

    松本は「来年、出れば?」とご機嫌伺い。清水は「年齢制限ないの? 考えます」と応じた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812100000704.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】松本人志、「髪バッサバサやな」と清水ミチコに言って怒鳴られる 清水に「来年THE Wに出れば?」と誘いも】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/12/10(月) 15:37:30.94 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sanspo.com/geino/news/20181210/geo18121014490017-n1.html
    2018.12.10 14:49


    今年10月末でデビューから約16年間在籍した所属事務所のエイベックスを退社し、独立した歌手、misono(34)が9日更新の自身のブログで、体調不良に苦しんでいることを明らかにした。

    misonoは、ブログ内で2017年まで視力が『1・5』あったが、2018年の検査では『0・1と0・3』に低下していたことを伝えた。

    また、多忙なスケジュールに「(12月を)乗り切れそうになかったので…色んな病院へ、行きまくりました!」と近況を報告。

    症状としては「頭も耳も目も心臓も喉も、痛すぎるし…震えるし、しびれるし…カーッと熱くなるし、口も乾くし…目眩、立ちくらみ、吐き気も…(つわりかと思って我慢してたのに、妊娠してなかったし)」とつづった。

    misonoの夫でロックバンド、HighsidEのドラム、Nosuke(29)は4日、公式サイトを通じて、体調不良のため年内の活動を休止することを発表。misonoは「自分が、働かなきゃいけないから…自分は、休んでもいられないので! 17歳~34歳まで…仕事を飛ばした事がないのだけが、取り柄?だし!」と意気込んでいた。


    (出典 www.sanspo.com)


    【【芸能】misono、「頭も耳も目も心臓も喉も痛すぎる…震えるし、しびれる、目眩、立ちくらみ、吐き気も…」視力低下も報告】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/10(月) 14:26:04.70 ID:CAP_USER9.net

    9日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)内で、不適切な発言があったとして、進行役を務めるTBS山本里菜アナウンサーが番組の終わりに謝罪したのだが、それが物議を醸している。


    不適切な発言があったのは、爆笑問題の太田光とタレントのミッツ・マングローブ、ナジャ・グランディーバが本音でトークを繰り広げる「光の小部屋」のコーナーでのことだ。
    この日は多くの若者が渋谷に集まり、騒動となった今年10月のハロウィーンについて取り上げたのだが、この話題が問題発言を生むこととになってしまった。

    まず、ミッツ・マングローブが「ハロウィーンの大義がまだ日本に根付いていないからこういうバカ騒ぎになっちゃう」と問題の根底に触れると、次には「お祭りの秩序って、やくざの人たちが治めてるところがあるじゃない。
    渋谷はね、いないんですよ。だからこれだけ好き放題にできちゃう」と発言。“やくざ”というワードを持ち出し、議論を展開したのだ。

    そしてこれに対し、太田も「やくざが必要ってことかな、結局はね」と納得。なんとかトークを終了した。

    しかし、これらの発言を不適切であると捉え、山本アナは「先ほどのコーナーでハロウィーンをやくざに仕切らせるといった発言がありましたが、大変失礼いたしました。
    不適切な発言でした」と謝罪。視聴者からも「番組見てましたがこの発言は驚きました」「言いたいことはわかるが、公共の電波では非常にまずかったと思います」といった声が寄せられていた。

    だが、更なる問題は山本アナが謝罪をした時だ。当の本人たちは謝罪中にも関わらず、ニヤけながら頭を下げたことで、ネット上では批判の的に。
    「言った本人が謝るべき」「アナウンサーに謝らせるなんて、立派なハラスメント」という言葉が相次いだ。

    「ネット番組では許された発言かと思いますが、テレビで、ましてや生放送ということを考えると、もう少し出演者も配慮が必要だったと思います。
    今回は共感する人よりも驚いた人の方が多く、視聴者も違和感を覚えたようです」(芸能記者)

    過激な発言が売りの番組でも、最低限の注意は必要だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1604577/
    2018.12.10 12:30 リアルライブ


    【【芸能】「サンジャポ」で太田光らが不適切発言 謝罪するアナの傍らでニヤけて批判殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ