芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。



    1 47の素敵な :2018/10/14(日) 18:51:26.80 .net

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【三大こいつが出たらテレビ消すっていう芸能人、指原莉乃、坂上忍、みやぞん、あと1人は?】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/10/14(日) 21:25:05.12 ID:CAP_USER9.net

    2018.10.14 07:00
     結婚したいのに全くモテない春田(田中圭)は、ピュアな乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤(吉田鋼太郎・59才)と、同居中の“イケメンでドSな後輩”牧(林遣都・27才)から告白され、“未曽有のモテ期”を迎えていた。
    異性愛者の春田にとっては思いがけない事態だったが、やがて春田は気づく。牧は家事をなんでもこなしてくれる便利な同居人であるだけでなく、かけがえのない存在だということに──。

     ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・今年4~6月期に放送)のような“同居からのラブ”に発展…するかどうかはともかく、現在ブレークしているあの人たちにも、同居人がいたんです。

     田中は、ドラマだけでなく、実生活でもイケメンと同居経験がある。『WATER BOYS』(2003年・フジテレビ系)の撮影時期、2週間居候をしていた相手、それは、山田孝之だ。

    「山田さんの熱い芝居論に衝撃を受け、田中さんは芝居を本気でやっていこうと思ったそうです。その後も2人は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年・TBS系)、『白夜行』(2006年・TBS系)などで共演。公私ともによきライバルに」(芸能関係者)

     お次は、東山紀之。ジャニーズ事務所に合宿所があることは有名だが、ヒガシは合宿所を卒業してもなお、同居していた人物がいた。

     答えは、デビュー直前のTOKIOの松岡昌宏、国分太一、そして元メンバーの山口達也の3人。人気絶頂のヒガシから人間性を学んでほしいという事務所の要望だった。掃除当番などを決めて、ヒガシ兄貴に日々報告をするかわいい後輩だったのだとか。

     彼らの後輩にあたるV6・岡田准一もまた、合宿所を出た後も2年間同居していた仲間がいる。お相手はKinKi Kidsの堂本剛。

    「剛くんが“関西出身のくせにつまらん!”“一発芸やって”と岡田さんに無茶ぶりをし続けて、お笑いのスパルタ教育をしたそうです。岡田さんのモノマネネタはそこから開花したといわれています」(前出・芸能関係者)

     また嵐の相葉雅紀の家に居候していた相手とは“最年長Jr.”として知られた、ふぉ~ゆ~の松崎祐介。以前本誌の取材でも「兄貴(相葉)の家にはぼく専用の寝袋があるんです!」と語っている。

     すでに自立したオトナ同士で同居に踏み切る人も少なくないというのが昨今の傾向だ。妻夫木聡が2週間同棲生活を送ったお相手は、綾野剛。映画『怒り』(2016年)でゲイのカップルを演じるための役作りだったそうだが、
    一緒に風呂に入るなどかなりのラブラブぶり。しかも綾野は映画のストーリーと同じく何も告げずに家から姿を消したそう。妻夫木は当時の気持ちを、「次の朝、隣のベッドはきれいなまま。それを見たら寂しくて仕方がなかった」と明かしている。

     そんな“小悪魔”綾野は、小栗旬、山田孝之ともプチ同居をしていたという話も。舞台は小栗家。綾野と山田が頻繁に小栗家に入り浸り、朝まで過ごすことが多々あるという。小栗とその妻・山田優(34才)が出かけるのを見送り、家主不在でも2人でゲームをしたり風呂に入ったりして、居候を決め込むという。

    ※女性セブン2018年10月25日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20181014_779731.html?PAGE=1#container


    【【芸能】 田中圭&山田孝之、東山紀之&山口達也ら 実は同居してた2人 2018/10/14】の続きを読む



    1 胸のときめき ★ :2018/10/14(日) 20:42:42.60 ID:CAP_USER9.net

    新作ドラマが放送されるたびに蒸し返される、新垣結衣の身長疑惑。プロフィールでは169センチとなっているが、視聴者の間では170センチ超えが定説となっている。そんな疑惑がまたもや注目を集めてしまうシーンが、10月10日にスタートした主演ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)にて映し出されたという。

    「制作会社社員の役を務める新垣は、通勤電車で出勤。本作には京成電鉄が制作協力しており、電車内のシーンは京成3600形という車両で撮影されているようです。その車内で新垣は、つり革の持ち手と目の高さがほぼ一緒でした。つり革の下端は163センチ程度ですので、単純計算で新垣の身長は175センチはあることに。もちろん靴の高さを考慮に入れる必要はありますが、通勤シーンではかかとがペッタンコの靴を履いており、靴によるプラス効果はせいぜい2センチ程度でしょう。一部で噂される180センチ説は大袈裟にしても、170センチ以上あることは確実でしょうね」(芸能記者)

     そして本作では、新垣の主演ドラマでおなじみの「カモフラージュ」も見られたという。テレビ誌のライターが指摘する。

    「新垣のドラマでは必ず、彼女より背の高い俳優と並んで歩くシーンが出てきます。本作でも彼氏役の田中圭と腕を組んで歩く場面があり、10センチほどの身長差をアピール。田中は177センチなので、これなら新垣の公称169センチも自然に思えるわけです。ところが田中の足元を見ると、革靴なのに妙に甲高になっているのが何とも不自然。いわゆるシークレットシューズ的な靴を履かせ、田中の身長をかさ上げすることで、新垣とのバランスを演出した疑惑がぬぐえませんね」

    https://www.asagei.com/excerpt/113959


    【【芸能】やはり新垣結衣は175センチ?満員電車のシーンで身長がバレた】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/10/14(日) 19:11:38.43 ID:CAP_USER9.net

    http://news.livedoor.com/topics/detail/15443369/
    2018年10月14日 18時26分

    生産終了をきっかけに、歌舞伎界から悲鳴が上がっていた資生堂の舞台用化粧品が、製造再開になるようだ。2018年10月14日、歌舞伎俳優の市川笑野(いちかわ・えみの)さんが自身のツイッターで言及した。
    注目を集めているのは、舞台化粧品「粉白粉」と、唇に差す「紅」。9月に生産終了となっていた。

    12日のJ-CASTニュースの取材時点では、該当の商品は伝統芸能に適した商品で、特に粉白粉は1973年発売のロングセラー商品だったが、「戦略的なマーケティングの結果、生産中止の判断に至りました」とのことで、販売再開の目処は立っていなかった。笑野さんは14日、ツイッターを更新すると、
    「資生堂から松竹に『資生堂は日本の大事な伝統文化をしっかり支援させて頂きたいです。』との連絡があり、舞台用化粧品を製造再開して頂ける事になりました!」と報告。
    続けて、「リツイート、いいね、有難いご意見を頂戴しました皆様のご後援の賜物です!これからも芸道精進致します!本当にありがとうございました!」と感謝の気持ちを表した。

    「粉白粉」の販売終了は、笑野さんが10月11日、自身のツイッターにて「とても困っております!」と投稿したことをきっかけに話題に。
    「伝統芸能を支える品物です!どうか資生堂さんにこの声が届いてほしいです!」

    と投稿し、拡散を呼び掛けていた。この投稿に賛同のリプライが多く寄せられ、3万を超えるリツイートがあった。

    同じく歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも13日、「資生堂様みんな困ってるそうです。」と題した自身のブログ記事で、「みんな困ってます、なんとかならないものですかね、、」とコメントしていた。

    現時点で資生堂から正式な発表はないが、製造再開を伝える笑野さんの投稿には、「さすが資生堂さんですね。お声が届いて良かった」と安堵するリプライが多く寄せられている。


    関連スレ
    【芸能】海老蔵、困った!愛用化粧品の生産中止をうけ「なんとかならないものですかね…」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539462900/


    【【芸能】歌舞伎俳優のツイート受け…資生堂が生産終了の舞台用化粧品を復活へ「これからも芸道精進致します!」】の続きを読む



    1 胸のときめき ★ :2018/10/14(日) 20:43:42.51 ID:CAP_USER9.net

     1991年に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「東京ラ*トーリー」で、江口洋介演じる三上健一に恋をする資産家の娘、長崎尚子を演じた千堂あきほ。昨今のバブルブームで、肩パットが入った服や体のラインを強調するボディコンが再び注目されているが、そのバブルファッションを象徴する一つである、“ソバージュ”を流行らせた一人が千堂なのだ。そんな彼女は今、何をしているのだろうか。

     「千堂さんはロングヘアに細かいウェーブ入れたソバージュと、前髪をとさかのように立てたスタイルで、当時人気の髪型のブームを作っていました。ドラマはもちろん、『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ系)などのバラエティ番組でも活躍し、一躍お茶の間の人気者になりましたよね。現在は全国放送の露出はあまりありませんが、北海道に拠点を移し、地道に芸能活動をこなしているようです」(芸能記者)

     どうやら千堂は、現在、北海道の情報番組やラジオ番組に定期的に出演しているようだ。

     「千堂さんは2000年に北海道出身の男性と結婚されたのですが、それを機に北海道への移住を決めたようです。お相手の男性は、もともとはスキューバダイビングのインストラクターだったのですが、今や水中映像ソフトの企画・製作やヒーリングサロンを運営する実業家。事業の一つに芸能マネジメントがあるのですが、千堂さんは現在、その事務所に所属しています。旦那さんは北海道ではそれなりに顔が利く人物なようで、千堂さんには安定した仕事があると言います。夕方の情報番組ではレギュラーコメンテーターとして毎週出演中です」(前出・同)

    https://npn.co.jp/article/detail/34336734/


    【【芸能】“ソバージュブーム”の先駆け…バブル時代に活躍した千堂あきほは今何してる】の続きを読む

    このページのトップヘ