芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。



    1 ジョーカーマン ★ :2019/10/18(金) 22:16:36.40 ID:6D5+m6qu9.net

    ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」が12月26日に東京・渋谷の「LINE CUBE SHIBUYA」で行われるコンサートをもって活動休止することが分かった。
    18日、グループの公式サイトで発表された。
    山木梨沙(21)、森戸知沙希(19)、小関舞(17)、船木結(17)のメンバー4人はグループを卒業する。

    同グループは里田まい(35)が在籍した「カントリー娘。」から改名し、2014年11月に再始動。
    里田をスーパーバイザーに迎え、「Berryz工房」メンバーだった嗣永桃子さん(17年引退)がプレイングマネジャーとして参加し、翌年3月に6人でシングル「愛おしくってごめんね/恋泥棒」でCDデビューを果たした。

    メンバーの卒業、脱退と新加入を経て、17年夏からは森戸、船木と梁川奈々美さん(今年3月に卒業、引退)はハロプロの他グループと兼任、山木と小関は「学業との両立」のため学校の長期休暇などでの稼働をメインに活動することを決定。
    その後、今年になってメンバーから「今後の活動について相談したい」と話があり、次の目標に進む意志が固いことから活動休止が決まったという。

    今後、山木は兼任する「カレッジ・コスモス」とハロプロも卒業し、芸能活動を引退。
    小関はハロプロを卒業するが、大学進学を目指しつつ個人で芸能活動は継続するという。
    船木は来年3月をもって兼任する「アンジュルム」とハロプロを卒業し、芸能活動を休止。
    ダンスを中心に学び、表現する職業を目指していく。
    森戸は引き続き「モーニング娘。」メンバーとして活動する。

    グループは今後、「メンバーを一新し再始動することを考えています」といい、「これまでカントリー・ガールズを応援していただいたすべての皆様に心から感謝いたします。今後も引き続き応援いただきますよう、お願いいたします」としている。

    メンバーは公式サイトでコメントを発表。
    山木は2年前から「卒業」の言葉が浮かんでいたことを明かし、「残された時間は約2ヶ月と短くはありますが、それまで全力で4人で駆け抜けていきたいと思います」と決意を記した。

    スーパーバイザーの里田もコメントを寄せ、「カントリー娘。時代からの楽曲を引き継いで歌ってもらい、その名前を大切に守り、活動してくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいです」とメンバーに感謝。
    「まだ若い彼女たちが、自分自身でそれぞれ新たな道を選び、進んでいく決断をした事を、私は素晴らしいと思うし、絶対に応援したいと思います」とエールを送った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000228-spnannex-ent

    「カントリー・ガールズ」

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【アイドル】ハロプロ「カントリー・ガールズ」、活動休止を発表!全メンバーがグループ卒業 山木梨沙は芸能界引退へ】の続きを読む



    1 フォーエバー ★ :2019/10/18(金) 19:18:19.75 ID:H4VlzwdW9.net

    10月17日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、「ラップ大好き芸人」として渡部建、レイザーラモンRG、久保田かずのぶ、シソンヌ・長谷川忍らが集結、MC側ゲストの後藤輝基、狩野英孝にラップの魅力についてプレゼンした。

    日本語ラップの歴史を語っていく中で、日本初と言われているラップ曲は、1985年のいとうせいこう「業界くん物語」だとしつつ、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」(1984年)もジャンルとしてはラップ曲だと説明する長谷川。

    「全部、韻を踏んだラップのシステムを作ったのはキングギドラ。それこそ、それまでは『テレビもねぇ、ラジオもねぇ』とあんなラップだった」と、勢い余って吉幾三をディスった渡部に、スタジオからは「あんなとはなんだよ」とブーイングが巻き起こった。

    渡部はあらためて「『テレビもねぇ、ラジオもねぇ、車もそんなに走ってねぇ』と、“ねぇ”で韻を踏んでいるけどこの程度だった。キングギドラが“空からの力”というアルバムを1995年に出して、全部のスタート」と力説した。

    それをフォローするようにRGが「ダウンタウンさんが出てきた、日本語で初めてロックをしたキャロルが出てきた、そういう状態です。革命です!」と補足。

    実際にキングギドラの「大掃除」という楽曲が字幕付きで紹介された。

    曲が終わると渡部は「この進歩すごくないですか?思い出してください。『テレビもねぇ、ラジオもねぇ』からですよ」と、また吉幾三を引き合いに出してくると、その言い方はないと「ラップ大好き芸人」たちから再びブーイングを受ける結果となってしまった。

    番組の後半では「フリースタイルバトル」について解説。そして、フリースタイルの最高到達点と言われているR-指定がゲストで登場。

    ギターの弾き語りをする後藤と、長渕剛の「とんぼ」でコラボ。曲が終わった後にドヤる後藤に「とんぼ歌っただけ。すごいのはR-指定さんだから」と総ツッコミが入った。

    それでもひかない後藤は「ラップやりやすかったでしょ」とR-指定に振ると「やりにくかったです」と言われてしまい、「なんでやねん!」と言った後、「韻ばかり踏んで、足踏んだろうか」とツッコミを入れて一同から笑いを誘った。

    放送終了後のSNSでは、R-指定の登場にファンが歓喜。「やっぱりR-指定はすごい。感動して鳥肌もの」「R-指定のワードちりばめセンスはやっぱりすげぇ」などのコメントで盛り上がりをみせた。

    10/18(金) 18:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00209239-the_tv-ent

    無題


    【【芸能】渡部建、大物演歌歌手をディスり共演者から大ブーイング!】の続きを読む



    1 ストラト ★ :2019/10/18(金) 15:12:47.71 ID:AvRnAMcG9.net

    「モーニング娘。」の元メンバーで、7月の参院選に立憲民主党から比例代表で出馬して落選した市井紗耶香(35)が、芸能活動を再開させることが本紙の取材で分かった。
    落選後、初めてメディアのインタビューに応じた本人が明かした。
    さらに政界再挑戦の可能性や、参院選中に懐疑的な声も上がった自身のタトゥーの意図も初激白した――。

    再婚した一般男性とともに15歳長女、12歳次女、6歳長男、2歳三女の4人の子供を育てている市井は、選挙が終わってから沈黙を保っていたが、ついに本紙の取材に口を開いた。

    「参院選前にやらせていただいたタレント活動と同じように、まず子供たちを最優先に、主人のサポートを借りながらやっていきたいです」と意気込んだ。

    すでに具体的な話も進んでおり、モー娘時代の後輩でタレントの加護亜依が8月まで所属していた芸能事務所アルカンシェルと、市井の個人事務所エスダブルが11月、業務提携する予定だ。
    テレビ出演などと同時に、講演会にも力を入れていくという。

    市井と同時期を駆け抜けたモー娘OGたちも次々と結婚、ママになっている。

    「同期の矢口(真里)も今年8月に出産したばかり。OGの子供たちの人数は、今、W杯で盛り上がっているラグビーのチーム(15人)がつくれそうですね」とアイドル時代からの時の流れに感慨深げな表情を浮かべた。

    芸能活動を再開する一方で、将来的な政界への再挑戦には含みを持たせた。

    「親、子それぞれが抱える悩みは国会に届いていません。それは放っておきたくない。もう一度、政界にチャレンジするか、違った形でアクションしていくかは分からないけど、その気持ちは捨てたくないです」

    先の参院選では、落選後に会見をしなかったため批判も寄せられた。

    「当初はホテルで会見を行う予定でした。(投開票日の)夜中の段階で(当選が)難しそうとなり、(党から)『自宅待機でお願いします』と。どんな結果であれ、行うべきだったと思っています」と反省した。

    選挙期間中には自身の耳の後ろにあるタトゥーに懐疑的な声もあった。

    「選挙戦中も後ろから撮影してくるカメラマンさんはいました。それも覚悟の上での出馬でした」

    タトゥーの意図を聞くと「2015年に亡くなった私の母を思って彫りました」と告白。
    「タトゥーには複雑な心境を覚える人もいます。それも優しく包み込める世の中だったらいいなぁとは思います」と続けた。

    モー娘時代はその落ち着いた独特の雰囲気から、とんねるずの石橋貴明に「母さん」のあだ名をつけられた市井にとって、61歳で大動脈解離のため急死した母は大きな存在だったという。

    「母はアイドルになってテレビに出たかったみたいです。でも、その夢はかなわなくて。私がテレビに出ているのを誇りに思ってくれました」

    市井が小学3年生のころに離婚した母。女手ひとつで育てられた。

    「飲めないお酒を飲みながらスナックでアルバイトしたり。苦労をかけました」

    4児の母になった市井には「ママタレ」の肩書もいいが、今でも「母さん」のあだ名のほうが似合うかもしれない。

    「落選は残念でしたが、世の中を良くしていきたいと立候補して良かったと思います。この経験をどう生*かは自分次第」と力を込めた。

    ちなみに今は芸能活動の本格再開前のため“無職”に近い。
    生活は大丈夫か確認すると「アハハハ。生活面の心配は私だけじゃありませんから」と笑い飛ばした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000004-tospoweb-ent

    市井紗耶香

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【立憲民主党】元モー娘。市井紗耶香、芸能活動を再開 政界再挑戦、タトゥーの理由初激白】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/10/18(Fri) 08:34:03 ID:HcB0FlPR9.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    道端アンジェリカ(33)夫妻への追及は、まだまだ終わりそうにない。

    10月3日、道端の夫で韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者(37)が、恐喝容疑で警視庁組織犯罪対策第2課に逮捕された。

    道端アンジェリカと被害者男性が「身体を密着させていた」バー

    ことの発端は8月。キム容疑者が会社を経営する40代男性の職場に押しかけ、「鉛筆で目を刺す」などと脅し、現金35万円を支払わせたことだった。

    「被害者男性は道端の知人。二人は以前、キム容疑者が経営する代官山のバーの個室でイチャついていた。キム容疑者はそのときの防犯カメラの映像を見せて被害者を脅したのです。恐喝の現場には道端も同席していました」(スポーツ紙記者)

    この事件には二つの謎がある。一つは、恐喝事件としては中途半端な35万円という金額。二つ目は、道端が共犯関係だったか否か、という点だ。

    真相を解く鍵は、キム容疑者が警視庁組織犯罪対策第2課、通称「組対2課」に逮捕されたことにあるようだ。元警視庁警視の江藤史朗氏は言う。

    「恐喝であれば通常、捜査1課が動きます。今回、国際組織犯罪を扱う組対2課が動いたのは、キム容疑者がコリアンマフィアと関係があると見なされたからでしょう。『鉛筆で目を刺す』というセリフも、マフィアならではの脅し文句だと考えられます。35万円という半端な額を請求したのは、後から少しずつ搾り取ろうとしていたため。一度食いついたら意地でものがさないのがマフィアですからね」

    道端は恐怖からキム容疑者を止められなかったと主張しているが、捜査当局は現在も「共犯」の線で捜査を続けているようだ。

    「道端さんは、恐喝の現場に居合わせながらキム容疑者を制止しなかった。さらに、事件後もSNSを更新するなど普段と変わらない態度を取っていた。これは、今回のような事件に慣れていたからだという見方ができる。キム容疑者は、道端さんの人脈を利用して多くの客、すなわち”カモ”をバーに呼び、今回と同様の手口でカネを脅し取ってきた可能性があり、その場合、二人は共犯関係にあると言えます。組対2課は、余罪のほかバーから犯罪組織へのカネの流れを含め、捜査を続けていくでしょう」(前出・江藤氏)

    仮に逮捕されなかったとしても、道端の深刻なイメージダウンは避けられない。

    「キム容疑者は元から近所の評判があまり良くなく、道端さんがキム容疑者と結婚する際も、彼女の家族や友人は『あんな男やめなさい』と止めたそうです。そんな彼と結婚したらこの始末です。今後、道端さんがテレビやCMに出演することは難しいでしょう」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

    これまでの道端の言い訳は苦しすぎる。組対2課には通用しないだろう。

    10/18(金) 7:01配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00000001-friday-ent


    【【芸能】<道端アンジェリカ夫妻>組対2課が動く!「コリアンマフィア疑惑」夫のキム容疑者が妻の元カレに35万円を恐喝した裏事情】の続きを読む



    1 フォーエバー ★ :2019/10/18(Fri) 18:02:50 ID:H4VlzwdW9.net

    女優に意外と多いアイドルグループ出身者。最近では、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の西野七瀬(元乃木坂46)や、コメディエンヌとしての演技力も評価が高い橋本環奈(元Rev. from DVL)などが記憶に新しい。アイドルの歌やダンスで身につけた表現力を活かして名演技を披露し、さまざまなキャリアを積んできた女優も多い。そこでORICON NEWSでは、アイドルグループを経て大成した女優を調査。1位にはドラマ、映画、舞台と幅広く活躍している【篠原涼子】(元東京パフォーマンスドール)が輝いた。

    女優として大成した“元アイドル”ランキングTOP10

    第1位 篠原涼子(元東京パフォーマンスドール)
    第2位 橋本環奈(元Rev. from DVL)
    第3位 川栄李奈(元AKB48)
    第4位 深田恭子(元HiP)
    第5位 満島ひかり(元Folder5)
    第6位 永作博美(元ribbon)
    第7位 中谷美紀(元桜っ子クラブさくら組)
    第8位 西野七瀬(元乃木坂46)
    第9位 菅野美穂(元桜っ子クラブさくら組)
    第10位 渡辺麻友(元AKB48)

    10/18(金) 16:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00010000-oricv-ent

    1571211155634


    【【芸能】女優で大成した“元アイドル”ランキング、TPD出身の〇〇〇子が首位】の続きを読む

    このページのトップヘ