芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。



    NO.6875246
    「犬の名前かよ」子どもへの名付けで叩かれた芸能人夫婦たち
    「犬の名前かよ」子どもへの名付けで叩かれた芸能人夫婦たち
    2000年代から、わが子に“キラキラネーム”をつける親たちを問題視する声が多く上がっている。

    なにをもってキラキラネームとするか、その定義は決まっていないようだが、漢字本来の読み方を逸脱して使用した“響き”優先の名前や、カタカナ書きの欧米人のような名前が多いとされる。

    芸能界でも変わった名前をつける親が増加しており、先頃に第1子が誕生したりゅうちぇるとぺこも、その名付けで物議を醸した。

    「2人は、共に好きなミュージカル映画『ヘアスプレー』の登場人物“リンク・ラーキン”から取ってリンクという名前をつけたそうです。りゅうちぇるは、この名前にかなり思い入れがあるようで、2017年3月時点で、子どもの名前はリンクにすると明かしていました。それを有言実行したわけですが、ネット上では『どういう漢字? カタカナなの?』『もうちょっとまともな夫婦だと思ってた』『あだ名じゃないの? 本名?』といった声が上がっています」(芸能ライター) 

    辻希美と杉浦太陽は、長女を希空(ノア)、長男を青空(セイア)、次男を昊空(ソラ)と命名。

    土屋アンナが名付けた、長男の澄海(スカイ)、次男の心羽(シンバ)、長女の星波(セイナ)という名前や、矢田亜希子と押尾学の息子・俐亜武(リアム)といった名前も、ネット上ではいまだ話題に上ることがある。

    「現在、次女のKoki,がデビューして注目を浴びている木村拓哉と工藤静香夫妻も、長女の名前が判明したときに叩かれています。名前は“心美(ココミ)”で、ネット上では『犬の名前かよ』『読めないだろ』『人間につける名前じゃない』といった声が続出。ちなみに14年に命名アプリ開発・運営の『リクルーティング スタジオ』が調査した結果によると、13〜14年のキラキラネームトレンド1位は心愛(ココア、ココナ)でした」(同) 

    キラキラネームを否定する意見の中には、「大人になった時に恥ずかしい思いをしそう」という声が多いが、その個性的な名前が強みになる例も最近は出てきた。

    「千葉真一の長男である新田真剣佑は、“真剣佑(まっけんゆう)”部分が本名。次男も“郷敦(ゴードン)”という名前で、共にキラキラネームだといわれていますが、変わった響きが後押しして注目されることに。また、明石家さんまと大竹しのぶの娘・いまるも、IMALUとして芸能界デビューすると個性的な名前がいじられ、かえって武器になりました」(同) 

    注目を集めることは確実なキラキラネーム。

    それが悪目立ちとなるか、きっかけとなるかは本人の力量次第ということだろう。
    【日時】2018年08月19日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【「犬の名前かよ」子どもへの名付けで叩かれた芸能人夫婦たち - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    NO.6875331
    丸山桂里奈「噛みきれなくて出した肉を食べてくれる人が理想」
    丸山桂里奈「噛みきれなくて出した肉を食べてくれる人が理想」
    【簡単に説明すると】
    ・なでしこジャパン丸山桂里奈が衝撃の告白
    ・噛みきれないお肉を吐き出しても食べてくれる人がタイプ
    ・歯ブラシも共有が良い?

    元なでしこジャパンの丸山桂里奈さんが8月19日に放送された『行列のできる法律相談所緊急生放送で生発表SP!(日本テレビ系)』に出演し、とんでもないことを暴露した。

    MCの東野幸治さんが「結婚したいタイプって変わってるよね」って丸山さんに訪ねると、「私が噛んだ物を飲み込めないときに食べてくれる人がタイプ」と激白。

    つまりミノやホルモンなど噛みきれないものを一度出して食べてくれる男性がタイプだという。

    それだけでなく歯ブラシも共有が良いという丸山さんの発言時にはスタジオから悲鳴が聞こえたほど。

    周りは理解できないようでブルゾンちえみは「ちょっと無理かも」と拒否反応を示していた。
    【日時】2018年08月19日
    【提供】ゴゴ通信


    【丸山桂里奈「噛みきれなくて出した肉を食べてくれる人が理想」 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/08/19(日) 19:27:01.87 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sanspo.com/geino/news/20180819/geo18081916410015-n1.html
    2018.8.19 16:41

     ロックバンド、X JAPANが、9月28~30日に千葉・幕張メッセで計10万人を動員する大規模ライブを行うことが19日、分かった。

     リーダーのYOSHIKIがニコニコ生放送の冠番組「YOSHIKI CHANNEL」で、「久しぶりにコンサートを行います。X JAPANのコンサートを久しぶりに」と電撃発表。

     国内での単独公演は、今年4月の東京・青海のZeppダイバーシティ東京以来だが、数万人規模の大規模ライブを開くのは計13万人を動員した2010年8月の横浜・日産スタジアム2日間公演以来8年ぶりになる。

     YOSHIKIは「コンサートをやってみて何処に僕らが向かっていくのか、ファンのみんなと考えてみようと。立ち止まるのもいいけれど、突き進んでみようということになった。進撃のYOSHIKI!!」と気合十分。重大発表は今朝決まったとし、「重大発表は色んな方向に行けたと思うんだけど、みんなの意見もあって前向きな発表になった」と説明した。

     YOSHIKIは昨年5月に頸椎人工椎間板置換手術を受けるなど体調は万全ではない上、さまざまな葛藤もあったといい、「20年前にX JAPANが解散となったときに海外向かっていたけれど結局、波にのまれて空中分解した。もう一度海外に向かう意味やバンドをやっている意味、何で僕らはここでやっているのか。X JAPANが解散して何で再結成したのか。ファンのみんながずっと支えてくれたから、ここに来られたわけで、やるからにはみんなと一緒に紅に染まれれば」と力を込めた。


    (出典 www.sanspo.com)


    【【音楽】X JAPAN、9月28〜30日に幕張メッセで大規模ライブ YOSHIKIが電撃発表】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/08/20(月) 06:12:16.50 ID:CAP_USER9.net

    2018.8.20 05:01
    【アツイぜ!真夏のグラビアクイーン】(7)藤木由貴

     昨年グラビア進出し、大反響を巻き起こしている人気レースクイーン、藤木由貴(28)が、20日に初写真集「Dear My Honey」(小学館、3240円)を発売する。

     撮影は5月に米ロサンゼルスで。1メートル60、B81W58H84のナイスボディーを色とりどりのビキニに包み、キュートな笑顔をふりまいている。

     藤木は「ロスの素晴らしい景色と出会い、その思い出と私の想いも詰まっています」とPRし、今後の夢について「演技に挑戦したい。スポーツ全般が好きなのでリポーターもできたらいいな」と明かした。

     25日午前11時から東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで発売記念握手会を行う。


    ロスのビーチにビキニ姿で寝そべり、とびっきりの笑顔を見せる藤木由貴

    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    https://www.sanspo.com/geino/news/20180820/gra18082005010002-n1.html


    【【芸能】人気レースクイーン、藤木由貴 ビキニでキュートな笑顔を見せる初写真集】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/08/19(日) 11:52:42.24 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/special/51623/
    2018-08-19

     サザンオールスターズの40周年プレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』が好調だ。オリコン週間アルバムランキングで2週連続1位を獲得、配信でもセールスを伸ばしている。1997年から今年までに発表された楽曲を収録した本作。この20年について、桑田佳祐は何を思うのか? 時代とともに変化するサザンの音楽、そしてアルバム冒頭を飾るあの曲への思いを聞いた。
    (中略)

     なかでも印象深いのは、やはり“Daddy”sideの1曲目、つまりは本作全編の幕開けを飾った「TSUNAMI」だろう。2000年1月26日にシリングルリリースされた「TSUNAMI」は、瞬く間にランキングを席巻。同年の大晦日には『第42回日本レコード大賞』を受賞した。その勢いは翌年以降もとどまることなく、今日までに累計で290万枚以上の売上を記録、オリコンの歴代シングル売上枚数でも第4位となっている。まさしく金字塔と呼ぶに相応しい、モンスター級のヒットソングと言えるだろう。

     だが2011年の東日本大震災の直後から、甚大な津波被害による被災者の感情への配慮という見地から、「TSUNAMI」はテレビやラジオ等において耳にすることがなくなった。それぞれのメディアがそれぞれの思いと考えのもと、いわゆる“自粛”の動きがとられたのだ。

     「もちろん被災された方々への配慮は、決して忘れてはならないことですから、僕自身、この曲はしばらく別の箱にそっとしまっておこうと思っていました」(桑田)

     すると、それからほどなくして、一部の見識者から自粛という動きそのものについて疑問を呈する声があがった。2016年には、被災地である宮城県女川町の臨時災害放送局“女川さいがいFM”が閉局を迎えた際、“最後の一曲”として「TSUNAMI」がオンエアされた。放送後、同曲にはリスナーからの感謝の声が多数寄せられたそうだ。ただ、それでもサザン並びに桑田は、2008年に行われたライブ『真夏の大感謝祭』での演奏を最後に、自分たちから「TSUNAMI」を発信するアクションを起こしてはこなかった。

     「我々サザンとしては、スタッフも含めて、東北のことを忘れてはいない。震災は終わっていません。だから自分を戒めるじゃないですけど、歌わないようにしてきました」(桑田)

    しかし今回の『海のOh, Yeah!!』の制作過程で、桑田は三十代の担当ディレクターから「アルバムの1曲目に「TSUNAMI」を置いてみては?」と提案を受けた。試してみると、それは桑田にとって「自分でも不思議なくらい新鮮な気持ちで」聴くことのできる曲順だった。

     「アルバムの1曲目としての意味合いも感じられたし、この作品に、ひとつ特別な色を与えてくれているようにも思えました。サザンには「東京VICTORY」という、被災地と寄り添う思いを綴った曲もありますが、あらためて“あの日を忘れない”という想いも込めて、この曲を収録しようと決めました」(桑田)

    一方のディスク2に当たる“Mommy”sideは、5年間の休止状態を経て2013年から再開された活動から生まれた楽曲を中心に構成されている。特に前述の「東京VICTORY」や「ピースとハイライト」、「栄光の男」、「蛍」は、40年間活動を続けてきたバンドとして、自らの世代感を通して描かれた世相に対する提言や悲哀が歌われている。

     「シンプルなラブソングではない曲が増えましたね。世の中の風潮と組んず解れつ戦ってきた20年間だったのかもしれない。2000年代に入るとインターネットを通じてより多くの情報がより手に入りやすくなったし、自分の世代なりの心配事や気になることが増えました」(桑田)

    (続きはソースをご覧下さい)


    【【音楽】40周年のサザン、桑田佳祐が語る変化とは?「世の中の風潮と戦ってきた」】の続きを読む

    このページのトップヘ