芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。


    中村仁美「鍋にしよ」さまぁ〜ず大竹「何味?」と聞いて怒られる - 芸能ニュース掲示板


    NO.7273704 2019/02/18 16:13
    中村仁美「鍋にしよ」さまぁ〜ず大竹「何味?」と聞いて怒られる
    中村仁美「鍋にしよ」さまぁ〜ず大竹「何味?」と聞いて怒られる
    お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の大竹一樹(51)が、自身がMCを務める「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」で中村仁美夫人(39)との生活について語った。

    大竹は「オンエアはしなくていいんですけど…」と切り出し、「『鍋にしようと思うんですけどどうでしょうか』って聞かれて、俺もいいなと思って『何味?』って聞いたんですよ。そうしたら『じゃあ、作りません』って。これはあるある?」と相方の三村マサカズ(51)に質問。

    「『何味?』とか聞いてくるやつには作りませんだって。聞いちゃダメなんだなと思って…」と続けた。

    収録を見守る観覧客から悲鳴があがる中、三村は「お前が悪い。何味かなんか聞いちゃダメ。奥さんのフォローするとすれば、人によっては(何味か聞かれるのは)嫌かもしれないよね」と苦笑いを浮かべながら夫人をフォロー。

    大竹も「『何味?』って聞くのは踏み込み過ぎなんだろうね。俺分からないんですよ、そこの加減が」とうなずいた。

    さらに、大竹は「豚汁には七味をかけるって昔からやっているけど、『味も見ないで味を変えるんですね』と質問を受けたことがあります」と告白。

    今では夫人の手料理にはばれないように調味料を足すようにしているといい「親しき仲にも礼儀あり」とまとめていた。

    ネットの反応
    ・何味?の何がダメなのかわからない
    ・闇鍋なのか?
    ・まずは「おっ!いいねぇ〜」だろうなあ
    ・確かに何味?って聞かれると何か違うような
    ・普通はポン酢かごまだれだよ、鍋と言えば 「何味?」という質問はありえない
    ・何味?って聞かれると私はあんたの専属料理人じゃねえよって気分になるんだろう
    ・マジで女がなんで不機嫌になるのか理解できない・・・
    ・えー、なんで?すき焼きとキムチ鍋じゃ全然違うじゃん なんで聞いちゃダメなの?
    ・何鍋?
     >聞き方としたら、それが正解
    ・奥さんの話しかけた目的は共感を得る事であって今晩の献立の最適解を求めるためじゃないんだよ
    ・大竹が中村アナの恐妻家エピソードを話すのはマジで面白い
    ・大竹の恐妻家キャラは絶対盛ってると思う こいつがこんな弱いわけない
    ・この夫婦っていつも思うけど、どっちもどっちなんだよなぁ…。子供可哀想。
    ・なんで大竹みたいな超神経質がこんな女と結婚したんだ
     >超神経質男とずぼら女
     >大竹は神経質というより、コミュ障でくそワガママなだけだと思う
     >よっぽどセックスの相性が良いのと普通の女じゃ大竹の神経質っぷりにメンタルやられちゃうから中村みたいな大竹より強い鬼じゃなきゃダメなんだと思う
    ・鍋に箸突っ込んだらブチ切れる大竹
    ・奥さんにしてみたら「味によっては鍋じゃダメなのかよめんどくせーな」ってなるだろ
    ・「鍋にしたい」というのは、自分で好きなタレで食べろ、という意味なんだよ
    ・こんなめんどくせー嫁はいらね 何味?=何鍋?だろ何が問題なんだよ
    ・大竹はただでさえ嫌味っぽい聞き方すんだから いいねは声に出して言わないとな
    ・大竹売れてるのマジで謎 俺的にはホリケン太田枠なんやけど
    ・これがなんでダメかわからん奴、自分は思いやりのないコミュ障だって自覚したほうがいいぞ
    ・何味?じゃなくて何鍋?が正解なんだよアホども
    ・人に意見を求めた時点でその反応には寛容にならなくてはいけない。
    ・うーん…うーん、むつかしいねえ
    ・さまーずさまーずのフリートークで記事にすんなよw
    【日時】2019年02月18日
    【提供】gossip!


    【【芸能】中村仁美「鍋にしよ」さまぁ〜ず大竹「何味?」と聞いて怒られる - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む


    川崎あや、スケスケ衣装で大胆に「週プレ」表紙に初登場! - 芸能ニュース掲示板


    NO.7273705 2019/02/18 16:16
    川崎あや、スケスケ衣装で大胆に「週プレ」表紙に初登場!
    川崎あや、スケスケ衣装で大胆に「週プレ」表紙に初登場!
    グラビアアイドルの川崎あや(28)が、発売中の「週刊プレイボーイ」9号(集英社)の表紙&グラビアに登場。

    同誌初登場から約2年半にして初の表紙に抜擢され、スケスケ衣装&手ブラなどの刺激的すぎる艶姿を披露している。

    川崎は52センチの驚異的なウエストで“くびれスト”の愛称で知られ、今もっとも勢いのあるグラドルのひとりといっていい存在だ。

    だが、約2年半前に同誌に初登場したときは「大勢の中のひとり」的なオーディション系グラビアで僅か1ページの掲載。

    それから地道な努力を重ね、さらに「くびれ」と「超ハイレグ」という大きな武器を手にしたことで大ブレイクを果たし、トップグラドルとなって「週プレ表紙」に満を持しての初登場となった。

    同グラビアでは、代名詞ともいえる超ハイレグはもちろんのこと、フェティッシュな透け要素を強調した写真が多数。

    特にスケスケの白レオタードは大事な部分がわずかに隠れているだけという大胆さであり、美乳やボディのラインが丸わかりだ。

    過激な衣装をまといながらも清楚感は失われず、まさに彼女の魅力を最大限に生かした珠玉のグラビアとなっている。

    川崎は自身のTwitterで「週刊プレイボーイ、もう既にGETしてくれた方いるかな? まだの方、お昼休みお仕事帰りとにかくGETして帰ってね! 感想と共に購入したよーって#川崎あやファミリー で呟いてね!」などとファンにアピール。

    それとともに表紙カットやオフショットなどを投稿した。

    これにネット上では購入報告が相次ぎ、さらに「川崎あやさんエロすぎる」「朝から元気になった」「素晴らしいグラビア」などと絶賛コメントも続出。

    一部では「売り切れで買えなかった」との声もあり、売れ行きも好調のようだ。

    また、同号では川崎を筆頭に芸能事務所「ゼロイチファミリア」に所属する桃月なしこ(23)、アンジェラ芽衣(21)、十味(20)、黒木ひかり(18)らが登場。

    同誌では「川崎あやファミリー」と表現され、総勢12名で52ページにわたってグラビアを完全ジャック。

    彼女たちの素顔に迫った79分のDVDも付属し、ゼロイチファミリア特集号といってもいい内容になっている。

    川崎は身長167センチ、スリーサイズ上からB80・W52・H88の極上ボディでスレンダー好きの男性たちの視線を独占。

    昨年、セーラー服×ハイレグ、チャイナ服×ハイレグの過激な衣装で2度にわたって「週刊ヤングジャンプ」(同)の表紙を飾ったことで人気と知名度が跳ね上がり、同誌に命名された「ハイレグ女王」「ハイレグ無双」といったキャッチコピーは大きな話題となった。

    今年2月にも同誌でボンデージ×ハイレグの衝撃グラビアを披露。

    同誌から「現代最高ナンバーワングラドル」という最大級の賛辞が贈られ、TwitterやInstagramのフォロワー数が短期間で5万人以上増加するなど雑誌グラビアに登場するたびに大きな反響を呼んでいる。

    グラドルがブレイク後に女優業やタレント業にシフトしてしまうケースは多々あるが、川崎は「2019年はグラビア一本で活動していきたい」と宣言。

    その勢いと進化は加速する一方となっており、今後もグラビア界に大旋風を巻き起こしてくれそうだ。
    【日時】2019年02月18日 15:00
    【提供】メンズサイゾー


    【【芸能】川崎あや、スケスケ衣装で大胆に「週プレ」表紙に初登場! - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む


    総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7273226 2019/02/18 12:12
    総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」
    総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」
    テレビ出演をきっかけに、激しい整形を繰り返す姿とともに子ども時代に経験したいじめや父親から浴びせられた心ない言葉など壮絶な過去が話題となったヴァニラ。

    高校時代に施術した初めてのプチ整形から現在までの整形回数は自身も数えきれないほどで、総額は2億円を軽く超えるという。

    「フランス人形になりたい」というただ一つの目標に向かって邁進し、インタビューの1週間後にもオペを控えていた彼女。

    「整形サイボーグ」とも揶揄されるなか、どんな思いで整形に挑み続けてきたのか。

    1年間後遺症に悩まされた衝撃の大手術や一月あたりの美容にかける金額まで、赤裸々に語ってもらった。

    ■誰が見てもかわいく美しいフランス人形に「現在は8%ぐらい近づいた」
    ――フランス人形が目標と公言されていますが、今どのくらい近づいたと感じていますか?

    【ヴァニラ】8%くらいですね。全然まだまだ(笑)、程遠いです。

    ――フランス人形のどういう部分に惹かれたのでしょうか?

    【ヴァニラ】誰が見てもかわいいし美しいし、そしてちょっと高貴なイメージもある。フランス人形ってみんなのお家でガラスケースに入れて飾られていますが、それは美し..



    【日時】2019年02月18日
    【ソース】ORICON STYLE


    【【芸能】総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/17(日) 07:32:34.98 ID:8F7pZytI9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の浜崎あゆみ(40)が13日、自身のインスタグラムに投稿した写真が話題となっている。
    浜崎といえば先日、「クレープに並んでるやーつ むえっちゃさむいやーつ」とコメントを添え、原宿のクレープ屋に並ぶ自身の姿をストーリーズにアップ。
    ネット上では「あゆが普通に並んでいる…」「バレないのか?」などの驚きの声や、「昔だったら周りにSPみたいな人がいっぱいいたのにね」など、皮肉めいた声も上がり、注目を集めていたばかり。

    そんな浜崎がこの日の投稿で、「I’m living in Tokyo as just a girl.それ以上の幸せはない。」とコメントを添え、原宿・表参道で撮影した写真を公開した。
    先日のクレープ屋に並んでいる時と同じメイクとサングラスなので、同日に撮影したものと思われる一枚だった。

    この投稿に対してネット上では、「あゆ、雰囲気ある!」「いつも可愛いです!」という称賛の声の一方で、
    「レンズが大きすぎるサングラス。いかにも芸能人オーラ出しているのに気づかれないもんなんだね」「マリリンマンソンみたい」「英語直訳すると『ただの女の子として東京で生きてる』てな感じだと思うけど、
    女の子なのか?girlと呼べる年齢じゃないだろうに」「投稿文のポエム、本当に意味不明」「今回は画像加工なし?」などの厳しい声も上がっていた。

    確かに変装のためにつけているサングラスが逆に目立ちすぎているようだが、本人だと周りの人にバレて混乱が起きるというようなことはなかったのか。
    この日、この場所にいた人はまさか浜崎がいたなんて……と驚くこと間違いないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1693463/
    2019.02.17 07:15 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】浜崎あゆみ、表参道の交差点にたたずむ姿に賛否「雰囲気ある」「今回は加工なし?」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/18(月) 13:22:26.98 ID:wr2N4cll9.net

    タレントのギャル曽根が2月15日、都内で行われたママ再就職応援『第3回 レディGO!Project』のイベントに出席。
    現在6歳の長男が日常的に“大食い”していることを告白し、話題になっている。

    ギャル曽根は長男の食欲について、「ご飯の前に普通サイズのおにぎりを6個食べたりして、
    さすがに私も止めているんですけど『お腹空いた』と言っている子に、ご飯を与えないのもどうかなと思っちゃって」とコメント。

    しかしネット上では、「もはや完全な虐待だろ」「小さな子どもにどれだけ与えてるんだよ!」
    「食欲をコントロールするのも親の務めでは?」など、ギャル曽根の雑な“食育”に批判の声が殺到している。

    「ギャル曽根は他にも長男とラーメン店に訪れたときのエピソードを紹介しましたが、
    『ラーメン大盛り、チャーハン、餃子を食べて、その後、普通に夜ご飯も食べるんです。
    ちょっと大丈夫なのかな』と告白。ネット上では『大丈夫なわけないだろ!』と総ツッコミが入りました。
    どうやら自分の大食いに慣れてしまっているのか、通常の食事量に無頓着になっているようですね。
    もともと子煩悩で家族の仲も良いといいますから、ついつい子どもに対して甘くなっているのかもしれません」(芸能記者)

    http://dailynewsonline.jp/article/1696854/
    2019.02.18 07:30 まいじつ

    66b4226ed8985d1e8ed33296e33dad3af5089963


    【【芸能】ギャル曽根「6歳息子への“食育”」が虐待レベルだと非難殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ