芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    2018年10月



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/22(月) 14:03:54.57 ID:CAP_USER9.net

    この場を借りて言わせて頂きますね。私の目も鼻も整形ではありません》

    神田うの(43)が自身のインスタグラムで、一部フォロワーから指摘された“整形疑惑”を真っ向から否定した。

    神田は《私がやっていますのはヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射です》とし、
    《40歳を過ぎた周りの友人達は皆さんエチケットとしてやっていますね。(中略)これは整形ではなくいわゆる若返りですかね》と説明。

    だが、ヒアルロン酸やベビーコラーゲン注射での若返りがエチケットであると強調したうえで
    《老け込んだ汚いお顔は失礼になります》と辛辣なコメントをしたことが、ネット上では“さらなる炎上”を呼んでいるーー。

    《エチケット? シワをそのままにしてるのは失礼ってこと?》
    《エチケットって、一般人*にしてる?》
    《自然に歳をとるのが失礼にあたるのか 。おそろしい世界だな》
    《樹木希林さんが鏡で自分を見ながら「ここにできたシワがカッコいいのよね」って言ってたのを聞いて格の違いを見せつけられた気がした》

    実際にヒアルロン酸やベビーコラーゲン注射の費用はどのくらいかかるのだろうか。
    約2千万円かけて全身整形をした20代女性はこう語る。

    「もちろんクリニックにもよりますが、ヒアルロン酸は1ccで4万円~8万円、ベビーコラーゲンも1ccで8万円前後のクリニックが多いです。
    持続効果は個人差や何回目の注射かでかなり変わるみたいですが、私の場合は持って半年くらいでしたね」

    また、神田は“美容整形による顔面崩壊”と表現されたことについては《私にはその心配がありません。目も鼻も縫ったり切ったりとした事がないからです。
    ヒアルロン酸やベビーコラーゲンは自然に吸収されていきます》としているがーー。

    「私もヒアルロン酸注射は何度か打ちましたが、安全性は高いものの、やはり医療行為なので副作用は0ではないと病院で説明されました。
    別のクリニックでは、細胞壊死や失明といった症状を起こしてしまった事例もあるそうです。
    ほかにも稀ですが血管閉塞になってしまうリスクもあるようですし、軽い症状では紅斑、疼痛、内出血、浮腫、掻痒なども事前に説明されました」(前出・20代女性)

    シワがあっても充分若々しく美しいと思うがーー。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00010006-jisin-ent
    10/21(日) 22:58配信


    (出典 geitopi.com)


    (出典 kantaiki0219.com)


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540132967/
    2018/10/21(日) 23:42


    【【芸能】神田うの「汚い顔は失礼」で炎上!ヒアルロン酸注射の代償 ★2】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/22(月) 11:25:25.12 ID:CAP_USER9.net

    脳科学者の茂木健一郎氏(55)が、オリエンタルラジオ中田敦彦(36)がテレビ業界から干されているとの報道を受け、「あってはならない」と私見を述べた。

    茂木氏は21日、ツイッターを更新。「オリラジ中田さんが『干されている』というニュースが次々と。そんなことはないと思うし、あってはならない」と報道に言及。
    中田のテレビ露出が激減した原因は、ダウンタウン松本人志を怒らせたことだと報じられていることを受け、「そもそも、『大御所』に『異論』を言ったからって『干す』って、
    どれだけ同化圧力強いんだよ!(笑い)。金太郎飴か(爆)」とつづった。

    中田は昨年、物議をかもした茂木氏の「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する
    地上波テレビはオワコン」との発言を支持。茂木氏を批判した松本らに対し「がっかりした」などと発言したことで、所属事務所の幹部らから松本に謝罪するよう
    求められていることをラジオ番組で明*も、「謝らない。僕も覚悟を持ってやってますんで」と語っていた。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00369418-nksports-ent


    【【芸能】茂木氏「あってはならない」オリラジ中田干され報道】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/22(月) 19:42:07.90 ID:CAP_USER9.net

    欅坂46の織田奈那(20)が22日、浜松市の魅力を国内外に広くPRする「浜松市やらまいか大使」に就任し、都内で行われた委嘱式に出席した。

    欅坂46の制服姿で登場し、浜松市の鈴木康友市長から委嘱状を渡され、丁寧にお辞儀した。
    「このたびは、選んでいただき本当にありがとうございます。話を聞いた時は信じられない気持ちでした」と感謝し、
    「最近実家に帰った時に母に伝えたら、すごく驚いていて、『奈那にはまだ早いよ』って言われてしまいました」と明かし、笑いを誘った。
    「浜松への愛は誰にも負けないと思っているので、浜松市の魅力をいろんな方に知っていただけるように頑張ります」と意気込んだ。

    委嘱式後、取材に応じた。「最初聞いた時は、本当かなと思いました。ウソで言っているのかと思って。
    欅坂46に入る前から『やらまいか大使』は知っていたので、まさか自分が選ばれるとは思わなかったですし、うれしくてすぐ母に報告しちゃいました」と喜んだ。
    欅坂46のメンバーからも祝福されたという。「最近も成人式の振り袖を決めるために実家に帰る機会があって、やっぱり浜松いいなって思いました。
    人もすごく優しくて、穏やかで、そういうところも好きです」と話した。

    織田は欅坂46加入後、同市で生産されている「三ケ日みかん」を各メディアでアピールしており、ファンにも浸透させている。
    大使として今後やってみたいことを聞かれ、「(同じ静岡の)エコパスタジアムでライブもやってみたいし、イベントを開いて、三ケ日みかんや、お茶とか、魅力をもっともっと知ってほしいです」と答えた。
    報道陣から「浜松の方言で喜びを表現してほしい」とリクエストされると、「ばかうれしい(すごくうれしい)です。ありがとうございます」と照れ笑いした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15482265/
    2018年10月22日 19時22分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 cdn.keyakizaka46.com)


    (出典 keyakizaka46style.com)


    【【芸能】欅坂の織田奈那「ばかうれしい」浜松市PR大使就任】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/10/22(月) 18:46:26.82 ID:CAP_USER9.net

    10/21(日) 20:01配信
    明菜派だった「マツコ」40歳過ぎて松田聖子のすごさを知る

     マツコ・デラックスが、10月17日放送の『かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、40歳になっての変化を明かした。

    「40歳過ぎて、松田聖子のすごさを思い知った。(中森)明菜派だったから、子供の頃は聖子ちゃんを受け入れられなかった。でも大人になって聖子ちゃんを聴いたら、デビューの頃からまぁ(歌が)上手い!」

     動物園で地味な動物の方が好きという話から、80年代アイドルの両巨塔の話に発展し、こう熱弁したマツコ。動物で例えて、「聖子ちゃんはライオン、明菜はチーター」となぞらえていた。

     アイドル事情についてマツコは、2015年3月11日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(同局系)で、「(昔は)若い子が歌手デビューして大人になっていく過程をみんなが『キャー』となって、それをアイドルとして楽しんでいた」と分析。

     現代のアイドルに「あのシステムの中からは聖子、明菜、キョンキョン(小泉今日子)クラスなんて出てこないと思う」と持論を述べた。

     歳を重ねるほどに、世の中の理を知り、さまざまな人々の生き方に触れて、人間は変わっていく。アイドルだけでなく、どんな世界でも「みんな違って、みんないい」ということなのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00010004-flash-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2018/10/22(月) 05:09:54.95
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540152594/


    【【芸能】明菜派だった「マツコ」40歳過ぎて松田聖子のすごさを知る★2】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/10/22(月) 18:49:10.96 ID:CAP_USER9.net

    2018年10月22日 17:59

     10月19日発売の「フライデー」が、女優・のんと大手芸能プロダクション「レプロエンタテインメント」が和解したと報じた。しかしレプロはこの報道に対し、和解を否定しているという。

    「記事によると、のんはこれまでの騒動の詫びを入れる形で事務所を訪れ、関係修復に向けて動き出したとのこと。さらに来年放送される宮藤官九郎脚本のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』への出演プランも進行中だというのです。しかしこの報道に対しレプロは、のんとの面談は認めたものの『何ら解決には至っておりません』と否定的な見解を表明しています」(芸能記者)

     さらにレプロは「当事者しか知り得ないはずの情報が事前に外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」と、のん側の週刊誌へのリークを疑うコメントを発表し、和解には不穏な空気が漂っている。

     そんなのんは、レプロと契約をめぐってトラブルになって以降、活動が狭まりながらも、彼女のペースで女優や音楽活動などを続けてきた。それがここにきて和解に動き出したのには、様々な要因が重なっている可能性があるという。

    「のんはここ数年、ドラマや映画に出られない日々が続いていましたが、先日やっと『LINE NEWS』初のオリジナル連続ドラマ『ミライさん』の主演をつかみました。しかし作品自体が不人気で、ドラマファンの間でもほとんど話題にならず終了となった。その一方、NHK朝ドラ『あまちゃん』にて、当時はのんの脇だった橋本愛は、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演が決まるなど、大きな差が付いている。また、のんは音楽活動にも力を入れていますが、9月30日に開催予定だった日比谷野外大音楽堂でのライブは、台風で中止。女優業だけでなく音楽活動もうまくいかないことで、いよいよ心が折れてしまったのかもしれません。そんな中、前事務所を辞めて一時は芸能界追放とも噂された真木よう子が、9月にレプロと契約した途端、すぐにNHKドラマの主演が決定し、改めて事務所の力を見せつけました。これらの事態が重なったことで、のんは個人での活動に限界を感じ、レプロに詫びを入れるしかないという決断に至った可能性があります」(前出・芸能記者)

     はたして、のんが事務所と和解し、表舞台に戻る日はやってくるのだろうか。

    https://www.asagei.com/114529


    【【芸能】もう限界だった!?のん、レプロに謝罪するしかなかった3つの要因とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ