芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 女優



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/04/23(月) 18:01:35.70 ID:CAP_USER9.net

    「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
    アサ芸プラス2018年4月23日10時30分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_102996/

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


     4月17日発売の「女性自身」が、10月からのテレビ朝日で、米倉涼子主演のテレビドラマが放送されると報じた。
    しかし新作は、毎年放送されてきた人気シリーズ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)ではないという。
    「記事によると新ドラマは、スタッフこそ『ドクターX』チームが引き継ぐそうですが、内容は全く新しい作品となるとのこと。
    どうやら米倉は、もっと様々な役を演じて、女優としての幅を広げたいという強い思いがあり、『何度も同じ役をやりたくない』と言い続けているようです」(テレビ誌記者)
    「ドクターX」は、放送すれば高視聴率を連発する人気シリーズである。それだけにテレビ朝日側も、ギャラアップなどの交渉を行ったようだが、米倉は首を縦に振らなかったようだ。
     だが、新ドラマの結果によっては、「ドクターX」復活の可能性もあるという。
    「『女性自身』の取材では、新作のストーリーや共演者は、まだ調整中のようですが、米倉主演のドラマが放送されれば、大きな注目を集めることは間違いない。
    しかしいくら米倉といえど、新ドラマが『ドクターX』のように高い視聴率を維持できるかはわかりません。ヒットすればシリーズ化することになるでしょうが、視聴率が思ったように伸びなければ、ふたたび『ドクターX』を復活させるしかなくなるでしょう」(前出・テレビ誌記者)
     過去には、全編英語のブロードウェイ・ミュージカルを成功させるなど、新しいことに挑戦し続けてきた米倉。新作ドラマも、失敗しないことを願うばかりだ。


    【【芸能】米倉涼子、「何度も同じ役をやりたくない」と言い続け『ドクターX』続編を断っていた】の続きを読む



    1 ちょこぼΨ ★ :2018/04/23(月) 14:58:50.98 ID:CAP_USER9.net

     女優の常盤貴子(45)が23日、都内で行われた「フランス映画祭2018」のラインアップ発表会見に出席した。

     6月21日から地元・横浜で開催される同映画祭のフェスティバル・ミューズに就任。「私はフランスが大好きで、フランス映画も大好き。この映画祭に呼んでいただき、ありがとうございます」と感謝した。

     2年間、Eテレ「旅するフランス語」に出演し、勉強したという仏語を交えてあいさつ。「語学を勉強すると、その国のことをより理解できると言いますが、私もその通りでした。フランスのことをもっと好きになりましたし、フランス人の『謎だな』という行動が、少しひもとけた気がしました」と話した。

     何度か同国に足を運び、3月に南仏を訪問した。「とても良かったです。コート・ダジュールも海沿い。自分が育った横浜という街の影響なのか、とてもリラックスできました」と常盤。「皆さん、恐れずにフランス映画を見てほしい」と呼びかけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000087-sph-ent


    【【芸能】常盤貴子「恐れずにフランス映画を見てほしい」…仏映画祭フェスティバル・ミューズ就任】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/04/23(月) 21:03:02.45 ID:CAP_USER9.net

    4/23(月) 20:39 J-CASTニュース
    「能年玲奈」前事務所HPから削除! 独禁法抵触がいわれるなか事務所に真相を尋ねた...

     女優・のんさん(24)の旧芸名「能年玲奈」が2018年4月13日までに、元所属事務所「レプロエンタテインメント」の公式サイトから削除された。

     事務所の「独立」騒動から、早や3年。ファンからは「確実に一歩前進だ!」と喜びの声が止まないが、事務所側の見解とは。J-CASTニュース編集部が取材した。

    ■「本当に嬉しい日」「時代は動いている」

     のんさん(当時は能年玲奈)は2013年、NHK朝ドラ「あまちゃん」でブレーク。15年1月に個人事務所「三毛andカリントウ」を設立したものの、まだ所属事務所との契約は残っている段階で、双方の関係は悪化。のんさんがテレビなどに出演する機会は激減した。

     16年6月で契約満了を迎えたと認識していたのんさんは、7月に独立。個人事務所を立ち上げ、芸名も「のん」に変更した。だが、元所属事務所は7月「現在までその(契約問題の)解決に至っておりません」と反論するコメントを発表しており、双方の溝は埋まらず。事務所公式サイトに「能年玲奈」のタレントページが残っていることが、何よりの証左だった。

     そんな中、18年4月13日までに「能年玲奈」のページが削除されたことが分かった。ツイッターでは早速、ファンから

      「レプロの公式ホームページから能年玲奈さんの名前がついに消えました 本当に嬉しい日となりました」
      「やっと、前進です。 時代は動いている。 これからです」
      「のんさんの今後の活躍も上手くいきますように」
      「これで徐々に自由に動けるようになりそうで良かった」

    と歓喜の声が続出している。

    独占禁止法に抵触する可能性?

     元事務所はなぜ、突然「能年玲奈」を削除したのか。ファンの間では、公正取引委員会の動きがその背景にあるのでないかとの見方が強い。

    (中略)

     J-CASTニュースでは、元事務所に(1)なぜタレントページを削除したのか(2)契約をめぐる問題で、進展があったのか――など質問状を送った。元事務所は代理人弁護士を通じ、以下のように回答した。

      「いずれも契約内容等に関連する事柄であり、契約当事者としての守秘義務により、回答を差し控えさせていただきます」


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000016-jct-ent


    【【芸能】「能年玲奈」前事務所HPから削除! 独禁法抵触がいわれるなか事務所に真相を尋ねた...】の続きを読む



    1 きゅう ★ :2018/04/22(日) 17:45:01.07 ID:CAP_USER9.net

     若手のなかで最も評価の高い女優と言えば、広瀬すずの名前を挙げる人も少なくないだろう。とくに映画での評価は高く、3月17日公開の「ちはやふる 結び」もドラえもんやディズニー映画「リメンバー・ミー」に次ぐ週間3位の好発進。5月4日公開予定の「ラプラスの魔女」では櫻井翔と共演しており、“ジャニーズ公認”のお墨付きまで得ているほどだ。

     そのように映画では敵なしの広瀬だが、この1月期に主演を務めたドラマ「anone」(日本テレビ系)は歴史的な大コケ。19歳にして初めてともいえる挫折を味わった。爆*原因は坂元裕二氏の脚本にあるとの指摘もあるものの、ネット上では広瀬の演技に疑問を呈する論調も目立っていた。

    「バラエティ番組での失言で批判されることも多かった広瀬ですが、演技については万人が認める実力の持ち主。それゆえ広瀬も『anone』での演技批判は相当ショックだったようです。映画のほうは好調とはいえ『テレビドラマでは視聴率が獲れない』と落ち込んでいるとの噂もあった。4月4日に生配信したLINE LIVEでも『自分はまだまだ』と発言していましたし、しばらくはドラマに出る意欲が湧かないのではないでしょうか」(芸能ライター)

     その広瀬は来年4月スタートの連続テレビ小説『夏空』(NHK)にヒロインとして出演することが決定している。同作品は朝ドラの記念すべき100作品目にあたり、ヒロイン発表が異例なほど早かったこともあって、NHKから相当大きな期待が懸けられているようだ。

    「NHKとしては『夏空』は失敗が絶対に許されない記念作品。広瀬にも万全な体調と、万全な精神状態で撮影に臨んでもらいたい。なので『anone』以降は他のドラマの仕事を控えてほしいと思っているはず。連続テレビ小説は1話15分の週6回放送で、毎週90分ドラマを放送しているようなもの。撮影に入れば掛け持ちで映画に出演するのも難しく、それゆえ今年の秋ごろまでは映画の撮影に集中しているかもしれません」(前出・芸能ライター)

     どうやらドラマの借りはドラマで返す!というわけにはいかないようだ。

    (浦山信一)
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_50524/


    【【芸能】広瀬すずが今後1年間はドラマで観られないと言われるワケ】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/22(日) 03:50:09.05 ID:CAP_USER9.net

    サトエリ「半分、青い。」ボディコン姿に反響 ダイエット&上野千鶴子氏著書で役作り
    2018年4月21日 18:00 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/21/kiji/20180421s00041000226000c.html

    「半分、青い。」で17年ぶりに朝ドラに出演した佐藤江梨子(中央)。ボディコン姿も話題を呼んでいる(C)NHK

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    “サトエリ”こと女優の佐藤江梨子(36)がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)に出演。
    バブル期(1986~91年)を象徴するボディーラインを強調したファッション「ボディコン」に身を包み、反響を呼んでいる。
    朝ドラ登場は2001年前期「ちゅらさん」以来17年ぶりとなり「すごくうれしかったです」。
    ボディコンを着るためにダイエットしたことを明かし、社会学者・上野千鶴子氏の著書「女は世界を救えるか」(86年)も読んで役の内面にもアプローチした。

    女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める朝ドラ通算98作目。
    フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラ*トーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。
    岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

    子役が熱演を披露した幼年期(第1週、第2週)の後、第3週(16~21日)から永野が本格的に登場。
    バブル時代真っただ中の1989年(平元)、ヒロイン・鈴愛や幼なじみ・律(佐藤健)たちは高校3年生になった。

    サトエリが演じるのは、東京の会社「青山セントラルリゾート開発」の企画営業部・小倉瞳役。
    鈴愛たちが住む岐阜・東美濃市梟町近くにテーマパーク「ぎふサンバランド」を建設しようと現れ、町の男性陣を魅了する。

    しかし、契約社員で、年下の正社員・神崎トオル(鈴木伸之)と宿泊先の待遇が違うことなどを嘆き「こんな(ヒールの)高い靴履いて、胸は盛ってコルセット締めてボディコン。私もう楽な格好したい。こう見えて、もう30(歳)なんです。でも、ぎふサンバランドは私の夢なんです。初めて通った私の企画なんです」と涙も(第15話、18日)。
    「正社員が契約に負けて、どうするんだ」と部長(斎藤歩)に叱咤されたトオルは「あの人、ハウスマヌカンだったんでしょ?260円のシャケ弁食いながら。風呂なしアパート住んで。DCブランドとか着てたんでしょ?そういう根性、僕ないっすよ」(第17話、20日)と瞳の過去を明かした。

    サトエリは2015年1月、結婚と妊娠を発表。同8月、第1子男児を出産した。
    16年、フジテレビの昼ドラ「嵐の涙~私たちに明日はある~」に主演して復帰しているが、今回の出演オファーに「すごくうれしかったです。出産してから、お母さん役が多かったので、独身の役が新鮮でした」と喜び。
    「この時代の女性は、今よりもっともっと社会進出にたくさんの壁があったのだなと思います。台本とともに、上野さんの『女は世界を救えるか』を参考に拝読させていただいていました」と役作りの一端を語った。

     81年生まれで、バブル期は小学生の時に終了。ただ「アッシー」「メッシー」「ジュリ扇」(ディスコ・ジュリアナ東京で踊る際の扇子)などの言葉は覚えており「大人たちが楽しそうな時代だった気がします。友達がジュリ扇を持っていて、私も欲しかったですし」と振り返った。

     第14話(17日)の初登場以降、インターネット上で変わらぬ抜群のスタイルが話題を呼んでいるが「ヨガを習ったり、子供を担いだり、この役のために“ボディコン・ダイエット”をしました」と明かし「ボディーコンシャス。身体を意識した服を着ることで、姿勢が大事だとか、気付くことが多かったです」。普段は「小汚く申し訳ない格好をしている身ですが、(放送後に)見知らぬ方から声を掛けていただいたりしました」と周囲の反響も大きい。

     第4週(23~28日)も登場。「ぎふサンバランド」の行方とともに、サトエリの熱演も注目される。「鈴愛の成長過程で、私の青春ド真ん中時代(90年代、00年代)の描写が現れると思うので、すごく楽しみです。これからも、まだまだ『半分、青い。』は続きますので、よろしくお願い申し上げます」と呼び掛けた。


    【【芸能】佐藤江梨子「半分、青い。」ボディコン姿に反響 ダイエット&上野千鶴子氏著書で役作り】の続きを読む

    このページのトップヘ