芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: お笑い芸人



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/12(水) 20:10:27.13 ID:7ZUrxMtX9.net

    お笑いコンビ『博多華丸・大吉』の博多大吉が、自身がレギュラーを務める『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)の6月8日放送回で、タレントのスザンヌが〝共演NG〟だった過去を明かした。

    この日、同番組にはスザンヌがゲストとして出演し、大吉は「同じ番組はやってないけど、一緒の時期に福岡でローカルタレントをやってた」とブレーク前に関わりがあったことを告白。
    さらに、「僕と華丸が唯一、共演NG出してたのがスザンヌです」と意外な過去も明らかにし、共演NGの原因になったという〝トム・クルーズ事件〟を語り始めた。

    2005年、トム・クルーズ主演映画『宇宙戦争』のジャパンプレミアが開催され、各マスコミはこぞって取材に参加。
    しかし、当時の大吉やスザンヌが出演していたのはローカル番組のため、監督や出演者といったインタビュー対象はすべて抽選で決められたのだという。

    抽選の結果、大吉の番組は見事、トムへのインタビュー権を引き当て、レッドカーペットの脇で朝から9時間以上も待ち続けていたとのこと。
    しかし、ようやくこちらへ来たかと思うと、前にいたスザンヌが「トムー!」と叫び、何とトムはそのままスザンヌの方へ歩み寄ってしまったと振り返った。

    「こんなことをわざわざ言わなくていい」
    だが、スザンヌの番組が引き当てていたのは監督へのインタビュー権だったため、トムを横取りされた番組スタッフは「おかしくないですか?」とスザンヌの番組スタッフに詰め寄っていたとのこと。
    しかし、「何がいけないんですか?」と反論されて互いに一触即発となり、スザンヌと華丸・大吉の2人は、そのまま共演NGとなってしまったようだ。

    このエピソードに対し、ネット上では、

    《ルール違反したってことじゃん?  NGにされて当然じゃない?》
    《ローカル番組がやっとこさ取った取材権を横取りされたら腹立つわな》
    《そこはスタッフ同士で話つけなよ》

    などと大吉に同情する声が。一方、

    《トムだっておじさんよりも女の子の方がいいよね》
    《大吉もネチっこいな。いちいち言うなよ》
    《トムが選んだ それだけの話》
    《これでNGにするって、器小さいなって思った》
    《こんなことをわざわざ言わなくていい》

    など、大吉サイドへの批判的な反応も目立っている。

    時間が限られている中では、各メディア同士での申し合わせがより重要ということだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1872114/
    2019.06.12 19:00 まいじつ

    13ce2a9f0382a855bd6b9cf50510e75f3


    【【芸能】博多大吉がスザンヌと“共演NG”明かすも「器が小さい」と批判の声】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/11(火) 13:38:36.11 ID:AP8B7AeV9.net

    9日、キングコング(西野亮廣、梶原雄太)がYouTubeチャンネル『毎週キングコング』を更新。先日、女優の蒼井優との結婚を発表したNSC(よしもとの養成所)の同期である南海キャンディーズ・山里亮太の結婚を祝福した。

    会見を観たという2人は「素敵な会見やった」「むちゃくちゃ良かった」と絶賛。西野は「(19歳の時に)山ちゃんと出会った時とか、いろいろ思い出したわ」と振り返る。
    梶原も同調し「劇場の周りで“キングコングで笑うな”って不幸の手紙回したりな」と合いの手。山里本人も認めている悪行を暴露した。
    そんな彼が結婚できたのは「いい話である」とまとめた。

    また、山里はどこかのタイミングで「変わった」と語る2人。特に西野は「昔の山ちゃんに全然興味なかってん」とぶっちゃけ。
    西野曰く、山里のデビュー当時は、人の揚げ足を取る笑いを主にしており、「三流だなと思ったし、山ちゃんみたいな才能がある人が、なんで人に(時間とネタを)使っちゃうんやろと思ってた」とコメント。
    しかし、ある時から芸風をシフトチェンジしたことで、「急に色っぽくなった」と印象が変わったと語った。梶原もよくは知らないとしながらも、「急に顔が変わった」と言い、「男前とは言わんけど、全然ブサイクじゃない」と話していた。

    「キングコングと山里は同期で切磋琢磨していた仲です。特にキングコングはデビューする前から注目を浴びていて、山里は嫉妬に狂ったそうです。
    それでも山里は前のコンビでテレビ出演もしていましたし、他の芸人からも一目置かれる存在で実力派として知られていました。
    年齢を重ねるにつれ、お互いの関係も良くなり、昨年10月にはカジサック(梶原のYouTubeチャンネル)の動画にも山里が出演していましたね。
    まさかの共演ということもあり、再生回数は320万回以上。それだけ珍しい共演だったということです」(エンタメライター)

    各方面で祝福の声が上がっているが、同期でライバルだったキングコングのコメントには、山里も感慨深いものがあるのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1869849/
    2019.06.11 12:50 リアルライブ

    8773e3cc4aa7d5cf2b6eb9275d276026be9e6947


    【【芸能】キンコン西野、南キャン山里は「三流だなと思った」 嫉妬に狂っていた過去の悪行を暴露】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/06/11(火) 18:19:27.79 ID:B+E17ii49.net

    ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が、香港の反政府デモを応援する日本人に向け「中国政府と同じように日本政府に恐怖を感じてる日本人の声も大事にしろよ」と呼びかけた。

    香港で9日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模なデモ行進があった。

    村本は11日更新のツイッターで香港のデモに言及。「これを応援するやつ。民衆の声を応援するなら日本の国会前のデモ、沖縄の座り込み、原発反対運動、中国政府と同じように日本政府に恐怖を感じてる日本人の声も大事にしろよ、おれも中国恐怖繋がりで応援するなよ、権利に蹂躙されてる人は日本の中にもいるぞ」と訴え、ハッシュタグで「がんばれ香港」と付け加えた。

    [2019年6月11日11時14分]
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201906110000334_m.html?mode=all

    無題


    【【芸能】<村本大輔>「中国政府と同じように日本政府に恐怖を感じてる日本人の声も大事にしろよ」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/11(火) 22:19:09.49 ID:8o6DttJt9.net

    お笑い芸人の紺野ぶるま(32歳)が、6月10日放送のバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)と、
    授業の完全版(AbemaTV)に、お笑い芸人の紺野ぶるまが“高校中退して大後悔しちゃった先生”として出演。自身の経験を語った。

    前回の放送で、高校時代、“おでんの汁”で校長先生を囲んで啖呵を切り、それが決定打となって学校側から退学を告げられたと明かした紺野。
    授業後編となったこの日の放送では、高校を中退して体験した“地獄”を解説した。

    校長先生を怒らせてしまい中退してしまった紺野に待ち受けていたのは、「やることも、行くところもない、ノールールな生活」。
    「ルールがあるからこそ張り合いのある生活が送れる」と話す紺野は、
    「何をしても誰にも怒られないので、生きてるのか*でるのかわからない」と、ルールの無い生活の過酷さを語った。

    そんな紺野は、学校の校則に反発している高校生に向けて「これだけは言わせてください。
    学生時代の理不尽とも思える校則は、大人になると襲ってくるもっと理不尽な事に耐えるための免疫」とアドバイスを贈る。

    その後、紺野は「どこかに所属したい」という欲求から、モデルのオーディションに応募。
    見事合格したが、事務所から初期費用として50万円を請求され、
    その後もスカウトされ再び別の事務所に初期費用を払ってしまい、バイトのような仕事ばかりでついにモデルになるのは諦めることに。

    そんなどん底の中、テレビに出演していたお笑い芸人のくまだまさしのネタを見て「こんな大人になりたい!」と憧れ、
    21歳の時に松竹芸能の養成所に入学。そこから奮闘すること約10年、今ではテレビにも数多く出演する芸人となった。

    最後に紺野は「ルールとは私たちを“縛るもの”ではなく、物事の良し悪しを判断するための基準」「制服という基準があるから、着崩すのが可愛い。
    私は高校中退して、めちゃくちゃ後悔しています。未だに高校で楽しく勉強している夢を見る。
    でもその時間は取り返せない。まだ高校生活が保てている方には、今一度考え直して欲しい」と涙ながらに語り、授業を締めくくった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16603653/
    2019年6月11日 21時50分 ナリナリドットコム

    760c9_249_20190611047


    【【芸能】紺野ぶるま“高校中退”後悔で涙「未だに夢を見る」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/09(日) 06:34:54.04 ID:VOMwzgXE9.net

    お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎(41)が8日、振り込め詐欺グループの忘年会に参加して“闇営業”をしたと報じられた相方の入江慎也(42)についてツイッターで謝罪した。
    入江は問題の宴席に参加した芸人の仲介役を務め、4日付で吉本興業から契約を解消。矢部は今後について「カラテカの矢部太郎として活動させていただきます」とコンビ名を残して1人での活動継続を宣言した。

    矢部が、吉本興業を去った相方の不祥事に初めて言及した。

    この日、騒動後初めてツイッターを更新した矢部は「相方であり友である入江慎也が多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけし本当に申し訳ありません」と謝罪。
    「入江には心から反省し、これまでの自身のあり方を見つめ直し、失ったものの大きさを考え続けてほしいと伝えました」と反省を促したことを明かした。

    注目されていた動向については「今後も僕はカラテカの矢部太郎として活動させていただきます」と解散を明言せず、コンビ名を残し、1人で活動すると宣言した。

    吉本興業のタレントでは、2006年に極楽とんぼの山本圭壱(51)が淫行事件で契約解除され、相方の加藤浩次(50)は「極楽とんぼ・加藤浩次」とコンビ名を名乗る形でピンに。
    山本が16年に同事務所に復帰した後は、再びコンビで活動するようになった。

    矢部は現在、エッセー漫画家として大ブレークしているが、結成21年となったカラテカへの愛着も深く、高校の同級生でもある相方の“復帰”を待つとみられる。

    入江は一部週刊誌で、14年12月に行われた振り込め詐欺グループの忘年会で雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人に参加を促す仲介役になったことが報じられた。
    その“闇営業”に参加していたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)がこの日、ツイッターで謝罪。
    前日7日にコメントを出した入江、宮迫に続き、
    「自分のことを応援してくれている方々、一緒に仕事している方々の気持ちを何も考えていないような軽率な行動をとってしまったことが情けないです」と釈明。
    「お金(ギャラ)を受け取ってなかった、知らなかったからといえ詐欺グループの忘年会への参加してしまった行為を深く反省しております」と猛省した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16589966/
    2019年6月9日 5時9分 サンケイスポーツ

    873c0_456_7806e144204e904b378c08119c320634


    【【芸能】コンビ名残す!矢部太郎「カラテカ矢部」でピン活動、入江の騒動謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ