芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ジャニーズ


    TOKIO・国分「ビビット」打ち切り、日テレ「鉄腕DASH!!」は大迷惑? - 芸能ニュース掲示板


    NO.7408712 2019/04/20 13:17
    TOKIO・国分「ビビット」打ち切り、日テレ「鉄腕DASH!!」は大迷惑?
    TOKIO・国分「ビビット」打ち切り、日テレ「鉄腕DASH!!」は大迷惑?
    TOKIO・国分太一がメインキャスターを務めるTBS系の朝の情報番組『ビビット』の9月打ち切り説が、まことしやかに流れている。

    14日付の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、同局は『ビビット』の代わりに、10月から、落語家・立川志らくが司会を務める新番組がスタートし、国分には深夜枠に別の番組を用意するというのだ。

    同局では、2014年春から、国分がMCに起用された情報番組『いっぷく!』を放送開始したが、低視聴率のため、わずか1年で番組は終了。

    リニューアルを敢行し、15年春から、国分と女優・真矢ミキが司会を務める『白熱ライブ ビビット』(現『ビビット』)をスタートさせた。

    しかし、視聴率は同時間帯でオンエアされている、NHK総合『あさイチ』、テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』、フジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』、日本テレビ系『スッキリ』の後塵を拝するどころか、背中すら見えない状況で、3%前後(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をウロウロ。

    17年4月からは、TBS系『Nスタ』のMCをクビになった堀尾正明アナウンサーを、“ニュース雑学おじさん”として投入し、てこ入れを図ったが、視聴率は一向に上向かず。

    同局では、ジャニーズへの忖度で、なかなか番組を終了させることができなかったが、『いっぷく!』時代から5年半の月日をへて、ついに『ビビット』打ち切りの断を下したのだという。

    もし、『ビビット』が本当に終了した場合、国分はTOKIOの番組である日テレ系『ザ!鉄腕!DASH!!』への出演機会が増えるとみられるが、同番組的に、この事態はどのような影響を与えるのだろうか?

    「『DASH!!』は山口達也が脱退して以降、人手不足に陥り、リーダーで、いちばん仕事量が少ない城島茂が孤軍奮闘している状況です。2番目に出演回数が多いのが長瀬智也で、帯番組を持っている国分と、俳優業で多忙な松岡昌宏の出番は少ないのです。しかし、国分は帯番組がなくなると、暇になりますので、『DASH!!』への出演が大幅に増えるでしょう。ただ、国分が出たところで、あまり役に立ちませんし、数字が上がるとは思えません。日テレとしては、支払わなければならない出演料がかえって増えるだけ。従って、『ビビット』が打ち切られると、『DASH!!』的には、ある意味迷惑といえるかもしれませんね」(テレビ関係者)

    TBSにとって、国分の『ビビット』での出演料は1本100万円ともいわれ、低視聴率を考慮するとかなりの負担になっている。

    いい加減“決断”を下す必要に迫られたということか……。
    【日時】2019年04月20日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能】TOKIO・国分「ビビット」打ち切り、日テレ「鉄腕DASH!!」は大迷惑? - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 黄金伝説 ★ :2019/04/17(水) 00:01:31.45 ID:6lmb1isY9.net

    「ヘタなのになぜ主演?」ジャニーズドラマ“目からウロコ”のからくり

    演技が下手なくせに、なぜか主演を張ると陰口されているジャニーズアイドル。最近は、演技の下手さを隠すことができるよう、ある〝要求〟を多くしているともっぱらだ。

    「ジャニーズ事務所が所望しているのは、無口でクールな天才役です。この役ならば、演技が棒読みで、表情が乏しくとも、〝そういう演技〟ということで、何とかなりますからね」(女性誌記者)

    実際、今期のドラマでは、山下智久が主演ドラマ『インハンド』(TBS系)でクールな天才科学者を演じている。山下といえば、代表作の『コード・ブルー』(フジテレビ系)シリーズでも無口な天才医者役だった。これにはネット上で、

    《山Pっていつも同じような役を演じてんな…》
    《何演じても山下だよなw コードブルーもインハンドも大して変わらん》
    《相変わらず山下はボソボソしゃべるから、字幕ないとさっぱり分からない》

    などといった呆れ声が上がる始末だ。

    無口な天才=棒演技の図

    「前期のドラマでは、『関ジャニ∞』錦戸亮が『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)で、無口で暗い天才法医研究員を演じていましたね。山下と同様に抑揚のない錦戸のしゃべり方は、良く言えば役になりきっている、悪く言えばただボソボソ話しているだけ、という感じでした」(同・記者)

    昨年4月期のドラマ『ブラックペアン』(TBS系)では、二宮和也が無口な天才役を演じていた。二宮はハリウッド映画にも出演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞も受賞したことがある〝名俳優〟だけに、ジャニーズだからといって天才や無感情キャラばかりを演じさせているわけでもなさそうだが…。

    「粗を目立たなくさせる手法は、実は他の事務所もやっていると言えますよ。例えば北川景子は、美人ですが演技が下手だといわれています。そんな彼女が最近主演をしたのは、『家売るオンナ』(日本テレビ系)の続編。ここで北川は〝無感情な天才〟不動産員を演じています。事務所が北川にいろいろやらせてみた結果、こんな役しかできないと判断したのでしょう。実際、続編は無理やり制作した感じが分かる、蛇足なストーリー展開でしたよ」(同)

    天才役やサイコパス役は、難しそうに見えて、演じるのは簡単なのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/81047

    yamashita_tomohisa-20170330122915


    【【芸能】ジャニーズって「ヘタなのになぜ主演?」“目からウロコ”のからくり!棒演技でも大丈夫な『無口な天才役』】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/16(火) 16:11:14.45 ID:scKiAYWz9.net

    昨年末に芸能界を引退し、株式会社ジャニーズアイランドの代表取締役社長に就任した滝沢秀明。
    ジャニーズJr.のプロデュース業や演出家として多忙な毎日を送る姿が「女性セブン」4月25日号で報じられているが、あまりの多忙ぶりを心配する声がファンの間で広がっている。

    記事によると滝沢は社長として、Jr.のメンバーひとりひとりの売り方をきめ細かく考慮する一方で、演出家としても足繁く現場に通い、朝からのリハーサルにも自ら立ち会う熱の入りよう。

    「もともと自身が出演していた『滝沢歌舞伎』を新たに『滝沢歌舞伎ZERO』にリニューアル。
    滝沢が演出面を全面的に手がける形で再スタートの意味を込めて“ZERO”と銘打ったようですね。現在は新橋演舞場で絶賛上映中です」(芸能ライター)

    社長として、プロデューサー・演出家として順風満帆のスタートを切ったと言えそうだが、ネット上では滝沢の体調を心配する声が多くあがっているのだ。

    「記事には、滝沢が毎日マイカーを自ら運転して出勤していること、一日中動き回って自宅に戻ってからも連絡業務を行い、睡眠時間はほぼゼロに近いこと、
    土日も関係なく現場にも顔を出し、さすがに疲労の色が濃いことが書かれてますが、ファンの心配はその激務にあるといえそうですね」(前出・芸能ライター)

    ネット上では「過労死ラインを余裕で超えてそうな激務」「ブラック過ぎでしょう、健康面は大丈夫なのかな?」「睡眠時間ほとんどゼロで車を運転は危なすぎる!」
    「運転手をつけるか、ハイヤーを使うとかできないのだろうか?」「責任感強いから、仕事は全部自分でチェックしたがるのは仕方ないにしても、せめて通勤の運転は誰かに頼んだ方がいいよ」など、
    働き過ぎ、健康面や運転面での心配が数多く寄せられている。

    「滝沢も37歳と、若い頃と比べれば体力的にだんだん無理がきかなくなる年齢に差しかかっています。働き盛りとも言えますが、万が一事故に遭ってしまうと、すべての業務に支障を来してしまいますからね。
    運転手を雇うこともリスク回避、社長の務めなのかもしれません」(前出・芸能ライター)

    睡眠時間ゼロによって滝沢歌舞伎ZEROがゼロになってしまっては、元も子もない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16323373/
    2019年4月16日 10時15分 アサジョ

    40f23_1471_d6704f71_e787d870


    【【芸能】滝沢秀明「ブラック過ぎる」とファンも不安になる“多忙すぎ”な社長業】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/16(火) 07:09:55.04 ID:lrIG9ZBH9.net

    6人組グループ「King&Prince(以下キンプリ)」の3枚目のシングル「君を待ってる」が、今月15日付のオリコン週間シングルランキングで初週39・1万枚を売り上げ、初登場1位に輝いた。

    昨年5月発売のデビューシングル「シンデレラガール」(初週57・7万枚)、昨年10月発売の前作「Memorial」(初週40・1万枚)に続き、デビューから3作連続1位を獲得。
    デビューから3作連続の初週30万枚超はジャニーズの先輩グループ・KinKi Kids、KAT―TUNに次ぎ、史上3組目。

    各スポーツ紙によると、当初は3月20日発売の予定だったが、岩橋玄樹が昨年11月初旬からパニック障害のため休養し、一部活動を再開したものの、治療に専念するため再び休養。
    そのため、岩橋を除く5人でレコーディングし直し、発売が今月3日に延期になっていた。

    「すでに6月にはファーストアルバムの発売が決定。ジャニーズでは嵐が来年いっぱいでの休業を発表、関ジャニ∞が複数のメンバーの脱退問題が浮上。
    今後のジャニーズの“看板”を背負う存在として、キンプリが多大なる期待かけられている」(音楽業界関係者)

    岩橋は今年2月17日に活動再開を発表したものの、わずか11日後の2月28日に活動再開中止を公表したが、その理由についてニュースサイト「週刊文春デジタル」(文藝春秋)が報じている。

    同サイトによると、2月19日の夜、都内のコンビニでのアルコール飲料購入を巡ってトラブルになり、警察に連行される騒動を巻き起こしたのだとか。
    休業中は飲み歩き、何かの薬をアルコールとともに大量に摂取していたという。

    休業前は活動へのモチベーションが低下し、メンバーと大げん*るなどすっかり問題児に。
    復帰はどんどん難しくなってしまっているというから、ファンにとっては残念な展開になりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16321850/
    2019年4月15日 23時0分 リアルライブ


    【【芸能】キンプリ岩橋、このまま脱退の可能性が浮上? 3枚目シングル好発進も立ち込める暗雲】の続きを読む


    滝沢秀明、Jr.を猛烈営業 引退したのに自らの知名度を利用 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7397452 2019/04/15 13:11
    滝沢秀明、Jr.を猛烈営業 引退したのに自らの知名度を利用
    滝沢秀明、Jr.を猛烈営業 引退したのに自らの知名度を利用
    昨年で芸能界を引退し、今年1月にジャニーズ事務所の関連会社・ジャニーズアイランドの代表取締役社長に就任した滝沢秀明。

    主に、ジャニーズJr.の育成やプロデュースを担当しているが、早速その手腕を発揮している。

    「3月にはSnow Man、SixTONES、Travis Japanという3組のJr.内ユニットの横浜アリーナ単独公演を成功させました。そして、Snow Man主演の『滝沢歌舞伎ZERO』の東京公演に合わせる形で、彼らのテレビ露出も増加。それもひとえに、滝沢の猛烈な営業があってのことです」(エンタメライター)

    4月11日発売の「女性セブン」(小学館)では、滝沢自らがテレビ局やスポンサーのもとに営業をかけていると報じられており、さらに関係者は「土下座をする勢いで営業されています」とコメントしている。

    「完全に“タッキーパワー”で仕事を取っている状態ですよ。でも、滝沢本人は『自分は引退した身で、あくまでも一般人』というスタンスとのこと。表舞台には出たくないようで、メディア側には『取材しないでほしい』とお願いしているようです」(芸能事務所関係者)

    裏方に徹する滝沢だが、フジテレビ系で放送されたジャニーズJr.の密着ドキュンメンタリー番組『RIDE ON TIME』には、“音声”のみで登場した。

    「『滝沢歌舞伎ZERO』の京都公演に密着していたんですが、Snow Manのメンバーたちにアドバイスをする滝沢の音声が放送に乗ったんです。姿こそ見せていなかったけど、普通に声が流れて、『あれ? 完全に引退したんじゃないの?』って驚きました。結局は“滝沢秀明”のネームバリューを利用していくスタイルだということなのでしょう」(同)

    どうやら、完全に裏方に引っ込んだわけではなさそうな滝沢。

    これもひとつの戦略なのだろうか?

    「今までのジャニーズ事務所というと、ジャニー喜多川社長やメリー喜多川副社長といったトップがいても、彼らがまったくメディアに出てこないがゆえに、なんともいえないうさんくささが漂っていたわけです。それこそ黒幕的な感じで、妙なイメージばかりが先行していた。でも滝沢については、誰もが顔もキャラクターも知っているし、その滝沢がトップにいればイメージアップにもつながる。“裏で何をやっているかわからない”というジャニーズの悪いイメージを払拭するためにも、“タッキーパワー”を利用したいということなのかもしれません」(前出・エンタメライター)

    ひとまず、ジャニーズJr.の売り出しは頑張っている滝沢だが、ジャニーズ全体のイメージ回復となると、そう簡単ではないはず。

    厳しい戦いが始まるのは、これからだ。
    【日時】2019年04月15日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能】滝沢秀明、Jr.を猛烈営業 引退したのに自らの知名度を利用 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ