芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ジャニーズ



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/09(日) 13:18:54.77 ID:CAP_USER9.net

    12月6日発売の「週刊文春」が、来年からジャニー喜多川社長の後継者として事務所後輩のプロデューサーとして活動する滝沢秀明について報じている。
    それによると、来年早々には「ジャニーズ・アイランド」なる社名で、ジャニーズ事務所の子会社が設立され、滝沢は事実上のトップとなる予定だという。

    「この会社活動の第1弾としてジャニーズJr.の6人組ユニット『SixTONES』を売り出す予定だそうです。すでに、来春公開の映画『少年たち』への出演も決定。
    メンバーには、俳優の京本政樹の息子・大我もいて、彼は滝沢が長年続けてきた舞台の後継者との噂もあります」(芸能記者)

    新会社では、Jr.のプロデュースの他、映画監督や脚本家などを育成する養成所を新設。ジャニー社長直轄の“Jプロジェクト”と呼ばれているチームが動いているという。

    その一方で、Jr.のユニット「Love‐tune」の解散と全員の退所が発表された。その原因となったのは、ジュリー副社長の発案による契約書にサインするかしないかで揉めたからとある。

    「ジャニー氏は、新しいプロジェクトのことで頭がいっぱいで、メリー氏とジュリー氏の会社運営には興味がないようです。
    昔、SMAPを任せていた飯島さんに対しても“彼女は別会社”と言って口出しはしませんでした。
    そういう割り切り方をする人なんです」(芸能ジャーナリスト)

    世間が危惧するジャニーズ事務所の内紛はなさそうだが、ジャニー社長&滝沢とメリー&ジュリー副社長という分裂体制になりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603150/
    2018.12.09 10:14 アサジョ


    【【芸能】滝沢秀明の「新会社設立」でメリー&ジュリー副社長と分裂体制が現実味】の続きを読む


    King&Prince・岸優太、和太鼓企画に挑戦も速攻でパニックに - 芸能ニュース掲示板


    NO.7119235 2018/12/08 11:14
    King&Prince・岸優太、和太鼓企画に挑戦も速攻でパニックに
    King&Prince・岸優太、和太鼓企画に挑戦も速攻でパニックに
    朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)でKing&Princeの冠コーナー「弟子入り〜DESHIIRI」。

    これまで、師匠に1人ずつ1週間の弟子入りしてきたが、前々回からは2人1組、2週連続で行うなど変化。

    そして、12月3日〜7日は岸優太と永瀬廉の2人が登場した。

    12月6日から帝国劇場で舞台『JOHNNYS' King&Prince IsLAND』に出演し、和太鼓やさまざまな種類のフライングに挑戦している彼らだが、それに先駆けて、今回は和太鼓のスペシャリスト集団“DRUM TAO”のK組リーダー・岸野央明に弟子入りした。

    今回は「師匠が提示する課題をクリアする」のが条件で、その内容は“師匠に混じって1分間の太鼓パフォーマンス”と“大開脚をして太鼓を叩く”というもの。

    当初は「任せてください!」と自信満々だった岸だが、しかし、課題が出されると「できないよね」とさっそく諦めムード。

    「1日くらい練習すればできる」という師匠に、「絶対嘘でしょ」(永瀬)「師匠……」(岸)と疑念の目を向けていたのだった。

    その後、野球バットのような大きさのものから刀のようなものまで、多様な太鼓のバチを見た永瀬は「バチっすか?」「これもう武器やん、もう! 二刀流よ!」と大興奮。

    通常のバチで練習してみるものの、師匠のようにうまく扱うこともできず、「じゃあ筋トレから始めましょうか」と師匠。

    師匠たちも毎日「ランニング10km」「筋トレ1時間」「1時間の打ち込み」で基礎体力を鍛えているという。

    そこで、まずは腹筋に挑戦する2人だったが、なんとかついていっている岸に対し永瀬は限界寸前。

    追い込まれた時に出てしまう「ヒッヒッヒッヒッ(笑)」という永瀬独特の不気味な笑い声も出始め、岸も「俺らガチでもうバチ持てないかもしれない」と、相当ハードなようだ。

    その後もまだ太鼓は叩かせてもらえず、今度は太鼓のチューニングを体験することに。

    そのやり方は2人1組となり、1人が太鼓を足の指で挟み、もう一方が太鼓の側面を叩くと同時に、紐をひっぱって太鼓の革を引っ張るというもの。

    岸が太鼓を挟んで固定するも「足つった!」とパニックに。

    永瀬は太鼓を叩く振りをして寸止めして、ビビる岸を大笑いしたりと、まるで小学生のように騒がしい2人。

    そして、最終日は滝沢秀明が演出を手掛ける舞台『滝沢歌舞伎』でもお馴染みの“腹筋太鼓”に挑戦することに。

    ただ2人は「(先輩の舞台で)見ただけです」(永瀬)「目で知っただけです」(岸)と、やるのは初めてなんだとか。しかも、いざやってみるとまったく太刀打ちできず、すぐに離脱。

    しかし、永瀬は「腹筋割れてるんちゃう?」と言い始めおなかを露わに。

    さらに「優太スゴイっすよ。影作って!」と岸に腹筋を見せるように指示。

    これには「2人の腹筋がお目にかかれるなんて」「岸くんの腹筋、あざーっす」とファンも大興奮だったようだ。

    もしかしたら、今後キンプリが滝沢歌舞伎に出演することもあるかもしれないが、今回の挑戦で、ぜひ習得しておいてほしいものだ。
    【日時】2018年12月08日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【King&Prince・岸優太、和太鼓企画に挑戦も速攻でパニックに - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 nita ★ :2018/12/05(水) 14:08:51.79 ID:CAP_USER9.net

    12/5(水) 13:47配信
    産経新聞

     日本テレビは5日、バラエティー番組「ウルトラマンDASH」(平成31年1月1日午後6時放送予定)のロケ中、人気グループ「TOKIO」のメンバー、城島茂さん(48)が骨にひびの入るけがをしたと発表した。

     同局によると、東京都内で4日午後5時ごろ、城島さんがロケ中、はしごの上でポーズを取るなどのパフォーマンスの練習をしていた際、バランスを崩して高さ80センチのはしごの段に背中をぶつけた。

     病院で治療と診察を受けたところ、背骨から左右に張り出した腰椎横突起と呼ばれる大きさ18ミリほどの骨の右の突起部分にひびが入っていたという。痛みがひくまで2週間ほどと診断されたという。5日は仕事を休み、体調を見ながら6日には仕事に復帰できる見通しという。

     同局では「城島さんはじめ、関係者の皆様におわび申し上げます。専門家の指導の下、低い高さのはしごで練習を行うなど安全に配慮してましたが、今後は、ロケ・収録他、番組制作でより一層安全対策に万全を期していきます」とコメントした。

    ■城島さんコメント「病院をはしごするとは…」

     城島さんは日本テレビを通じてコメントを出した。全文は次の通り。

         ◇

     「この日は非常に調子が良く、どんどんパフォーマンスを習得していける感覚で練習していたのですが、体勢を崩し、はしごに背中をぶつけてしまいました。まさか、はしごのパフォーマンスで、病院をはしごすることになるとは…。たいしたけがでもないのに、ご心配をおかけして申し訳ございません。自分の体と相談しながらですが、明日には仕事に復帰して、皆さんに元気な姿をお見せすることができると思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000549-san-ent


    【【芸能】TOKIOの城島さん、骨にひび 番組ロケ中】の続きを読む



    1 れいおφ ★ :2018/12/01(土) 17:58:49.88 ID:CAP_USER9.net

    11月30日、ジャニーズJr.内のユニット・Love‐tuneの解散することがジャニーズJr.情報局の発表でわかった。

    ダンスや歌だけでなく本格的なバンドグループとして注目を集めてきたが、
    今回解散、メンバーは全員退所する、という話も出ている。

    デビュー前だが、すでに単独で横浜アリーナを満席にするなどかなりの人気ユニットだけに、
    この報道の衝撃は非常に大きい。

    すでにYouTubeのジャニーズJr.のチャンネルにLove‐tuneだけが不自然に出演しなかったり、
    その後露出が激減、Love‐tuneとして紹介されることもなくなるなど「解散説」はあった。
    それが現実となってしまったということだが......。

    「今年3月、ジャニーズとの専属契約にメンバーがサインをしないなど揉めていた、という話は出ていますね。
    とはいえ解散どころか退所とは驚きました。

    外から見ればLove‐tuneの反抗のようにも思えますが、
    もしそうなら反抗ができてしまうほど事務所の力が弱まっているようにも見えますね。
    人気ユニットだっただけに、それに見合わない理不尽な扱いを受けていたのではとも......」(記者)

    つい2日前には、こちらはトラブルではないがSexy Zoneの松島聡がパニック障害で療養を発表するなど、
    何かとゴタゴタの種が消えないジャニーズ。今回は事務所の牽引する力の弱さが招いた事態にも思える。

    また、これはタイミングの問題かもしれないが、「あのグループの存在も影響しているのでは」という意見も出ている。
    「これは主にファンですが、King&Prince(キンプリ)のデビュー発表時、
    キンプリファン以外は『なぜキンプリが先なのか』ということで相当荒れたようです。
    そもそもLove‐tuneが拒否したとされる専属契約も、キンプリデビューに際して行われたもの。
    その扱いの差は大きかったという意見はあります。
    いずれにせよ、キンプリはデビュー後大活躍で『NHK紅白歌合戦』にも出演が決まりました。
    傍から見れば明暗が分かれた印象です」(同)

    今後Love‐tuneメンバーはどうするのか、元SMAPメンバーが所属する「新しい地図」合流説もあるが、果たして。

    https://biz-journal.jp/gj/2018/12/post_8781.html

    Love‐tune
    安井謙太郎(27)
    真田佑馬(26)
    諸星翔希(24)
    森田美勇人(23)
    萩谷慧悟(22)
    阿部顕嵐(21)
    長妻怜央(20)

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://pbs.twimg.com/media/DtQN-9AV4AAiv1H.jpg

    (出典 pbs.twimg.com)


    前スレ ★1=2018/12/01(土) 10:24:15.78
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543627455/


    【【芸能】ジャニーズJr.「Love‐tune」 解散&全員退所!★2】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/11/29(木) 15:39:29.64 ID:CAP_USER9.net

     関ジャニ∞の大倉忠義が公式携帯サイト・Johnny’s webで、一部ファンによる“つきまとい行為”に対する苦しい胸の内を吐露したのは、11月8日のことだ。

    〈ストーカー行為ではないのか〉

    〈原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる〉

    〈普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ〉

     大倉の悲痛な訴えに、周囲からはそのメンタルを心配する声もあがり、ネット上ではファンたちの悲鳴が殺到した。

    「ジャニーズの追っかけは以前から有名とはいえ、最近は度を越している」と話すのはジャニーズに詳しいライターだ。

    「地方へ移動するときは、駅や空港で待っているのは当たり前。なかには、座席番号まで知っているファンもいます。

     番組収録では観客を入れるため、ある程度スケジュールが知られてしまう状況なのは、本人たちも承知していますが、駅の構内では一般の人にも迷惑をかけるような行動もみられます」(同前)

     大倉本人からの訴えとあり、マスコミもジャニーズファンの行き過ぎたマナー違反を取り上げた。それから2週間後の22日、今度は錦戸亮が「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で、「大倉があれだけ言ってもなんも変わんねえ」「どうすればいいんだろうか?」と、改めてファンに呼びかけた。

    「大倉の告白はかなり深刻な内容でしたから、ファンも自覚をもって行動しているのかと思われましたが、事態は何も変わってなかったようです」(スポーツ紙記者)

     ジャニーズファンの一人は「関ジャニもいろいろ、対策には苦労してるみたいです」と心配する。

    「11月17~19日の大阪ライブの時も普段なら、前日ぐらいまでに前乗りするのですが、今回はかなり前倒しで大阪入りしました。しかもメンバーを、新幹線組、JAL組、ANA組といった感じに分散させて移動させたみたいです」
     
     最近でもKing&Prince、Hey! Say! JUMPのコンサートの際、駅のホームがパニック状態になり、新幹線の発車が遅れるといったケースがあったという。

    「ジャニーズ事務所も、公式サイトで公共交通機関の利用マナーに関して警告文を掲載していますが、それだけではファンの違反行為は止められません」(前出・同ライター)

     ファンがあっての仕事とはいえ、友人と食事をしている際に駅や空港にいつもいるファンが横のテーブルにいるといった行為は、明らかに“ストーカー行為”と言わざるを得ないだろう。

    「事務所サイドも、何らかの対処法を考えているようですが、大倉や関ジャニ∞メンバーは今も精神的に追いつめられ、気が休まる時がないと言ってます」(スポーツ紙記者)

     ストーカー行為は被害者が訴えた段階で然るべき措置を取らないと、取り返しのつかない事態を招きかねない。ファンは自分たちが何をすべきか、改めて考えてみては……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00013936-jprime-ent


    【【芸能】 「あれだけ言ってもなんも変わんねえ」関ジャニ∞の“ストーカー”対策も効果なし?】の続きを読む

    このページのトップヘ