芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ジャニーズ



    1 ほニーテール ★ :2018/10/13(土) 10:22:23.19 ID:CAP_USER9.net

    ジャニーズ帝国“新体制”を徹底解剖】

     芸能プロ創設者のなかにはアーティスト出身者もいる。現在の芸能プロの形態をつくった「渡辺プロ」の故・渡辺晋さんはジャズベーシスト。「ホリプロ」の堀威夫氏はバンドマン。「田辺エージェンシー」の田邊昭知氏はGSのドラマーだった。滝沢秀明(36)もそのひとりに名前を連ねることになるが、現役バリバリの俳優業を引退し、育成に専念するのはまれなケースだ。

    「大半の事務所は専門家に育成を依頼し最終的な結論は社長らが見極める。ジャニーズはジャニー喜多川社長(86)自らが育成するシステム。滝沢はジャニー氏に直接、育成された経験からジュニアの気持ちも理解できる。その意味では理想的かも」(芸能関係者)

     アイドルを育て続けるジャニー氏の後継者としてふさわしい人物と言えるが、滝沢に託した夢はそれだけではないという。

    「ジャニー氏は宝塚を見て研究し、今のジャニーズの舞台をつくった。構成を見ても大階段の舞台設定で、メインになるスターを中央に配置。スター候補のジュニアが脇を固める。まさに宝塚」と演劇関係者が言うように、ジャニー氏の長年の夢は「男版・宝塚」の実現にあったといわれている。

    「本当は日比谷の街全体をNYのブロードウェーのようにするのが夢だそうで、今も帝国劇場など日比谷界隈の劇場で公演を行うほどこだわりがある。滝沢が後継者になることでジャニー氏がつくった土台を引き継いで夢を託すことができます」(テレビ関係者)

     滝沢にバトンタッチすべく、ジャニー氏は新たなプロジェクトを発表。東京五輪に向けた新グループ「2020」を立ち上げた。ジュニアから選出されるメンバーは史上最多の総勢40人。年明けにも動き出すという。当然、滝沢もジャニー氏の補佐として参加となる。

    「先見の明のあるジャニー氏が早くから“滝沢歌舞伎”をやらせたのも、後継ぎになるのは滝沢と思いを巡らせていたからかもしれません」(元ジャニーズ担当記者)

     滝沢は「経営には関わらない」と明言。バトンはスムーズに渡ったが、問題はバトンを受け取ってからの滝沢だろう。

    「次期社長のジュリー氏は一線で活動しているタレントのマネジメントで手いっぱいなのが現状。これ以上、ジュニアを増やし、売り出しにかける時間はないと嘆いているといわれている。今までは叔父だから言いにくかったが、滝沢なら言いやすくなる。そこで衝突が起こらないとも限らない」(テレビ関係者)

     演出面でも不満分子が出てくるとの見方もある。

    「舞台演出はすでに少年隊の錦織一清(53)が演出家として実績を積んでいます。評判も良く、一時はジャニー氏の舞台の後継者とも呼ばれていました。ジュニアの育成まではやらなくても、滝沢とは演出家としてライバル関係になる。元光GENJIの佐藤アツヒロ(45)も演出部門に進出しており、滝沢にとっては先輩だけに、どう役割分担するかも気になるところです」(同前)

     年商1000億円超ともいわれ、“帝国”とも形容されるジャニーズ事務所。次世代への権限委譲は、はた目にはスムーズに進んでいるかに見えるが、そこかしこに火種はくすぶっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000016-nkgendai-ent


    【【芸能】 新グループ「2020」始動も…ジャニーズ内部で燻る数々の火種】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/10/12(金) 20:01:21.70 ID:CAP_USER9.net

    https://natalie.mu/music/news/303435
    2018年10月12日

    滝沢秀明が12月に各地のホテルでクリスマスイベント「Ta*ey X'mas Show 2018 ~with you and me~」を開催する。

    このイベントで滝沢は12月5日の東京・京王プラザホテル八王子を皮切りに、26日の広島・リーガロイヤルホテル広島まで計5会場を巡る。各公演では滝沢のショーが食事と共に楽しめる。年内で芸能活動を引退する彼がどんなパフォーマンスを繰り広げるのか、気になるファンはこの機会をお見逃しなく。

    ♦︎Ta*ey X'mas Show 2018 ~with you and me~
    2018年12月5日(水)東京都 京王プラザホテル八王子 翔王
    2018年12月6日(木)東京都 京王プラザホテル八王子 翔王(※1日2回公演)
    2018年12月17日(月)愛知県 ホテルナゴヤキャッスル 天守の間
    2018年12月20日(木)東京都 グランドプリンスホテル新高輪 飛天
    2018年12月21日(金)東京都 グランドプリンスホテル新高輪 飛天(※1日2回公演)
    2018年12月24日(月・振休)兵庫県 ホテルオークラ神戸 平安の間
    2018年12月25日(火)兵庫県 ホテルオークラ神戸 平安の間(※1日2回公演)
    2018年12月26日(水)広島県 リーガロイヤルホテル広島 ロイヤルホール


    【【芸能】滝沢秀明、引退前にクリスマスイベント開催】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/11(木) 17:12:54.67 ID:CAP_USER9.net

    ジャニーズ『Hey!Say!JUMP』の追っ掛けファンの無法ぶりが問題になっている。現在、ジャンプはライブツアー真っ最中だ。

    10月7日の新潟のライブ後、帰京するジャンプメンバーを追っ掛けたファンが新幹線ホームに殺到した。つい先日、同じくジャニーズ『King & Prince』のファンが
    仙台駅で新幹線に殺到した騒動に続き、またもや遅延させる結果になった。さらに、到着後の東京駅は地獄絵図だったようだ。

    「メンバーを一目見たいがため、キャリーケースを引いたファンがホームを走り、普通に歩いていた一般客にぶつかったりしていました。
    エスカレーターを逆走したり、立ち止まってメンバーの間に入ろうとする行為もあったため、マネジャーがファンを引きはがし、罵声を浴びせていたとの目撃情報もありました」(ジャニーズライター)

    かつてジャニーズの追っ掛けファンといえば、厳しい規律があった。「追っ掛けに力が入っている」ということで、自ら『オリキ』を名乗った。
    そのオリキの中でもベテランが『トップ』と名乗り、オリキたちに決して応援するグループとメンバーに迷惑にならないよう、そして一般客に迷惑を掛けないよう、追っ掛けのマナーなどを教え込んだ。
    トップがグループのスケジュールを事務所から教えてもらい、追っ掛け場所を決めたりもしていた。マナー破りをするファンは『ヤラカシ』と呼ばれ、のけ者にされた。

    「特にKing&Princeとジャンプ、Sexy Zoneのファンの暴走がひどいですね。
    メンバーにわざとぶつかって抱き付いたり、新幹線車内でメンバーが乗る車両の直近のデッキにたむろして一般客の通行を妨害したり。
    また、新幹線のトイレで着替えをするため、ヘアアイロンで巻き髪をする、化粧をするなどでトイレや洗面台を占拠するなんてこともあるようです」(同・ライター)

    ファンへの訴えも伝わらず…
    昨年、ジャンプの八乙女光は公式のジャニーズウェブで、《赤ちゃんを抱いているお母さんが大勢の人の波につぶされそうになってて赤ちゃんが泣いているのを見て心が痛くなったのね。
    他のメンバーを追い掛けて僕に強く身体が当たったりするのは全然いいの。

    関係のない人に危害を加えてしまうと、そのうちに、ジャンプのライブの移動は危ないからって警告を受けて、
    まだまだ行きたい場所も行けなくなると思うの》などと、異例の注意喚起を促したほどだ。

    今回の事態を受け、八乙女は再び公式ジャニーズウェブで、《5年ぶりの新潟楽しかった~》とライブの感想に加え、
    《新潟からの帰り、東京駅でマナー悪い人多かったです。昨年、勇気を出して書いたのに伝わらなかったのかな?
    (中略)僕はHey!Say!JUMPのライブ開催自体を考え直した方がいいと思っている。会社と真剣に話し合いたい》などと、
    かなり強烈な書き込みをしている。

    このことを受け、SNSでは他グループファンから「こんなことをメンバーに書かせるなんて悲しい」「ジャニーズ全体に影響があったら許さない」などの意見が集まっているが、
    悲しいのも許さないのも、全く関係のない一般人だということを知ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1538340/
    2018.10.11 16:00 まいじつ


    【【芸能】大迷惑!『Hey!Say!JUMP』ファン暴走で赤ちゃん潰され泣く】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/10(水) 18:57:17.20 ID:CAP_USER9.net

    落ち着くどころか、さらに行動がエスカレート!?

    ジャニーズの新人グループ・King & Princeのメンバーが乗車する新幹線にファンが殺到して、新幹線に遅れが出るという騒動が先月、仙台駅にて発生。
    集まったファンの中には駅員の注意を無視して、新幹線の窓に張り付いて中の様子をうかがったり、手すりによじ登ったりする者もいたという。
    また、一般客として新幹線に乗車した小学女児がファンに倒されて数カ所打撲しており、女児の家族は警察に連絡済みということで傷害罪が適用される可能性もあるそうだ。

    この騒動はテレビ番組でも紹介されただけに、ジャニーズファンの間でも一部のモラルのないファンに対する嫌悪感が高まっているのが現状だ。
    しかしながら、またしても一部ファンの暴走行為でタレントがケガを負うアクシデントが起きてしまったようだ。

    「山下智久は2日に『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED -FEEL THE LOVE-』の大阪公演を開催していますが、
    山下が客席に下りる演出でファンにもみくちゃにされてしまうというハプニングが起こっています。
    その際も一部の観客が座席を離れる大移動が起きていましたので、山下がいる場所に人が集まり過ぎてしまったのもありますが、
    山下の腕には引っかかれてできたとみられる傷ができていたという投稿がツイッター上で複数確認されています」(エンタメ誌ライター)

    そのため、ファンからも「客席の民度低すぎる」「山Pがかわいそう」
    「タレントが観客席に来るような演出がなくなったらどうするの」など、暴走するファンへの怒りの声が多数見受けられている。

    「山下自身もこうしたひっかき傷を負うことは初めてではなく、以前にはテレビ番組でその引っかき傷を見せて、ファンに爪を切るように促していたこともありました。
    そういった過去があるだけにマナーを守ってライブを楽しんでいるファンがやるせない気持ちになってしまうのは無理もないです」(前出・エンタメ誌ライター)

    さらにHey!Say!JUMPが7日に新潟でのコンサートを終え、新幹線で東京駅に戻った際も、
    マナーの悪いファンが目立っており、メンバーや駅を利用していた一般人に迷惑をかけていたという情報が拡散されている。

    こういったトラブルが続くと、今後イベント自体が中止となってしまう可能性もあり得るだけに、心当たりのあるファンはもう少し重く受け止めてほしいところだ

    http://dailynewsonline.jp/article/1537686/
    2018.10.10 18:15 アサジョ


    【【芸能】今度は山Pの腕にひっかき傷!?度重なるジャニーズファンの「問題行動」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/08(月) 15:12:07.26 ID:CAP_USER9.net

    キンキファンが揺れている。

    毎年この時期にファンクラブ会員宛に応募通知が届く、KinKi Kidsの年末年始の東西ドームコンサート。
    1月1日が堂本光一の誕生日ということもあり、誕生祝いも兼ねて、1997年のデビューから21年も続いていた、もはや“伝統”と言ってもいいほど定番のライヴが、今年は開催されないことが決定した。

    ジャニーズWebのファンクラブ会員向けのページには以下のような文面がアップされている。

    「昨年、皆様にご心配をおかけした堂本剛の症状は、少しずつ回復に向かっているものの、
    ドームクラスの公演の音圧に耐えうるまでには、残念ながらまだ回復しておりません。
    (中略)KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることが出来ないことを考えますと、一旦、今年のドームコンサートはお休みさせていただこう、という結論に至りました」

    昨年、KinKi Kidsはデビュー20周年を迎えた。アニバーサリーな展開の続く中、6月に堂本剛が突発性難聴を患い、様々な場面で演出などの変更が余儀なくされた。
    恒例のドーム公演は、「オーケストラやアコースティックな編成なら、耳に負担をかけずにコンサートができるかも」ということで、
    全編フルオーケストラ形式に。ジャニーズライヴにつきもののうちわとペンライトを排除したこともあり、彼らの歌からは、“言葉”と“音”が結晶化してクリスタルの輝きをまとったような、張りつめた美しさが感じられた。
    あの広い空間で、オーケストラや演者だけでなく、観客も含め、そこにいる誰もが音に集中した。神聖な体験だった。

    KinKi Kidsは、ジャニー喜多川という天才プロデューサーが生んだ、紛れもない“最高傑作”である。
    「硝子の少年」「愛されるより愛したい」「フラワー」など、誰もが知るヒットソングを抱え、がデビューから22年、39枚連続シングルオリコン1位という記録を更新。
    東京ドーム公演も、昨年の12月17日の公演が通算56公演目、20年連続という記録を“更新中”だった。その音楽性は、アイドルの範疇を超えており、
    彼らが打ち立てたいくつもの記録は、記録好きのジャニー社長を大層喜ばせてきたはずだ。
    シングルの連続1位記録はこれからも続くだろうが、東京ドーム連続公演記録の更新は、今年末で途切れることになる。

    今回、恒例のドームコンサートが中止になったことで、ファンは大いに嘆いている。
    でもそれは、単に「楽しみにしていたコンサートをやらない」ことに対する落胆や動揺ではない。
    「KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることが出来ない」という文面を、剛のファンは、
    「光一が剛に完璧なものを求めすぎたのでは?」と、光一のファンは、「剛がまた“できない”とワガママを言ったのでは?」と、それぞれに“相方”のせいじゃないかと、邪推してしまっているのである。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00010004-friday-ent
    10/8(月) 9:10配信


    【【芸能】KinKi Kidsドーム公演中止発表 「過激派」光一担と「穏健派」剛担が邪推合戦か?】の続きを読む

    このページのトップヘ