芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ジャニーズ


    舞祭組・横尾渉の音痴すぎる『サウダージ』にポルノグラフィティのファンから猛クレーム - 芸能ニュース掲示板


    NO.7883977 2019/10/18 16:24
    舞祭組・横尾渉の音痴すぎる『サウダージ』にポルノグラフィティのファンから猛クレーム
    舞祭組・横尾渉の音痴すぎる『サウダージ』にポルノグラフィティのファンから猛クレーム
    視聴者はまったく笑えなかったようだ。

    10月13日に放送された歌番組『UTAGE!』(TBS系)にジャニーズグループ・Kis-My-Ft2内の4人組グループ、舞祭組がメドレー方式で歌を披露した。

    しかし、あまりの音痴ぶりに「お遊戯会すぎてツラい」「日本の恥」と批判が鳴りやまない状況となっている。

    「同番組は、過去に音痴をネタにしていた中居正広が司会。同グループは中居がプロデュースを手がけ、ジャニーズで“ブサイク”を売りにした初めてのグループです。高音で歌唱が難しいポルノグラフィティの『サウダージ』を選曲したのも、音痴キャラを後輩に継承させようという中居の演出だったのでしょう」(スポーツ紙記者)

    しかし、その歌唱力のなさは中居も苦笑いする「放送事故レベル」。

    そのため、視聴者やポルノファンからは猛クレームが殺到し、ネット上では「サウダージ酷過ぎて怒りを覚えた」「歌唱力を売りにしてるアーティストの曲をよくもまぁ、あんなド下手に歌えるよね」「下手で笑われるのは勝手だけど他人の曲を使って笑われるな」「一生懸命であれば全てが許される訳ではない」と、散々な言われようだ。

    とりわけ酷かったのが、歌い出しを任された横尾渉だった。

    「その破壊力は中居をして、『オレよりヘタ』と見下されるレベル。過去にCHEMISTRY・川畑要とデュエットした際には、あまりのひどさに音声が流れなかったこともあります。歌下手な3人の中にあって、実は千賀健永だけは、まずまずのレベルだったのですが、『放送事故』と一括りにされるのは気の毒でしたね」(芸能ライター)

    笑いが取れると考えのかもしれないが、やはりプロを名乗るならば「テレビで歌っていいレベル」は最低限クリアしておく必要はあるだろう。
    【日時】2019年10月18日 12:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【【芸能】舞祭組・横尾渉の音痴すぎる『サウダージ』にポルノグラフィティのファンから猛クレーム - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/15(火) 19:23:56.65 ID:ErGqdCWT9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    Hey!Say!JUMPの中島裕翔(26)が「第36回ベストジーニスト賞」一般選出部門に選ばれ15日、都内で行われた授賞式に出席した。

    中島は平成最後の年と令和最初の年をまたいで3年連続受賞し「永久ベストジーニスト」として殿堂入り。
    「平成をジャンプしました」とグループ名に絡め喜んだ。今回は一般投票で12万6853票を獲得。2位を3万票近い数字で突き放し「名誉ある賞を3年ストレートで受賞でき、昨年よりずっと重みをを感じます。
    投票してくださったファンの皆さま、ありがとうございます」とファンに感謝した。

    「協議会選出部門」に選ばれたタレントの出川哲朗(55)はテレビ東京系「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」でおなじみのオーバーオール姿で電動バイクを押して登場。
    「美男美女がとるイメージ。全国のユニークな顔、体型の芸能人に夢と希望を与えることができた」と興奮したが、「プライベートでは全くジーンズをはかない。おなかが出すぎて入らない」と明かし、失笑を買った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17236548/
    2019年10月15日 18時13分 スポーツ報知


    (出典 Youtube)

    super delicate live


    【【芸能】Hey!Say!JUMP中島、ベストジーニスト賞3年連続受賞で殿堂入り「平成をジャンプしました」】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2019/10/15(火) 18:00:50.57 ID:j4KL98O+9.net

    Kis-My-Ft2の北山宏光が10月23日に発売される雑誌「anan」2173号の表紙およびグラビアページに登場する。

    北山がソロで「anan」の表紙を飾るのは今回が初めて。北山は“骨でカラダ調整”を特集テーマにした本号で、鍛え上げた健康的かつセクシーな体を披露している。
    グラビアはパーカスタイル、デニムスタイル、ライダーススタイル、ニットスタイルの4パターンで撮影。インタビューでは自分の体との向き合い方や仕事をするうえで
    自身の軸になっていることについて、Kis-My-Ft2のメンバーから学んだことも交えて語っている。

    ■ 北山宏光 コメント
    この仕事をする人間として、普段から決まったメニューを継続していいラインをキープすることは常に意識しています。この撮影が決まって、さらに自分のカラダと
    向き合ってコンディションを高めてきました。鍛えてきたカラダを披露できるのはうれしいです。

    音楽ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000000-natalien-musi

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】キスマイ北山宏光「anan」初ソロ表紙、鍛え上げた体を披露】の続きを読む


    King&Prince・永瀬廉、「家の鍵、免許証、保険証」紛失で「悪用されそう」とファン蒼白 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7867987 2019/10/12 18:17
    King&Prince・永瀬廉、「家の鍵、免許証、保険証」紛失で「悪用されそう」とファン蒼白
    King&Prince・永瀬廉、「家の鍵、免許証、保険証」紛失で「悪用されそう」とファン蒼白
     King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadio GARDEN』(文化放送)。

    10月10日の放送回には、高橋海人がゲストに訪れ、メンバーの“迷惑行為”に対して「本当にきつい」と訴えた。

     同番組には初登場となる高橋だが、以前に岸優太がゲスト出演した回で、「廉と岸くんに(ラジオで)『俺の好きなとこ5個ずつ言って』って言ったの」と番組内で自分の話題を出すようお願いしていたのだとか。しかし、高橋は「いざオンエア聞いたら、ホント僕についてのこと一言言ってたか、くらいの感覚で……」と、すっかり存在を忘れられていたと嘆き、「ふざけんなよ!」「廉にとって俺はこんな存在なんだ……」と悲しみをぶつけていた。

     その後、高橋はメンバーへの不満として、「俺の寝顔写真、撮るなよ!」と訴える。高橋自身、「寝顔がひどい」自覚があるそうで、「僕が寝てるとき、絶対誰かが写真を撮って。そこで済めばいいんだけど、僕に写真を送りつけてくるんだよね。だから僕も寝顔のひどさを再確認しないといけないっていう……。それが本当にきつくて」と、メンバーの行動に悩まされていると吐露。さらに、「主犯格は(平野)紫耀」と告発した。

     高橋の“寝顔写真”は、King&Princeのグループメールに何枚も送られているらしく、永瀬は「そんないろとりどりの寝顔のブスさある」「(ファンに)見せたいなと思うけど、なかなか海人の許可が下りないから、どこかでね」と発言。しかし、「ホントにやめてほしいな……」という高橋の切実な訴えを聞き、「確かに撮りすぎやったね、寝顔ね」と反省する永瀬だった。

     さらに、永瀬は近況として「ガチの事件が起きた」と明かし、仕事へ向かう際に乗ったタクシーで、カバンを失くしたと報告。しかも、カバンの中に入っていた「現金、イヤホン、家の鍵、免許証、保険証、クレジットカード、キャッシュカード」をすべて紛失し、いまだに見つかっていないという。

     この一大事をサラリと報告していた永瀬だったが、ファンからは「芸能人なんだし、本気で悪用されないか心配……」「この話、マジでやばいよ廉くん……心配すぎる。悪用されてないことだけを祈るよ」「いやいや、ラジオやってる場合じゃないレベルだと思うけど!? どうか見つかりますように!」など、心配の声が続出していた。
    【日時】2019年10月12日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【【芸能】King&Prince・永瀬廉、「家の鍵、免許証、保険証」紛失で「悪用されそう」とファン蒼白 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2019/10/09(水) 04:15:02.38 ID:hHvxIQa69.net

     城島茂の結婚会見は、TOKIO最年長メンバーのおめでたい話とあり、お祝い一色。

    「2年ほど前から交際が報じられていた菊池梨沙さんが、妊娠4か月であることも発表。年齢がちょうど倍ですから、年の差についての質問がたくさん出ていましたね」(スポーツ紙記者)

     彼女の地元・埼玉に以前から城島は頻繁に姿を見せていた。

    実家の両親に話を聞くと──

    「4年くらい前からしょっちゅう城島さんを見かけました。住宅地に白いポルシェを運転して現れるんで、目立ちますよ(笑)」(近所の住民)

     菊池の曽祖父は画家で、彼女もその才能を受け継いだ。

    「成績もいいし、運動もできる。絵もうまくて中学時代は美術部の部長でした。ただ、趣味は読書だし、子どもにしては落ち着いていたから、目立つタイプではありませんでした」(同級生のひとり)

     城島は菊池との年齢差は気にならないと言ったが、義母が年下というのは衝撃的な話。週刊女性が菊池の実家を訪ねると、飼育しているカメの水槽の水を換えようと庭に出てきたのが義母だった。

    ─このたびはおめでとうございます。お義母さんは43歳で、城島さんより年下だそうですが?

    「そう報道されましたが、実は45歳なんですよ(笑)。でも、城島さんとは年が近いので、気軽に話せます」

     孫が生まれることを喜んで、満面の笑み。城島を絶賛する。

    「本当にいい人です。娘の弟が高1なんですが、気にかけてくれて『人生ゲーム』で遊んでくれるんですよ。彼も兄弟がいないからうれしいって言ってます」

     城島の母親とも交流があると話す。

    「あちらのお母さまも明るくて、にぎやかで。68歳なので、70歳のウチのおばあちゃんと年が近いんですよ。話が合うみたいで、何度も会っています。うちにも来てくれました」

     すでに家族ぐるみの付き合いなのだ。快く質問に答えてくれたが、仕事に出かけるということで、代わりに祖父母を玄関先に呼んでくれた。

    「梨沙は小さいときから大人っぽくて、同年代の子みたいにジャニーズには興味がなかったんです。私たちはTOKIOをテレビで見ていたけれど、梨沙は城島さんに出会うまでよく知らなかったみたい。実は、元TOKIOの山口さんが同じ地元なので、TOKIOは山口さんがいるグループという目で見ていました。まさかそのリーダーと孫が結婚するなんて夢にも思いませんでした(笑)」

     結婚相手が年上であることは予想していたという。

    「1日に何冊も本を読んで、政治経済にも興味がある子だったから、お付き合いするのは年上の人という傾向は昔からありました。いろんなことを知っているから楽しいって言っていましたよ」

     幼いころ、菊池は祖父母に育てられている。

    「梨沙が生まれたときはみんなで同居していましたが、幼稚園のころ、梨沙のお父さんがマンションを買ったんです。でも、梨沙はマンションに移ることを嫌がって、私たちが育てることになった。
    だから、梨沙はよけいに落ち着いちゃったのかもしれませんね」

     将来は作家になろうと考えていたが、芸能の道へ。

    「中学生になるとあちこちからスカウトされて、名刺がたくさんたまっていました。それでお仕事をするようになったんですが、本人は将来、作家になるための経験のひとつとしてやっていると言っていましたね」

     城島は4年ほど前から菊池家を訪れるように。

    「最初から“結婚を前提にお付き合いさせてもらっている”と言っていました。でも、梨沙は“私はするつもりはありません!!”って言い返していました(笑)。作家を目指していたから、結婚には興味がなかったと思うんですよ」

     城島は菊池の祖父母にも優しく接していた。

    「まだ出会って間もないころ、“結婚してから何かあったら、おじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、弟さん、みんなを面倒見るから心配いらないよ、安心して”って言うから涙出ちゃった(と涙ぐむ)」

     祖父母が城島に望むことはひとつだけだ。

    「長生きをして、丈夫に頑張ってもらいたいと。子どものためにもね。あとは何も言うことはないです。ふたり仲よくやってよと、それだけですね。“*前にひ孫が見られそうで、ありがとね”って言ったんですよ。
    おじいちゃんもひ孫と散歩できるって楽しみにしているんですよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-00016219-jprime-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-00016219-jprime-ent&p=2

    20191009-00016219-jprime-000-1-view


    【【芸能】城島茂、24歳下妻の家族が独占告白! 「4年前からの“珍交流”」を語り尽くす】の続きを読む

    このページのトップヘ