芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: アナウンサー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/21(木) 18:22:08.60 ID:/zN4bgj39.net

    ニュースキャスターの安藤優子(60)が21日、MCを務めるフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)を欠席した。
    安藤は3日連続での欠席となった。

    番組冒頭、俳優、高橋克実(57)と同局の三田友梨佳アナウンサー(31)が2人で登場。高橋が「きょうも安藤さんがね…」と切り出すと、
    三田アナは「体調不良、発熱のためお休みということです」と述べた。
    高橋は「熱は下がったというふうに僕は聞いているんですけど。大事をとって、念のためもう一日ぐらい、と言いました」と、
    すでに体調は回復していると説明。三田アナも「あしたは安藤さん、戻って来ます」とし進行した。

    安藤は1月29日、30日にも体調不良で番組を2日間、欠席していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16055001/
    2019年2月21日 17時44分 サンケイスポーツ

    7a38f_456_6773db512e2a984f1bc43e62d35baea6


    【【芸能】安藤優子、3日連続で生放送欠席…ミタパン「あしたは戻って来ます」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/20(水) 09:19:06.21 ID:Vk3ULcYp9.net

    平成という時代が終わることも関係しているのか、2018年度末のテレビ界は、人気女子アナの退社が相次いでいる。
    TBSの吉田明世アナは1月末で退社し、宇垣美里アナも3月いっぱいでの退社を発表済み。
    一方、テレビ朝日の宇賀なつみアナと小川彩佳アナも退社を発表している。
    いずれも局の看板番組を担当してきた人気アナだが、退社に対して驚きの声がもっとも大きかったのが小川アナだ。

    小川アナは2007年にテレビ朝日に入社し、入社からわずか4年でテレ朝の看板番組『報道ステーション』に大抜擢。
    報ステ降板後は『AbemaPrime』(Abema TV)のキャスターに就任し、テレ朝の報道畑のエースとして将来を嘱望されていたが、
    2月8日に一般男性との結婚を発表し、3月限りで退社することを明かした。

    人気女子アナが結婚を機に退職するというストーリーは珍しいものではないが、
    小川アナの結婚に世間がざわつくのは、“元カレ”がとびきりの有名人だからだ。
    2017年2月、『週刊ポスト』が小川アナとアイドルグループ・嵐の櫻井翔との交際を報じ、
    櫻井が小川アナの自宅を訪ねる写真や、小川アナが櫻井の車に乗り込む様子を伝えた。
    しかしそれから2年で、小川アナは一般男性との結婚を選んだ。

    ジャニーズと言えば熱狂的なファンが多いことでも知られているが、櫻井との交際が伝えられた当時、意外にもファンの反応は冷静だった。
    小川アナにはなぜファンからの反発の声が少なかったのか? 
    ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。

    「櫻井と小川アナの交際報道が出た時、櫻井ファンの多くが交際を“黙認”したのは、彼女が生粋のお嬢様だったからでしょう。
    櫻井は元キャリア官僚の父親を持ち、
    小学校から大学まで慶應に通ったジャニーズきってのお坊ちゃまですが、小川アナも父親が医師で、小学校から大学まで青山学院に通った。
    小川アナは昨今の女子アナの定番であるミスコン出身ではありませんし、帰国子女で英語はペラペラ。
    2人には、報道番組でキャスターを務めているという共通点もあり、“あの2人ならお似合いだ”と考えたファンも多かったようです。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16046552/
    2019年2月20日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】テレ朝退社の小川彩佳、『NEWS23』起用ならTBSアナ反発も】の続きを読む



    NO.7277960 2019/02/20 11:15
    「新潮」が記事削除していた宇垣美里アナの“アノ話”とは…
    「新潮」が記事削除していた宇垣美里アナの“アノ話”とは…
    「週刊文春」(文藝春秋)のライバル誌としてしのぎを削ってきた「週刊新潮」(新潮社)が、このところどうもおかしい。

    2月14日発売号で、ZOZOの前澤友作社長と交際中の剛力彩芽が、同社の採用面接で面接官を務めていたとする記事を掲載。

    すると翌日ZOZOは、「当社の採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ございません」と記事を否定し、法的措置を検討していることを公表した。

    「新潮については、昨年8月に日本大学芸術学部に裏口入学したと報じられた『爆笑問題』太田光が名誉を傷つけられたとして東京地裁に提訴。また10月には、吉岡里帆の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたところ、NHKから完全否定され、赤っ恥をかいています。剛力の記事には面接時の具体的な様子も記されていたため、ネット上では『ガセだったのか』『裏取りしないでよく書けたな』と叩かれまくっています」(スポーツ紙記者)

    そんな中、新潮がひっそりと削除していた記事があるという。

    週刊誌記者が明かす。

    「2月6日発売号では、『宇垣美里 フリー宣言でTBS重役が激怒 退社まで“飼い殺し”状態に』なる記事を掲載。宇垣アナからフリー転身することを聞かされていなかった編成担当の重役が怒り心頭で、現場に『宇垣を使うな』という指示を下しているという内容でした。ところが、この重役は『そんなことは言っていない』と編集部に猛抗議。誤報を認めたのか、同記事はWEB版の『デイリー新潮』から削除されています。この重役はよほど腹に据えかねたようで、同誌の記事を引用していた他のサイトにも記事を下ろすように片っ端から要請して回っているようです」

    いずれもインパクトのある記事だっただけに、そのぶん強烈なブーメランとなってしまったようだ。
    【日時】2019年02月20日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能】「新潮」が記事削除していた宇垣美里アナの“アノ話”とは… - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/19(火) 08:09:41.96 ID:gzzEKdiX9.net

    “カトパン”こと加藤綾子のフジテレビ新夕方ニュース番組(タイトル未定)の詳細が一向に伝わってこない。
    加藤本人が「本当にうれしい」とコメントを出しているにもかかわらず、なぜ内容が分からないのか。

    「現在、平日月曜から金曜日の午後4時50分から7時に放送されている『プライムニュース イブニング』をリニューアルし、カトパンの番組にする予定です。
    ただ、相方の男性アナは誰かなど、細かいことは分かりません。
    毎日なのか、週に何日かなのかも分からないのです」(テレビ誌ライター)

    一部の週刊誌サイトには、加藤がスタッフを指名し、それが原因でモメているとの記事も掲載されているが…。

    「それはないでしょう。彼女は元フジテレビ社員。勝手知ったる、ですから、局の用意したスタッフに多少の異論はあるかもしれませんが、
    あのホニャホニャとした性格で、そんなに長引くとも思えない。
    もっと、彼女の心に引っ掛かるものがあるのだと思います」(芸能記者)

    それはやはり、現在、同局の『ホンマでっか!?TV』で共演している明石家さんまとの問題だという。
    さんまが加藤にベタぼれなのは、芸能界内外で有名だ。

    「加藤は昨年9月、さんまの交際申し込みに対し、『お断わりします』と告げ、『ホンマでっか――』
    降板の気持ちも明かした。でも、さんまは諦めない。『番組は続けたい』の一点張りなのです」(フジテレビ関係者)

    詳細が伝わらないわけは…
    加藤はフリーのタレントだ。さんまとの共演も断れば問題はないはず。しかし、そこに介入してきたのがフジテレビ上層部だという。

    「局は、さんまの番組を続け、なおかつ夕方ニュースにも出てほしいと懇願している。
    さんまは自分のギャラを下げてもカトパンが一緒ならいいとまで申し出ている。
    これに関して、カトパンは全く意に介せず。あくまで『ホンマでっか――』降板の方向のようです」(同・関係者)

    フジテレビもさんまには困り果てているという。

    「局としては、何とかさんまを立てたい。しかし、カトパンも強硬。
    さんまと共演ならば、夕方ニュース月~金のうち1日を共演番組に充て、
    その代わりニュースギャラは5日分と同じ額を希望と強気。詳細が伝わらないのは、決着に時間がかかっているからでしょう」(同)

    今後、どんな展開になるのか。興味津々だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1698239/
    2019.02.19 07:30 まいじつ

    94ab4dcb737b2a36640a414cd00c4752169a04db_w=666


    【【芸能】加藤綾子『フジ新ニュース番組』受諾の条件に露骨な「さんまNG」】の続きを読む


    テレ朝、弘中綾香アナの「アイドル化」に待った!? 局員もあきれモード - 芸能ニュース掲示板


    NO.7275881 2019/02/19 15:03
    テレ朝、弘中綾香アナの「アイドル化」に待った!? 局員もあきれモード
    テレ朝、弘中綾香アナの「アイドル化」に待った!? 局員もあきれモード
    テレビ朝日の人気アナウンサー・弘中綾香が、人知れず同局から「コスプレ動画禁止令」を下されていたと、2月19日発売の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

    番組企画のため撮影したにもかかわらず、お蔵入りになった動画も存在するそうで、弘中アナもおかんむりというが……。

    同誌によると、弘中アナは昨年秋スタートの深夜レギュラー『アナ行き!』の企画で番組PRのため、動画共有アプリ「TikTok」公式アカウントを開設し、動画を配信していたという。

    セーラー服やパジャマ姿などを披露するといった“コスプレ動画”だったが、同局の制作部長による「アナウンサーをアイドル扱いするな」とのお達しから、突然企画が中止になったそうだ。

    「現在もウェブ上に動画は残されているのですが、更新はストップしており、今後新しい動画が投稿される気配はありません。他局でも、最近ではTBSの宇垣美里アナが、『サンデー・ジャポン』でコスプレを披露したことが話題になったものの、テレ朝の基準では、アナウンサーのコスプレはNGのようです」(芸能ライター)

    同局では、2016年に田中萌アナの不倫騒動が炎上したが、その際は番組降板の処分こそあったものの、現在田中アナは『AbemaMorning』(AbemaTV)レギュラーとして完全復帰している。

    「コスプレは“風紀”に引っかかるのに、一方で不倫アナに寛容というテレ朝の姿勢は、局員からも『意味不明』という声が出ています。突然、社員のSNS使用がNGになった時期もあり、その時は多くの社員が、Twitterで裏アカウントを更新していたものです」(テレ朝関係者)

    また、今年3月いっぱいでレギュラー番組を卒業し、その後退社することを公表した小川彩佳アナも、テレ朝との間に隙間風が吹いているという。

    「『結婚を機に退社する』と同局を通じて発表した小川アナですが、後日『AbemaPrime』(同)生放送で、『結婚を機に退社するのではない』ことを念押しして、テレ朝の広報部に、暗に苦言を呈していた。両者の間には、何かしらのしこりが生まれている様子です」(同)

    同時期には同じく“テレ朝のエース”と称される宇賀なつみアナの退社も決定している。

    看板アナの相次ぐ流出には、テレ朝の「意味不明」な社員への対応が災いしているのかもしれない。
    【日時】2019年02月19日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【【芸能】テレ朝、弘中綾香アナの「アイドル化」に待った!? 局員もあきれモード - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ