芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: アナウンサー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/30(火) 10:10:30.41 ID:CAP_USER9.net

    「今年の6月に今の事務所を紹介されて8月から所属。あれよあれよという間に脱いじゃいました(笑い)」

    NHK「ニュース7」鈴木奈穂子アナ 体調不良でしばらく休養

    こうほほ笑むのはグラビアアイドルの薄井しお里(28)。法政大を卒業後の2013年からTBS系列の東北放送でアナウンサーとして活動。
    夕方のニュース番組のキャスターなどを務めたが15年6月に退職してフリーに。そして今夏にグラビアアイドルとして鮮烈デビューを飾るや大反響の逸材だ。

    「子供のころから写真撮影のときはセクシーポーズでした(笑い)。とにかくグラドルになるのが夢だったので今はうれしくて仕方ないです。
    元の職場の同僚からも良かったよと感想を頂いてます。母からも奇麗だねといってもらえて本当にうれしいです」

    チャームポイントは大人の色気と真っ白い肌。愛称は「うすしお」。初のデジタル写真集「うすしおビキニ」がネット書店で好評配信中。中身は濃厚です!

    http://news.livedoor.com/article/detail/15518939/
    2018年10月30日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    (出典 stat.ameba.jp)


    (出典 inn2sst02.blob.core.windows.net)


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【【芸能】元アナウンサー薄井しお里「グラドルになるのが夢だった」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/28(日) 12:30:57.71 ID:CAP_USER9.net

    “闇が深いキャラ”扱いされつつあるTBSの宇垣美里アナウンサー(27)が28日放送の同局系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)にVTR出演。手料理を披露した。

    野菜を切っている時、番組スタッフから「どういう時が楽しいですか?」と聞かれた宇垣アナは「切っている時。バラバラになる感じがいいですよね」と返答。
    さらに、たたききゅうりを作っている際も「普段の生活をしていて、何かを殴ったり、たたいたりとかとかは許されていない。
    でも、たたきキュウリを作っている時は許される。うっぷんをたたきつける」と話した。

    このVTRが流されている間、スタジオの「サバンナ」高橋茂雄(42)は「やばい、やばい」と本気で怖がっていた。

    番組では、コンビニチェーン「ローソン」で発売中の「悪魔のおにぎり」を特集。
    その“悪魔的なおいしさ”から、発売わずか10日で約200万個を販売。
    現在でも売り切れが続出しているという。SNS上では、「悪魔のおにぎり」のアレンジ料理を投稿することが流行していることから
    「1日1食は必ず自炊する」という宇垣アナが挑戦することになった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15510494/
    2018年10月28日 12時0分 スポーツ報知


    【【芸能】“闇キャラ”TBS宇垣美里アナ、手料理でスッキリ「うっぷんをたたきつける」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/10/27(土) 20:30:26.63 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの高島彩さん(39)が2018年10月26日、自身のインスタグラムを閉鎖すると発表した。

     閉鎖理由については「この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので」と説明。実際、高島さんのインスタグラムのコメント欄には、ここ最近、心無い言葉を寄せる一部の「粘着」アカウントが出現していたことが確認できる。

    ■「周りの人まで心配させてしまい、悲しませている」

     26日、高島アナは娘2人と写った写真を投稿し、魔女の仮装で一足先のハロウィンを楽しんだことを報告。その流れで「これまでみなさんと交流できる場所としてInstagramを楽しんできましたが、色々考えまして、閉じることに致しました」と表明した。

     閉鎖することについては

      「やめてしまうのは寂しく、また、せっかくコメントを寄せてくださっているみなさんのことを思うと申し訳ない」

    としたが、

      「周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」

    と、やむを得ない事情を明かした。

     高島アナはちょうど1年前の2017年10月にインスタグラムを開設。以来、まめに更新を続け、フォロワーは13万人以上に。普段の仕事の紹介はもちろん、手料理や子育ての一コマなどプライベートを垣間見られる投稿も多く、ファンからもいくつものコメントが寄せられていた。

    過去にまでさかのぼり悪質コメント

     しかし、コメントは必ずしも快いものばかりではない。特にここ2週間ほどは、複数の特定アカウントが誹謗中傷を連投。あるアカウントは、過去の投稿に遡って心無いコメントをするまでの粘着ぶりだった。

     その多くは高島アナの外見や子育てについて好き勝手書いた内容だ。

      「お鼻また、いじられましたか? なんか違いますね」
      「めざましテレビの時の面影がないくらい変わりましたね」
      「いつも長女さんの髪の毛ボサボサなのよ」
      「整形さん、また自分メインでアップですか?鼻が目立ちますよ!」

     こうしたアンチアカウントを直接批判したり「通報」したりするファンもいたが、当のアカウントは「思ったこと感じたこと書いたらダメなんですか?」などと意に介さない。

     「暇な人が嫌なこと書き込むせいで、インスタやめたりしないでくださいね」などと心配する声もあがる中、結局、インスタ閉鎖は現実のものとなってしまった。

     高島アナは26日の投稿の中で

      「それぞれ意見はありますし、それは大切なことだと思っています。言いたいこと伝えたいことがあるとき、それは伝えるべき感情なのか、どのように伝えたらよいのか、私もまた考えます」

    とし、「日々いろんな感情がありますが、清濁併せ呑む心をもっていたいものです。感謝ばかりです」と穏やかにつづった。

    一部抜粋

    10/27(土) 16:24配信 Jキャストニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000004-jct-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【芸能】<たむけん>高島彩のインスタ閉鎖に怒り「人を傷つける言葉を思いつく力を他に使えないかな」「大バチがあたりますように」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540586984/


    【【芸能】<高島彩インスタ閉鎖>追い込んだ心無い言葉を寄せる一部の「粘着」「アンチ」の酷い実態!過去にまでさかのぼり悪質コメント】の続きを読む


    NHKにいてこそ輝く人と揶揄される、元NHK女子アナ3人の現在 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7029001 2018/10/27 14:49
    NHKにいてこそ輝く人と揶揄される、元NHK女子アナ3人の現在
    NHKにいてこそ輝く人と揶揄される、元NHK女子アナ3人の現在
    人気の高い女子アナウンサーには、フリー転身のウワサがつきまとうもの。

    『あさイチ』(NHK)で8年もの間、V6・井ノ原快彦と“朝の顔”を務めていた有働由美子アナウンサーも、数年来フリー転身がうわさされ、今春ついにNHKを卒業した。

    「フリーから転身した有働アナは、まさに鳴り物入りで『news zero』(日本テレビ系)のキャスターに就任しましたが、結果は伴わず。今月12日の放送では平均視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となってしまいました。オリコンスタイルの『好きな女性アナウンサーランキング』では毎回上位に食い込み、満を持してのキー局デビューでしたが、惨敗ともいえる結果に。ネット上では『イノッチがいたからバランス取れてただけ』『バラエティー色強くて、夜の報道番組向きじゃない』『こんなに滑舌悪かった?』といった声が相次いでいます」(芸能ライター)

    有働アナについて、「NHKにいてこそ輝く人だった」と評する声も少なくないが、同じく「NHKにいた方がよかった」といわれているのは住吉美紀アナウンサー。

    『スタジオパークからこんにちは』『プロフェッショナル 仕事の流儀』(いずれもNHK)でキャスターを務め、堅実な人気を集めていたものの、2011年のフリー転向後は苦戦が続いている。

    「フリーになるとすぐ、鳴り物入りで『知りたがり!』(フジテレビ系)のメインキャスターに就任したものの、たった1年で番組終了。以降は単発の仕事やラジオ、BS番組の仕事が続いています。そんな中、14年に出演した『踊る踊る踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、大好きな明石家さんまに会えたことに感動して号泣。これにネットユーザーはドン引きで、『なんか変な人。仕事がないのは人間性も関係してるんじゃない?』『必死すぎて民放に向いていない』『NHKアナの中では有名だったし、NHKにいたらよかったのに』といった呆れた声が寄せられてしまいました」(同

    04年にフリーとなった久保純子アナウンサーにも、同様の意見が聞かれている。

    「久保アナは『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』や『ポップジャム』に出演し、1998〜2000年までは『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を務めるなどNHKの看板アナウンサーで、フリー後は、『ブロードキャスター』(TBS系)『ウチくる!?』(フジテレビ系)などに出演。11年には夫のアメリカ転勤に伴ってレギュラーを全て降板し、13年に復帰したものの、現在はラジオ番組のレギュラーがあるだけ。ネット上では『あのままNHKにいればアナウンサーとしては安泰だったのに』といった声がある一方で、『仕事と出産どちらも大事って言ってたから、これくらいがちょうどいいのかもね』と賢明な判断だったする意見も聞かれています」

    NHK、キー局問わず、フリーアナウンサーへの転身は容易なものではない。

    古巣から飛び立ってしまった以上、戻る道は残されていないが、彼女たちには今後どんな道が広がっているのだろうか。
    【日時】2018年10月27日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【NHKにいてこそ輝く人と揶揄される、元NHK女子アナ3人の現在 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 ほニーテール ★ :2018/10/26(金) 13:45:04.16 ID:CAP_USER9.net

    恋多き女子アナとして知られるテレビ朝日の竹内由恵アナウンサー(32)の新ロマンスが発覚した! 25日発売の「週刊文春」が一般男性との手つなぎデートを激写。しかも同誌の直撃に交際を認めたことを報じている。
    竹内アナといえば、これまで有名スポーツ選手や大企業のサラリーマンらとの数々の熱愛を報じられてきた。その“悩殺力”はハンパないが、今回のお相手とはいよいよ結婚へのカウントダウンに入ったと局内ではささやかれているという。その理由とは――。

     文春によると、20日、レギュラー出演している「報道ステーション」の放送後、何とテレ朝の目と鼻の先、六本木ヒルズで新恋人と待ち合わせたという。ラブラブモード全開といった様子で堂々と手をつなぐと、買い物を楽しみ、2人で竹内アナのマンションへ…。

    気になるお相手は、年代的には同級生となる医療関係の仕事をする一般人だとか。同誌の直撃に対し、竹内アナは交際していることを認め、「本気の恋?」という質問に「遊びじゃないです(笑)」と答えている。

     竹内アナは10月からリニューアルした「報ステ」で、月~木曜のスポーツ担当、金曜のメインキャスターに就任したばかり。「新生報道ステーションは視聴率も良く、竹内アナの評判は上々です。新恋人との交際が順調であることも、精神的に大きく影響しているのかもしれません」とテレ朝関係者。ちなみに竹内アナの前にスポーツを担当していた寺川俊平アナは「熱盛」コーナーで人気だったが、「リニューアル時に降板となったため、後任の竹内アナに少々嫉妬しているとか」(前出関係者)。

     竹内アナといえば、これまで数々の熱愛が取りざたされてきた。サッカー日本代表の香川真司や元プロ野球選手の片岡治大(巨人コーチ)、さらに電通マンのほか、社内恋愛を報じられたこともある。昨年にはプロバスケットボール選手の田臥勇太まで…。まさに“肉食系女子アナ”の面目躍如。週刊誌カメラマンいわく「竹内のところに行くと、男性とのツーショットが撮れるケースがかなり多い」。

     これだけモテるのも、竹内アナが肉食系なのはもちろん、男性を悩*る武器があるからに他ならない。

    「あのムチムチの太ももですよ。私服のミニスカ率は女子アナ一高いと言われており、健康的かつセクシーな太ももに多くの男性がメロメロになってしまうのです。田臥との熱愛を撮られたとき、注目を集めたのはミニスカワンピから伸びる美脚でした。あれで上司から『アナウンサーとして自覚ある服装を』と苦言を呈されたそうですが、今でも勝負するときはミニスカ&ムチムチ太ももです」(制作会社関係者)

     今回、竹内アナはかなり本気だという。芸能関係者がこう話す。

    「竹内はかつて『おかずのクッキング』や『ミラクルレシピ』などの担当をやっていただけあって、かなりの料理上手。すごく家庭的な面があるんですが、実は『結婚しても仕事は続けたい』と言っているんですよ。本当のタイプは『私の仕事を理解してくれる人』と。これまでの交際がうまくいかなかったのは、それがなかなかあてはまらなかったからだそうですよ」

     確かに、妻には家庭に入って支えてほしいと願うスポーツ選手は多いかもしれない。それだけが破局の原因とは限らないが、大きく影響した可能性はある。竹内アナも看板報道番組に出演するほどのキャリアを手放したくはないだろう。

    「今回の男性はアナウンサーの仕事を続けてもいいという考え方らしい。これは結婚もあるんじゃないでしょうか」(同関係者)

     肉食系女子アナがついにゴールインとなるのか。本紙も恋の行く末を見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000008-tospoweb-ent


    【【芸能】 結婚秒読み・竹内アナの悩殺力 テレ朝“肉食系女子”の新ロマンス】の続きを読む

    このページのトップヘ