芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 悲報



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/05/30(水) 10:07:17.42 ID:y7NRCmR50.net BE:618588461-PLT(35669)


    (出典 img.5ch.net)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000043-natalieo-ent

    本日5月29日(火)深夜に特別番組「マツコ、昨日*だってよ。」(テレビ東京系)が放送され、ふかわりょうが出演する。


    この番組は、テレビ東京5番組の特番にマツコ・デラックスが出演するプロジェクト「無理矢理、マツコ。テレ東に無理矢理やらされちゃったのよ~」の1つ。
    「もしもマツコが*でしまったら」という架空の設定のもと、ふかわ、YOU、ミッツ・マングローブらがVTR出演し、追悼番組風にマツコを偲ぶ。
    マツコ本人は棺に横たわるのみで、特に語りはしない。マツコの価値を関係者が分析し、ゆかりのある人たちがマツコへの想いを語る中で、マツコとテレビの関係性を紐解いていく。

    福山雅治からの弔文が届き、ナビゲーターの滝藤賢一が読み上げるというサプライズも。
    弔文は「もう一度お酒を飲みながら、語り合いたかった」と、福山のヒット曲の歌詞を交えて綴られている。


    【【と報】マツコ・デラックス死亡】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/05/30(水) 18:29:23.95 ID:+OMhbR2D0●.net BE:782249187-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    なぜ声優より芸能人?洋画吹き替え版起用の裏事情
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/

     俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

     前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。3年ぶりに主人公・オーウェ
    ンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

     一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ~。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

     新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

     最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

    「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。ただ木村さんは普段
    からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

     ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

     今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。


    【【悲報】なぜ声優より芸能人が起用されるのか? 裏事情「声優は芸能人には及ばないから」】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/05/30(水) 18:29:23.95 ID:+OMhbR2D0●.net BE:782249187-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    なぜ声優より芸能人?洋画吹き替え版起用の裏事情
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/

     俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

     前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。3年ぶりに主人公・オーウェ
    ンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

     一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ~。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

     新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

     最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

    「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。ただ木村さんは普段
    からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

     ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

     今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。


    【【悲報】なぜ声優より芸能人が起用されるのか? 裏事情「声優は芸能人には及ばないから」】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/05/19(土) 03:49:23.83 ID:oo1EMI000.net

    群馬テレビの冠番組のジョイントでしか見ない模様


    【【悲報】ハーフタレントのJOYさん、消える】の続きを読む



    1 おうか ★ :2018/05/17(木) 16:22:32.62 ID:CAP_USER9.net

     西城秀樹さんの死去を受け、西城さんの「ヒデキ、感激!!」というキメぜりふで有名な「バーモントカレー」のCMを放映していたハウス食品グループ本社がコメントを寄せた。以下の通り(原文のまま)。



     突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。西城秀樹さんには、弊社のTVCMに多数ご出演いただき、大変お世話になりました。

     中でも1973年から1985年までご出演をいただいた「バーモントカレー」のTVCMは大変好評をいただき、そのお陰もあって今日カレーライスが国民食とまで言われ、皆様に愛されるようになりましたものと大変深く感謝しております。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000563-san-ent


    【【芸能】西城秀樹さん死去 「大変お世話になりました」ハウス食品グループ本社 カレー「ヒデキ、感激」で国民食に】の続きを読む

    このページのトップヘ