芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 海外芸能



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/15(Tue) 16:49:21 ID:ErGqdCWT9.net

    韓国のガールズグループf(x)(エフエックス)の元メンバーで、女優としても活躍していたソルリさんが亡くなった。25歳だった。14日午後3時20分ごろ、京畿道城南市の自宅で遺体で発見された。警察によると、事件性はなく、自*たものとみて捜査している。

     2005年、ドラマ「薯童謡(ソドンヨ)」で女優デビュー。09年から「少女時代」の“妹グループ”「f(x)」のメンバーとして活躍していたが、14年に悪質な書き込みなどによる苦痛を訴え、芸能活動を一時中断。翌15年に女優活動に専念するとしてf(x)を脱退した。

     写真は2週間ほど前、自身のインスタグラムに投稿した一枚。こんなに明るい笑顔を見せていたのに……。

    10/15(火) 15:00 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000017-nkgendai-ent

    無題


    【【芸能】K-POPアイドル・ソルリさん死去 事件性なく自殺の可能性も】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/09(水) 09:06:59.63 ID:qiYTLXUy9.net

    マドンナ(61歳)が、膝のケガでコンサートの延期を余儀なくされている。10月7日に予定されていた
    ニューヨークのハワード・ギルマン・オペラハウスでの「マダム・X」ツアー公演が中止となり、10日にステージ復帰する予定だという。

    オフィシャルHPには、膝のケガの回復のため3日間の休養を命じられたことがつづられ、「スケジュールの組み直しをしていますので、
    ファンの皆様にはどうぞチケットを保持していただけますようお願いします」「10月10日、12日のマダム・Xのコンサートは予定通り開催予定です」
    「ファンの皆様にはご迷惑をおかけします。ご理解の方ありがとうございます」とメッセージが添えられている。

    一方、当のマドンナはインスタグラムを通してこうつづっている。

    「悔しいけど、マダム・Xも血の通った生身の人間で、これから3日間膝の回復のために休養しなければいけないみたい」
    「私は腰抜けじゃない。今回の事で皆の想像以上に私は心を痛めている。ヒールと網タイツを数日脱ぐ時だわ!皆の理解に感謝している。またすぐに会いましょう!」

    同ツアーは以前、完璧主義者マダム・Xによる摩訶不思議な音楽体験を提供するために製作に時間がかかっているとして、日程の再調整が行われてもいた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17204517/
    2019年10月9日 8時23分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    Madonna - La Isla Bonita (Official Music Video)


    (出典 Youtube)

    Madonna - Like A Prayer (Official Music Video)


    (出典 Youtube)

    Madonna - You'll See (Official Music Video)


    【【芸能】マドンナ、ひざ痛め公演延期「ヒールと網タイツ数日脱ぐ」】の続きを読む



    1 chillout ★ :2019/10/06(日) 10:32:54.36 ID:KGvreVTR9.net

    スタローンとRギア、過去にダイアナ妃巡り恋の火花

    2大ハリウッドスター、シルベスター・スタローンとリチャード・ギアが故ダイアナ妃を巡り、恋の火花を散らした過去が明らかになった。ニューヨーク・ポスト紙によると、英歌手エルトン・ジョンが自伝「Me」の中で、当時の状況を詳細に明かしているという。

    ジョンが自伝の中で暴露したところによると、英国の自宅でディナー・パーティーを開いた際、スタローンは、ギアとダイアナ妃が親密になったことに嫉妬の炎を燃やしていたという。

    ジョンは、「リチャード・ギアとダイアナ妃はすぐに意気投合し、互いに熱心な様子だった。2人で暖炉の前に座り、会話に夢中になっていた」と書いている。当時、ダイアナ妃はチャールズ皇太子と別居中で、ギアは当時の妻シンディ・クロフォードと破局していた。

    ジョンによると、スタローンとギアが廊下で、今にも殴り合いが始まりそうな勢いでにらみ合っている姿を、ジョンの夫デビッド・ファニッシュ氏が目撃したという。

    ギアはその後もダイアナ妃とラブラブ・ムードで、怒り狂ったスタローンは、「あのクソ王子様野郎が来ると知ってたら、オレはここに来なかった。彼女をオレのものにできたはずなのに!」と言い捨て、去って行ったという。

    一方、当のダイアナ妃本人は、2人の争いに全く動じる気配もなかったようだ。ジョンは、「彼女は気がつかなかったのか、あるいは、こんな状況に慣れていたのかも」と書いているという。ジョンが、波瀾(はらん)万丈の半生についてあますことなく暴露しているという自伝は、15日に発売となる。(ニューヨーク=鹿目直子)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-10060059-nksports-ent

    無題


    【【芸能】スタローン vs リチャード・ギア 過去にダイアナ妃巡り恋の火花】の続きを読む



    1 みなみ ★ :2019/10/03(木) 20:57:35.77

    統一8分前
    10/2(水) 20:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00010713-besttimes-soci

    20191002-00010713-besttimes-000-2-view


    専用ジェット機で世界中を飛び回っていた韓流アーティストたち。日本でも社会現象となっていたが、そのブームは一気に終焉を迎えたのだが、その理由とは一体!? (『韓流アイドルの深い闇』著/金山 勲より)

    この記事の写真はこちら

    ■大名旅行も可能にした政府支援

     2010年から、韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメントは、BoA、少女時代など30人を超える所属アーティストを連れ、専用ジェット機で世界中を飛び回ってツアーを行っている。

     この大名旅行のようなツアーに参加した韓国人スタッフに話を聞いたが、何処に行っても大歓迎され、何よりも専用ジェットを乗り回しているということで、各地の関係者やファンへのアピール効果も大きかったようだ。タレントを含め彼ら関係者も、高揚した気分で旅ができたと喜んでいた。

     だが正直言って、タレントたちが世界中を飛び回っていても、世界各地の会場を満杯にするほどの力は備わっていないはずだった。

     それでも、このような形でワールドツアーを敢行できたのは、音楽事務所が政府支援金を利用しているからだ。彼らは政府支援で、海外での大規模な事業展開ができたのである。

    以下ソースで


    【【韓流】韓流ブームが突如として終焉を迎えた理由】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/10/03(木) 11:28:06.64 ID:10UM0ef+9.net

    https://www.narinari.com/Nd/20191056551.html
    2019/10/02

    マット・デイモン(48歳)は、映画「アバター」での主演を断り、結果として2億5000万ドル(約269億円)もの収入を逃していたそうだ。2009年公開のジェームズ・キャメロン監督による同SF大作では、サム・ワーシントンが主人公のジェイク・サリー役を演じたが、マットはジェイク役を断り、同作の利益の10パーセントを手にする機会を失っていたという。

    「ジェームズ・キャメロンから『アバター』への出演オファーがあったんだ」
    「ジェームズは『いいかい。誰かが必要なわけじゃないんだ。名の通った俳優はいらない。君がオファーを受けないんなら、無名の俳優にこの役をあげるつもりだ。この映画に君が必要ってわけじゃないからね。でも君が受けるなら、利益の10パーセントをあげるよ』って言ってきた」

    さらに、その話を友人のジョン・クラシンスキーに話したそうで、マットはこう続けている。

    「この話をジョン・クラシンスキーと一緒に『プロミスト・ランド』の脚本を書いてる時に話したんだ。そうしたら、ジョンには『あの映画に出てたとしても、お前の人生は何にも変わってなかったと思うよ。ただ、この会話を宇宙でしていたかもしれないけどね』って言われたよ」
    「実際僕はどの俳優より損しただろうね」

    しかし、当時「ボーン」シリーズのために同役を蹴ったというマットだが、これまで手掛けてきた作品数は少ないものの、そのどれもが成功を収めているキャメロンと仕事をしなかったことは後悔しているそうで、「断ったことで、ジェームズとこの先一緒に仕事するチャンスを失ってしまったと気づいたよ」「それはものすごく残念だけど、子供が食べていける稼ぎはあるからね。これでいいんだ」と話している。


    (出典 cdn.narinari.com)


    【【海外芸能】マット・デイモン、「アバター」主演断り269億円の収入逃す】の続きを読む

    このページのトップヘ