芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 男性歌手



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/06(木) 08:29:52.32 ID:CAP_USER9.net

    演歌歌手の氷川きよしに容姿の“劇的変化”がささやかれている。

    12月4日に放送されたNHKの番組「うたコン」に出演し、シャ乱Qの「ズルい女」や「勝負の花道」など披露。
    衰えぬ歌声で番組を盛り上げたのですが、それを見ていた一部の視聴者から「彼の顔が変わってしまった」としてネット上で指摘が相次いだ。

    「新しい歌手かな、と思ったら氷川きよしだった」
    「氷川きよしって整形した?」
    「これはソックリさん!?」
    「私の知っている人とは違う」
    「なんかいじった?」
    「化粧の濃さなのか?」
    「まるで別人! 誰だかわからなかった」

    など、氷川きよしの顔の変化に関する話題でネット上は一時騒然となった。

    「彼が整形しているかどうかは確証はありませんが、変化したことは間違いないでしょう。よく観察してみると、以前と比べて妙につっぱった肌や、輪郭、顔の彫りの深さに違いが出ています。
    そして、大きく変化したのは目でしょう。以前と比べて明らかに大きくなっています。
    とはいえ、肌はピーリング剤を使ったケア、輪郭や目はマッサージ、顔の彫りもメイクで演出している可能性がありますから、整形だと決めつけるべきではないでしょう。
    髪型でも人の顔の印象は大きく変わりますからね」(事情通)

    「そもそも氷川きよしの整形疑惑は今に始まったことではありません。数年前にも『目の二重幅が変わった』『顔の印象が変わった』など騒がれています。もしかしたら日によって顔の印象が違うタイプなのかもしれません」(事情通)

    20年近く演歌界のトップを走り続ける氷川きよしももう41歳。
    多少の顔の変化はあれど、いまだに“貴公子”然としたスタイルと容姿をキープしているのは間違いない。
    顔は変化したかもしれないが、むしろ以前より垢抜けてスター性が増したようにも見える。
    さらに、今日放送されたうたコンの会場にいたと思われる人の書き込みでも「抜群に歌がうまい」「声量がすばらしい」など、歌唱力の高さが絶賛されていた。

    「コンサートに行けば今でもキャーキャー言われていますよ。デビュー時と変わらぬアイドルっぷりに驚かされますね」(事情通)

    今年、紅白歌合戦19回目の出場となる氷川きよし。今回の白組の出場者の中では、五木ひろしの48回、郷ひろみの31回に次ぐ多さでまさに日本を代表する歌手といえる。
    いつまでもその天下一品の歌声と美貌を保って、重力に負けず「ヨイショー」とリフトアップしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1598918/
    2018.12.06 07:00 トカナ


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】氷川きよしが「誰だかわからないほど劣化」「別人」との声! 目も輪郭も大変なことに…整形疑惑が浮上!】の続きを読む


    龍玄としに改名 ToshIのカバーアルバムが爆売れ 海外でも1位 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7111382 2018/12/04 16:56
    龍玄としに改名 ToshIのカバーアルバムが爆売れ 海外でも1位
    龍玄としに改名 ToshIのカバーアルバムが爆売れ 海外でも1位
    11月28日に自身初のカバーアルバム『IM A SINGER』を発売した『X JAPAN』のToshI。

    同作が驚異的な売り上げを示している。

    同アルバムは、『AKB48』の『365日の紙飛行機』、松田聖子の『赤いスイートピー』、尾崎豊の『I LOVE YOU』など、幅広い世代の名曲を収録。

    ToshIが独自のパワフルで繊細なハイトーンボイスで歌い上げており、名曲たちは、まるでToshIの持ち歌のように変身している。

    『オリコンデイリーアルバムランキング』によると、同アルバムは11月27日に9154枚、28日に4204枚を売り上げ、ランキングではジャニーズの山下智久、韓国アイドルのテミンに次ぎ、3位につけている。

    つまり、“正真正銘のアーティスト”の中ではナンバーワンの売り上げとなっているわけだが、これに一番驚いているのが、YOSHIKIだという。

    ■ToshIの成功を喜ぶYOSHIKI
    「YOSHIKIは10月に、『L’Arc〜en〜Ciel』のHYDEと“最強タッグ”を組み、シングル『Red Swan』をリリース。初週売り上げは約2万1000枚でした。同曲は大人気アニメ『進撃の巨人/シーズン3』(NHK)の主題歌として起用されており、音楽番組で大きな宣伝をしていたことを踏まえると、ある意味YOSHIKI×HYDEはToshI単体に敗北した形と言っていいでしょうね」(音楽誌記者)

    一部では不仲疑惑も上がっているYOSHIKIとToshI。

    しかしYOSHIKIはToshIの快挙を素直に喜んでいるそうだ。

    「もともと不仲疑惑は単なるウワサで、2人の仲は今も極めて良好。幼なじみのToshIが1人で成功したことに、YOSHIKIは『素晴らしいね』と感激していますよ。また、ToshIもYOSHIKIからの祝福で誇らしげな表情に。『YOSHIKIに認められたのがなによりうれしい』とこぼしていました」(音楽スタジオ関係者)

    ソロでもトップレベルの活躍を見せているYOSHIKIとToshI。

    発売が間近だという『X JAPAN』の新アルバムは、一体どれほど売れてしまうのだろうか。

    ■歌うのは「涙した曲、救ってもらった曲」
    「多くのファンの皆様よりご希望をいただいておりまして、また私自身も念願だったカバーアルバムを、この度リリースさせていただくことになりました」と話したToshI。

    「これまで自分の人生の中で感動した曲、あるいは涙した曲、また救ってもらった曲、本当に歌いたかった曲などを厳選して、1枚のアルバムを制作いたしました」とアルバムに込めた想いを語った。

    ■海外でも1位
    28日、都内で自身初のカバーアルバム「IM A SINGER」の発売記念イベントを行った

    配信大手iTunesでこの日、日本、台湾、香港、タイで1位を記録。

    ファン2000人から「おめでとう」の大歓声を浴び「苦しい時も踏ん張って耐えて前を向いてやってきてよかった。生きてきてよかった」と声を詰まらせた。

    ■「チキンライス」がマジで泣ける
    「X JAPAN」のToshIさんが、自身初となるカバーアルバムの収録曲『チキンライス』の動画を公開した。

    クリスマスはまだ早え、とが言いながら、この曲聞いたらToshIさんの美声にマジで涙が出てきた……。

    ・松本さんの詞に槇原さん涙
    この曲は、2004年にダウンタウンの浜田雅功さんがアーティストの槇原敬之さんに曲を作ってくれるようにお願いしたところから始まったものだ。

    浜田さんが歌い、松本人志さんが作詞を務めたのだが、出来上がった詞を見た槇原さんは、あまりにも美しい内容で号泣した……という逸話が思い出される。

    実際にこの曲は、あまり裕福とは言えなかった松本さんの幼少期のクリスマスの思い出をつづっており、その内容には胸を打たれるものがある。

    ・ToshIさんの美しい歌声
    浜田さんの素朴な歌声も素晴らしかったのだが、世界的に活躍するToshIさんが歌うとどうなるのか?
    実際に聞いてみると、さすが一流のシンガーだ。

    繊細かつダイナミックにその世界観を歌い上げており、とくに彼の持ち味のハイトーンボイスが曲をより一層美しいものへと昇華している。

    ・映像も秀逸
    ToshIさんによると、この曲のために25年ぶりにミュージックビデオを撮影したとのことだ。

    映像には、貧しい母と子の日常が描かれており、ToshIさんの歌声とあいまって、マジでウルっと来てしまう。

    ネットの反応
    ・May.Jみたいなことするなよ
    ・何かものすごーく穏当系Jポップ真王道な選曲
     >要約すると薄っぺらい選曲
    ・くっせーメッセージソング大杉だろこのアルバム
    ・知名度の切り売り感がスゴイw
    ・X JAPANなんか最初からバラエティ路線だったんだからこれでいいだろ
    ・ダウンタウンDXでチキンライス歌ってたけどある意味持ち歌だったか
    ・カバー歌って自己陶酔
    ・どうせならRADWIMPSとかサカナクションとか玄米なんとかとか歌えばいいのに
    ・和田アキ子の曲だけすげぇ違和感w無理矢理入ブッ込まれたのかよ
    ・自分はファンではないけど、歌は好きだし、バラエティーとかで、この人の良さが伝わってくるのが、好きかな。いい人そう。
    ・最近はバラエティ色が強すぎて、どっぷりX JAPANに浸かってたファンとしては、この動向にちょっと戸惑いを隠せない。
    ・氷の世界歌ってくれよ昔ラジオで歌ってただろ
    ・それよりX JAPANのアルバムはいつ出すんだ

    ■「龍玄とし」に改名した理由
    ――最近、「龍玄とし」と改名されました。何かキッカケがあったのでしょうか。

    龍玄としっていう名前は、今年のお正月からですね。作家活動をする時とか、コンサートの時とかに使っています。
    今年に入って、テレビ番組とか音楽プロデュースとかいろんなことをやっていて。実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。いままでの自分のカテゴリー以外のところに、どんどんチャレンジしていこうと。「Toshl」っていう名前でもいいんですけど、苗字があった方が単純にいいかなって。「トシ」って聞くと、世代によってはトシちゃん(田原俊彦さん)がまず先に浮かぶ人もいますから(笑)別にこだわっているわけではなくて、場合によって、今回のアルバムみたいにToshl名義にする時もありますよ。

    ――意味合いとしては、青龍の「龍」に玄武の「玄」で、龍玄?

    そうなんです。心機一転、強そうな名前がいいなと。「四神」が二つ入ってるので、縁起がいいですよね。

    ――全部漢字の中国バージョンもあって、それだと「龍弦虎憧」なんですね。

    中国版は「玄」を弓へんの「弦」にして、としは「虎憧」としました。虎は当然、「白虎」(四神の一つ)の意味もあります。それから、僕はファンの人たちのことを「Toshlove(トシラブ)」と呼んでるんですけど、「トシラブ」を略して虎。トシラブが憧れるToshlだから「虎憧」です。これから中国でも活動していくなかで、ちょっと名前を考えてみようかなと。そういうのも全部、遊びというか。みんなが楽しく盛り上がれる感じで、名前がつけられたらいいなって。

    ネットの反応
    ・蕎麦屋っぽいw
    ・怪しさ満載だな
    ・芸名でつけるには宗教感じさせるセンスすぎる
    ・この人最近どうしたの
    ・また洗脳されたみたいになってんのか
    ・あぶねえなあ
    ・誰かにつけられた名前な感じがするのはなんでだろう
    ・どこの創作料理屋だよ
    ・虎とか龍とかw
    ・ヨシキもそら距離置くわ
    ・今度は教祖でってことじゃないだろうな

    [収録曲]※曲順未定
    ・ひこうき雲(オリジナル:荒井由実)
    ・赤いスイートピー(オリジナル:松田聖子)
    ・糸(オリジナル:中島みゆき)
    ・Everything(オリジナル:MISIA)
    ・チキンライス(オリジナル:浜田雅功と槇原敬之)
    ・道(オリジナル:EXILE)
    ・幸せのちから(オリジナル:和田アキ子)
    ・手紙 〜拝啓 十五の君へ(オリジナル:アンジェラ・アキ)
    ・365日の紙飛行機(オリジナル:AKB48)
    ・I LOVE YOU(オリジナル:尾崎豊)
    【日時】2018年12月04日
    【提供】gossip!


    【龍玄としに改名 ToshIのカバーアルバムが爆売れ 海外でも1位 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 Bergenia ★ :2018/12/02(日) 17:37:18.89 ID:CAP_USER9.net

     歌手で俳優の福山雅治(49)が2日、都内で、企画プロデュースと主題歌を担当する日本テレビの朝ドラ「生田家の朝」(『ZIP!』内で10日から放送、全13回)の制作発表に出席。自身が企画した朝ドラに「素敵なものになったと自負しています」と手応えをみせた。

     今作は日テレ開局65周年を機に立ち上げた「主題歌から生まれるドラマ製作」プロジェクト。大役のオファーを受けた福山は、「編成まで動くプロジェクトになるとは想像していませんでした」とアイデア段階から大きく膨らんだ企画に驚いた。「常にお仕事させていただきたいクリエイターNo.1」と信頼を置くタレント・バカリズム(43)に脚本をオファー。仕事で一緒になったときに「今度なにかやりましょう」と常々、声をかけていた。

     バカリズムは、「本当に話が来たから社交辞令とかない人なんだと。すごいと思った。うれしい」とコラボを喜んでいた。

     主題歌は脚本を参考に歌詞を紡いだといい、「やりやすかったです」と楽しみながら完成させた。視聴者に向けて、福山は「新しいチャレンジをさせていただいております。13話ですけど毎日、前向きな気持ちになってもらえる作品に仕上がった」と自信をのぞかせていた。

     物語は“どこにでもいるフツーの家族”生田家の朝を描く。俳優のユースケ・サンタマリア(47)がサラリーマン・生田浩介役を演じ、日テレドラマ23年ぶりに主演。妻の早苗役は女優・尾野真千子(37)が演じる。

     午前7時50頃から約7分放送される。主題歌のタイトルも「いってらしゃい」(発売未定)に決まった。7・50頃から約7分放送される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000094-dal-ent


    【【芸能】福山雅治 日テレ朝ドラに「新しいチャレンジ」 大プロジェクトに驚く】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/11/28(水) 13:12:31.00 ID:CAP_USER9.net

    https://33man.jp/article/006253.html
    2018/11/28 12:36

    ミュージシャンの布袋寅泰が故・尾崎豊さんの息子であるシンガーソングライター尾崎裕哉とのツーショットをInstagramに公開。音楽ファンを中心に「このツーショットはたまらない」と反響を呼んでいる。

    10月にヨーロッパツアーを敢行し、現在は国内ツアー『HOTEI Live In Japan 2018~TONIGHT I'M YOURS TOUR』を開催している布袋。そんな布袋は11月27日、前日にNHKホールで行ったコンサート時のオフショットを続々と公開し、楽屋に訪れた著名人たちとの記念写真を多数アップしてファンを喜ばせた。

    そのなかで音楽ファンを中心に反響を呼んでいるのが尾崎裕哉とのツーショット。尾崎裕哉は、カリスマ的な人気を誇るも1992年に死去したシンガーソングライター尾崎豊さんの息子であり、自身も父と同じくシンガーソングライターとして活躍中。布袋がかつて属したバンドBOOWYと尾崎豊さんは同時期に活躍していただけに、ファンからは「このツーショットはたまらない」「感無量」「天国で尾崎豊が喜んでいると思います」「これは感激!感動!」「親子で交友関係とはなかなかないですね」「お父様から息子さんまで繋がる音楽。素敵です」といった興奮の声が多数寄せられている。

    布袋は尾崎裕哉に向けて「そばにいるとお父さんを思い出すよ。熱い歌を期待しているよ!」と激励の言葉をおくっており、肩を抱き合って笑顔を浮かべるふたりには「布袋さんのギターで歌ってほしいです」といったリクエストも寄せられている。尾崎裕哉は父親と声がそっくりだとも話題になっているが、いつかふたりのコラボレーションが実現すれば、音楽ファンはかなり胸アツな展開だろう。

    『HOTEI Live In Japan 2018~TONIGHT I'M YOURS TOUR~supported by ひかりTV』はツアーファイナルとなる12月30日のオリックス劇場(大阪)公演までまだまだ続く。今後も胸躍るオフショットに期待できそうだ!

    尾崎裕哉くん

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    森雪之丞さん

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    ジャガー横田さんとライオネス飛鳥さん

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    有森裕子さん、長野智子さん

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    石川さゆりさんは亀田君と。お久しぶりの愛ちゃん

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    古き良き仲間たちと。パーソンズ&BOØWY。

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    大地真央さん 小渕健太郎、UVERworld TAKUYA

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【【芸能】布袋寅泰、あのカリスマシンガーの息子との記念写真を公開し「このツーショットはたまらない」の声】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/11/28(水) 21:34:51.40 ID:CAP_USER9.net

    2018.11.28 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20181128_812215.html?PAGE=1#container

    (出典 img2.news-postseven.com)

    白髪で注目の吉川晃司

     ドラマでは、役者の演技だけではなく、その髪の色に注目が集まることもあるようだ。今期のドラマで脚光を浴びるふたりの“白髪俳優”の注目ポイントと“白髪”の効果について、コラムニストのペリー荻野さんが綴る。

     * * *
     今シーズンのドラマでは、ふたりの「白髪」が輝いている。ひとりは『昭和元禄落語心中』(NHK)の岡田将生。昭和の噺家・八雲を演じているが、その端正な姿と本格的な語りの技は、落語ファンをうならせている。

     このドラマでは、若いころから、晩年、名人と言われるころまで幅広く描かれるため、岡田は新人時代(髪はふさふさで真っ黒)から、白髪の老人姿に。二枚目は「老け」を作り込まずに老人役をすることも多いが、岡田将生は29歳の若さで堂々の老け姿。渋くキメた分、イケメンぶりが強調された気もする。

     もうひとりはご存知、『下町ロケット』(TBS系)の財前部長こと吉川晃司。かつて主人公・佃(阿部寛)が営む小さなメーカーの技術を高く評価し、守ってくれた財前は、今期の「ヤタガラス編」では無人トラクターの開発に取り組み、自分が所属する大企業「帝国重工」と下請け企業との間にはさまれて苦しい立場に。それでも「日本の農業を救うため、なんとかお願いできないでしょうか」と佃に頭を下げる。

     その頭髪は見事な白髪。銀色に輝いて見える。カッコいいのである。そういえば、財前は佃に誘われて稲刈りに言った時にも、スーツ姿だった。いつでもどこでもジェントルメン。白髪の紳士である。

    『モニカ』時代、マイクを振り回し、ついでに長い足も振り回していた(※ペリー個人のイメージです)吉川晃司を知る世代から見ると、すっかり落ち着いた様子にしみじみとしたものを感じる。財前の白髪には、「暴れ吉川記憶世代」を惹きつける意図もあったはずだ。

     昔から、「ロマンスグレー」という言葉があり、ナイスな白髪まじりヘアスタイルの男性は称えられてきた。私がお会いした中で、これぞまさにロマンスグレーな人だと思ったのは、故・児玉清さんである。ここで重要なのは、ただの「グレー」ではなく、「ロマンス」がついていること。「ロマンス」って、いったいどうやって出すんでしょうか?

    『下町ロケット』では、財前に圧力をかける帝国重工次期社長候補・的場(神田正輝)も佃らを「下請けが」と見下して嫌な顔を見せる的場派の奥沢(福澤朗)も、帝国重工を恨み、先んじて無人トラクターを実用化した佃のライバル企業社長の重田(古館伊知郎)も、白髪率は1割程度。佃らが開発競争の中でどう生き残っていくのかも大事だが、帝国重工周辺に限ってみれば、白髪財前VS黒髪男たちの対立の構図もポイントだ。オセロか。

     キャラの強さとわかりやすさは、「日曜劇場」企業ドラマの鉄則。財前が白髪でなかったら、これほどわかりやすくはならなかった。

     これだけ白髪紳士の印象が強くなると、吉川としても今後、黒髪に染めたりしては違和感を持たれるだろう。こうなったら、白髪を続け、そこに「ロマンス」が加わり、ロマンスグレーを超えるロマンス白髪になったらいい。人生百年時代といわれる日本では、ロマンス白髪俳優が主役になるドラマももっと増えるはずだ。


    【【芸能】吉川晃司&岡田将生で注目 白髪がもたらす「ロマンスグレー」効果】の続きを読む

    このページのトップヘ