芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 女性歌手



    1 ばーど ★ :2018/09/24(月) 15:35:43.41 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)

    あのR&BシンガーのTシャツを嬉しそうにお披露目

    歌手の宇多田ヒカルがInstagramを更新し、珍しく自撮り写真を公開。大きな反響を呼んでいる。

    9月24日、宇多田はInstagramを更新して「おニューのTシャツ自慢」とコメントしながら、2001年に飛行機の墜落事故で他界したR&Bシンガー、アリーヤがデザインされたと思われるTシャツを着用した自撮り写真を公開。宇多田はアリーヤのファンであることを公言しており、とても嬉しそうな自然な笑顔が印象的だ。

    ファン歓喜「久々のヒッキーさんの自撮り来たァァ」「じ、自撮り…珍しい…」

    Instagram自体も1ヵ月以上ぶりの更新となり、表情まで収められた自撮り写真も珍しいことから(Instagramでは2016年9月に公開されている)ファンは大興奮。「自撮り…か、か、か、可愛すぎるぞ」「久々のヒッキーさんの自撮り来たァァ」「自撮り可愛い」「じ、自撮り…珍しい…可愛い…最高です…」「自撮り嬉しい~」「宇多田さん的には珍しいセルフィー」といった、久しぶりの更新&自撮り写真の公開を喜ぶ声が多数寄せられ、この投稿には35,000件以上の「いいね!」がおくられている。

    宇多田は11月より、実に12年ぶりとなるツアーを開催することで大きな注目を集めている。ツアー中はその様子がInstagramにアップされることも期待できるので、引き続き彼女のアカウントに注目していきましょう!

    2018年9月24日 12時23分
    耳マン
    http://news.livedoor.com/article/detail/15350017/


    【【芸能】宇多田ヒカル、珍しい自撮りショットにファン歓喜「ヒッキーさんの自撮り来たァァ」 11月から12年ぶりツアー】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 07:23:29.25 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の浜崎あゆみ(39)が自身のインスタグラムに投稿した内容に注目が集まっている。
    浜崎は最近、母親の誕生日を祝っている写真を投稿し「顔は似ているけど性格が真逆」などとコメントを投稿し多くのファンを喜ばせたことでも話題となったばかり。

    そんな浜崎が16日に自身の楽曲『survivor』の歌詞の一部「だから君と僕は生き抜こう。」というコメントともに写真を投稿した。
    この写真にはリハーサル中と思われる浜崎が鏡に寄りかかり真剣な視線で取り組んでいる姿が写っていた。

    浜崎の投稿にネット上では、「あゆ、かっこいい!」「クールな佇まいで素敵です」「素の表情がかわいい」と称賛の声が集まっていた。
    しかし、その一方で、大きく露出された浜崎の肩にも注目が集まり、「肩の丸みが…」「ツアーが終わって太った?」
    「体調が悪そうで心配」「風格がすごい」といった主にコンディションを心配する声が噴出していた。

    また、浜崎が投稿した日は歌手の安室奈美恵(40)が引退の日でもあったことから「安室ちゃんが辞めてもあゆは辞めないで!」と応援する声も飛び交っている。
    同世代の安室が引退した今、浜崎は歌姫としての王道を歩んでいくだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1523167/
    2018.09.19 18:45 デイリーニュースオンライン


    (出典 Youtube)

    Ayumi hamasaki-Will


    【【芸能】浜崎あゆみ、「体調が悪そう…」リハ中のクールな姿に心配の声が相次ぐ】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/18(火) 14:25:17.87 ID:CAP_USER9.net

    安室奈美恵が宣言通り、今月16日をもって歌手を引退した。

    各スポーツ紙によると、安室は引退前日の16日は沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催された音楽イベントに出演。

    3500人の観客がラストライブを見守り、会場周辺にはチケットを持たない1万人のファンが集まったという。

    公演には安室のほか、事前に発表されていた平井堅、BEGIN、MONGOL800、さらには山Pこと山下智久ら安室にゆかりのあるゲストが参加。

    主催者側の意向で、歌唱曲などの詳細は解禁日が後日に設定されているため、この日は非公開。安室は「騒げ沖縄!」とあおりながら8曲を披露したという。

    そして引退当日の16日、沖縄・宜野湾トロピカルビーチで、安室の楽曲とコラボした花火ショーが行われた。

    安室の出演予定はないが、チケットは完売。そんな中、安室は観覧席の後方に浴衣姿でこっそりと訪れ花火を楽しんだというのだ。

    「とりあえず、安室が望む最高の形で引退の日を迎えることができたようだ。とはいうものの、
    引退の日なので、せっかく当日の生写真はあったのだから、花火大会での安室の“生の声”ぐらいはあっても良かったのでは」(レコード会社関係者)

    大スターである安室の引退を美談だらけで報じた各メディアだが、現地での取材はなかなか厳しかったというのだ。

    「引退前日のコンサート会場にはメディアは入れてもらえず、モニターで観覧したそうです。花火大会でも安室との“接触”はさせてもらえず。
    『何のために沖縄に来たのか…』という不満の声もあがっていたそうです」(芸能記者)

    もはや一般人として“第2の人生”を歩んでいる安室だが、もう少しメディア側にも配慮してほしかったものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1523153/
    2018.09.18 12:40 リアルライブ


    【【芸能】安室奈美恵引退報道の裏側 メディアを完全に“締め出し”?】の続きを読む


    安室奈美恵見納め、浴衣姿で花火大会“お忍び”観覧 - 芸能ニュース掲示板


    NO.6939646 2018/09/17 10:36
    安室奈美恵見納め、浴衣姿で花火大会“お忍び”観覧
    安室奈美恵見納め、浴衣姿で花火大会“お忍び”観覧
    歌手安室奈美恵(40)が2018年9月16日をもって引退した。

    沖縄・宜野湾トロピカルビーチ特設会場では、引退を記念した花火大会「WE■NAMIE HANABI SHOW」が行われ、安室の楽曲13曲に合わせながら、1万2000発の花火や噴水ショーに、会場の1万5000人に加えて、周辺含めて3万人が集結。

    安室は当初、会場には現れないと告知されていたが“お忍び”でファンと一緒に観覧席から花火を楽しんだ。

    ファンの前でのラストステージは、前日15日の前夜祭となった。

    会場内外から大きな「ナミエコール」が起こる中、故郷沖縄の空に、1万2000発の花火が咲いた。

    午後7時30分、歌手安室奈美恵は、完結する時を静かに会場の中で迎えた。

    スーパーモンキーズ時代の「TRY ME〜私を信じて〜」から代表曲「Body feels EXIT」、新曲「Do It For Love」など13曲が次々と流れる。

    ファンは時に口ずさみ、時に見入った。

    ライブで披露するときは、ステージをダッシュするのが恒例となっている「Chase the Chance」では、まるで安室が走っているかのように花火が流れて打ち上がるなど“ライブ”さながらの演出もあった。

    最後に流れたのは「Finally」。

    【日..



    【日時】2018年09月17日 07:43
    【ソース】日刊スポーツ


    【安室奈美恵見納め、浴衣姿で花火大会“お忍び”観覧 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/16(日) 22:28:29.74 ID:CAP_USER9.net

    歌手・安室奈美恵(40)が引退する16日、ファンが感謝の思いを伝える新聞紙面広告が掲載された。
    広告料を支援で募ったクラウドファンディング企画で、全国紙では朝日新聞、地元紙の沖縄タイムスではカラー広告で展開。感謝のメッセージを送った。

    「安室奈美恵 916運動~25年間の感謝を伝える全国プロジェクト~」と題し、有志ファンが全国紙の広告と地元紙「沖縄タイムス」に掲載する2つのプロジェクトで支援を募り、
    募集締め切りの8月下旬に全国紙版では4846人から1553万円、地元紙版では1808人から474万円が集まった。

    地元紙版の沖縄タイムスは特別紙面見開フルカラーで掲載。沖縄の街並みと白い雲、そして青空に支援したファンの名前が並んだ。

    青空の真ん中にはハートマークが浮かび「We Love(ハートマーク) Namie Amuro ありがとう 私たちのうむい届け」
    「いつも 近くに感じていました。私たちは あなたの愛を忘れません。26年間 本当にお疲れ様でした。
    Wishing you a future filled with happiness.(これからの人生が幸せであふれますように)沖縄から愛を込めて…この場所から未来へ 夢」と“うむい(思い)”を記した。

    プロジェクト起案者は「支援者のみなさまからの温かいメッセージに何度も励まされました。
    必ず安室奈美恵さんと支援者のみなさまが喜んでいただける紙面にしたい。わたしたちにできることは精一杯やらせていただいたつもりです。
    (中略)支援者のみなさま、これもみなさまからいただいたご支援のおかげで作り上げることが出来ました。改めまして、本当に、本当にありがとうございました」と支援に感謝。

    そして引退する安室本人に「紙面の写真画像は、安室奈美恵さんの故郷である那覇市首里の街並みです。安室奈美恵さん、おかえりなさい。
    気兼ねなく沖縄でゆっくり休んでくださいね。26年間、本当にお疲れ様でした。
    わたしたちは、安室奈美恵さんのこれからの幸せを心から祈っております」と地元愛あふれるメッセージを送った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15314468/
    2018年9月16日 15時35分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】安室引退、地元紙では郷土愛あふれる感謝広告「私たちのうむい届け」「あなたの愛を忘れません」】の続きを読む

    このページのトップヘ