芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 芸能事件



    1 Egg ★ :2019/08/19(月) 19:57:14.88 ID:12hPl/PP9.net

    東京ドームシティシアターGロッソでの戦隊ヒーローショーに出演していた女性が、スタッフからセクハラなどのハラスメントを受けているとSNSで訴えていた問題について、東映エージエンシーが19日、公式サイトで、同社社員1人、委託先の会社に所属するスタッフら5人の計6人を処分したことを発表した。

     このヒーローショーは同社と東映が東京ドームから制作を受託。被害女性がツイッターでセクハラを訴え、7月6日に同社と東映が公式謝罪文を発表していた。

     公式サイトでは、聞き取り調査を行った結果、「SNS上での訴えの内容は概ね事実であることが確認できました」と説明。東映エージエシー社員1人について「厳正な処分」を行い、今後のヒーローショーの制作にも関与させないことを決めたこと、委託先の会社に所属するスタッフ5人については、「ハラスメント等の内容に応じた出演停止も含む厳正な処分」を行ったと説明した。

     被害者、被害者家族ともすでに話をし、「処分の内容並びに今後の再発防止策についてもご理解をいただくことができました」と記述。再発防止策についても記載している。

     東映エージエンシーは6月24日、SNS上での訴えについて、調査すると発表。7月6日に公式サイトで「ハラスメント」について「概ね確認できました」と発表し、謝罪していた


    【【芸能】<東映エージエンシー>ヒーローショー出演女性にセクハラの6人を処分!「SNS上での訴えの内容は概ね事実であることが確認」】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/08/18(日) 18:35:48.04 ID:+ZtQf7b19.net

    2019.08.18
    女優のんさん楽屋前に侵入疑い56歳男逮捕「会いに来た」
    https://www.daily.co.jp/society/national/2019/08/18/0012619371.shtml

    tro19081818350005-p1

     女優のんさん(能年玲奈から改名)が出演する舞台の楽屋前に忍び込んだとして、福岡県警春日署は18日、建造物侵入の疑いで、長崎県大村市の無職の男(56)を現行犯逮捕した。署によると、容疑を認め「のんさんに会いに来た」と供述している。

     逮捕容疑は18日午後0時35分ごろ、舞台「私の恋人」が上演される福岡県大野城市の多目的複合施設「大野城まどかぴあ」に、関係者入り口から侵入した疑い。

     舞台関係者が開演前、楽屋前の通路にいるのを不審に思い、取り押さえて110番した。「自分も出演者」と話していたという。この日の舞台は予定通り上演された。

    (おわり)


    【【芸能】女優のんさん楽屋前に侵入疑い56歳男逮捕「会いに来た」】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/08/11(日) 12:09:48.81 ID:CAP_USER.net

    日本アイドル過去最悪事態・韓国から追放危機


    過去最悪といわれる日韓関係の中、韓国で“日本人アイドル追放”への議論が渦巻いている。

    5月にAKBを卒業した高橋朱里(21)が韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch」として“韓国デビュー”。
    一方、同じくAKBを5月に卒業した竹内美宥(23)は日韓関係を考慮し、デビュー曲の発売が延期に。

    「TWICE」や「IZ*ONE」に所属する日本人メンバーにもバッシングが起きている。

    徴用工問題、レーダー照射問題などに端を発した日韓関係の亀裂。日本の半導体材料の対韓輸出規制強化をめぐり、
    韓国側はついに「日本製品の不買運動」を展開。日韓関係は過去最悪ともいえる状況にある。

    そんな中で韓国デビューしたのが、5月にAKBを卒業した高橋だ。

    韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch(ロケットパンチ)」に唯一の日本人メンバーとして加入。
    7日にデビューミニアルバム「PINK PUNCH」の発売記念イベントに出演したが、いきなり洗礼を浴びたという。

    「韓国マスコミから、高橋に対して“日韓関係が悪化する中での韓国デビュー”について、質問が飛んだ。
    高橋が困惑すると、MCが『この質問に答えることは難しい』などと遮りましたが、アイドルのデビューイベントとは思えない緊張感に包まれました」(レコード会社関係者)

    昨年のAKB選抜総選挙で12位に入るなど人気メンバーだった高橋は、AKBグループメンバーが参加した韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に挑戦。
    同番組で結成された宮脇咲良ら3人が加わった日韓アイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーには選ばれなかったものの、
    高橋の奮闘ぶりを評価した韓国の芸能事務所からスカウトされ、同国で再デビューすることを発表していた。

    「政治と文化やスポーツ交流は分けて考えるべきとの冷静な声もあるが、韓国内では2020年東京オリンピックへのボイコット論も過熱。
    14日公開予定だったアニメ『映画ドラえもん のび太の月面探査記』も延期になった。高橋の活動について韓国メディアは厳しい論評をしている」(前同)

    高橋と同じく「PRODUCE48」に参加し、5月にAKBを卒業した竹内は、韓国の芸能プロダクションと契約。
    7月に歌手として新曲の発表を予定していたが、日韓関係の悪化を受けて、こちらも延期したことが明らかになった。

    両国の関係悪化の影響は、日本人メンバーが所属するTWICEやIZ*ONEら日本でも人気の高い韓流ガールズグループにも波及している。

    「TWICEにはサナ、モモ、ミナと3人の日本人メンバーがいるが、『日本に帰れ』などネット上で韓国からの追放を求めるバッシングが起きている。
    そんなTWICEは日本で3月に1枚のアルバム、7月に2枚のシングルをリリースしたばかりで、好調な売り上げを記録している。
    国と違い、日本では日韓の関係悪化の影響はそれほど感じられない」(前同)

    IZ*ONEには、AKB48グループの活動を一時休止して、参加している宮脇咲良(21)、
    本田仁美(17)、矢吹奈子(18)が所属しているだけに、ファンからは不安の声が噴出している。

    「昨今、韓国グループによる日本市場への熱烈な売り込みが続き、若者を中心に『第3次韓流ブーム』といわれる。
    だが、一方で日本人が韓国の音楽界で稼ぐことは拒絶する傾向がある。日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくないという二面性がある」(前同)

    昨年9月、韓国の男性7人組グループ「防弾少年団(BTS)」の新シングル収録曲「Bird」の作詞を秋元康氏が担当したことが発表されると、
    歴史問題に結びつけるとともに“韓流ビジネスに狙いをつけた”と猛反発されたのも記憶に新しい。

    一部ファンが「シングルの発売を中止しなければ、不買運動を行う」と声明文を出す事態に発展し、発表からわずか3日で収録中止が決定する事態が起きていた。

    夢を持って海を渡った日本人アイドルたちに罪はないのだが…。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1506675/


    【【芸能】 日本人アイドル、韓国から追放危機 「日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくない」】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2019/08/08(木) 21:41:17.17 ID:bC8Hrvy89.net

     アカペラグループ「RAG FAIR」の土屋礼央(42)がTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)の木曜パートナーでレギュラーを務めることが8日、
    番組内で発表された。*取締法違反の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年が確定したミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)の降板後、週替わりパートナーで進行。
    今年3月以来、約5カ月ぶりに後任が決まった。パーソナリティーの赤江珠緒(44)が「今日の1曲目を選曲した人からメッセージが届いています」と
    ピエール瀧のメッセージを紹介した。

     ピエール瀧のメッセージは以下の通り。

     リスナーの皆さん、赤江さん、そして土屋君、瀧です。今回の件では心配と迷惑をたくさんの人に掛けてしまい、本当にすみませんでした。
    心からごめんなさい。

     この曲(「ウェイアップ」)は保釈されてから最初に買ったウエストバム(ドイツ・テクノシーンの第一人者)のアルバムに収録されている曲です。
    ウエストバムは僕らにとってドイツの兄貴のような存在で、今回の僕の件でも海の向こうからたくさんのフォローと励ましを送ってくれました。

     逮捕されてからたくさんの人やメディアからお叱りや誹謗中傷を受けました。当然のことでしょうし、自分も受け入れ、反省しています。
    しかし、そんな状況の中、自分の心の糧となり、自分を奮い立たせてくれたものは、励ましの言葉の数々でした。
    赤江さん、(金曜パーソナリティーの)外山(恵理)さん、他曜日のパートナーのみんな、(プロデューサーの)阿部(千聡)ちゃんをはじめ、
    SNS等で愛のある言葉を投げ掛けてくださった皆さん、本当に感謝しています。素敵な言葉をありがとうございました。

     音楽はやはり素晴らしく、保釈されてからこのウエストバムを聴いた時のすべてを包括して昇華させてもらった感覚は、
    当時の家から一歩も出られない自分にとっては何物にも替え難い瞬間でした。

     「たまむすび」はリスナーの皆さんのものです。自分はずっとそう思ってやっていました。これからも「たまむすび」の
    出演者のみんなを支えてあげてください。よろしくお願いします。また、どこかでお会いしましょう。瀧

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000174-spnannex-ent

    無題


    【【芸能】ピエール瀧「たまむすび」にメッセージ 改めて謝罪 激励に感謝「心の糧」保釈時は家から一歩も出られず】の続きを読む


    大麻所持 田口&小嶺両被告 検察側の初歩的ミスで「無罪」確実!? - 芸能ニュース掲示板


    NO.7670664 2019/08/05 18:48
    大麻所持 田口&小嶺両被告 検察側の初歩的ミスで「無罪」確実!?
    大麻所持 田口&小嶺両被告 検察側の初歩的ミスで「無罪」確実!?
    「これは検察の明らかなミス。そもそも求刑後、判決言い渡し直前の変更なんてあり得ないこと。前代未聞の失態だと言っていい」

    スポーツ紙社会部記者もさすがに呆れる?珍事?が起こった。

    ■「どちらかの無罪は確実でしょう」
    大麻取締法違反(所持)で、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部(通称「マトリ」)に逮捕され、その後、起訴された元KAT-TUNのメンバー田口淳之介被告(33)と元女優・小嶺麗奈被告(39)の判決を延期したことから、東京地裁は2人の勾留を取り消したのである。

    2人の初公判は7月11日に東京地裁であった。

    その際、2人とも「間違いありません」と起訴内容を認めた。

    検察側は「常習性がある」としてそれぞれに懲役6カ月を求刑、一方の弁護側は「依存症はない」と、執行猶予つきの判決を求めていた。

    判決は7月30日に言い渡されることになっていたのだが…。

    「検察側の請求で判決が延期されたのです。新たな期日は未定ですが、おそらく共同所持は崩れ、どちらかの無罪は確実でしょう」(法曹関係者)。

    罪を全て認めているのに「無罪」とは…、この国は本当に法治国家なのか?

    ■容疑を全て認め捜査に応じていた
    まず経緯から。

    田口被告と小嶺被告は5月22日午後1時47分、東京・世田谷区内の自宅マンションで乾燥大麻約2.2グラムと吸引器具を所持した疑いで、冒頭でも記した通りマトリによって現行犯逮捕された。

    捜査関係者によると「自宅と車の中を捜索し、グラインダーや巻紙などを押収した」そうだが、大麻については「隠し持っていたというより、自宅内に無造作に置いてあった。おそらく日常的に使用していたのでしょう」。

    その後、2人は警視庁湾岸警察署で取り調べを受けたが、容疑については全て認め「捜査に対しても素直に応じていた」と言う。

    その際、2人の関係については「事務所の代表(田口)と所属の女優」とし、婚姻関係はないが「同居していて内縁関係」と説明していた。

    起訴されたのは6月5日だったが、7日には保証金300万円で保釈された。

    その際、湾岸警察署の玄関で田口被告が報道陣を前に土下座をした光景は記憶に新しい。

    そして前述したように7月11日には初公判が行われたわけだが、検察側は冒頭陳述で、2人は2006年ごろに交際を始め、09年から小嶺被告が買った大麻を一緒に使用するようになったと指摘した。

    ■法廷で飛び出した”プロポーズ”発言
    そして被告人質問。

    大麻に手を出したことに小嶺被告は、当時、田口被告との交際を伝える記事が週刊誌に掲載されたことがキッカケで、田口ファンからの誹謗中傷が殺到したそうで「心身に不調を来していた」と説明。

    田口被告も「仕事や人間関係でストレスがあった」と述べた。

    その上で「関係者やファンの期待を裏切った」とし、今後は2人で治療を受けながら「芸能活動は続けていきたい」と神妙に語っていた。

    ところがその一方で、小嶺被告からは「交際を続けられるなら結婚したい」などと、田口被告へのプロポーズと受け取れる発言まで飛び出した。

    しかも、田口被告の腹も結婚で固まっていたようだった。

    もちろん2人は被告の身。

    「即結婚」とはならないだろうが、薬物に詳しい関係者の間からは「公判で非常識な言動。いくら反省を述べていても一緒にいたら再犯の可能性は十分」と批判の声が巻き起こったものだ。

    ■判決先送り 検察は緊張感の欠如露呈
    それが、検察側の請求によって「判決」が先送り…である。

    「判決前に勾留が取り消されるなんてことは異例というより、前例がないのではないか」(司法関係者)。

    ちなみに、今回の勾留取り消しによって保釈状態ではなくなるため、支払った保証金も返還されるという。

    しかしなぜ、こんなことになったのか? 

    検察側は自らの汚点は明らかにしないが、捜査上での証拠に不備があったのか、手続き上で不備があったのか、いずれにしても初歩的なミスが原因だったことは確かだ。

    この事件はマトリが逮捕し、警視庁湾岸署に留置されていた。

    「薬物捜査で、マトリと警視庁との間ではライバル意識が強いですからね。そもそも捜査手法にも違いがある。
    そういった部分での手続きに問題があったのかもしれませんが、最終的には起訴した検察に責任がありますからね。単なるタレントの薬物事件だと思った検察の驕り、緊張感の欠如が一気に露呈したということでしょう」(週刊誌の取材記者)。

    ■起訴猶予になったアイドルの前例
    事情こそ違うが検察では不可解な出来事が以前にもあった。

    3〜4年前のこと。

    ある人気女性アイドルTが、コカイン使用で警視庁に逮捕され起訴されたものの、なぜか東京地裁は「起訴猶予処分」としたのだ。

    Tは、「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し、ドラマや映画に出演するなど人気を得ていたが、都内自宅にコカインを所持、使用していたことから逮捕された。

    ところが地検は処分保留で釈放した。

    「この時、Tは妊娠3カ月でした。そういった事情もあったのかもしれません」(当時を知る芸能関係者)とも言われているが、最終的に下された処分が「起訴猶予」。

    「実は検察上層部からの指令だったという噂が出回ったんです。当然、捜査した警視庁内からも、この処分には疑問の声が上がっていました。結局はウヤムヤになってしまいましたが、記者の間からは『交際していた実業家が裏で動いた』なんて声もあったほどです。だいたい、処分理由について検察はコカインの所持量が微量だったとか、社会的制裁を十分に受けたなんて言っていましたが、笑っちゃいます。そんな理由だけで起訴猶予にするのだったら、10年前の酒井法子だって起訴猶予処分ですよ。検察はご都合主義過ぎます。そんな意識や感覚が、今回の田口被告と小嶺被告の裁判にも繋がっているように思いますね」(芸能記者)。

    かつては、大阪地検特捜部主任検事による証拠改ざん事件なんていうのもあったが、昨年3月には、覚醒剤取締法違反で起訴されていた男が、保釈中に更生施設から逃走を図った事件で、北海道・函館地検の失態が問題になった。

    さらに最近では実刑確定後も収容に応じなかった男が、身柄を確保しようとした横浜検察の事務官らに抵抗し、刃物を持って逃走するという事件まで引き起こしている。

    いずれにしても失態続きである。

    検察は襟を正して欲しいものだが、それにしても懲役6カ月を求刑しておきながら「実は検察のミスで無罪」なんてことになったら、さすがに法治国家として検察トップも責任を取らなければならないだろう。

    ある別の法曹関係者によると「公判記録を確認している中で、証拠の不備などを見つけた可能性がありますね。たとえば、大麻の扱いでツメきれていない部分があったのかもしれませんし、それにともなって立証をもう少しちゃんとやらなければならなくなったということも想像できます」とのこと。

    そうだとしたら、今のままでは判決が言い渡せない云々ではなく、仮に本人たちが認めていたとしても、罪に問われない可能性すら出てくる。

    小嶺被告の弁護人・望月宣武氏も≪明日の判決期日が延期になった理由は捜査機関のミスが原因で、無罪判決になりかねないことが判明したからです。こっちは何の過失もありません。大迷惑です≫とツイッターで明かしているが……。

    ■ネットの反応
    ・その重大なミスってなによ?
    ・なにやらかしたんだw
    ・ありえないレベルでやらかしやがったのか
    ・明らかにまずい系の失態だろう
    ・土下座したかいがあったな
    ・証拠品を紛失したのかな?
    ・こういう事例はごめんで済まない国にしていかないと繰り返すぞ
    ・検察のヤツらはボーナス返金しろ
    ・大麻じゃなく 見つかったのは大野だった
    ・ただし、無罪判決だとしても検察側が控訴して2審で欠落した証拠を示せばおそらくは有罪になるとは思うが
    ・これは、証拠の違法入手が発覚かな いづれにしても、本人が認めていても その証拠を元に取り調べを進めていたとしたら無罪になる可能性は高いな
    ・証拠品だと思ってた物が事件と無関係だったってとこか
    ・検察「大麻だな」
     2人「大麻です」
     裁判所「いやこれ大麻ちゃうやん」
     こんな感じか?
    ・なんかわからんけど怖い話しやな
    ・田口「自分が買いました」
     小峰「自分が買いました」
     検察「共同購入・所持で有罪」
     裁判所「共同購入の証拠が無いから無罪」
     こういうトンチみたいな事になってそう
    ・本人たちは認めちゃってるから世間の認識が変わるわけじゃないけど無罪になっちゃったら何かもう訳わからんな
    ・警察がミスをすると犯罪が犯罪じゃなくなるんですね!
    ・これじゃ愛の確認しただけじゃん
    【日時】2019年08月05日
    【提供】gossip!


    【【芸能】大麻所持 田口&小嶺両被告 検察側の初歩的ミスで「無罪」確実!? - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ