芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ものまねタレント



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/26(金) 21:54:31.08 ID:CAP_USER9.net

    2014年7月にアルコール性肝硬変で亡くなったものまねタレントの春一番さん(享年47)の妻(Aさん)が26日、
    TBS系で放送された「爆報!THEフライデー」に出演。アルコール中毒での突然*最期の姿を明かした。

    アントニオ猪木のものまねで知られ、爆笑問題の同期(デビュー時はともに太田プロ所属)だった春さん。
    1988年にデビューし、ブレークしたが、アル中に。みかねたビートたけしが「お前が酒やめたら、俺が一生番組出してやるから」
    と温かい言葉をかけたこともあったが、酒を飲み続け、度重なる素行不良で94年、事務所を解雇された。

    多い時はバーボン1リットル、ワイン3本を飲むことも。Aさんによると、泥酔すると「爆笑問題はインテリだから肌が合わない。
    あいつら酒飲まねえからな」などと口にしていたという。

    爆問・太田光は「(仕事に向かう)電車の中でワンカップ(※日本酒)飲んでるんだから」と無念そうに振り返った。

    春さんの最期も明らかになった。14年7月2日に帰宅後、1人で酒を飲んで酔っ払った春さんを、Aさんが3日午前1時ごろ、
    いつものように寝かしつけると「ごめんね、ありがとう」と繰り返していたという。同7時前に起こしに行くと、「(もう体が)冷たくなっていた」と明かした。

    晩年は疎遠になっていた爆問の2人は、VTRを見ながら「(酒はやめた、と言いながら)また酒飲んでた…僕は知らなかった」(太田)と肩を落とし、
    「もう4年も経つんですけど…」(田中)と言葉少な。太田は「売れていく、ってことは、自分たちが面白いっていうネタじゃないこともやっていかないとダメ。
    春ちゃんはそれができなかった。売れていきゃ、酒に…ってこともなかったんだろうけど…」と沈痛な面持ちで友人・春さんを思いながら語った。

    春さんは、05年に腎不全で緊急入院。その後も肝臓、すい臓などを悪くして、長期入院するなどしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15504604/
    2018年10月26日 20時19分 デイリースポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】春一番さん 同期・爆問も知らなかった最期、TVで…47歳、アル中患い突然死】の続きを読む



    1 シャチ ★ :2018/08/08(水) 18:39:58.21 ID:CAP_USER9.net

     ものまねタレント松村邦洋(50)が4日に心不全で亡くなった津川雅彦さん(享年78)について、所属事務所を通じてコメントを発表した。

     松村は、以前ものまねをして怒られた有名人に津川さんを挙げていた。「津川さんのものまねをしていたところ、『松村ちゃん、
    僕はそんなに顔を動かさないよ』と言われてしまいました」というが、「しばらくしてお会いした時に、
    顔を上下に動かしながら『これで良いかな』と津川さんから寄せてくださり、とてもしゃれの分かる方でした」。

     津川さんとの1番の思い出は、「番組で旅をご一緒させていただいた時に、京都の津川さんのご実家にお墓参りをさせていただいたり、
    若いころの武勇伝をうかがったことです」。

     また、「大河ドラマ『葵 徳川三代』では家康役を演じられていて、そのものまねをしていたところ、
    『こんなにドラマを見て愛してくれるとうれしいね』と言ってくださりました」と振り返り、
    「家康を演じた方は30人以上いますが、僕の中で1番好きな家康は津川さんです」とコメントした。

     「訃報をお聞きしてからドラマを見返して、涙が止まりませんでした。ご冥福をお祈りいたします」と忍んだ。


    8/8(水) 18:36配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00293471-nksports-ent
    松村邦洋(2017年12月11日撮影)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】松村邦洋「僕の中で1番好きな家康は津川さんです」 津川さん死去にコメント】の続きを読む



    1 もぐもぐ ★ :2018/06/09(土) 16:41:47.84 ID:CAP_USER9.net

     ものまね芸人のキンタロー。(36)が8日に更新したブログで、不眠症と胃痛に悩んでいることを告白した。

     文面では「以前より不眠症の悩みがあったり、胃がずっと痛い等等」と記し「これは1度健康カウンセリング受けてみようと、小島よしおさんに紹介して頂いた健康のアドバイスをくださる断食メガネのニックネームを持つ田中さんあって色々聞きました」(原文まま)と、カウンセリングを受けたことを報告。

     「色々な原因が分かりました 自分では分からない事が沢山判明」と、体の内部に潜んだ原因が分かったようだ。「私も36歳なので健康管理しっかりしなきゃ」と、以前に増して健康管理の重要さを認識していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000077-dal-ent


    【【芸能】キンタロー。不眠と胃痛に悩む 健康カウンセリングで診察】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/04/11(水) 05:07:46.58 ID:CAP_USER9.net

    4/11(水) 5:03 スポーツ報知
    コロッケ次女・滝川光“踊れるデブ”目指し本格女優始動 「THE FAT」で舞台初主演

     5月22日開幕の舞台「THE FAT」(27日まで東京・池袋シアターグリーン)に主演する女優・滝川光(19)がタレント・コロッケ(58)の次女であることが10日、分かった。

     この世界に入るきっかけは3歳の時、舞台「西遊記」(02年)で輝く父の姿に魅了されたから。「大勢の人をくぎ付けにしていて、すごかった。カーテンコールで目が合って、手を振ってくれたんです。その時に『私も舞台に立ちたい!』って思いました」。現在、洗足学園音楽大学2年生。音楽学部の声優アニメソングコースに通っている。

     本格的女優デビューで舞台初主演作となる同作では、潰れかかった地方の航空会社を舞台に、太ったキャビンアテンダント(CA)たちの奮闘を描く。ストライキによる運行中止を防ぐため、CA探しに奔走するCAのKAYO(滝川)。集まったのはデブばかりだが、彼女たちの活躍が話題になり、会社は活気を取り戻していく―。

     滝川は1月の「コロッケ特別公演」(明治座)を観劇した際、関係者にスカウトされ、オーディションを受けた。その2か月前に出演した音楽劇「赤毛のアン」で「100人以上いるキャストの中で、たった一人おデブ…。衣装が背中の半分までしか入らず、ダイエットしようと決めた時期だった」という。オーディション参加を悩んだが、「痩せるのには時間がかかる。デブでいる時間を生かそう」と決意した。

     現在の体重は自己最高の79キロ。役作りのため、さらに10キロ近い増量が必要だが、持ち前の明るく前向きな性格で乗り切っていく。「学校でもお笑い担当。太っていていじめられたことはないかな。急に太りすぎると、足首と膝を痛めてしまうので、気を付けながら“踊れるデブ”を目指したい。踊っている時にスカートが破れないように。お客さんに笑って泣いてもらえるように、精いっぱい頑張ります」

     舞台主演をコロッケに伝えると「相手が一番、自分は二番」と助言を受けた。「皆さんよりも、さらに、必要以上に気を使いなさい、と。実践できるように頑張りたい」と滝川。憧れのパパとの舞台共演を夢に、走り続ける。

     ◆滝川 光(たきがわ・ひかる)1998年8月26日、東京都生まれ。19歳。3、4歳時にバレエを学ぶ。小学生時代にヒップホップダンススクール、ピアノレッスンに通い、声楽を学ぶ。同時期にミュージカル、舞台を経験。中学ではコーラス部、高校では演劇部に所属。特技はダンス、アニメを描くこと、津軽弁での絵本読み聞かせ。身長160センチ。姉(長女)はタレント・MADOKA、兄(次男)は元力士・琴滝川。


    舞台初主演し、女優として本格始動する滝川光

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000343-sph-ent


    【【芸能】コロッケ次女・滝川光“踊れるデブ”目指し本格女優始動 「THE FAT」で舞台初主演】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/06(金) 00:06:20.87 ID:CAP_USER9.net

    清水アキラ、三男・良太郎氏と「*まで同じステージに立つことは無い」
    2018年4月5日23時17分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180405-OHT1T50293.html

    1年半ぶりのコンサートを終え、笑顔を見せた清水アキラ

    (出典 www.hochi.co.jp)


    ものまねタレント・清水アキラ(63)が5日、東京・三越劇場で、ものまねショー「昭和を飾ったあの人この人 そして…」に出演した。
    三男で元タレントの清水良太郎氏(29)が覚せい剤取締法違反で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けてから、有料コンサートを行うのは初めて。

    4か月前から準備を始めたという舞台で、往年の名曲ものまねを16曲披露。セロハンテープで鼻をつり上げた研ナオコ(64)の「夏をあきらめて」や谷村新司(69)の「昴」、村田英雄さんの「皆の衆」などを熱唱。
    途中のトークでは「子育ての話をしましょうか」などと、ブラックジョークを交え約400人のファンを沸かせた。何度も客席におり、高齢者の観客に対して「きれいな猫背」などとイジリ倒した。

    1時間半の舞台を終え、取材に応じたアキラは、「反応はいい。私ながらの笑いじゃないかなと感じた」と満足げ。「体力的には全然OK。これで全国回りたい」と前向きに話した。
    「人生、いいことも悪いこともある。それが人間。仕事をしていかなければいけないので、ぜひお仕事下さい」と報道陣に懇願した。

    最近三男の様子について聞かれると「親バカじゃなく、世間や家族の信頼を回復するために一生懸命努力していると思う」としみじみ。
    だが、芸能界復帰については「多分、出来ない。失った信用を取り戻すのは相当な時間がかかる」とバッサリ。
    「出来ればせがれと同じ舞台に立ちたかった」と寂しげに話しながらも、「今となっては、何年この仕事続けられるか分からないけど、*まで同じステージに立つことは無いと思う」と断言した。
    2016年11月の東京・博品館コンサート以来、良太郎氏との共演は行われていない。

    アキラの次男で「清水プロ」の清水友人社長(33)は、良太郎氏について「至って健康で体つきは良くなっている」。
    逮捕直後に事務所を解雇された良太郎氏は仕事をまだ始めておらず、自宅で妻や長女と生活している。
    判決後に友人氏が「普通の生活してみれば」と助言をすると、良太郎氏は「うん、うん」とうなずいたという。今後の活動については未定とした。


    【【芸能】清水アキラ、三男・良太郎氏と「死ぬまで同じステージに立つことは無い」[18/04/05]】の続きを読む

    このページのトップヘ