芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: その他芸能関連ニュース



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/21(木) 19:03:41.20 ID:/zN4bgj39.net

    【竹野内豊・長澤まさみ・永野芽郁/モデルプレス=2月21日】
    俳優の竹野内豊、女優の長澤まさみ、永野芽郁が21日、都内で行われた「カルピス」ブランド100周年の新CM発表会に出席した。

    【さらに写真を見る】永野芽郁は「キラキラしていて直視できない」長澤まさみ&竹野内豊が輝きを絶賛

    同ブランドは1919年から発売を開始。
    100周年を記念したCMキャラクターに起用された3人は、商品イメージに合わせブルーを基調とした衣装で登場。

    新CMで一緒に撮影することはなかったようだが、竹野内は「スタジオ裏で一瞬長澤さんにお会いすることができまして、
    昨年私が出演していたドラマを見ていたようで、良い方だなぁと。
    永野さんもほんの一瞬お会いできまして、本当にキラキラしていて直視できない」と2人の印象を紹介。
    永野は竹野内からの褒め言葉に「これからもキラキラして行こうと思います!」と笑顔で返した。

    長澤も「永野さんは以前ドラマで一瞬だけ共演させていただいて、もうその時から一際キラキラ輝いていて、久々に会ったんですけど、
    その頃から多分きっと気持ちは変わらず、でもすごく希望に満ちあふれている感じがして、青春のイメージがピッタリな方」と永野の輝きを絶賛。
    竹野内とは一緒に仕事をするのが今回が初めてなようで「すごく穏やかなお父さんの表情がすごく素敵でしっくり来ていた。
    以前はかっこいいお兄ちゃん、という感じだったんですけど、素敵な旦那さんという雰囲気が印象的でした」と印象が変わったという。

    また、永野は2人について「共通して思っていること」があるといい、「おふたりの声がとても好きで。張るわけでもなく…だけどすごい届く。
    なので今生で聞けて嬉しい」と喜んでいた。

    ◆竹野内豊&長澤まさみ&永野芽郁、“憧れ”実現に歓喜

    イベントでは、誰もが一度は憧れたことがあるであろう“蛇口からカルピス”が実現する場面も。
    3人で「蛇口から出てくるなんて最高ですね!」と大喜びで、100周年記念に乾杯した。
    (modelpress編集部)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16053975/
    2019年2月21日 14時23分 モデルプレス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 www.jiji.com)


    (出典 www.tv-asahi.co.jp)


    (出典 newsimg.oricon.co.jp)


    (出典 tokyopopline.com)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【芸能】永野芽郁は「キラキラしていて直視できない」長澤まさみ&竹野内豊が輝きを絶賛】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/02/21(木) 14:02:49.57 ID:arzr8a0K9.net

    オ・ナラが多彩な魅力を振りまいた。

     「COSMOPOLITAN」3月号は20日、最近放送が終了したドラマ『SKYキャッスル』でチン・ジニ役をこなしたオ・ナラのグラビアおよびインタビューを公開した。

     一人の相手と20年にわたって恋愛中だというオ・ナラは「長い間お互いに続いているというのはベストフレンドみたい。どう*ると両親よりもよく知っていて、さらにしっかりと、頼れる人間ができた。このごろは忙しくてひんぱんには会えないが、自分のことのように喜んでくれる人。天が定めた縁かと思う」と、交際相手への愛情を披露した。

     さらにオ・ナラは「次の作品でも、また違う自分の魅力が出てきたらいいと思う。この先、どんな役を務めてどんな俳優と息を合わせるのかも気になるし。恋愛する気持ちで待っている」と語り、次回作への期待も覗かせた。

    2 /21(木) 9:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00080014-chosun-asent

    写真 
    (出典 ekr.chosunonline.com)


    【【芸能】<オ・ナラ>チン役をこなし「交際20年、互いにベストフレンドのようなもの」】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/02/21(木) 12:22:40.12 ID:rUs0TgVe9.net

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190221-OHT1T50088.html
    2019年2月21日11時17分 スポーツ報知

     7日に心筋梗塞を発症し緊急手術を受けた映画監督の園子温さん(57)が21日、入院していた病院を退院した。所属事務所が発表した。

     園監督は事務所を通じコメントを発表。「関係者の皆様には多大なるご心配をお掛けしましたが、無事、退院することとなりました。関係者はもとより、私の作品を愛して下さる国内外の方々から激励のメッセージを頂き、感謝申し上げます。健康に留意し、これからも、作品をつくり続けますので、ご期待下さい」と製作に意欲を見せた。

     園監督は7日午後4時、突然胸の苦しみを訴え、救急搬送された。所属事務所によると、心筋梗塞と診断されたが、手術を受け一命は取り留めた。数日前に妻の神楽坂恵(37)が第1子を出産したばかりだった。

     今年はNetflixの連続ドラマ「愛なき森で叫べ」の配信や、米俳優ニコラス・ケイジ(55)が主演するハリウッド映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」(原題)の撮影が控えている。


    (出典 www.hochi.co.jp)


    【【芸能】園子温監督が退院「これからも作品をつくり続けます」 事務所通じコメント】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/21(木) 12:50:43.51 ID:1ZW4tzCp9.net

    元『AKB48』の島崎遥香が、いままで非難されてきた“塩対応”は「本心ではなかった」と弁明。逆に大ヒンシュクを買っている。

    「彼女は『本心ではなかった』と過去形で言っていますが、良くなったなんて話も聞かないし、
    今さらそんなことを言っても『言い訳にしか聞こえない』と、アンチ島崎派からはバッシングの嵐です。
    仕事がないので、話題にしてほしいだけでしょう」(AKBライター)

    島崎は2月17日、バラエティー番組『行列のできる法律相談所』に出演。
    MCの後藤輝基から「塩対応のイメージですけど、AKB卒業して肩の荷が下りたんですか?」と聞かれると、
    島崎は「そうですね、だいぶ」と返答。

    さらに後藤は「今までの塩対応は本心じゃなかったってこと?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」と告白。これが波紋を呼んだ。

    「AKB時代はファンを『キモオタ』と呼び、『あんなネチョネチョした手を握りたくない』と握手会を拒否。塩対応というより、ファンを愚弄していただけ。
    ソロになって映画の仕事でフランスに行くと『楽し過ぎて帰りたくないです!』とツイッターに書き、ファンからは
    『よほどAKB時代がイヤだったんだな』と哀れむ声が集まった。向こうが好きなら、そのまま居ればと思いますけどね」(同・ライター)

    仕事が無さすぎて必死
    昨年のクリスマス直前の12月19日、島崎は脇役で出ていた映画『ニセコイ』公式アカウントの
    《平成最後のクリスマスまであと1週間 クリスマスの予定はもう決まった? 
    予定がないクリぼっちな君、クリぼっち回避を目指してニセコイアワードに参加しよう》
    といった内容のツイートをリツイートし、映画を見に来るように書き込み、アンチから『“芸能界ぼっち”のくせに』などとやり返された。

    「彼女のホームページを見る限り、今年のドラマ出演はゼロ。今月22日公開の映画『翔んで埼玉』以外は映画、舞台も一切なし。
    彼女は昨年5月に自身のツイッターに『暇してます』と書き込んだことがあります。
    でも、それって自分の傲慢態度のツケが回ってきたという見方もできます」(女性誌記者)

    それだけに、今回の「本心ではなかった」発言に対しても、

    「言いたいことを言ってきたのに、本心ではなかったというのは見苦しい限り。
    いくら仕事欲しさに改心を強調しても説得力がない。
    体はガリガリでセクシー系も無理だし、このまま潔く引退するのが賢明でしょう」(同・記者)

    辞めても惜しむ人間はいなそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1701226/
    2019.02.21 10:30 まいじつ


    【【芸能】島崎遥香「塩対応はつくりだった」いまさら必死アピールの理由は…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/21(木) 13:10:07.02 ID:1ZW4tzCp9.net

    まさかここまでのクズだったとは…。

    昨年11月にRIP SLYMEの元メンバーのSUと離婚した大塚愛が、
    自宅の電気とガスを危うく止められそうになるという危機に陥っていたことを「女性自身」が報じている。

    同誌によれば、電気代とガス代は元夫のSUの預金から引き落とされることになっていたようだが、
    残高不足で引き落としが出来なかったため、自宅に電気とガスを止めるという通告が来たとのこと。

    グループ脱退、所属事務所退社となったSUは“無一文”になったのか、
    あるいは、ある種の“意思表示”として大塚の電気、ガス代の引き落とし口座をカラにしたのかは定かではないが…。

    「SUが不貞愛に走ったことが原因で離婚となり、不貞相手からも大塚は嫌がらせを受けてきたわけですから、
    大塚には慰謝料を十分に貰ってほしいというのが一般的な感情でしょう。
    ですが、そもそも養育費や慰謝料のない離婚となったうえ、
    さらに生活費さえも支払えない状態ということに、大塚も相当なショックを受けているようです」(エンタメ誌ライター)

    そんなSUは1月25日発売の「FRIDAY」で、元カノであるジュエリーデザイナーの内藤陽子と急接近していることを報じられたばかり。

    「今回の記事ではSUは母が営む実家の居酒屋でバイトして生活費を稼いでいるというレコード会社関係者の証言もあります。
    その稼いだバイト代で、一人娘を女手一人で育てていかなければならない大塚に渡すでもなく、
    内藤と朝まで飲み歩いていると報じられるぐらいですから、
    世間からも『救いようがないクズ』とすっかり呆れられてしまっています」(前出・エンタメ誌ライター)

    離婚後も歌番組で元気な姿を見せているが、歌詞間違いが多いことも指摘されている大塚。
    夫がここまで残念だと離婚後もメンタルが安定しないのは致し方なしか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1700275/
    2019.02.20 18:15 アサジョ

    4234f7560b46647c8a5e17b1274334b25b54b5fe_w=666_h=329_t


    【【芸能】RIP SLYME・SUのクズっぷりが際立つ「2つの報道」】の続きを読む

    このページのトップヘ