芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: その他芸能関連ニュース


    「未練がましい」SNSで批判を呼んだ引退した女性芸能人たち - 芸能ニュース掲示板


    NO.7273564 2019/02/18 15:02
    「未練がましい」SNSで批判を呼んだ引退した女性芸能人たち
    「未練がましい」SNSで批判を呼んだ引退した女性芸能人たち
    1月31日をもって芸能界を引退した元NMB48・須藤凜々花が、2月12日に引退後初めて自身のインスタグラムを更新。

    自撮り写真とともに「元気でーす!」と報告したが、ネット上では一部から「引退したくせに、かまってちゃんかよ」と、批判が噴出している。

    「須藤は2017年6月に行われた『第9回AKB48選抜総選挙』で20位にランクインした際、壇上スピーチで突然、結婚すると発表し、ファンを動揺させました。その後は同8月にNMB48を卒業し、18年4月に結婚。グループ卒業後もタレント活動を続けていたものの、今年1月に哲学者になる夢をかなえるため、芸能界から引退しました。インスタの更新も1月31日以降ストップしていただけに、ファンは今回の“近況報告”に『もう更新してくれないのかと思ってたからうれしい!』と喜んでいます」(芸能ライター) 

    一方で、ネット上では「芸能界引退して半月もたってないんだから、別に心配してなかったよ」「哲学者になりたいんだよね? 勉強に集中しろ」「あれだけ好き放題して芸能界引退したのに、まだ目立ちたいの?」といった声が上がっているほか、「そのうち芸能界復帰するつもりなんじゃないの?」と活動再開を予想する人もいる。

    「実際、ももいろクローバーZの元メンバー・有安杏果も、昨年1月に『普通の女の子の生活を送りたい』としてグループを脱退し、所属事務所も退所しましたが、同3月には新たにインスタやTwitterのアカウントを開設したため、ネット上では『普通の女の子になるんじゃなかったの?』『ソロ活動への布石?』などとささやかれていて、案の定、今年1月に芸能活動再開を発表しています。有安自身は“引退”とは言っていなかったものの、この流れにはファンから賛否両論が飛び交いました」(同) 

    そんな有安は2月6日、自身のTwitterで男性医師と結婚を前提に交際していることや、同医師が有安の個人事務所「アプリコット」の代表を務めることなどを公表。

    直ちに都内メンタルクリニック院長・児島直樹氏と特定されるなどしたが、有安への反感は増すばかりだ。

    一方、元フリーアナウンサーの小林麻耶は、昨年8月3日をもって芸能界から引退して以降、現在まで“一般人”を貫いている。

    しかし、引退後すぐにインスタを開設し、アナウンサー時代から更新を続けるブログ「まや道」も継続中だ。

    「麻耶は、18年8月6日付のブログで週刊誌記者に直撃されたことを明かしながら『私は、引退しました』と訴えていましたが、同年11月には『しなくていいがまん』(サンマーク出版)を出版し、それを自身のブログで宣伝するなど“アピール”を続けているので、ネット上では『いつまでも芸能人気分だね。一般人なんでしょ?』『自分から注目集めようとしてるじゃん』などと呆れられています」(マスコミ関係者) さらに、昨年は元ものまねタレント・おかもとまりも芸能界を引退し、自身が経営する会社の運営に専念することを表明したが……。

    「3月5日に自身のブログで引退を発表したおかもとですが(当該記事は削除済み)、同9日配信の『日刊ゲンダイDIGITAL』のインタビューに登場した時点で『引退したのに、なんでダラダラ表に出てくるの?』『未練がましい』といった苦言が寄せられていました」(同) 

    また、おかもとは前述のブログにて、当初予定していたよりも引退時期を早めたと明かしていたが、「とある理由」などと詳細説明を避けていた。

    そんな中、同14日に夫で音楽プロデューサーのnaoがブログを更新し、「まりのブログにあったとある理由と言うのは私側の過去の部分に紐付いていて、彼女の頑張りには頭が上がりません」とコメント。

    「これに対し、おかもともブログで『ありがとう…』と応えていましたが(当該記事は削除済み)、結局引退の“真相”はわからずじまいで、ネット上には『まりもnaoも、ただもったいぶって話題作りしてるだけでは』『説明できないならブログで匂わせるな』といった批判が飛び交いました」(同) 

    こうした例を見る限り、須藤がいつか復帰するかどうかはともかく、引退したからには、しばらくはSNSから距離を置いたほうが身のためかもしれない。
    【日時】2019年02月18日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【【芸能】「未練がましい」SNSで批判を呼んだ引退した女性芸能人たち - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む


    総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7273226 2019/02/18 12:12
    総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」
    総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」
    テレビ出演をきっかけに、激しい整形を繰り返す姿とともに子ども時代に経験したいじめや父親から浴びせられた心ない言葉など壮絶な過去が話題となったヴァニラ。

    高校時代に施術した初めてのプチ整形から現在までの整形回数は自身も数えきれないほどで、総額は2億円を軽く超えるという。

    「フランス人形になりたい」というただ一つの目標に向かって邁進し、インタビューの1週間後にもオペを控えていた彼女。

    「整形サイボーグ」とも揶揄されるなか、どんな思いで整形に挑み続けてきたのか。

    1年間後遺症に悩まされた衝撃の大手術や一月あたりの美容にかける金額まで、赤裸々に語ってもらった。

    ■誰が見てもかわいく美しいフランス人形に「現在は8%ぐらい近づいた」
    ――フランス人形が目標と公言されていますが、今どのくらい近づいたと感じていますか?

    【ヴァニラ】8%くらいですね。全然まだまだ(笑)、程遠いです。

    ――フランス人形のどういう部分に惹かれたのでしょうか?

    【ヴァニラ】誰が見てもかわいいし美しいし、そしてちょっと高貴なイメージもある。フランス人形ってみんなのお家でガラスケースに入れて飾られていますが、それは美し..



    【日時】2019年02月18日
    【ソース】ORICON STYLE


    【【芸能】総額2億超えの整形美女ヴァニラ「もう後戻りはできない」 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/17(日) 09:59:23.08 ID:pNn+Tib89.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    米津玄師が13日、Twitterを更新して<絵音に幸あれ>とツイートをした。この日は、2016年に「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が巻き起こした“ゲス不倫”騒動のお相手、
    ベッキーが結婚を報告したニュースが日本中を駆け巡っていた。
    なんとも意味深なコメントだが、米津玄師は川谷絵音を励ましたかったのだろうか、それともイジりたかったのだろうか。いずれにしろ、二人の仲が良いことは間違いない。

    川谷絵音も負けじとTwitterを更新し、<米津に幸あれ>というコメントを添えつつ、米津らしき人物が手で顔を覆っている写真をアップした。
    人気アーティスト同士の気さくな掛け合いに、ファンからは「米津さんもイジったりするんだ」
    「絵音はドンマイだけど、ふたりが仲良さそうでほっこりした~」という好意的なコメントが相次いでいた。

    アーティストとしてミステリアスな世界観を持つ米津玄師だが、その私生活の交友はことのほか広い。

    人気YouTuberのヒカキンは14日にTwitterを更新し、<昨夜、みんなと朝まで楽しく飲みました。
    一人一人全員と、めちゃくちゃ語り合いました。マジで楽しかった>というコメントとともに、飲み会の写真をアップした。
    セカオワハウスと見られる一室に、セカオワことSEKAI NO OWARIの男性メンバー3人と、野田洋次郎(RADWIMPS)、川谷絵音(ゲスの極み乙女。)、
    古市憲寿ら豪華メンバーが集結しており、米津玄師の姿も写り込んでいる。この1枚の写真からアーティストたちの知られざる親交が明らかとなっており、ファンからの反響は大きかった。

    米津はさる1月30日にもヒカキンと飲み明かしていたようである。
    この日、ヒカキンが更新したTwitterには<ヒカキン、米津玄師、まふまふ、ワタナベマホトでベロベロになるまで飲み明かしました。
    同世代、ネット世代なので話が噛み合いすぎで爆笑の連続でした。
    初対面で打ち解けて、最高の夜でした>とのコメントとともに、4人が泥酔している写真がアップされていた。米津とヒカキンとは馬が合ったのだろうと推察できるし、
    また米津がリラックスして笑っている表情には、孤高のアーティストというイメージとはまた違った魅力があり、そのギャップにときめいたファンも多いのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1695630/
    2019.02.17 08:05 wezzy


    【【芸能】米津玄師の知られざるプライベートになぜか心配の声「馴れ合う姿は見たくなかった」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/17(日) 11:12:19.75 ID:pNn+Tib89.net

    2月から放送されている『Y! mobile』(ワイモバイル)のCMに女優の吉岡里帆、芦田愛菜、作曲家の新垣隆、そして『X JAPAN』のToshIが出演している。

    大きな話題になっている同CMだが、ネット上では「この組み合わせは良いのか?」と動揺の声も上がっている。

    今回のCMは、吉岡が担任を務めるクラスに、ToshIが転校生として登場。「みんな、バンドやろうぜ!」と声を掛けると、ToshI がボーカル、吉岡がギター、芦田がたて笛、新垣がキーボードという役割で曲を演奏していく。


    (出典 Youtube)


    あのコンビが復活?
    ある意味で夢の共演に、ネット上では、

    《やべーーー フイタwww》
    《鬼リピ中、としくん最高だぁーー》
    《ToshI が楽しそうで何よりです》

    など、ToshI のコミカルな演技に笑いが起こっている。一方で、

    《佐村河内守と新垣さん共演してるのかとビックリしたけど、佐村河内じゃなくてToshI だった》
    《ToshI さんが佐村河内をオーバーラップさせる…》
    《ToshI が新垣さんと居るせいで 佐村河内にしか見えん》
    《新垣さんとToshI のツーショットは佐村河内氏とのあの騒動を思い出さずにはいられないし、さすがに悪意を感じる》

    などといったツッコミも寄せられている。

    「音楽家の佐村河内守氏が話題になったとき、彼はサングラスに黒髪の長髪、さらにガッチリとした輪郭で、どことなくToshI に似ていましたからね。共演した新垣さんは、佐村河内氏のことを思い出していたのではないでしょうか」(芸能記者)

    ちなみに昨年12月13日号の『週刊新潮』では、現在の佐村河内氏の様子を取材。「表に出るのは、もう二度とごめんです」と佐村河内氏は騒動で受けた心の傷を語った他、プロレスラーの「ザ・グレート・サスケ」のテーマ曲を作っているとも明かしていた。

    騒動後、メディアに出ることが多くなった新垣と、裏にこもるようになった佐村河内氏。かつての関係とはまさに正反対だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1695751/
    2019.02.17 10:30 まいじつ

    19159637d5b0c4cc5faef9c0c3e4441bc75720df


    【【芸能】「悪意しか感じない」ワイモバイルCMの“夢の共演”は許されるのか?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/17(日) 08:16:35.48 ID:8F7pZytI9.net

    1月27日に行われた、嵐による2020年末活動休止宣言の余波はまだ続いている。メディアでは「嵐緊急記者会見」のあり方について「はたしてアレでよかったのか」という声もあちこちで聞こえてきている。

    「嵐やジャニーズの言い分を垂れ流すだけでなく、きちんと批判すべき点は批判しつつ、疑問点はとことん追及するのが、本来のジャーナリズムのあり方です。
    一部、単なるファンのように泣きながら質問している人がいましたが、あれでは“報道の中立性”が疑われてしまいます」(全国紙記者)

    「泣きながら質問していた人」とは、日本テレビの青木源太アナウンサー(35)だ。彼は、もともとジャニーズ、特に嵐のファンで、記者会見でもひたすら「ファン目線」の質問を繰り返していた。

    それだけでなく、記者会見で「無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?」という質問をした記者がいたことに、青木アナは自身のツイッターで、

    ≪今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて≫

    とつぶやいていた。

    この青木アナの言動には、さすがに批判も殺到。それに答えるかたちで、青木アナは2月3日にツイッターを更新し、謝罪した。

    ≪私の言動で不快な思いをされた方々、申し訳ありませんでした。ご批判やお叱りの言葉をしっかりと受け止めたいと思います≫

    深く反省しているように見える青木アナだが、放送作家はこう言う。



    http://dailynewsonline.jp/article/1695541/?page=2
    2019.02.17 07:30 日刊大衆

    c1c3263e83b7ecd063931bc75c716d7bdb1acabb_w=666_h=329_t=r_hs=fba


    【【芸能】「嵐」会見でトラブル、青木源太アナ「ルール違反」の裏ジャニーズ営業】の続きを読む

    このページのトップヘ