芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: その他芸能関連ニュース



    1 湛然 ★ :2018/12/10(月) 04:44:27.96 ID:CAP_USER9.net

    2018.12.10 04:00
    早見あかり、結婚していた!自筆書面で報告「一般男性の方と入籍」

     今年7月、サンケイスポーツ報道で30代前半の会社員との婚約が明らかになったももいろクローバー(現ももいろクローバーZ)の元メンバーで女優、早見あかり(23)が結婚していたことが9日、分かった。

     早見は自筆の書面で「お付き合いをしていた一般男性の方と入籍致しました」と報告。「これからは夫婦として、お互いに助け合い二人で明るい家庭を築けるよう努力していきます」と誓った。
    また、「彼は私のことを包み込んでくれるような温かい人です。共に過ごす中で“家族”になりたいと思うようになりました」と幸せオーラ全開でつづった。

     所属事務所によると、婚姻届は、交際記念日の時期と重なる今月上旬に提出。すでに新婚生活をスタートさせている。

     2人は5年前に知人の紹介で出会い、2014年から交際していた。


    結婚を報告した早見あかり

    (出典 www.sanspo.com)


    https://www.sanspo.com/geino/news/20181210/mrg18121004000001-n1.html


    結婚を報告する早見あかりの直筆コメント (C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    結婚したことを報告した早見あかり (C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【芸能】元ももクロ・早見あかり、結婚していた!自筆書面で報告「一般男性の方と入籍」】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/12/09(日) 05:29:11.10 ID:CAP_USER9.net

    2018/12/08 16:12 Written by Narinari.com編集部
    香取慎吾&草なぎ剛が稲垣吾郎の誕生日祝福

    香取慎吾(41歳)と草なぎ剛(44歳)が、12月8日に自身のSNSを更新し、8日が誕生日の稲垣吾郎(45歳)を祝うコメントを投稿した。

    12月8日の稲垣の誕生日に、香取は「吾郎ちゃんお誕生日おめでとう!先日のななにー 終了後のバースデー写真です。
    今日.大阪2公演頑張って下さい!」とお祝いのコメントと共にバースデーケーキを囲む写真を投稿。

    また草なぎも「ゴロさん誕生日おめでとうだね!慎吾も、ゴロさんも、僕も舞台!ハリキリマッスル!」と同様に稲垣を祝うコメントをつづった。

    ネットでは「素敵な写真をありがとう」「吾郎ちゃん、誕生日おめでとう」(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    [katorishingo_official]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://www.narinari.com/Nd/20181252362.html


    【【芸能】香取慎吾&草なぎ剛が稲垣吾郎の誕生日祝福】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2018/12/09(日) 22:59:30.74

    【忘年会】酒は呑んでも飲まれるな

    11月19日の『5時に夢中!』(MX系)で、マツコ・デラックスさんが政府が掲げた氷河期世代への就労支援策に持論を展開した。

    番組では読売新聞が報じた、バブル崩壊の影響で希望の仕事に就けず、現在も働いていない人達のために、厚労省が就業や自立を支援する新たな取り組みを実施する、という内容を紹介。

    これに、マツコさんは「もちろん、そういう時期があって苦労した人がいっぱいいるのは分かるんだけど」と氷河期世代の苦労を汲むが、

    「一つ気になったのが、『希望の職に就けなかったから腐った』的なニュアンスじゃない?」

    と無業者になった原因が望まない就職にあったと捉えることへの違和感を語った。(文:石川祐介)

    「結局入ってからどうなるかっていうのはその人の頑張り次第」

    続けて、「それを言うなら就職氷河期の人じゃなくたって、希望する仕事に就けなくても頑張った人はいるわけじゃない?」と希望する職に就けなくても、自立している人は多くいるとし、

    「もうちょっと、違う意味でサポートしてあげるほうが、(支援を)やる意義もあるし、健全かなって思ったんだけど」

    と就業支援の前提の在り方への疑問視した。たしかに、「どうすれば希望する職に就けるか?」ではなく、「どうすれば働き続けることができるのか?」を重視したほうが良いように思える。

    また、司会のふかわりょうさんから「時代によって売り手市場になったりするっていう、時代の不公平感っていうのはあるのでしょうか?」と世代間での就職格差について聞くと、マツコさんは

    「売り手市場の時でいろんな会社に楽に入れたとしても、結局入ってからどうなるかっていうのはその人の頑張り次第」
    「もちろん氷河期って就職先すらなかった時代もあったわけだから、そういう意味ではすごく運が悪かったと思うんだけど、実際に入ってからのことっていうのは、そんなに『氷河期の人だから』とか、『売り手市場の時だったから』とかっていうので、どっちが得するとかどっちが優秀かとかっていうのはない気がする」

    時代の影響はあったとしても、就労後も働き続けるかどうかは本人次第であると回答した。

    「良い大学に入り、良い会社に就職する」を捨てる
    そして、マツコさんは農業や後継者不足に悩む職人業といった分野への就労支援を提案する。

    「全員が全員、ビルの中で事務職をすることが向いているとことは絶対ありえないじゃん。でも、深く考えることなく、『どこどこ大学の経済学部を出て、どこどこ商事に入り』みたいなさ、『それが良いんだろうな』っていうレールから外れてしまったことで、何もかも失ってしまったかのように錯覚している人はいっぱいいると思う。そういう人にいろんなものを気づかせてあげるキッカケになるんだったらすごく良いと思う」

    様々な職があり、様々な生き方があることを教えてあげる支援策も有効だと語った。

    https://lite.blogos.com/article/340122/

    別に氷河期世代だけが苦労してる訳じゃないんやで。希望する職種に新卒で就けなくても仕事さえしてれば職歴にはなるし、転職市場も今じゃ年齢層上がってきていくらでもチャンスはあるんや。

    前スレ
    【酒スレ】アベノミクスで氷河期世代のみなさんも当然、仕事が決まったんですよね?まさか社会のせいにしてまだ無職?★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544359780/


    【【酒スレ】氷河期無職って言い訳ばっかで仕事しないってマジ?】の続きを読む



    1 黄金伝説 ★ :2018/12/08(土) 20:28:37.25 ID:CAP_USER9.net

    日韓関係に左右されず…女子高生が夢中になる韓国の「ヒト」と「モノ」とは?


    2018年も、日本の若者の間では韓流コンテンツが人気を集めた一年だったらしい。

    先日、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが発表した『JC・JK流行語大賞2018』に、韓国関連のコンテンツが複数ランクインしていた。

    最近は日韓の政治的緊張感が高まり、ボーイズグループBTS(防弾少年団)の“原爆Tシャツ問題”なども波紋を広げたが、女子中高生の間では韓国コンテンツがいまも人気だという。

    振り返れば、昨年末に発表された『JC・JK流行語大賞2017』にも、韓国コンテンツが入っていた。

    同賞には「ヒト部門」「モノ部門」「アプリ部門」「コトバ部門」の4部門があるが、「ヒト部門」の1位にK-POPガールズグループのTWICEが、「モノ部門」の1位に韓国料理チーズタッカルビが輝いていた。

    AMFの女子大生社長として知られる椎木里佳さんは当時、「2017年に引き続き韓国のアーティストや料理への人気は高く、2018年は“クールコリア”現象が起こるのではないか」と話していたが、その予想通り、2018年も韓国コンテンツが流行した格好だ。

    今年、同賞にランクインした韓国コンテンツは3つ。

    ひとつは「PINK PINK MONSTER」、通称“ピンモン”だ。

    「モノ部門」2位に入った“ピンモン”は、フリュー株式会社のプリクラ機。“モンスター級に盛れる写り”を実現した点が売りとされているが、撮影の説明はすべて韓国語で、その「韓国っぽさ」も人気を集めた理由のひとつだという。

    機種の擬人化キャラクターを、元K-POPアイドルで人気モデルのカン・テリが務めたことも話題になったそうだ。

    また、「モノ」部門3位には、韓国式ホットドックの「チーズドック(ハットグとも言う)」が入っている。昨年のチーズタッカルビに続き韓国グルメも人気で、新大久保のチーズドック店では一日に2000個を売り上げることもあるという。

    ただ、『羽鳥慎一モーニングショー』でも取り上げられていたが、新大久保のコリアンタウンで人気のハットグが、地域商店街に思わぬ問題を起こしていたことはいただけない。

    ブームの裏には弊害もあるようだが、個人的に注目したいのは、最後の3つ目。同じく「モノ部門」の4位に入った「PRODUCE48」だ。

    「PRODUCE48」は、韓国で2016年から放送された人気オーディション番組「PRODUCE101」シリーズの一環として始まった限定企画。

    ここにAKB48グループのメンバーらも参加し、今年6月から韓国のケーブルテレビ局Mnetで放送されると、韓国では9週連続で同時間帯の視聴率1位を記録するなど大反響を呼んだ。

    そんな「PRODUCE48」の模様は日韓同時放送されたが、日韓両国の候補者96人のサバイバルは、日本の女子中高生からも関心が高かったようだ。

    また、オーディションを勝ち抜いた12人で結成され、AKB48の宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美も所属するグループ「IZ*ONE」(アイズワン)も、日韓両国で人気を集めている。先日も日本人メンバーが韓国名で登場したライブ配信の視聴者が20万人を突破し、話題になっていた。

    旧知の韓国記者も、「韓国でのIZ*ONEの注目度はすごい。最近は音楽番組はもちろん、有名バラエティ番組にも数多く出演していて、テレビで彼女たちの姿を見ない日はないほどです」と話していたが、いま日本と韓国の若者からもっとも注目を集めるアイドルグループであることは間違いなさそうだ。

    IZ*ONEは、AMFが「JC・JK流行語大賞2018」と同時発表した「JC・JK 2019トレンド予測」でも「ヒト部門」1位に輝いており、今月5日には「FNS歌謡祭」(フジテレビ)で日本の音楽番組初出演も予定されているが、日韓合同ガールズグループが今後、どんな反響を呼ぶか楽しみでもある。

    いずれにしても今年、日本の女子中高生の間で韓国コンテンツが流行したのは事実だろう。「JC・JK 2019トレンド予測」にはIZ*ONEのほか、「カラフルチーズ」(韓国発グルメ)と「V LIVE」(BTSやTWCEらK-POPアイドルが出演する動画配信アプリ)も入っていたが、日韓の間で政治的に険悪対立ムードも漂うなか、韓国コンテンツの人気が来年も続くかどうか見守りたい。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20181203-00106375/


    【【芸能】政治的日韓関係に左右されず…日本の女子中高生が夢中になる韓国の「芸能」と「文化」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/08(土) 12:44:10.01 ID:CAP_USER9.net

    大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』への出場も決まった『Sexy Zone』の松島聡が、急性パニック障害のため一時休養に入ると、所属事務所のジャニーズ事務所から発表された。

    ジャニーズからは10月にも、『King&Prince』の岩橋玄樹がパニック障害の治療による活動休止を発表したばかり。
    幼少期からの持病だった岩橋と急性の松島で病状は異なるが、2カ月連続となる活動休止はファンに大きなショックを与えた。

    2人の先輩にあたる『KinKi Kids』の堂本剛も、かつてパニック障害を告白した1人。
    異変は親元を離れて単身上京した15歳ごろから始まったといい、自身の対談番組を書籍化した『ココロのハナシ』では、
    「10代のころは毎日死にたいと思っていた」と振り返っている。また、病気を発表する前年には、
    ソロアルバム『ROSSO E AZZURRO』で、パニック障害の英名を意味する『Panic Disorder』という楽曲も発表している。

    電車や飛行機での移動さえ苦痛に
    お笑いコンビ『中川家』の兄・剛にも、パニック障害を患っていた過去が。剛は電車に乗ると急に息苦しくなる症状などに見舞われたが、
    弟・礼二に相談しても「そんなん気の持ちようやろ」と相手にされなかったとのこと。
    その後、病気により活動が難しくなってくると、いつしかコンビでのレギュラーはすべてなくなっていたという。

    しかし、次第に礼二も兄を支えるようになり、2001年には『M-1グランプリ』の第1回大会で見事に初代チャンピオンの座をゲット。
    また、当時の様子は、14年11月放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で詳しく語られて再び話題となった。

    お笑いコンビ『チョコレートプラネット』の松尾駿によるモノマネが影響し、以前にも増して露出が増えているタレントのIKKOも、過去にパニック障害に悩まされたことを明かしている。
    10月に放送された『ビビット』(TBS系)では、最初に症状が出たのは39歳の冬だったと告白。

    「外で電話していたら、急に首元が張るような感じがした」「どんどん発作のようになって即入院」と当時を振り返り、
    めまいや顔面マヒ、電話が鳴ると体が震えるといった具体的な症状も明かしている。

    IKKOは、飛行機や新幹線に乗ると「苦しくなったときに『ここから出られるのかな?』と不安になった」とも告白。
    どうやらパニック障害を患うと、日常の移動さえ困難になってしまうこともあるようで、何よりも周りの理解とサポートが重要になるのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1601970/
    2018.12.08 11:00 まいじつ


    【【芸能】「10代は毎日死にたいと…」パニック障害を告白した意外な芸能人たち】の続きを読む

    このページのトップヘ