芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: その他芸能関連ニュース



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/08/18(土) 11:17:08.88 ID:CAP_USER9.net

    交際発覚からわずか半年足らずでスピード結婚をした元AKB48で女優の前田敦子(27)と俳優の勝地涼(31)。
    この新婚カップルに色めき立っているのがテレビ界だ。あわよくば披露宴中継で高視聴率を取ろうとソロバンをはじいているからだ。

    「芸能人の披露宴中継は高視聴率が約束された“お宝コンテンツ”。
    過去には2007年の『陣内智則と藤原紀香の披露宴』は関東で24・7%、関西で40・0%でした。

    10年の『市川海老蔵と小林麻央の披露宴』は関東で18・7%。いずれも億単位の放映権料が発生していますが、
    それだけ出す価値があるものです。もし、前田と勝地の披露宴中継が実現できれば視聴率20%超えは確実でしょうね」(編成関係者)

    もっともここ最近、大掛かりな結婚披露宴を行って中継もさせる芸能人が激減しているのも事実なのだ。

    「最近はお金には換えられないプライスレスな思い出や家族関係を大事にする芸能人が激増しているんです。
    また、テレビ局から莫大な放映権料が出るとしても、地味婚でも良いという話になるケースは多いし、
    そもそも、披露宴そのものをやらないというケースだって増えている。それに離婚した時のリスクもありますからね」(キー局編成関係者)

    さらに最近は披露宴の中継に対し、快く応じてくれるホテルを見つけるのも一苦労だという。

    「コンプライアンスや個人情報保護法がハードルを高くしているんです。
    一般の招待客全員から契約書のような出演承諾書を、それこそ子供から大人まで全てもらうんです。
    実務はテレビ局がやるとしても、根回しなどは披露宴の主役である芸能人の協力が必要となる。非常に面倒なんですよ」(制作関係者)

    確かにここ数年間で山本耕史&堀北真希、南明奈&よゐこの濱口優、北川景子&DAIGOなど多くの芸能人夫婦が誕生しているが、
    誰一人として披露宴中継を行っていない。そんな中にあって最後の希望の星と言われていたのが勝地&前田の2人だという。

    「前田がAKB48出身ということ。もし2人の後見人の秋元康が披露宴のプロデューサーでも引き受けてくれれば実現の可能性も高くなるし、
    盛り上がること間違いない。中継権料に1億は惜しくないですよ」(事情通)

    さっそく手を挙げているのが、AKB48総選挙でおなじみのフジテレビだそうだ。

    「なんでも3億円を提示したとの話もあるとか」(同事情通)

    テレビマン待望の披露宴中継は、果たして実現するのか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000000-tospoweb-ent


    【【芸能】 前田敦子と勝地涼の披露宴中継をテレビ局争奪戦・・・フジテレビは3億円提示情報も】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/08/18(土) 16:02:02.00 ID:CAP_USER9.net

     ベッキーとの破局後の「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の交際相手として名を広めたモデル・歌手のほのかりんが、7月28日に自身のツイッターで“過激な迷惑行為への対処法”を明かしている。

    「酔っ払って電車に乗って寝てしまう癖があり、眼が覚めると触られてる!とかよくあって」と切り出したほのかりんは、続けて「最初の頃は突き出して警察に連れてってたんだけど、時間取られるし面倒臭いし何にもならないから、最近はブン殴ってから皆の前で謝罪させるようにしてるんだけどこれって法律的にどうなの?」とつぶやいて、独自の対処法が合法か否かという疑問をファンへ問いかけた。

    「未成年の頃から飲酒をしていたとあって、21歳にしてすでに“酒に飲まれている”ようですが、それにしても華奢な女性によるハードな撃退メソッドが明かされると、リプライ欄には『バイオレンス! その現場見てみたいです』『正当防衛』『かっこいい』との賞賛が続出。しかし、その報復行為を巡っては『止めさせるために殴ってないから正当防衛は成立せず逆に傷害で告訴されるおそれすらある。まったくの犯罪行為』『日本では私刑は認められていません』『場合によっては暴行罪や強要罪にも該当しそうです』との親身な指摘も。彼女の場合、身を守る為の“ブン殴る”ではなく、迷惑行為が終わった後での“報復”として行なっているため、当ツイートにマジレスするなら、『法律的にはアウト』という可能性が高いでしょう」(テレビ誌ライター)

     迷惑行為は絶対的に“悪”ではあるが、一方で、自身の身を守るためにも、飲酒と報復はホドホドにしたいところだ。

    (木村慎吾

    アサ芸プラス2018年8月17日09時59分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_110452/#image-2

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【芸能】<ほのかりん>明かした“電車内の迷惑行為撃退法”に「アウト」の指摘!「ブン殴ってから皆の前で謝罪させるようにしてる...」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/08/18(土) 07:20:16.68 ID:CAP_USER9.net

     夏、水着の季節ということで懐かしく思い出されるのが芸能人の水泳大会。有名無名、多数の芸能人がプールに集結して健康美やお色気を発散する様子は、夏のテレビの風物詩でもあった。しかし、2000年代以降はすっかり鳴りを潜めてしまった。なぜ人気を誇った芸能人水泳大会は消えてしまったのだろうか。

    最盛期は1970年代 人気タレント男女が勢ぞろい圧巻の夏の絵巻
     その手の番組は、1960年代終盤には存在していたといわれるが、隆盛を極めたのは70年代だろう。芸能界を代表する男女の人気タレントが一堂に介した様は圧巻で、フォーリー*や西城秀樹などに女性ファンの黄色い声援が乱れ飛んだ。競泳、綱引き、騎馬戦等々、彼らのさわやかなパフォーマンスは肉体美や運動神経の良さをアピールでき、タレントとしてのイメージアップにもつながった。女性タレントも華やかな水着姿を披露し、競技中にはワイプの画面で歌も聴かせてくれた。仕込みのタレントを使った“ポロリ”も定番化したが、番組全般を通して健康美が強調されていた。中でもフジテレビの水泳大会の存在感は抜群で、下火になっても復活を試みて、冬にも寒中大会を開催するなど気を吐いた。

     「大磯ロングビーチのプールが会場として有名ですが、収録は朝から行われるのでタレントは前夜に現地入りしていましたね。当時は予算を大きく割けたし、プロダクションとの力関係も局がリードしていたので、スケジュールも抑えやすく、多少無理めな企画ものませやすかった。何しろ数字(視聴率)がついてきましたから。前夜には打ち上げもありましたよ」と、振り返るのは地上波放送局の元プロデューサーの60代男性。

    芸能人水泳大会は、なぜ下火になったのか?
     そんな番組が、なぜ下火になったのか。男性タレントが消え、出場者が女性タレントのみになったのが水泳大会という企画自体の転機を象徴していると指摘するのは、スポーツ紙の50代男性デスクだ。

     「音楽の流行と同じで、ダウントレンドの背景には趣味や価値観の多様化があります。70年代まではテレビを中心にした“お茶の間”が多くの家庭に存在し、水泳大会も夏休みの一家団欒にフィットしたんです。80年代に入ると、テレビも一家に一台から一人に一台という時代になりました。それに合わせ水泳大会も、あるニーズに特化するようになった。それが女性タレントのお色気、セクシーさだったんです。お茶の間で観るものではなく、息子がこっそり勉強部屋で楽しむものになっていったんですよ」

     たしかに80年代後半から90年代にかけての水泳大会の常連には、井上晴美やシェイプUPガールズといったセクシーさとガチの運動神経の良さをあわせ持つタレントや、岡本夏生らバラエティー力のあるタレント、そしてキャンペーンガール、レースクイーンらが主流になった。女性歌手はアーティスト化し、水泳大会とは無縁な存在になった。そう考えると芸能人水泳大会は、芸能界と時代の変化を象徴する存在だったとも言えそうだ。

    つづく

    2018年8月17日 18時10分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15172988/


    【【芸能】<夏のテレビの風物詩>「芸能人水泳大会」はなぜ消えたのか?】の続きを読む



    1 ほニーテール ★ :2018/08/17(金) 21:25:52.86 ID:CAP_USER9.net

    今月3日に芸能界引退を表明した元フリーアナ、小林麻耶(39)が、7月24日に結婚した4歳年下の一般男性のことを、ブログやインスタグラムでやたらとアピールしているのだ。何だか意地になっているようにも見えるのだが…。

     現在、北海道にいるという麻耶。14日には、ブログで、「日本ハム-ロッテ戦」を札幌ドームで観戦したことを報告。そして急な雨に傘を貸してもらい、夫と2人で相合い傘をしているとみられる自撮り写真なども投稿している。

     さらには、結婚祝いディナーの様子や、インスタグラムでも婚約指輪や、手をつないだ写真などを投稿し、SNSを使ってこれでもかと言わんばかりにのろけまくりなのだ。

     「夫は写らないまでも写真の中で、たびたび見切れています。アツアツぶりをアピールすればするほど、妙な一生懸命さを感じてしまう投稿なんです」と芸能関係者。

     結婚直後、麻耶はこれまでになく怒りの投稿をしていた。今月1日のことだ。

     「週刊誌の皆様へ」と題した投稿を更新。その日、女性誌サイトがネットで、夫について「(妹の故小林麻央さんの夫である)市川海老蔵に似ている」と報じたことに対して、「正直、真逆な雰囲気です」と反論。

     さらに「今までは、ぐっと堪えてきましたが、わたしには大切な旦那様と旦那様のご家族がいます」とした上で、「海老蔵さんとは、家族です。それ以上でも、それ以下でもありません。何もありませんから!!」と言い切ったのだ。

     「結婚後も海老蔵との関係を取り沙汰されたことへの怒りとともに、夫に対する気づかいでもあったのです。現在、のろけ投稿を連発しているのも、何かと海老蔵と結びつけようとする報道への意趣返しといったところでしょう」と先の芸能関係者。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000015-ykf-ent


    【【芸能】 小林麻耶、SNSを使ってノロケ連発! 「海老蔵に似てる」報道への意趣返しか】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/08/17(金) 15:20:28.77 ID:CAP_USER9.net

    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,(コウキ)=「o」の上に「‐」が、超高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに就任。同社のジュエリーを身に着けた動画や画像などが流れ、15歳にして“ブルガリの顔”となった。

     5月末に女性ファッション誌「ELLE」でデビューしたばかりの新人モデルをブルガリが起用するのはこれまでになかったこと。しかも日本人初で最年少と異例続きだ。

     だが、ブルガリファンからは、歓迎されてないようだ。ネット上には「ブルガリにガッカリ。あと、まだ未成年で未熟者がブルガリをつけていても何の魅力もない」「これでブルガリは格下のブランドとなりましたね。好きだったのに残念です。もう買いません」「安っぽいブランドに見えてしまう。ブルガリも落ちたねー」「ブルガリは子供向け高級ブランドになったんですね」「この歳でブルガリ!安物っぽく感じるから買わない」など、不買宣言者が続出している。

     ファッション関係者は「ブルガリは戦略を誤ったと思う」という。

    「例えば、代々受け継がれていくジュエリーといったコンセプトで15歳の少女が登場するならわかりますが、大人の女性があこがれて貯金をしてようやく買った6万以上もするリングやネックレスを15歳のお子ちゃまが着けているのはいい気持ちはしないでしょう」

     もはやブルガリは、あこがれのブランドではなくなってしまうのか!?

    アサ芸プラス2018年8月15日10時40分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_110380/

    1 Egg ★ 2018/08/16(木) 07:14:10.79
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534371250/


    【【芸能】<キムタク次女>「ブルガリ」アンバサダー就任に「戦略を誤ったの声」「まだ未成年で未熟者がつけていても何の魅力もない」★2】の続きを読む

    このページのトップヘ