芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: その他芸能関連ニュース



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/27(土) 10:19:34.30 ID:CAP_USER9.net

    2年前に起こした独立騒動で、前所属事務所・レプロエンタエインメントと没交渉状態になっていた“能年玲奈”こと、のん(25)が突然、因縁の相手に会いに行った“騒動”が波紋を広げている。

    「のんは10月上旬に、芸能界と関係のある経営者の男性と2人で前事務所を訪れました。事務所側は社長と弁護士の2人が対応したそうです。
    ですが、その一部始終をフライデーされてしまったのです」(スポーツ紙記者)

    その「フライデー」(11月2日号)によれば、今回の面会はのん側の申し入れで実現。騒動に対する詫びを入れ、レプロ側に業務提携などの形を申し入れたという。

    「レプロ側は、のん側の申し入れを前向きに受け入れる用意はあったそうです。
    ですが、彼女が事務所を訪れる様子などをリアルタイムで写真誌に撮られたことに、ナーバスになっています。中には“利用された”と疑心暗鬼になっているスタッフもいるようです」(芸能プロ関係者)

    のん側がマスコミに情報を漏らしたかどうかは不明だ。だが、レプロは〈当事者しか知り得ないはずの情報が事前に外部に漏れ、
    このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります〉というコメントを発表。疑念を抱いているのは間違い。

    「今年4月にレプロのホームページからのんの名前が消えました。この半年間、彼女にネットドラマなどのオファーはあったものの、地上波のテレビドラマからの話はなかった。
    そんな焦りが、彼女を元の事務所へ走らせたのかもしれませんね」(ワイドショー関係者)

    のん側が気を揉む理由は他にもあるという。

    「来年1月から放送されるNHK大河ドラマ『いだてん』は宮藤官九郎の脚本です。
    制作を担当するのは、彼女の出世作となった『あまちゃん』の元スタッフたち。彼女としては何としても出演したいはずですが、実際にはまだオファーは来ていないそうです。
    そこで、前事務所とは円満であることをアピールしたかったのでしょうが、あまり賢いやり方とは思えませんね」(NHK関係者)

    何とか地上波への復帰の足掛かりを作ろうとしたのかもしれないが、かえってマイナスになったとの見方もある。

    「元の事務所に行ったことをのん側が意図的に撮らせたとしたら、NHKのドラマ制作の現場は快く思わないでしょう。
    大河ドラマは共演者情報など秘密にしなくてはならない部分も多いですし、共演者も危なっかしい演者は敬遠するでしょう。
    しかも、レプロの所属になった真木よう子が12月にNHKの特別ドラマに主演します。
    NHKが“配慮”を働かせるかもしれません」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

    のんの大河ドラマでの復活は“破談”になりつつつあるようだ。「あまちゃん」放送から5年。
    かつてのヒロインは年を追うごとに存在感が薄くなっていく……。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15506310/
    2018年10月27日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【芸能】前事務所と再び摩擦…のんNHK大河で復帰は「破談」が濃厚】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/27(土) 10:29:10.19 ID:CAP_USER9.net

    脳科学者の茂木健一郎氏が10月21日、自身のツイッターアカウントを更新し、
    お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦がテレビの世界から消えつつある現状を嘆いている。

    中田といえば、今年3月に報道番組「ビビット」(TBS系)を卒業すると、先月にも「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)からの卒業を発表し、
    徐々に地上波テレビ番組への登場回数が減りつつあることから、“業界から干されているのでは?”といった懸念が一部で渦巻いていた。

    こうした状況を受け、茂木氏は《オリラジ中田さんが「干されている」というニュースが次々と。そんなことはないと思うし、あってはならない。
    そもそも「大御所」に「異論」を言ったからって「干す」って、どれだけ同化圧力強いんだよ!笑》とつぶやき、テレビ業界の体質を糾弾している。

    そもそも茂木氏は上下関係を過剰に意識した現代のお笑い芸人による弱腰なスタンスに異を唱えていた。
    すると、ダウンタウンの松本人志がこれに反論、そこへ中田も参戦し、茂木氏の指摘に反論した先輩の松本について「ガッカリした」などとコメント。
    芸歴36年にもなるダウンタウンへの中田の“噛み付き発言”により、後に吉本興業の幹部からもお叱りを受けたという経緯がある。

    「この出来事が中田が“干された”原因だとする憶測は根強い。
    でも、そもそも中田にはこうした小競り合いの騒動以前から、同僚や先輩から日頃の悪態などを暴露されていて、業界内での評判が芳しくなかったという背景もあるかもしれませんよ。
    古くは、吉本の養成所時代にも中田には仲間や親友といった存在はなく、相方の藤森慎吾が同期の芸人らと談笑する姿を見ては
    “同期なんかと会話するな”“あいつらはライバルなんだから”と注意し、後にはんにゃやトレンディエンジェルなどの同期芸人からも
    『あの頃のあっちゃんは絡みづらかったし、怖かった』とたびたび証言されています。
    テレビのバラエティ番組は盛り上がる空気感を演者全員で作り上げ、視聴者を楽しませることが目的ですから、
    制作サイドもわざわざ他の芸人から疎まれている存在のタレントにオファーを出す訳にもいかないでしょう。
    “干されている”ことと“求められていない”ことは全然別物ですよ」(テレビ誌ライター)

    デビュー前から孤立を好み、独自のスタンスで歩を進めてきた中田。
    その一匹狼な方針によって最も被害を被っているのは相方の藤森慎吾なのかもしれない?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15506394/
    2018年10月27日 9時59分 アサ芸プラス


    【【芸能】「干された」原因は松本批判にあらず!?オリラジ中田、茂木健一郎が知らぬ“素顔”】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/27(土) 12:13:27.33 ID:CAP_USER9.net

    有名ファッション誌の専属モデル、ハイブランドのアンバサダー就任、初CMは海外撮影と、元SMAPの木村拓哉(45)との次女・Koki,の輝かしい芸能界デビューで再び注目が集まっている工藤静香(48)。

    週刊文春のアンケート企画「女が嫌いな女2018」でNo.1に輝いてしまったものの、コンサートやディナーショーなどは相変わらずチケットの売れ行きが良く、根強いファンに支えられている様子だ。

    また、同じく息子2人(長男の矢島愛弥、次男の矢島名月)が芸能界デビューしている渡辺美奈代(49)は、今年9月に行われたバースデーライブで「50歳までミニスカートをはく」と目標を語るなど、若々しいスタイルと可愛さをアピール。

    ネプチューンの名倉潤とおしどり夫婦として知られる渡辺満里奈(47)は、趣味のピラティスの書籍を出版しヒットを記録。ママ業をこなしつつ、テレビ、雑誌で精力的に活躍している。

    元おニャン子クラブで売れっ子だった3人だが、偶然にも皆、2児の母となった今、果たしてアイドル時代と比べて美しく年を重ねているのは誰なのか? 鋭い審美眼を持つ美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

    ――3人ともおニャン子クラブでは一、二を争う人気でしたが、アラフィフになった現在と昔の顔を比べると、いかがでしょうか?

    高須「きれいかどうかというより、一番“現役感”があるのは美奈代さんだね。工藤さんと満里奈さんは年相応に老けたかな」

    ――では、一番美しく年を重ねているのは美奈代さんということでしょうか?

    高須「それが違うんだよね。工藤さんはシワっぽくなって劣化したけど、生活のメインは芸能界じゃなく、夫と子どもだろうから、人生のプライオリティが他のタレントさんと違う。
    満里奈さんも夫は稼ぎがあり、本人が焦ってタレント活動しなくてもいいから余裕がある。となると、美奈代さんの現役感は“焦り”や“死に物狂い”って感じで、なんとなく痛々しい。
    だって目は笑ってないのに口だけ笑ってる、これじゃあ作り笑顔だもの。
    でも、笑顔が効いたのか、いつも口角が上がっていてたるみ防止になっているね!」

    ――なるほど。工藤さん、満里奈さんは加齢とともにシワっぽさが目立ち、劣化したと言われがちですが、見た目をメンテナンスしまくる必要がなかったからなんですね。
    しかし、美奈代さんの肌ツヤの良さ、シワの少なさはうらやましいです。

    高須「工藤さんは10代の頃からシワっぽい老け顔だったから、ある意味そのままだったのかも? これでも食い止めたほうだと思うよ。
    満里奈さんはピラティスにハマってヤセたから、皮下脂肪が減ってシワっぽくなったのかな。
    ヨガやピラティスは身体の筋力アップになるし可動域も広がるけど、顔には関係ないからね! もう少し太ったらシワっぽさは解消しそうだけどな。
    美奈代さんは体形の変化がほとんどないから、ヘンに皮膚が伸び縮みしなかったのがよかったのかも。あと、丸顔だから目立ちにくいっていうのもあるな」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00013643-jprime-ent
    10/27(土) 12:00配信


    (出典 Youtube)

    Mugo・ん・・・色っぽい


    【【芸能】工藤静香、渡辺美奈代、渡辺満里奈の老化度を高須院長が分析「死に物狂いで痛々しい」】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/26(金) 14:51:27.25 ID:CAP_USER9.net

     シリアで武装勢力に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が25日に帰国し、家族と再会した。

     そんな中で「渡部陽一さん、戦場の掟」と題された以下のような文章がツイッターを中心に出回った。この中の「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」という一文を引用し、
    「これは正論」「安田純平氏に唱えさせたい」「(渡部さんと)比べること自体おこがましい」などと渡部さんを賞賛し、安田さんを非難する声がネット上で次々上がった。

    1、最前線行く時は世界最強の軍隊の自走砲部隊と行動する

    2、ゲリラが蔓延る地域には近づかない

    3、戦場が流動的なところには行かない

    4、国外の難民キャンプとかを中心に取材する

    5、護衛がいても危ない所には近づかない

    6、国境地域から一歩も紛争国の中には基本的に入らない

    7、捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格

    8、ボディガードはその地域最強の奴を大金で雇う

     「戦場の掟」は一時、2万4千回以上リツイートされ、これを根拠に毎度おなじみの「自己責任論」に発展。しかし、この「掟」は丸ごとデマだ。所属事務所が「全くの創作」と明確に否定した。

     25日夜にハフポストが報じた後、「戦場の掟」をツイートしたアカウントには手のひらを返したように批判が殺到。同アカウントはツイートを削除するとともに、26日に
    「間違いなくデマです」と認めた。渡部さんの動画とともに「戦場の掟」が紹介されている2015年ごろのページをネット上で見つけ、内容を確認せずに信じ込んで
    ツイートしたという。一方で、謝罪は「誤った情報の拡散」のみにとどめると強調し「(渡部さんの)取材理念に合致している部分もある」と釈明した。

     所属事務所の担当者は「渡部は、『失格』などと人のことを批判するようなことはしない性格。ツイートはフェイクで、本人も『僕はこんなこと言っていません』と
    否定している」と話した。渡部さん本人の戦場取材のポリシーは「生きて帰り、伝えること」だ。「ツイートのような意味でとられるような発言すらしたことはない」という。
    また「戦場の掟」は以前からネット上に出回っていたデマだったが、ここまで爆発的に拡散されたことはなく、メディアからの問い合わせがあったのもこれが初めて。

     15年にジャーナリストの後藤健二さんらがシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)に殺害された事件の際も、危険地域を取材するジャーナリストへの批判が巻き起こった。
    事件後、安田さんは「外国メディア任せではなく、なぜ日本のメディア、ジャーナリストが行かねばならないのかを伝えなければならない」とジャーナリスト仲間に話している
    (参照「現場取材貫いたジャーナリスト」)。安田さん自身、2004年にイラクで取材中に一時拘束された経験を持っているが「取材の可否を国家の裁量に委ねれば、
    情報統制につながる」と地道な取材を続け、現地の状況を伝え続けてきた。

     コピーされた「戦場の掟」は、別のアカウントや個人ホームページへの転載などを通じて、現在も「本物は言うことが違うよね」などの文言とともにネット上に多数残っている。
    賛意を述べていた一部のユーザーは、ツイートがデマと確定した後も「自己責任と言われるのは仕方ない」などと安田さんを非難するツイートを繰り返している。 (共同通信=関かおり)

    https://this.kiji.is/428422621429761121


    【【芸能】渡部陽一さん「戦場の掟」は全くのデマ 報道後も止まらない「自己責任」論】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/26(金) 08:39:17.51 ID:CAP_USER9.net

    女優の土屋太鳳(23)と、ロックバンド「DISH//」のボーカルで俳優の北村匠海(20)がボーカルユニット「TAOTAK(タオタク)」を結成した。

    Mr.Childrenの桜井和寿(48)とGAKU―MC(48)によるデュオ「ウカスカジー」のヒット曲「Anniversary」(16年)をアレンジしてカバーする。

    2人は11年のテレビ東京ドラマ「鈴木先生」で共演して以来の親友。
    土屋が昨年、同バンドが所属するレコード会社からアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」の主題歌「Felicies」を配信した縁もあって、旬の女優、男優による豪華コラボが実現した。
    「Anniversary」では、主に土屋が桜井、北村がGAKUのパートを歌い、ワンフレーズずつ掛け合うBメロも息ぴったりだ。

    コラボ曲は11月16日に配信限定でリリースされる。プロデュースした亀田誠治氏(54)も「2人とも歌に対する姿勢がとても真摯(しんし)で一生懸命。
    キラキラした青春のデュエットソングの誕生です」と手応え十分。

    土屋は「匠海は声をかけ合ってきた戦友。ストリートライブを応援に行った7年前、ファンの方々の向こうで歌う姿は今よりずっと少年でした。
    まさかこんな日が来るとは…」と感慨深げ。「挑戦できるからには心を込めて届けたい」と、亀田氏の立ち会いのもと、緊張した様子でレコーディングに臨んだ。

    ミュージシャンとしては先輩となる北村は「まだ中学生だった頃から知り合いの太鳳さんの真っすぐで透き通った歌声を、僕の持てるもの全てで届けたいという気持ちでレコーディングしました」
    と絶妙なハーモニーが感動を呼びそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15500712/
    2018年10月26日 8時0分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 www.hochi.co.jp)


    (出典 s.eximg.jp)


    【【芸能】土屋太鳳&北村匠海 親友同士でボーカルユニット「TAOTAK」結成「まさかこんな日が…」】の続きを読む

    このページのトップヘ