芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: TV関連ニュース



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/21(木) 13:28:16.99 ID:1ZW4tzCp9.net

    火曜ドラマ『後妻業』(フジテレビ系)の第5話が19日に放送され、平均視聴率が5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。
    前回の第4話からは0.3ポイントのダウン。自己最低視聴率となってしまった。

    第5話では、小夜子(木村佳乃)が柏木(高橋克典)に紹介され、新たなターゲット・笹島雅樹(麿赤兒)と接触する展開に。
    一方、夫・司郎(長谷川朝晴)の浮気を目撃した朋美(木村多江)は気丈に仕事をこなしていたが、
    事務所内の雰囲気は次第に悪化。
    その状況を小夜子の弟・博司(葉山奨之)は観察していて――というストーリーになっていた。

    ゴールデン帯のドラマとしては、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』(テレビ東京系)に次いで
    ワースト2位の視聴率となっている本作。とはいえネットからの評判は悪くなく、毎回多くの感想が寄せられている。

    「本作の特徴はコメディ感。第5話でも小夜子と笹島が一緒に鰻(うなぎ)を食べるシーンがありましたが、
    『おいしい鰻はひとりでもおいしい。それでも小夜子さんと一緒だともっとおいしいかもしれません』と言われた小夜子は、
    下を向いて力強い変顔を見せながら『よっしゃ!』と大喜びしました。
    このシーンにも『どんどんコント感増していった』『小夜子面白すぎて
    だんだん好きになってきた』という声が聞かれていました」(芸能ライター)

    黒川博行の同名小説が原作の本作だが、16年には『後妻業の女』のタイトルで、大竹しのぶが主演して映画化された。
    興行収入15億円超のヒットを飛ばし評判を呼んだが、ドラマ版は映画版以上にコメディ感が強くなっているという。

    「ドラマ版で主演する木村佳乃について、
    当初は『もともとの育ちがいいから大阪のおばちゃんは合わない』『どう見てもミスキャスト』といった指摘も聞かれました。
    しかし、今ではそのミスキャストぶりもコメディ感をより引き立たせる『道具』に。
    そのちぐはぐぶりに『回を増すごとにハマっていってる気がする』
    『合わないからこそコメディ要素で抜ける感じがいい。ピッタリ合う人だったら逆に面白くない』という声も集まっています」(同)

    コアなファンが多い本作。小夜子と朋美、ダブル木村の今後の対決にも注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1700491/
    2019.02.20 21:00 リアルライブ

    aef7fe753b715a51961c9bb3d3d34560f2b8d36e_w=666_h=329_t=r


    【【芸能】『後妻業』、視聴率ワースト争いもネットでは高評価? 映画版とは大きく違う魅力とは】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2019/02/21(木) 21:04:31.64 ID:ZY5NBH7Yp.net

    これ絶対伸びるやつやろ


    【【朗報】今日のアメトーク、ろくでなしブルース芸人】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/20(水) 11:28:02.16 ID:Ecl9nynR9.net

    博多華丸・大吉の博多大吉(47)が、NHKの連続テレビ小説『まんぷく』について、
    MCを務める同局の『あさイチ』では口が裂けても言えない本音を明かしていた。

    この発言があったのは、2月13日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)でのこと。
    番組冒頭、パーソナリティを務めるフリーアナウンサーの赤江珠緒(44)が、
    「大吉先生とやっている水曜日は、どうしても朝ドラの話をしたくなるっていうところありますね」と『まんぷく』について切り出した。

    この日の朝に放送された『まんぷく』第112話は、
    萬平(長谷川博己/41)と福子(安藤サクラ/32)が何度も試作を重ねていた即席ラーメンがついに完成。
    家族や仲間を集めて試食会を行うと、みんなが「おいしい」「飽きない」と絶賛し、
    福子が提案した“まんぷくラーメン”に名前が決まるという内容だった。
    そんな『まんぷく』に視聴者からは、SNS上に「やっとできた!」などの祝福の声が寄せられていた。

    大吉は笑いながら「ご声援、ありがとうございました」と、『まんぷく』関係者のような口ぶりで感謝。
    赤江アナが「大吉先生とはなんの関係もないんですよ」とツッコむと、
    大吉は『あさイチ』で朝ドラ受けしているため“開発者の1人”ぐらいの気持ちになっていたといい、
    NHKなので“チキンラーメン”の商品名は言えなかったと裏事情も明かした。

    そして最近のカップ麺や袋麺はどんどん進化しており、店で食べる生麺のような商品もあるという話に。
    大吉は「だから、『あさイチ』では、決して口が裂けても言わないし、言えないですけど」と前置きし、
    『まんぷく』を見ていると、“まんぷくラーメン”のモデルになっている“チキンラーメン”をすごく食べたくなると語った。

    続けて、大吉は「で、“わーい”って思って食べたら。いざ食べてみると、4口目ぐらいで飽きるんじゃないか説を私、唱えてるんです」と、
    平成も終わろうとする今、『まんぷく』の舞台となる昭和30年代に比べると人の味覚が違うと主張。
    「現代人って、舌の肥え自体が、もう、メタボ舌」と持論を展開し、自宅にも“チキンラーメン”があるが、
    「こんなもんだったっけなぁ?」とか思ってしまいそうでまだ食べることができないと告白した。

    また、大吉と赤江アナは『まんぷく』の放送があと1か月半あることから、即席ラーメンが完成した後の展開が心配な様子。
    「扇風機が完成したのは最終回の直前だった」などと、賛否が別れた前作の朝ドラ『半分、青い。』
    の唐突な展開と比較しながら、どんな試練が満平と福子に待っているのか語り合っていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1699613/?page=2
    2019.02.20 07:30 日刊大衆

    edd616f928a8e2ab43fbdb6e7db1c3eceb5c8bbe_w=666_h=329_t=r_hs=c8b


    【【芸能】博多大吉『あさイチ』では言えない『まんぷく』への苦言】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/20(水) 09:07:21.90 ID:Vk3ULcYp9.net

    丸山桂里奈が、19日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。料理人にまつわる持論を明かした。

    「外食を食べに行ったときに、料理人さんが刈り上げてる人のほうが美味しい」という丸山に、
    スタジオゲストが一斉攻撃。「どういうこと!?」「そんなワケあるか!?」とヤジが飛んだ。

    だが丸山は、「これは私が何回も食べに行って、自分が取ってる統計学」と主張。
    もともとそうした人に対しては良いイメージは持っているそうで、
    「刈り上げている人のほうが絶対美味しい料理を作るんです!」と繰り返し熱弁。

    また「刈り上げていない人も、刈り上げたらもっと料理が美味しくなる」と見解を述べた。
    すると料理研究家の浜内千波が、料理の味を成り立たせている要因は「美味しさが半分、雰囲気が半分」と解説。
    「おもてなしの気持ちが美味しいお店を作る」と丸山の理論に補足説明を加えると、明石家さんまも納得していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16045943/
    2019年2月20日 5時0分 RBB TODAY

    2bb84_58_24da95af_1660b576


    【【芸能】丸山桂里奈、料理人は「刈り上げてる人のほうが美味しい」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/19(火) 08:12:12.61 ID:gzzEKdiX9.net

    菅田将暉主演の連続テレビドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が2月17日に第7話を迎える。
    10日に放送された第6話の平均視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高をマーク。
    同日放送の大河ドラマ『いだてん』(NHK)第6話の9.9%を大きく上回るばかりか、今期連ドラの直近放送回のなかではトップを記録した。

    第6話では、菅田と子役出身の福原遥が繰り広げた迫真の演技がインターネット上で話題になったが、その裏で特撮ファンも大興奮していた。

    同ドラマは、魁皇高等学校3年A組の担任・柊一颯(菅田)が教え子の景山澪奈(上白石萌歌)が自*た“真相”を明らかにするため、
    ほかのクラスメイト29人を教室に閉じ込めて「最後の授業」を行うという物語。
    これまでに、澪奈を追い詰めた“フェイク動画”を撮影したのがサッカー部・里見海斗(鈴木仁)であったこと、
    それを指示したのが不良の甲斐隼人(GENERATIONS from EXILE TRIBE・片寄涼太)で、
    甲斐は半グレ集団「ベルムズ」に脅されていたこと、
    そして「ベルムズ」に動画の作成を依頼したのは魁皇高等の教師であることが判明している。

    第6話では、柊が教師陣の中にいる“犯人”に名乗り出るよう要求し、夜8時までに名乗り出なければ教室を爆破すると宣言。
    生徒らは騒然としつつ、自分たちでも「怪しい」と思う教師を割り出していくことに。
    そんななか、元水泳部の水越涼音(福原)は、
    理不尽な理由で自分を部から追い出した顧問・坪井勝(神尾佑)を陥れようと画策。
    涼音はクラスメイトの結城美咲(箭内夢菜)が隠し持っていたスマートフォンで
    自身が坪井を告発する動画を撮影させ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿するよう指示した。

    しかし、夜8時になって教師陣とビデオ通話をつないだ際、
    涼音は坪井から“思わぬ事実”を知らされる。
    涼音は逆恨みで告発動画を拡散させてしまったとあわてるも、
    実は柊が美咲を止めていたので動画はアップされていなかった。だが、安堵する涼音に柊は激怒。

    http://dailynewsonline.jp/article/1697780/
    2019.02.18 22:20 ビジネスジャーナル

    07d2c6aac5b327d2f4ce354f14f3d2690ae5de6c_w=666_h


    【【芸能】『3年A組』今期連ドラ視聴率トップ&『いだてん』にも勝利!緊迫の展開で話題沸騰】の続きを読む

    このページのトップヘ