芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: TV関連ニュース



    1 胸のときめき ★ :2018/10/14(日) 20:43:42.51 ID:CAP_USER9.net

     1991年に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「東京ラ*トーリー」で、江口洋介演じる三上健一に恋をする資産家の娘、長崎尚子を演じた千堂あきほ。昨今のバブルブームで、肩パットが入った服や体のラインを強調するボディコンが再び注目されているが、そのバブルファッションを象徴する一つである、“ソバージュ”を流行らせた一人が千堂なのだ。そんな彼女は今、何をしているのだろうか。

     「千堂さんはロングヘアに細かいウェーブ入れたソバージュと、前髪をとさかのように立てたスタイルで、当時人気の髪型のブームを作っていました。ドラマはもちろん、『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ系)などのバラエティ番組でも活躍し、一躍お茶の間の人気者になりましたよね。現在は全国放送の露出はあまりありませんが、北海道に拠点を移し、地道に芸能活動をこなしているようです」(芸能記者)

     どうやら千堂は、現在、北海道の情報番組やラジオ番組に定期的に出演しているようだ。

     「千堂さんは2000年に北海道出身の男性と結婚されたのですが、それを機に北海道への移住を決めたようです。お相手の男性は、もともとはスキューバダイビングのインストラクターだったのですが、今や水中映像ソフトの企画・製作やヒーリングサロンを運営する実業家。事業の一つに芸能マネジメントがあるのですが、千堂さんは現在、その事務所に所属しています。旦那さんは北海道ではそれなりに顔が利く人物なようで、千堂さんには安定した仕事があると言います。夕方の情報番組ではレギュラーコメンテーターとして毎週出演中です」(前出・同)

    https://npn.co.jp/article/detail/34336734/


    【【芸能】“ソバージュブーム”の先駆け…バブル時代に活躍した千堂あきほは今何してる】の続きを読む



    1 Bergenia ★ :2018/10/14(日) 11:23:51.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が14日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)の生放送で、日大芸術学部に裏口入学したとの虚偽の記事を週刊新潮に掲載され名誉を毀損(きそん)されたとして新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟について言及。「出ますよ」と今後裁判に出廷する可能性を口にした。

     太田側は今月9日に開かれた第1回口頭弁論で「記事の内容は事実無根」と主張。太田や妻で所属事務所社長の太田光代氏(54)は出廷しなかった。一方、新潮社は請求棄却を求めている。

     8月の報道直後の同番組で「やってない」「証言しているやつを俺の前に連れてこい」と記事の内容を完全否定していた太田だが、この日は心境を問われると「(離婚訴訟中の)川崎麻世と同じ心境です」とボケからスタート。ゲスト出演したフリーアナウンサー古舘伊知郎(63)が「太田光という人は森羅万象ネタだから。俺の推測だけど(裏口入学のネタを)週刊新潮に自ら持ち込んでいる可能性がある」と冗談交じりに太田の“自作自演説”を唱えると、「そんなことない」と爆笑で否定した。

    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000081-spnannex-ent


    【【芸能】太田光 裏口入学報道裁判「出ますよ」 証人出廷の可能性に言及】の続きを読む



    1 胸のときめき ★ :2018/10/14(日) 20:43:42.51 ID:CAP_USER9.net

     1991年に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「東京ラ*トーリー」で、江口洋介演じる三上健一に恋をする資産家の娘、長崎尚子を演じた千堂あきほ。昨今のバブルブームで、肩パットが入った服や体のラインを強調するボディコンが再び注目されているが、そのバブルファッションを象徴する一つである、“ソバージュ”を流行らせた一人が千堂なのだ。そんな彼女は今、何をしているのだろうか。

     「千堂さんはロングヘアに細かいウェーブ入れたソバージュと、前髪をとさかのように立てたスタイルで、当時人気の髪型のブームを作っていました。ドラマはもちろん、『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ系)などのバラエティ番組でも活躍し、一躍お茶の間の人気者になりましたよね。現在は全国放送の露出はあまりありませんが、北海道に拠点を移し、地道に芸能活動をこなしているようです」(芸能記者)

     どうやら千堂は、現在、北海道の情報番組やラジオ番組に定期的に出演しているようだ。

     「千堂さんは2000年に北海道出身の男性と結婚されたのですが、それを機に北海道への移住を決めたようです。お相手の男性は、もともとはスキューバダイビングのインストラクターだったのですが、今や水中映像ソフトの企画・製作やヒーリングサロンを運営する実業家。事業の一つに芸能マネジメントがあるのですが、千堂さんは現在、その事務所に所属しています。旦那さんは北海道ではそれなりに顔が利く人物なようで、千堂さんには安定した仕事があると言います。夕方の情報番組ではレギュラーコメンテーターとして毎週出演中です」(前出・同)

    https://npn.co.jp/article/detail/34336734/


    【【芸能】“ソバージュブーム”の先駆け…バブル時代に活躍した千堂あきほは今何してる】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/10/13(土) 21:57:21.05 ID:CAP_USER9.net

    10/13(土) 21:16配信
     元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏(50)が13日放送の日本テレビ系「世界一受けたい授業」(土曜後7・56)に出演。自身の熱血修造理論を展開し、根性論を否定した。

     熱血キャラクターとして多くの人に愛される松岡氏。「熱血=根性論」だと受け取られがちだが、スタジオに登場した松岡氏は意外にも「根性論は大嫌い!」と明かした。「根性論は大嫌い。これがものすごく大事なテーマなんです。大切なのは方法論。“気持ちだ!”とか“水飲むんじゃねー”とか大嫌い」といい、どんな物事でも基本を教えたうえで、最後の一押しとして前向きな言葉を掛けることが有効だと説いた。

     番組授業では松岡氏が実践し、様々な指導の場面でも効果を実感しているという「修造理論」を学生の悩みに応える形で紹介し「修造理論」を脳科学や医学の側面から分析した。

     “弱気になったときはどうすればいいか”という問いに松岡氏は「気持ちが弱くなったときは『自分を褒める言葉』を言え!」と返答。大学病院の医師は「ポジティブな考えは、呼吸を安定させ、自律神経が整い、血流がよくなり、筋肉がよく動くようになります」と説明。科学的にも理にかなっていることが明らかになった。

     “弱い性格はどうやったら変えられるか”という質問には「弱い自分を変える必要はありません!弱さがあるから強くなれる」と説明。“緊張しいな性格を変えたい”という相談には「緊張するのは良いことなんです。試合に勝ちたいから緊張する。番組で面白ことを言いたいから緊張する。緊張することはむちゃくちゃ良いこと」といい、「僕も凄く緊張しいです。でも、緊張の度合いを良い形に変えていける方法があります」と修造流瞑想法を紹介した。

     修造流瞑想法は(1)背筋を伸ばし肩幅に足を開く(2)目を半目の状態にして、両腕はぶらりと下げてから振り子のように力を入れずに振る(3)腕を振りながら好きなものを30秒間思い浮かべる、というもの。医師によると「足を開いて背筋を伸ばすのは呼吸が楽になる姿勢。両腕を伸ばすと血流がよくなる。緊張すると、自律神経を乱して血流が悪くなるので理にかなっている。好きなものを思い浮かべるのは物事を客観的に見ていることなので、自律神経が整い、緊張を解くのに効果的だ」と太鼓判を押した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000151-spnannex-ent


    【【芸能】松岡修造氏 熱血キャラですが「根性論は大嫌い!」理にかなっていた修造理論】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 08:07:58.97 ID:CAP_USER9.net

    ヒロミが10月6日放送の『東京らふストーリー』(テレビ朝日系)で、経営者として客のクレームに土下座していたことを明かした。

    「謝るときは全然謝るの平気。スポーツジムをやっていてお客さんからクレームが来て、『オーナー出せ』って言われて、『土下座しろよ、お前』と言われて。土下座なんて全然するよ」

    加圧トレーニングジム「Body Conscious 51,5 HIROMI BODY ART」を経営するヒロミ。

    4月22日放送の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)では、ビジネスの失敗談も告白。
    「室内でできるゴルフレッスン」をスタートさせたが、裕福な顧客が多かっため、トレーナーを個人に引き抜かれてしまい、結局、廃業せざるを得なかったという。

    ヒロミは「ビジネスは引き際の早さも大事」と実体験談を熱弁していた。

    経営者としてさまざまな経験を積み、再び芸能界で活躍しているようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15429831/
    2018年10月11日 7時0分 Smart FLASH


    【【芸能】ヒロミ、経営者として客のクレームに土下座することも】の続きを読む

    このページのトップヘ