芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: TV関連ニュース


    ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故 - 芸能ニュース掲示板


    NO.6872739 2018/08/18 19:05
    ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故
    ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故
    8月14日の「情報ライブ ミヤネ屋」で、映像トラブルが発生。「雷雨の前兆」として映像が変わるはずが、画面が変わらなかったことに宮根誠司がブチ切れ。

    モニターを思わず叩く放送事故。

    共演者の気象キャスター蓬莱大介、林マオアナがフォローするも、イラ立ちが隠せぬイラつきにお茶の間が凍りついた。

    カメラの前にも関わらず、不意に出る本性。

    カメラがまわっていないところでは拳を振り上げているのか。

    気になるところである。
    【日時】2018年08月18日 19:00
    【提供】激裏情報


    【ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/08/17(金) 19:55:45.24 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808170000669.html
    2018年8月17日19時52分

     ナインティナインの岡村隆史(48)が、ミュージシャンのGACKT(45)を怒らせてしまったという過去について語った。

     岡村は16日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、先週は夏休みを取りフィリピンで過ごしたことを報告。現地でのエピソードなどを語った。

     ホテルのレストランで食事をしていた際、偶然、GACKTも来ていることを周囲から知らされたという。しかし岡村は会うのを拒んだそうで、「GACKTさん、僕のこと嫌いなんですよ。昔、ニッポン放送でお会いしてあいさつした時に、めちゃくちゃ印象悪かったんですって。それから大嫌いなんですって。『あの時、本当にぶっ*てやろうかと思った』って言われた。そこから、あんまり、ちょっとね……GACKTさん、怖いっていうか」と笑いながら確執があることを明かした。

     「そのくせ、なんか誕生日になったら酵素ドリンク送ってくれたりとか、プロテイン送ってくれたりと*るんですけど」と、交流はあるというが、「ただ、GACKTさん僕のこと嫌いみたいで。嫌いって言われたら僕も近づいて行けないじゃないですか。ましてや海外ですから」と、拒絶した理由を語った。


    【【芸能】岡村隆史(48)、GACKT(45)との面会拒否、激怒させた過去…「僕のこと嫌いなんですよ」】の続きを読む



    1 メアリー ★ :2018/08/17(金) 15:25:46.42 ID:CAP_USER9.net

    https://myjitsu.jp/archives/59841
    まいじつ
    2018.08.17 11:00

    8月16日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に木村拓哉が出演し、一般人にドッキリを仕掛けた。視聴者からは「番組宣伝のために必死になりすぎ」と揶揄する声が飛んだほか、ドッキリの手法についても批判する声が相次いでいる。

    木村は夕飯時に『ブラックマヨネーズ』の小杉竜一とともに一般家庭を訪れ、家族とともに夕飯を食べる突撃企画に挑戦。一般家庭を驚かせるドッキリに加えて、制作サイドは小杉にも「逆ドッキリ」を用意させていた。食事中、妻の料理の味をめぐって夫婦はケンカをしたフリをし、木村もケンカに介入したがこれは全て演技。夫婦・木村は裏で結託して、ケンカの際に小杉がどのような態度を取るのか試していたのだ。

    キムタクの行く末を案ずる声も…

    隠しカメラで撮影する中、夫は妻の料理に文句を付け、妻を怒鳴り続けた。木村は夫の言い分が気に入らないふりをして夫にもの申したが、「勝手に来てガタガタ言ってるんじゃねえよ」と夫に言われ、「あっ?」と怒った様子。3人がケンカの演技をしている途中、小杉はダンマリしていた。

    番組側は小杉を「チキン」と評して視聴者を笑わせようとした。視聴者は木村についてツイッターで言及。

    《キムタクって、プライベートでも夫婦喧嘩に出くわしたら仲裁してくれそう》
    《自然体の演技だから小杉もだまされちゃうね》

    などと、木村の演技を評価する声があった一方で

    《ああいうドッキリは本当に苦手》
    《旦那の演技が下手すぎて、ドッキリ企画なのがバレバレ》
    《亭主関白ではなくただのモラハラだ。普通、奥さんのことを初対面の芸能人の前でこき下ろせない》
    《番組がキムタクの好感度上げようとしてる感が見え見えで素直に楽しめない》
    《キムタクもこんな番組に出るようになったの?痛々しい》

    などと、過度に怒鳴り散らす夫の演技を批判する声も。また、木村の好感度を上げようとする演出にも批判が相次ぎ、中にはなりふり構わずバラエティ番組に出演する木村の行く末を案ずる声もあった。

    冠番組もなくなった木村の行く末が気になるところだ。


    【【芸能】木村拓哉が“ドッキリ”出演も必死すぎが「痛々しい」と心配の声】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/16(木) 18:41:27.70 ID:CAP_USER9.net

    8月11日放送「ミュージックフェア」(フジテレビ系)では浜崎あゆみデビュー20周年記念スペシャルとして過去の映像を一挙公開すると同時に新曲を初披露。
    この数年は体型や巨大化したバストばかりに注目が集まっていた浜崎だが、この日は肩や背中は露出があるものの、
    ヒラヒラした羽のような布地が腕を隠すような白いロングドレスで登場。
    風を受けながら歌うという演出があったため、腕にかかった布地が風を受けてなびく様子は、まるで天女のようだったのだが‥‥。

    「ネット上では『容姿の劣えは仕方ない。でも過去の名曲を汚すような歌唱力はどうにかして』といった嘆き声が目立っていたようです。
    とくに1999年5月にリリースされた『TO BE』は多くのファンが大好きな1曲として挙げるしっとりした名曲なんですが、
    この日の浜崎は喉の調子が悪かったのか、まるでがなるようにして歌ったんです。
    そのためオンエア中から『いい曲が台無し』『声が出なくてもそれをどうにかカバーして歌ってほしかった』『記憶の中の“TO BE”が壊れていく』
    『好きだからこそ痩せてほしいしボイトレしてほしい』など、アーティストとしての矜持を見せてほしいとの声があがったのではないかと思います」(音楽誌ライター)

    たたずまいに貫禄を感じさせた浜崎だが、歌姫としてもう一度、自身の歌唱力や表現力を振り返ってみてはいかがだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1502840/
    2018.08.16 18:15 アサジョ


    (出典 Youtube)

    浜崎あゆみ 【TO BE】MUSIC FAIR 2018/08/11


    (出典 Youtube)

    浜崎あゆみ / TO BE


    【【芸能】「名曲が台無し」浜崎あゆみ、体型変化より歌声に厳しい指摘】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/08/16(木) 11:55:52.42 ID:CAP_USER9.net

    元NMB須藤凜々花「大胆発言連発」のウラ


    元NMB48の須藤凜々花(21)が、14日に放送された日本テレビのバラエティー番組
    「踊る!さんま御殿!!」に出演して過激発言をブッ放し、物議を醸している。

    4月に結婚した新婚ホヤホヤの須藤は“絶口調”で、夜の生活について大胆発言を連発したのだ。

    AKB総選挙での“結婚宣言”をはじめ、怖いもの知らずは相変わらずだが、
    この“あり得ない過激さ”を可能にしている存在が、出版業界の大物・X氏だという。

    14日の放送では、結婚している芸能人が大集合し「ややこし夫VSイライラ妻」と題してトークを展開した。
    3年前にも同番組の「ウブな女と恋多き女SP」に出演した須藤は「*までにチューしたい」とロマンチックな発言をして話題をさらっていたが、
    4月13日に一般男性と入籍した須藤は、一転して大胆発言をブチかました。

    甘~い新婚生活をぶっちゃけまくりで、司会の“お笑い怪獣”明石家さんまらも、3年前とのあまりの変貌ぶりに驚きを隠せない状況だった。

    須藤といえば、昨年6月の「第9回AKB48選抜総選挙」の壇上で、まさかの結婚宣言。
    ファンだけでなくOGをも巻き込んだ大騒動を起こしたのは記憶に新しい。その後、同8月にグループを卒業し、タレントに転身し、宣言通り入籍した。

    ソロ転身後は、信じられないほど過激エロ路線を突っ走り始めた。

    6月にニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に出演した際にも「コソコソしてする恋愛なんてクソですよ。
    今、堂々と観覧車でするベロチューは最高ですよ! それが幸せなんですよ」とぶっちゃけトークを展開。
    ネット上ではファンから猛バッシングを浴びたが、意に介した様子はなかった。

    もはや“炎上上等!”といわんばかりの危ない体質となっている須藤だが、そんなことができるのは、後ろ盾になっている人物がいるからだという。

    それが、出版業界の大物X氏だという。

    「ファン、メンバー、スタッフ、報道陣みんなを驚かせた総選挙での結婚宣言についても、須藤は前もってX氏には相談していました。
    苦楽をともにしたスタッフやNMBメンバーには誰も話していなかったのですから、信頼の厚さが分かりますし、X氏の力も推して知るべしでしょう」(テレビ局関係者)

    ソロ転身後も芸能界での活動や人生の生き方、将来の夢に掲げている哲学者になることについても相談しているというが、
    そんな須藤をX氏も仕事面でバックアップしている。

    グループを卒業すると、ほとんどのメンバーが少しずつ露出を減らしていく現状のなかで、
    須藤は卒業しても、炎上してもコンスタントに仕事をこなせている。

    そこにはX氏という大きなバックボーンがあったからだというのだ。

    あるネット番組で「アイドル時代より給料が倍になった!」と無邪気に喜んでいた須藤。
    何も考えてない炎上キャラと思いきや、実際は押さえるべきところは押さえる賢いオンナだったようだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000005-tospoweb-ent


    【【芸能】 元NMB須藤凜々花の後ろ盾は出版業界の大物・X氏】の続きを読む

    このページのトップヘ