芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: TV関連ニュース



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/05(水) 21:52:34.55 ID:CAP_USER9.net

    2019年9月から放送が始まるNHK連続テレビ小説(以下、朝ドラ)の内容が、陶芸家として成長する女性を描く『スカーレット』に決定した。
    また、女優の戸田恵梨香がヒロインを務めることも明らかとなり、大きな話題となっている。

    物語の舞台は、戦後間もなくの頃から高度経済成長期まで。大阪で生まれ、9歳から滋賀県信楽で育った川原喜美子が主人公だ。
    喜美子は大阪で就職するも数年で信楽に戻り、地元の信楽焼に惹かれ、男性ばかりの陶芸界で奮闘する日々が描かれる。
    脚本を担当するのは、連続テレビドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)などで知られる水橋文美江だ。
    なお、タイトルの“スカーレット”とは、伝統的に炎の色とされている緋色のこと。緋は“火”に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつだという。

    オーディションではなくオファーで朝ドラ101作目のヒロインを務めることになった戸田は、00年放送の『オードリー』以来2回目の朝ドラ出演となる。
    水橋は「才能あふれる女優さんと、半年という長い時間をかけて、ひとりの女性の生きざまにがっつりと向き合えることを大変うれしく、ありがたく、光栄に思います」とコメントしている。

    戸田の活躍はドラマ、映画、CMなど多方面にわたり、現在放送中のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)では、若年性アルツハイマー病に冒された女性を熱演。
    ムロツヨシ演じる小説家の男性を愛しながらも、徐々に記憶を失っていく様子を繊細に表現して評価を高めている。
    また、サードシーズンまで放送されているドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)では、
    メインキャストの緋山美帆子役で出演しており、今年7月に公開された劇場版が興収92億円を突破するヒットを記録したことも記憶に新しい。

    戸田の朝ドラヒロイン決定に、ファンからは「演技の幅が広い女優だから朝ドラの主人公にピッタリ」「戸田恵梨香なら安心して見られる」と喜びの声が続出している。
    一方で、「かつては“若手女優の登竜門”だったのに、最近は名実ともに安定した女優の起用が多い」「来年の朝ドラ、広瀬すず→戸田恵梨香って新鮮味ゼロ」「NHK側に新人を育てる余裕がなくなったのでは?」と疑問視する声も多い。

    振り返ってみると、近年の朝ドラヒロインは実績が十分な女優の起用が目立つ。現在放送中の『まんぷく』の安藤サクラは30代で子持ちママのヒロインということで話題になった。
    17年度前期『ひよっこ』の有村架純、16年前期『とと姉ちゃん』の高畑充希などは、すでに映画やドラマへの出演で広く知られる存在であった。19年4月スタートの100作目『なつぞら』の広瀬すずも、人気女優としての地位を確立している。
    また、有村、安藤、広瀬はオーディションなしのオファーで起用されたことが伝えられており、『まんぷく』の安藤から『スカーレット』の戸田まで、3作連続でオーディションなしでヒロインが決まったことになる。

    一方で、17年後期『わろてんか』の葵わかなはオーディションで2378名から選ばれ、16年後期『べっぴんさん』の芳根京子もオーディションを勝ち抜いてヒロインの座を射止めたことで知られている。
    しかし、両作共に視聴者の間では評判が芳しくないのも事実だ。
    一方で、『まんぷく』や『ひよっこ』は好評を得ていることから「NHKは守りに入っている」「昔の朝ドラはオーディションで無名の若手女優を発掘するという役割も担っていた。
    今は実質的にそれを放棄している」との声もあがるなど、波紋を呼んでいる。

    新人発掘よりも“安定感”を優先する保守的な姿勢がどう出るのか、注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1598293/
    2018.12.05 18:35 ビジネスジャーナル


    【【芸能】NHK朝ドラは「新人女優発掘」を放棄したのか?戸田恵梨香ら有名女優ばかり起用に批判も (】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/05(水) 21:35:18.81 ID:CAP_USER9.net

    大みそかのNHK紅白歌合戦に7年ぶりに出演する歌手の松任谷由実が、紅白で歌唱してほしい曲を募集している。
    「私が好きなユーミンのうた」と題し、好きな曲にまつわるエピソードやユーミンへのメッセージを募集。当日、エピソードやメッセージが紅白や関連番組で紹介される可能性もあるという。
    本番では名曲メドレーを披露する予定だが、エピソードの投稿数が多い曲を歌うとは限らないという。

    サイトでは「デビューから45年余りの間に生まれた、数えきれないほど多くの名曲、ユーミンの歌は、いつも私たちのそばにあり、時代と世代を超えて聴き継がれています。
    今年の紅白歌合戦では、これまでに発表された400曲以上に及ぶユーミン全曲の中から『私が好きなユーミンのうた』を募集します!」と説明している。

    ユーミンは紅白初出場となった2005年の紅白でユニット「松任谷由実 with Friends Of Love The Earth」として「Smile again」を披露。2回目の11年は「(みんなの)春よ、来い」を歌っている。

    ネットでは「中央フリーウェイ」「春よ、来い」「真夏の夜の夢」「まちぶせ」「やさしさに包まれたなら」「ルージュの伝言」「ひこうき雲」「DESTINY」などを聞きたいという声が上がっている。

    募集期間は5日午後4時から29日の正午まで。応募は紅白歌合戦公式ホームページ内の特設ページ(https://www.nhk.or.jp/kouhaku/yuming/)で受け付けている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1598378/
    2018.12.05 20:00 リアルライブ


    【【芸能】7年ぶりの紅白は名曲メドレー ユーミンが視聴者から歌ってほしい曲を募集】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/05(水) 09:17:38.37 ID:CAP_USER9.net

    12月1日に放送されたラジオ番組『中居正広 ON & ON AIR』(ニッポン放送)で、パーソナリティの中居正広が先日「ひとり飲みデビュー」を果たしたことを明かし、
    冗談めかして「こういうの、YouTubeに上げようかな」と語った。

    トークのなかで、「デビューしたいな、とずっと思っていて、なかなかデビューできなかったことに、先週デビューしまして」と切り出した中居。それが、ひとりでお店で飲むこと、だそうだ。
    中居は昼食についてはひとりで定食屋に行ったり、デパートのレストランに行ったりすることもあるが、これまで一人で飲みに行ったことはなかったという。

    そんななか、先日タクシーで帰宅する際に、スーパーに立ち寄ろうと途中で降ろしてもらったところで、中居はお気に入りのおでんを買おうと思ったものの、
    しばらく続いていることに気づき、歩いて帰ることにしたそうだ。そこでふと思いついたのが、「どこかで飲めないかな……」というアイデアだったという。

    その後、普段から昼食で訪れている定食屋が夜は居酒屋として営業していることに気づき、立ち寄ってみるが運悪く休業日。
    また歩き始めて、たまたま見つけたお店が、内観に奥行きがあり、人目も避けられそうだということで入ってみたそうだ。

    その日の中居は軽装で、iPadも本も持っていなかったため、食事に集中。
    初めて居酒屋のおでんを食べ、大根の分厚さと出汁の染み具合に驚いたり、卵を食べて逆にスーパーのおでんの質の高さを実感したり。
    また、テーブル席で賑やかに乾杯する韓国人グループを楽しく眺めたりしつつ、焼き鳥や馬刺しを注文し、お酒を3杯ほど飲んだそうだ。会計は3千円程度。
    中居にはそれが安いのか高いのかわからなかったが、「これは非常に楽しいことが見つかった」という結論に落ち着いたそうだ。

    そして最後には、「こういうの、YouTubeで上げようかな」と一言。
    いまもガラケー派を貫き、機械オンチ、デジタルよりアナログ、という印象も強い中居だが、草なぎ剛がYouTuberとして活躍し、
    また番組で人気YouTuber・フィッシャーズと共演したり、というなかで、その口から「YouTube/YouTuber」という言葉が自然に聞かれるようになったのは面白い。

    YouTuberをはじめ、ネット発の人気者を取り上げる番組企画では、「この人たち、何者なの?」という怪訝な表情も見せていたが、
    そんな中居もいまや、YouTubeに対して「テレビのような大掛かりなものではなく、個人的に楽しいことを自由に表現し、共有する場」という認識があるようだ。

    現状、中居がYouTubeに参戦する可能性は当然、限りなく低いと言わざるを得ないが、
    もし『吉田類の酒場放浪記』のようなノリで「ひとり飲み動画」がアップされるようなことになれば、ネット上の話題を独占する人気コンテンツになりそうだ。

    5年、10年というスパンで考えたとき、その可能性はあるだろうか? 
    テレビとネットの垣根が加速度的になくなっていくなかで、そんなことにも期待したくなってしまう中居の「YouTubeに上げてみようかな」の一言だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00010012-realsound-ent
    12/5(水) 8:36配信


    【【芸能】中居正広、念願の“ひとり飲み”デビュー 「こういうの、YouTubeに上げようかな」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/05(水) 20:57:09.70 ID:CAP_USER9.net

    11月25日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)に、歌手の西野カナが出演。この日の放送は「女性の心を掴む共感ソング特集」という企画で、
    西野が自身の作詞法を語ったのだが、これにネット上で賛否両論が巻き起こった。

    その作詞法というのは、「まず企画書を作り、作品のコンセプトや設定を決める」「企画が決まったら、一旦そのコンセプトに合った詞を書き出す」
    「アンケートや友人に電話取材して、書き出した詞が共感できるものを確認し、違ったものは添削して、より共感できるものにブラッシュアップしていく」というもの。

    「さらに2015年発売の大ヒットシングル『トリセツ』についても、5項目くらいのアンケートを作って、
    『あなたの取扱説明書を書いてください』と関係者や友人に配り、その意見をまとめて完成したとご丁寧に解説。
    これに対し、『作詞というよりプロジェクト感が強い』『本人の体験談じゃないのか』、
    さらには『あざとすぎて震えるwww』と批判的な声があがったのです」(テレビ誌ライター)

    もちろん、一方では「マーケティングして詞を作るのはむしろプロとして当たり前」と擁護する声も少なくなかったが、あるレコード会社関係者はこう言う。

    「女性の敏感な感情を扱う歌で売っているだけに、計算ずくの手法を“種明かし”してしまう行為は、残念と思われても仕方がない。
    今回の発言は、自ら自分の足を引っ張ることになりかねません」

    少々サービスし過ぎたか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1597735/
    2018.12.05 10:14 アサジョ


    【【芸能】「あざとすぎて震える」西野カナが明かした“作詞方法”への批判が止まらない】の続きを読む


    北島三郎5年ぶり 平成最後の紅白特別出演で「まつり」を披露 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7113309 2018/12/05 14:28
    北島三郎5年ぶり 平成最後の紅白特別出演で「まつり」を披露
    北島三郎5年ぶり 平成最後の紅白特別出演で「まつり」を披露
    大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に、演歌歌手の北島三郎(82)が特別出演する。

    4日、同局が発表した。

    1963年の初出場以来、50回出場し、美空ひばりさんに並ぶ歴代1位の大トリ11回を誇る大御所。

    13年に後進へ道を譲るべく「一線を引く」と“紅白卒業”を明言して以来5年ぶりの“復帰”となる。

    歌う曲は同年の紅白で白組、紅組の垣根を越えた“究極の大トリ”として披露した「まつり」。

    ニッポンの年の瀬を盛り上げる。

    NHKは「平成最後の紅白という記念の年に“やっぱりサブちゃんを紅白で見たい!”という期待の声を受けて」出演を依頼。

    北島は本紙に「一本の線を引いた私ではございますが、平成の最後となる今年の紅白に恩返しと新しい時代への希望を胸に引き受けさせていただきました」とコメントを寄せた。

    関係者によると、9月に最大震度7を観測した故郷・北海道の胆振(いぶり)東部地震など、自然災害が相次いだことも決断の要因となった。

    北島は元々、芸道50周年だった11年の紅白で身を引く意向だったが、同年に東日本大震災が発生し「人を励ますような歌を歌わないと」と思いと..



    【日時】2018年12月05日 05:30
    【ソース】スポーツニッポン


    【北島三郎5年ぶり 平成最後の紅白特別出演で「まつり」を披露 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ