芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: TV関連ニュース



    1 :2018/04/20(金) 09:23:25.31 .net

    清水 麻璃亜 @gn___maria

    フジテレビ「畑でmarry me!」
    5月分のロケに行ってきました!!

    二泊三日で農家の嫁に・・・

    私なりに頑張りました!
    濃い3日間だったから放送楽しみず

    また改めて告知しますが
    ぜーーーったい見てください(°▽°)

    スタッフさんと私お疲れ様 笑


    (出典 pbs.twimg.com)
    :orig

    … VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【朗報】 チーム8 清水麻瑠亜・フジテレビでレギュラー番組 獲得!!】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/20(金) 01:47:27.66 ID:CAP_USER9.net

    明智光秀大河初主役 誘致活動8年目“悲願”地元喜び 誘致会長の福知山市長「非常にうれしい」
    2018年4月19日 17:35 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/19/kiji/20180419s00041000255000c.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000134-spnannex-ent

    2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に主演する長谷川博己 Photo By スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    NHKが19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表したことを受け、
    NHK大河ドラマ誘致推進協議会の会長を務める京都・福知山市の大橋一夫市長は「ゆかりの地だけではなく、全国から光秀らを主役とする大河ドラマ実現を望む熱い思いが寄せられ、現在26万1745筆もの署名が集まっております。
    活動が8年目に入ったこのタイミングで大河ドラマが決定し、非常にうれしいニュースと喜ぶとともに、これまでの活動にご協力、ご尽力いただいた皆さまに改めて感謝を申し上げます」と喜びのコメントを発表した。

    大河第29作「太平記」を手掛けた池端俊策氏のオリジナル脚本。俳優の長谷川博己(41)が大河初主演を務める。智将・明智光秀が大河の主役になるのは初。

    NHK大河ドラマ誘致推進協議会は京都府8市町、兵庫県2市、福井県1町で構成。
    明智光秀、光秀の娘・細川ガラシャ、光秀の盟友・細川幽斎、幽斎の息子でガラシャの夫・細川忠興ら4人ゆかりの地域、さらには京都府全体の観光振興と地域経済の活性化に寄与することを目的に、2011年4月に設立された。

    ゆかりの地はもちろん首都圏でも誘致活動を展開し、パンフレットやポスターを制作。
    光秀が築城した福知山城、丹波亀山城跡、勝竜寺城公園など、ゆかりの地の魅力を伝えるガイドツアー企画など、さまざまな活動を行ってきたが、8年目にして実を結んだ。

    大橋市長は「大河ドラマ決定を受けて、全国から1人でも多くの方々にお越しいただき、ゆかりの地の魅力に触れていただければ光栄です」と呼び掛けている。


    【【芸能】明智光秀が大河初主役 誘致会長の福知山市長「非常にうれしい」 活動8年目“悲願”地元喜び 2020年放送「麒麟がくる」】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/04/20(金) 05:07:12.62 ID:CAP_USER9.net

    2018-04-19 18:09
    速水もこみち、レシピ数もプロ級に「1700品超えています」

     俳優の速水もこみちが19日、都内で行われたポップアップバー『MY BORDEAUX PARTY』オープニングイベントに出席。日本テレビ系情報番組『ZIP!』(月~金 前5:50~8:00)の人気コーナー「MOCO'Sキッチン」などで、プロ顔負けの料理の腕前を発揮しているが、現在のレシピ数について「1700品超えしています」と明かした。

     ボルドーワイン委員会が主催する同イベントでは、高品質なボルドーワインを特別価格で提供。東京・表参道のCommune 2ndで人気のフードストールとコラボし、それぞれの代表メニューに合うボルドーワインのセレクション、フードペアリングやソムリエによるセミナーなど味わい方を楽しく学ぶことができる。

     大のワイン好きだという速水は「仕事が終わったあとのごほうびの1杯であったり、仲間たちと食事に行った時の1杯など、気取ったりせず、カジュアルに飲むことが多いですね」とにっこり。「ボルドーワインは歴史がものすごく長いですし、すでに世界中の方たちにも愛されていますけど、年々世代が幅広くなっている気がします。いろいろなワインにさまざまなドラマがあるので、楽しいですよね」と魅力をアピールした。

     ワインを使った料理についても「赤も白も使いますが、よくやるのは赤ワイン煮込みとかですかね。牛肉と野菜をつけこんで、コトコトと作ります」と説明。イベントで提供されるフードペアリングが紹介された際には「とてもおいしそうなんですけど、ひとつだけ。なんで、オレのレシピじゃないんだろう」と冗談を交えながら、笑いを誘っていた。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    現在のレシピ数を明かした速水もこみち=ポップアップバー『MY BORDEAUX PARTY』オープニングイベント(C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    ポップアップバー『MY BORDEAUX PARTY』オープニングイベントに出席した速水もこみち(C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://www.oricon.co.jp/news/2109839/full/


    【【芸能】"速水もこみち" レシピ数もプロ級に「1700品超えています」】の続きを読む



    1 金魚 ★ :2018/04/19(木) 18:03:11.74 ID:CAP_USER9.net

    TBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)でテレビ朝日の女性記者が
    18日夕方に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)によるセクハラの被害について特集した。

     落語家の立川志らく(54)は、女性記者が情報を週刊新潮に持ち込んだことに
    「難しい問題だとは思いますけど、被害にあわれた方は本当に辛い思いをしたというのは重々わかります。
    でも一応記者であり、ジャーナリストの端くれならば、会社と戦って欲しかったですね」と指摘した。

     その上で「新潮に売るっていう。じゃあ文春に売りゃいいのかってもんじゃないけどね
    。会社と戦って、テレ朝からきっちりやった方が気持ちが良かったんじゃないですか。

    あるいは弁護士に相談するとか警察に行くとか。新聞社ならまだ良かったんじゃないですか。
    なんでみんな新潮に行くのかなって、そこが解せないと言えば解せない」と持論を展開していた。

    http://www.hochi.co.jp/topics/20180419-OHT1T50105.html


    【【芸能】立川志らく、週刊新潮にセクハラを訴えたテレ朝記者に「ジャーナリストの端くれならば、会社と戦って欲しかった」】の続きを読む



    1 金魚 ★ :2018/04/18(水) 18:56:24.37 ID:CAP_USER9.net

    デーブ・スペクターさんが2018年4月18日に放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)で、財務省事務次官の福田淳一氏のセクハラ疑惑と、
    それに関わる音声について、「背景が不自然すぎる」と疑問を呈した。

    ■スクープを出せない理由は?

    セクハラ疑惑は「とくダネ!」でも特集が組まれ、デーブさん以外にもゲストが呼ばれたが、
    その中でデーブさんはただ1人、発言内容は非常識であり、福田次官を擁護する意図はないとしながらも、公開された音声に対しての「疑問」を語った。

    デーブさんはテープの編集について

    「音声テープの雑な途切れ途切れの編集。テレビ番組であんな編集やったらBPO来ますよ」と疑問を持っていると明かし、続けて、

    「動機も良く分からない。仕事に弊害があるから出てこられないというのは、私服刑事じゃあるまいし、守られた職業ですので、
    他の取材だっていくらでもできる。本当にこれがスクープだったら、自分が所属している媒体が出すんですよ、絶対に。
    出せない理由はなんなのか、もし(所属している団体に)却下されたのなら、ジャーナリズム的に問題があると思う」

    「背景があまりにも不自然すぎて、みんなが正義漢ぶっちゃって連日言ってるのは、違和感を感じます」

    と語った。セクハラ被害を受けた女性記者の行動への疑問に加え、これだけ大きな話題となった「スクープ」を、自身が属する媒体ではなく、
    結果として他を通しての発表となったことにも「ジャーナリズム的に問題」と批判した。

    ■あくまで情報の「出し方」を批判

    こうしたデーブさんの意見に対し、コメンテーターの深澤真紀さんは、

    「本来であれば、記者クラブに加入しているメディア各社は、セクハラを受けた女性記者を守る立場ですということをきちんと公にすべきであって、
    女性記者の非をここであげつらうのはまだ早いと思います」と反論をぶつけたものの、デーブさんは

    「(相手が)酔っぱらってる状況の中、自ら夜遅く行って、同意もなく録音しているわけですよ。エロオヤジだとわかっている上で。
    (発言は)確かに不愉快かもしれないですけど、それをみんなが一緒になって守ってあげようってことなのかと」

    「出し方を批判しているんです。普通加工するんですよ(女性側の)声を」と、持論を展開した。

    https://www.j-cast.com/2018/04/18326464.html?p=all


    【【芸能】デーブ・スペクター「背景が不自然、正義漢ぶって言うのは違和感」「ジャーナリズム的に問題」次官セクハラ報道に疑問呈す】の続きを読む

    このページのトップヘ