芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: お笑いタレント



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/09(日) 15:02:25.39 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)が9日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。
    お笑いコンビ、とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)が、
    2日に開催された結成15年以内の若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」の大会後に、
    審査員のタレント、上沼恵美子(63)にSNSで暴言を放ち、謝罪した騒動にコメントした。
     問題のSNSについて「見てないです」とした上で、「否が応でも耳に入ってきて」と苦笑。
    「ハロウィーンで騒いでた若者たちと変わらないことを彼らはやってるんですよ。でも彼らは40過ぎのおっさん。上沼さんは軽トラじゃないし」と、
    東京・渋谷区のセンター街で10月のハロウィーン直前に軽トラックが横転させられた事件を引き合いに出し、苦言を呈した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15714492/
    2018年12月9日 14時44分 サンケイスポーツ


    【【芸能】松本人志、M−1騒動は「ハロウィーンで騒いでた若者たちと変わらない」】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/12/08(土) 20:44:45.54 ID:CAP_USER9.net

     ザ・ドリフターズの加藤茶(75)が8年前に結婚した45歳下の妻・綾菜さんとともに8日放送のカンテレ「おかべろ」に出演し、「8時だヨ!全員集合」時代にもらっていた仰天の高額ギャラを明かした。


     MCのナインティナイン・岡村隆史が若手時代、東京でレギュラー番組を持っていたが1本あたりのギャラが2万円だったという話題になり、加藤は「ヒドイよな~。普通、東京でレギュラーを持ったら、だいたい100(万円)はいくぜ。ビックリした」と憤慨。

     昭和の怪物番組だった「全員集合」時代のギャラを「分かんないけどよ、1本ねえ、800万くらいいってたんじゃないかな。ドリフ5人で」と明かし、さらに「営業がデカい。1日だから1800万」と、仰天の高額ギャラを打ち明けていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000111-dal-ent


    【【芸能】 加藤茶 「全員集合」時代の仰天ギャラをTVで告白「1本800万くらいじゃ…」】の続きを読む


    とろサーモン久保田らの上沼批判 吉本、コンプライアンス研修実施&処分か - 芸能ニュース掲示板


    NO.7113901 2018/12/05 20:54
    とろサーモン久保田らの上沼批判 吉本、コンプライアンス研修実施&処分か
    とろサーモン久保田らの上沼批判 吉本、コンプライアンス研修実施&処分か
    お笑いタレント・久保田かずのぶ(とろサーモン)と武智(スーパーマラドーナ)が“関西お笑い界の大御所”上沼恵美子を批判した件が、大きな波紋を呼んでいる。

    2日に放送された“日本一の漫才師を選ぶ祭典”『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼の審査が、個人的な“好き・嫌い”のみに基づいてなされているとの不満を、久保田と武智が爆発させたことが発端だ。

    上沼は同番組内で、自身がファンだと語るミキに98点の高得点をつけ、「(ミキの)ファンだな。ギャロップの自虐(的なネタ)と違って突き抜けてる」とコメント。

    このとき、同じく審査員を務めていた松本人志(ダウンタウン)は88点の評価を下しており、大きな違いが出た。

    ほかにも、「ジャルジャルはファンなんですが、ネタは嫌いや」「未来のお笑いって感じかな。私は歳だからついていけないや」など、個人の感覚だけで判断しているかのようなバッサリと切り捨てる発言が目立った。

    「上沼が自分の好みで採点したり、思ったことをズバズバ発言するのは、今に始まったことではありません。むしろ、それが“上沼節”であって彼女のセールスポイントです。かつてはそれで良..



    【日時】2018年12月05日
    【ソース】Business Journal


    【とろサーモン久保田らの上沼批判 吉本、コンプライアンス研修実施&処分か - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/02(日) 18:15:28.40 ID:CAP_USER9.net

    「ダメじゃなかったことが本当によかった」―。お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(55)が、2025年の万博開催地が大阪に決定したことに、安堵の声を漏らした。

    ダウンタウンは17年3月に同万博の誘致アンバサダーに就任。松井一郎大阪府知事(54)とともに誘致活動を行っていた。

    ■「ここでダメだったら大阪、関西が本当に『しゅん』ってなっちゃった」

    「ダメじゃなかったことが本当によかったというか、ここでダメだったら大阪、関西が本当に『しゅん』ってなっちゃったんじゃないかな。今年は台風に、地震もありましたから。大阪の人には笑顔でいてほしいところあるじゃないですか」
    18年12月2日、フジテレビ系「ワイドナショー」の中で、松本さんは大阪万博開催への喜びを語った。ここ最近では、コンビで11月4日に大阪・御堂筋で実施されたイベントに出席。松井府知事らと軽妙なトークを展開して万博誘致をPRした。

    松本さんはアジアで初めて開催された1970年の大阪万博を経験している。当時は7歳で、「(人が)ごった返してたから、入りたいパビリオンにも入れなかった」と振り返った。同世代の芸能リポーター・長谷川まさ子さんが「学校を休んで行った」「ケッタッキーが初上陸した」、犬塚浩弁護士が「初めて外国人を見た」などと当時の思い出を語ると、「うんうん」と懐かしそうにうなずいていた。1970年の大阪万博には、想定の4500万人を大幅に上回る6400万人が入場した。

    ■「いっさいお金もらってないですからね」

    自身の大阪万博開催への貢献については、「多少足を運んだりはしましたけど、本当に僕なんて何にもしていません」と謙遜。さらに、「僕らいっさいお金もらってないですからね。気持ちですよ」と「ノーギャラ」だったことを明かした。

    だが、その直後に

    「でも、(大阪万博の)経済効果が2兆円って聞いたんで、なんだかんだ1兆円くらいもらえると思ってますよ」
    とボケて、笑いをとった。


    2018/12/ 2 14:49
    https://www.j-cast.com/2018/12/02345049.html


    【【芸能】松本人志が見せた「地元愛」 大阪万博誘致活動は「ノーギャラ」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/27(火) 21:37:23.26 ID:CAP_USER9.net

    とんねるず・石橋貴明(56)が11月24日放送の『土曜プレミアム ザ・細*ぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に出演して、平均視聴率10.4%を記録し、健在ぶりを見せた。

    同番組は3月に終了した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同局)で2004年に
    「博士と助手~細*ぎて伝わらないモノマネ選手権~」として始まった人気コーナーをスペシャル番組として復活させたもの。
    マイナーなスポーツ選手や地味なシチュエーションなど、マニアックすぎて伝わりづらいと思われるモノマネを芸人たちが演じて好評を博していた。

    ところが、石橋の復活にも業界内からはその”老い”っぷりに驚きの声が上がっているという。

    「数ヶ月ぶりにプライムタイムに復帰した石橋ですが、別人のように声が出ていませんでした。くぐもったような、抜けの悪い声で滑舌も悪い。
    それゆえツッコミが通らない。
    発言が少ないようでしたが、いくつかの発言はスタッフサイドの判断でカットしたと思われます。
    最前線で30年間以上、声を張り続けた石橋ですが、半年のブランクがここまで老いさせたようです」(テレビ番組スタッフ)

    SNSや掲示板でも石橋の復帰を歓迎する声が多い一方、「石橋の声すげーことになってんなあ。病気か何かなのかしら。」
    「タカさんのおじいちゃん化がとまらない。見た目はまだ若いのに」
    「石橋っていつの間にあんな滑舌になったの? *れた小さな声でモゴモゴ途切れ途切れ喋ってさー」などと不安視する声が多数見られた。

    たしかに放送を確認すると、石橋の声は別人か、ノドを潰しているかのように聞こえる。
    もともと石橋は滑舌が良い方ではなかったが、舌足らず気味にがなる声は通りが良かったはず。
    これは単なる老いなのか、それとも…。なにかしらの病気による弊害ではと心配するのは、ある女性週刊誌の記者だ。

    「じつは、石橋は16年の秋頃にも聞き取りづらいガラガラ声になり、声の通りが悪くなっています。
    この時は数ヶ月間に渡り、視聴者から「病気では?」との懸念が上がっていました。
    思い出されるのは、つんく♂(50)のケースです。彼は喉頭癌が見つかり、14年に声帯を摘出しましたが、その初期症状が現れた頃の状況に似ているんです」

    もし病気だとすれば、アーティストや芸人など声を使う仕事に多いとされる「声帯ポリープ」か、それとも「喉頭癌」のおそれもあるという。
    かつて90年代に「若さ」の象徴としてテレビ界の寵児となった石橋貴明にも、”老い”の影は確実に忍び寄ってきている

    http://dailynewsonline.jp/article/1587649/
    2018.11.27 18:10 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】石橋貴明、特番の視聴率10.4%も「声が出てない」隠しきれない老いと重病説】の続きを読む

    このページのトップヘ