芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: スポーツ関連ニュース



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/23(土) 13:48:56.57

    2019.03.23 サッカーキング編集部
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20190323/921012.html

    (出典 www.soccer-king.jp)

    今季初のスタメン入りを果たした三浦知良 [写真]=Getty Images

     横浜FCに所属する三浦知良が、23日に行われる明治安田生命J2リーグ第5節のFC岐阜戦のスターティングメンバーに入った。

     今季ここまで出場機会がなかった三浦だが、岐阜戦に出場すれば、自身が保持するJリーグ最年長出場記録を更新することとなる。試合は14時にキックオフを迎える。


    【【サッカー】52歳三浦知良が最年長出場記録を更新へ…岐阜戦で今季初のスタメン入り】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 豆次郎 ★ :2019/03/14(木) 14:08:50.77

    3/14(木) 14:08配信
    香川真司がロシアW杯以来の復帰! 森保ジャパン、初招集4名の日本代表メンバーを発表
    日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦、ボリビア代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。

    【動画】磐田FW川又が流血…意図的な肘打ちはあったのか?DAZN配信のJリーグジャッジリプレイで解説

    2月に閉幕したアジアカップでは決勝でカタール代表に敗れ、惜しくも準優勝に終わった森保ジャパン。わずか2カ月あまりで迎える今回のキリンチャレンジカップでは、ロシアW杯で対峙したコロンビア、そしてボリビアと19年ぶりに対戦する。

    森保ジャパンの次なる目標は、6月に招待国として参加するコパ・アメリカ。今回のメンバー選考は、同大会に向けたテストの意味合いを兼ねている。

    注目のメンバーには、現在ベシクタシュで活躍中の香川真司がロシア・ワールドカップ(W杯)以来となる代表に復帰。また、安西幸輝、畠中槙之輔、鈴木武蔵、鎌田大地の4名が初招集されている。

    日本代表は22日に日産スタジアムでコロンビアと、26日にノエビアスタジアム神戸でボリビアと対戦する。

    招集メンバーは以下のとおり。★は初選出

    ■GK
    東口順昭/ガンバ大阪
    シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台
    中村航輔/柏レイソル

    ■DF
    西大伍/ヴィッセル神戸
    佐々木翔/サンフレッチェ広島
    昌子源/トゥールーズ(フランス)
    室屋成/FC東京
    三浦弦太/ガンバ大阪
    ★安西幸輝/鹿島アントラーズ
    ★畠中槙之輔/横浜F・マリノス
    冨安健洋/シント=トロイデンVV(ベルギー)

    ■MF
    乾貴士/アラベス(スペイン)
    香川真司/ベシクタシュ(トルコ)
    山口蛍/ヴィッセル神戸
    小林祐希/ヘーレンフェーン(オランダ)
    宇佐美貴史/デュッセルドルフ(ドイツ)
    柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
    中島翔哉/アル・ドゥハイル(カタール)
    南野拓実/ザルツブルク(オーストリア)
    守田英正/川崎フロンターレ
    堂安律/フローニンゲン(オランダ)

    ■FW
    ★鈴木武蔵/北海道コンサドーレ札幌
    ★鎌田大地/シント=トロイデンVV(ベルギー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00010018-goal-socc


    【【サッカー】香川真司がロシアW杯以来の復帰! 森保ジャパン、初招集4名の日本代表メンバーを発表】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/08(金) 14:34:58.87 ID:73yly1yp9.net

    <ドラフト候補生全員!?会いに行きます>

    センバツに向け、アマチュア球界にも春がやってきた。8日、高校野球の練習試合が解禁。
    日刊スポーツが総力をかけて挑む新企画「ドラフト候補生全員!? 会いに行きます」もスタートする。
    今秋のドラフト会議で1位指名確実の有名選手から、あっと驚く隠し玉まで、140人を超える全国各地のドラフト候補全員を、野球カードで紹介していく。
    第1回は担当記者の気になる選手を紹介。
    最注目は最速157キロを誇る「みちのくの新怪物」佐々木朗希投手(大船渡)だ。

      ◇  ◇

    根尾、藤原、小園の高校生野手3人に11球団の1位指名入札が集中した昨年から一転、今年は「高校生投手四天王」が主役になりそうだ。
    大船渡・佐々木、星稜・奥川、創志学園・西の3右腕に、横浜の左腕・及川。4人ともすでに最速150キロ超をマークし、順調なら、堂々の1位候補だ。

    その4人だけでなく、日大三・井上、菰野・岡林、有明・浅田ら、150キロに迫る本格派右腕が全国各地に点在する。
    今回のリスト外でも複数球団が視察済みの有望投手が多く、各地区春季大会で一気に台頭する可能性を秘める。

    大学・社会人投手では明大・森下、JR東日本・太田、JFE西日本・河野がプロの熱視線を集める。
    東海大・原田、日体大・北山ら首都大学リーグ勢も仕上がりが良く、春の結果次第で上位候補に浮上することもありそうだ。

    そんなドラフト候補たちを、日刊スポーツが全力で追いかける。その数、現時点で140人。
    本紙担当記者たちがプロのスカウトにも負けないフットワークで全国各地を駆け回り、候補生たちに迫る。
    「全員、紹介できるはずない!」。そんな声も聞こえてきそうな無謀な企画だが、結果はいかに…。ドラフトまで、乞うご期待!

    ■力感ない157キロ

    ◆大船渡・佐々木朗希 「夏には、160キロオーバー。甲子園最速を投げて、絶対にプロに行く」。目標設定は明確だ。
    昨秋の岩手県大会1回戦、外角直球が自己最速を3キロ更新する157キロ。189センチの長身から左足をゆっくり上げて、長い手足を有効活用する。
    日本ハムのドラフト1位吉田輝星(18=金足農)と違い、投球フォームに力感はない。
    吉田を荒々しいワシに例えるなら、鶴のような優雅さ。だからこそ球速表示に驚きも大きい。

    腰痛や股関節痛を経験するなど体は未完成。体幹トレーニングなどは重視してきたが、負荷をかけて筋力強化したのは昨夏以降。
    夏に披露したフォークも「肘に負担がかかるし、使わなくても抑えられる」と秋は封印した。
    気温の上がる今月末までは実戦登板も封印予定。大谷、菊池らに続き、また岩手から伸びしろのある怪物が誕生だ。【鎌田直秀】

    ●「世代断トツ 大谷クラス」サブロー氏

    昨夏の高校野球100回大会で、日刊スポーツ「編成部長」として全国の球児をチェックした前ロッテのサブロー氏(42)も、佐々木を絶賛する。
    「スピード、スピン量、すべてが素晴らしい。この世代の高校生投手が粒ぞろいだが、その中でも断トツの存在だと思う。
    将来的には大谷(エンゼルス)クラスの投手になるのでは」。昨秋からの成長をチェックすべく、今春の練習試合も視察予定だ。

    「編成部長サブロー」はこの春、さらにパワーアップして登場する。大学、社会人にもフィールドを広げ、「将来、プロで活躍する選手を探す」という視点でドラフト候補たちに迫る。


    (出典 stageonthenews.com)


    (出典 cdn.mainichi.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-03080164-nksports-base
    3/8(金) 9:47配信


    【【芸能】最速157キロ 怪物・佐々木朗希(大船渡)「160キロ超投げてプロに行く」】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/03/08(金) 00:03:14.71 ID:j/kk01Eg9.net

     プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転により、『札幌ドーム』の経営が不安視される中、今度は『嵐』の活動休止が直撃した。2021年以降のコンサート開催が消えたことで、札幌ドームのさらなる経営悪化が予想され、所有する札幌市に対し怒りの声が上がっているという。

     昨年11月、日本ハムは北海道北広島市の運動公園に建設する新球場『北海道ボールパーク』(仮称、2023年3月開業予定)に本拠地を移すことを発表した。
    「言うまでもなく札幌ドームの最大の顧客は日本ハム球団です。来る日に向けた穴埋め策の一環として、大規模な集客が見込めるコンサート誘致に力を入れていた。その矢先に嵐の活動休止発表ですからね。これで2年後の嵐のコンサートはなくなった。札幌ドームは札幌市職員の天下り先として批判のある第三セクター方式で『株式会社札幌ドーム』が運営している。殿様商売に胡坐をかいてきたツケが一気に回ってきた格好です。同時にドームを所有する札幌市の責任を追及する声もあります」(日本ハムファンのススキノ商店主)

     そもそも、札幌ドームは2002年サッカーW杯日韓共催での試合誘致を目指して建設された経緯がある。
    「'04年に日本ハムが東京ドームから移ってきたことで、北海道コンサドーレ札幌と合わせ“サッカーと野球プロ2チームの本拠地”が謳い文句だったんです。しかし、札幌ドーム側の役人根性が抜けないのか、球団の要求や改善策を無視し続けた。その結果、日本ハムは愛想を尽かし、人口約197万人の札幌市から約6万弱の北広島市への本拠地移転を決めたんです」(札幌在住フリーライター)

     日本ハムが札幌ドーム側へ要求していたものは、広島の本拠地『マツダスタジアム』などで採用している指定管理者制度(公共施設の運営を民間企業やNPOに委託するシステム)だ。
    「日本ハムは毎年9億円のリース料を含め、年間20数億円も札幌ドームに支払っているんです。しかも、グッズ売り上げ、飲食店運営はすべて札幌ドーム。球団には全く利益が入らないことから値下げを要求したが、逆に値上げする始末。指定管理者制度を拒否したのは、自分たちだけが甘い汁を吸うためです」(札幌のテレビ関係者)

     札幌ドーム側は「本拠地移転なんて、できっこない」とタカを括っていたという。しかし、日本ハムは北広島市への本拠地移転を決断。札幌市側は日本ハムに見捨てられたわけだ。
    「現在の札幌ドームの年間売り上げは約40億円。日本ハムが出て行く2023年以降は収益の5割以上を失う計算になる。トップクラスの観客動員数を誇る『嵐』に頼らざるを得ない割合は大きくなっていた」(イベント関係者)

     これまで嵐は毎年11月に札幌ドームでコンサートを開催し、昨年は3日間で延べ約16万人を動員した。この人数は年間総来場者の5%以上を占めるのだ。

     春の嵐は早くも札幌ドームに吹き荒れている

    2019年03月04日 21時45分
    https://wjn.jp/sp/article/detail/9422247/


    【【野球/芸能】嵐コンサート消滅と日ハム本拠地移転で経営不安の札幌ドーム】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/19(火) 07:23:21.59

    スナックで居合わせた元力士の男性をカラオケのリモコンで殴るなどしたとして、
    大阪府警松原署は18日までに、傷害容疑で堺市堺区の元プロボクサーの会社員橋詰知明容疑者(30)を現行犯逮捕した。
    元力士の男性はその後死亡し、同署が因果関係を調べている。
    逮捕容疑は17日未明、松原市高見の里のスナック店内で大相撲元幕下力士のアルバイト浅田宗祐さん(41)=松原市=
    の頭をリモコンで殴ったほか、浅田さんの知人男性(40)を拳で殴りケガを負わせた疑い。

    同署によると、浅田さんらは16日夜に来店。
    店内でカラオケ中に橋詰容疑者と体がぶつかるなどしてトラブルになった。
    橋詰容疑者は男性を殴打後、止めに入った浅田さんも殴ったという。
    浅田さんらと面識はなく「酔っていたので覚えていない」と供述している。

    浅田さんは心肺停止状態で病院に搬送され、約1時間後に死亡が確認された。
    司法解剖の結果、死因はくも膜下出血および脳挫傷と判明。府警は暴行との因果関係を慎重に調べている。
    顔面を殴打された男性は、鼻骨骨折など重傷を負ったが命に別条はないという。

    浅田さんは高田川部屋に所属し1993年に初土俵を踏み「杉の山」のしこ名で活動、99年に引退した。
    橋詰容疑者は2005年にプロデビューし西日本新人王を獲得。
    11年に引退している。

    カラオケのリモコンを巡っては、2017年10月、
    鳥取市内にあるラウンジで元横綱・日馬富士が元幕内・貴ノ岩をタブレット型リモコンで殴り、頭部を負傷させる事件が起きた。
    日馬富士は、事件の責任を取り引退している。今回のリモコンもタブレットタイプだった。

    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/02/19/kiji/20190218s00042000374000c.html
    2019年2月19日 05:30




    (出典 stat.ameba.jp)



    (出典 Youtube)

    ネストール・ウゴ VS 橋詰知明


    【【ボクシング】元プロボクサー、カラオケリモコンで元力士殴打 心肺停止で搬送され死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ