芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 音楽関連ニュース



    1 風吹けば名無し :2018/05/18(金) 17:54:31.27 ID:5iaLT7km0.net

    音楽専門学校の講師を激怒させた「あまりにも酷い生徒レベル」

     大学進学率が50%前後に達し、「大卒」という肩書きだけでは食べていくのが難しくなった今、改めて注目されているのが専門学校だ。
    目的もなく大学に通うぐらいなら、専門学校で専門的な知識や技術を身に付けたほうがよほど将来のためではあるだろうが、中にはとんでもない生徒もいるようだ。

     都内在住のK氏は、フリーランスの音楽プロデューサーとして活動するかたわら、現在、某音楽系専門学校で音楽理論、音響、録音、編集などを教えている。
    業界の大物から直々に「講師をしてくれないか」と頼まれ、渋々この仕事を受けたというK氏。生徒に関する予備知識がまったくないまま初回の授業に行き、大きなショックを受けたそうだ。

    「初回はとりあえず『今後、どういうことを教えていくか』ということを説明し、ビートルズ、マイケル・ジャクソン、坂本龍一などを例に挙げて、彼らがいかに革新的であったか、
    レコーディングにどんな技術が使われているのかといったことを話しました。

     しかしとにかく反応が薄いので、一人の生徒にどんな音楽が好きなのか尋ねると、私が聞いたことのないアーティストの名前が返ってきたのです。
    誰なのか尋ねると、『ニコ動の歌い手です』とのこと」(K氏。以下同)

     ニコ動とは動画サイトの「ニコニコ動画」のことで、歌い手とは、自分が歌っている動画を投稿している人のことだ。念のためK氏が別の生徒にも同じ質問をすると、
    その生徒はアニソンの歌手の名前を次々と挙げたという。もちろん生徒がどんな音楽を好むかは自由。しかしK氏が驚いたのは、音楽レベルの“格差”だったという。

    「教えることが何もないぐらい音楽知識が豊富な子がいる一方で、『カラオケの点数が良いから歌手になろうと思った』『ゴールデンボンバーみたいになりたい』というだけで、
    楽譜が読めない生徒や、楽器が何もできない生徒もたくさんいました」

     その専門学校には入試の類は一切存在せず、入学金さえ払えば誰でも入学できるので、そのようなことになってしまうのだ。そしてある生徒の発言に、ついにK氏はキレてしまったそうだ。

    「生徒の中に、生まれてから1枚もCDを買ったことがなく、1曲たりともダウンロードをしたことがないという人がいました。つまり人生で1回も、お金を払って音楽ソフトを買ったことがないのです。
    私が『じゃあ音楽を何で聴いてきたの?』と尋ねると、『YouTubeです』と堂々と答えました」

     その発言に、「これまで人生で音楽に1円も使ったことがない人間が、どうして音楽で食べていけると思うのか!」と、怒りを爆発させてしまったK氏。その生徒は自分がなぜ怒られているのが
    分からないといった様子だったものの、K氏がこれまで手掛けたアーティストの顔ぶれを知ると、その眼差しは尊敬へと変わり、今ではマジメにK氏の話に耳を傾けているそうだ。

    https://www.moneypost.jp/278747


    【音楽専門学校の生徒「好きな音楽はボカロ!アニソン!音楽はYoutubeで聴いてる!」  講師激怒】の続きを読む



    1 ヴァイツェン ★ :2015/07/14(火) 06:48:10.76 ID:???*.net

    GACKTがAKB48の特典商法に言及 「本来やってはならないこと」

     アーティストのGACKTが、CDの“特典商法”について「本来はやってはならないこと」と批判した。

     GACKTは、音楽総合サイト「エキサイトミュージック」のインタビューで「特典が欲しくてCDを何枚も1人で買って、CDを破棄する……それはミュージシャンとしての正しい在り方なのか?」と発言。  

    さらに、「そんなことをすればするほど、間違いなく音楽がダメになるし、損失のほうが大きい」と苦言を呈した。

     昨今のGACKTのファンの数はさておき、GACKTはこれまで自身のCDをリリースする際、“DVD有り・無し”の2形態での販売を基本としてきたこともあり、

    「音楽で勝負している」という自負があるのだろう。多くの人気アーティストがアイドルの特典商法について言葉を濁す中、今回の発言はGACKTのみならず、多くのアーティストたちの“本音”といえそうだ。

     それもそのはず、2014年の「年間シングルCDランキング」(オリコン調べ)の上位5作品は、すべてAKB48。先月発表された「上半期シングル売り上げランキング」も、トップ10のうち6作品がAKB48関連グループ。

    さらに、イベント抽選券を封入したKis-My-Ft2などもランクイン。チャートはまさに“特典商法ランキング”と化している。

    「4月にミュージックカードのランキング集計合算を廃止したオリコンも、ほかの特典商法については理解を示していますから、もはやチャートは崩壊しているといっていい。 

    一方で、特典商法をアーティストサイドの“企業努力”と見る向きもあり、頭ごなしに否定するのはどうかという意見も。

    音楽業界も音楽ファンも、GACKTが危惧する『音楽がダメになる』という問題について、すで
    に諦めモードといえそう」(音楽ライター)

     音楽自体の価値が落ちるばかりの今、GACKTの声はどこまで届くのだろうか?

    http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150709_683901/

    写真
    http://www.cyzo.com/images/ga*t0807.jpg


    【【音楽】 GACKTがAKB商法を批判!「本来やってはならないこと」「音楽がダメになる」】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/05/18(金) 19:00:48.26

    2018年5月18日18時29分
    →西城秀樹さん=2008年5月


     16日に63歳で死去した歌手西城秀樹さんの作品5曲が、17日付のデイリーデジタルシングル(単曲)ランキングで、トップ50位内に入った(オリコン調べ)。

    →歌手の西城秀樹さん死去 63歳、ヤングマンなどヒット
    →【特集】西城秀樹さん死去

     5位に「ブルースカイブルー」、9位に「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」、14位「ターンAターン」、32位「傷だらけのローラ」、42位「ギャランドゥ」の5曲で、いずれも前日は50位圏外だった。
     デイリーデジタルシングル(単曲)ランキングは、音楽配信ストアで1日に単曲購入された楽曲を対象に、毎日集計されている。
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL5L5WZ4L5LUCVL01P.html


    【西城秀樹さんの曲がオリコン5位 計5曲が50位内に 】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/05/17(木) 21:44:44.26 ID:x0lIqWuf0.net

    2018年の人気の音楽。ロックが0どころかバンドも0
    聴いたけどラップみたいなのばっかり

    邦楽もだが洋楽もそこそこ終わってるだろ


    (出典 i.imgur.com)


    【【音楽】1950年代から続いたロック、ついに終了。世界的にロックバンドの曲が全くヒットしなくなる】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/05/16(水) 05:07:37.55 ID:CAP_USER9.net

    5/16(水) 5:03 スポーツ報知
    宇多田ヒカル、アルバムジャケットを公開

    初公開された宇多田ヒカルの新アルバムのジャケット

     歌手の宇多田ヒカル(35)が15日、約2年ぶりのオリジナルアルバム「初恋」(6月27日発売)のジャケット写真を公開した。米ニューヨークを拠点に活動する日本人フォトグラファー・Takay(タケイ)氏が撮影。自然な表情が印象的なジャケットとなった。

     同作は、昨年3月に所属レコード会社を移籍後初のアルバム。TBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のイメージソングを務める表題曲など全12曲の収録曲も公開された。今年20周年。11月6日から、デビュー日の12月9日まで12年ぶりの国内ツアー(6か所12公演)を行うことも決まっている。


    初公開された宇多田ヒカルの新アルバムのジャケット

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000040-sph-ent


    【【音楽】宇多田ヒカル、アルバムジャケットを公開】の続きを読む

    このページのトップヘ