芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 他事件・ニュース


    渋谷駅で全裸の女性が疾走?渋谷署が保護「事件性は無い」 - 事件・事故掲示板


    NO.7343440 2019/03/21 14:58
    渋谷駅で全裸の女性が疾走?渋谷署が保護「事件性は無い」
    渋谷駅で全裸の女性が疾走?渋谷署が保護「事件性は無い」
    春分の日の3月21日、人でごった返す渋谷駅で珍妙な情報が出回った。

    午前11時過ぎごろから「裸の女性が走っている」という内容がTwitter上で複数投稿されたのだ。

    京王井の頭線や東京メトロ各線によると、特に不審者情報は入っていないという。

    JR東日本は、祝日のため広報部が不在だった。

    渋谷署「事件性はありません」

    渋谷駅を管轄とする渋谷警察署によると、午前11時20分ごろ「全裸の女性が歩いている」という110番通報が入った。

    現場に臨場し、すでに女性を保護しているといい、年代や身元を確認中だという。

    刃物などの危険物は持っておらず、薬物の影響なども考えにくかったため「事件性はありませんのでご安心ください」と話している。



    【日時】2019年03月21日 13:53
    【ソース】ハフィントンポスト


    【渋谷駅で全裸の女性が疾走?渋谷署が保護「事件性は無い」 - 事件・事故掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/17(日) 11:36:08.89

    今日本の未婚率が上昇していることをご存知ですか?結婚できない人もいれば、結婚しない人もいる。
    当たり前のように結婚する時代はもう終わったのかもしれません。
    ではなぜ未婚率が上昇しているのか。4つの理由をご紹介。これこそ今の日本がかかえる問題なのかもしれません。

    日本人の未婚率が上昇中!
    2010年、25歳~39歳の男女を対象にした未婚率の調査で、90年代と比べ未婚率が上昇していることが分かりました。

    誰もが適齢期に、当たり前のように結婚する。

    そんな時代はもう終わったのかもしれません。

    結婚できない。

    結婚しない。

    様々な理由から結婚をしない男女が増え、未婚率が上昇しています。

    ではなぜ未婚率が上昇しているのか、4つの原因をご紹介。

    なかには今の日本が抱える大きな問題も含まれている…!?

    未婚率72%!?
    2010年発表。

    25歳~39歳の男女を対象とした調査によると、未婚率は最大71.8%にも上ります。

    男女、年齢別の未婚率は以下の通りです。

    【男性】

    25歳~29歳:71.8%

    30歳~34歳:47.3%

    34歳~39歳:35.9%

    【女性】

    25歳~29歳:60.3%

    30歳~34歳:34.5%

    35歳~39歳:23.1%

    男女ともに30歳未満での未婚率は半数を超えています。

    30歳を過ぎると半数以下にはなるものの、未婚率はいまだ約40%にも…。

    自分たちの親世代のように、20代前半で出産を済ませている人達は、今や少数派ということになります。

    ではなぜここまで未婚率が上昇したのか、理由を見ていきましょう。

    https://koimemo.com/article/3805
    2019/03/07

    前スレ                 2019/03/16(土) 22:18
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552760437/


    【【社会】日本人の未婚率が上昇中!結婚しない独身者が増えている理由4つ ★7】の続きを読む



    1 ひぃぃ ★ :2019/03/15(金) 10:10:10.26

    様々な銘柄があるビール。それぞれの銘柄によって味わいが異なり、こだわりを持っている人もいるだろう。

    日本では、「キリンビール」「アサヒビール」「サントリー」「サッポロビール」が大手4社。それぞれ、「キリンラガービール」「アサヒスーパードライ」「ザ・プレミアム・モルツ(サントリー)」「サッポロ生ビール黒ラベル」「エビスビール(サッポロ)」などの銘柄が有名だ。

    では、地域によって好きなビールのメーカーに違いはあるのだろうか。そこで、Jタウンネットでは2019年1月23日から3月13日まで「好きなビールのメーカーは?」という質問で読者アンケートを行った(総得票数:1029票)。

    はたして、調査の結果は――。

    ■シェア別では「アサヒ」がトップだが...

    今回、選択肢に用意したのは、キリン・サッポロ・アサヒ・サントリーの4社だ。

    全国の結果は画像の通り。「キリンビール」が35.3%(363票)でもっとも多かったものの、僅差で「サッポロビール」が28.5%(293票)、「アサヒビール」が24.6%(253票)と続き、「サントリー」は11.6%(120票)という結果だ。

    シェアではアサヒがトップだが、読者の支持を集めたのはキリン。4大メーカーではシェア最下位のサッポロだが、熱心な固定ファンがいるのだろうか。一方、「ザ・プレミアム・モルツ」などを有するサントリーは奮わず。他メーカーとは少し差が開いた。

    続いて、地域別の結果だ。都道府県ごとに回答数がもっとも多かったメーカーを塗り分けた日本地図が下の画像だ。

    本州を中心にして、キリンビール派が16都府県、アサヒビール派が7県、サッポロビール派が6道県、サントリー派が2県に分布。そのほか山形、栃木、群馬など15県では票が分散している。

    それぞれのメーカーがどこにビール工場を置いているのかを見てみると、キリンビールは北海道、宮城、茨城、神奈川、愛知、滋賀、兵庫、岡山、福岡の9道県で、アサヒビールは北海道、福島、茨城、神奈川、愛知、大阪、愛媛、福岡の8道県。

    上の地図を見てみると、一概に工場の有無で好きなメーカーに影響が出てくるとは言えなそうだが、サッポロビールの発祥の地としても知られる北海道では65.4%の人がサッポロビールと回答し、意地を見せた。

    大票田の東京ではキリンビールが34.6%でもっとも多く、サッポロビール(28.1%)、アサヒビール(25.6%)、サントリー(11.7%)と続いた。

    キリンビールの公式サイトによれば、日本に初めてビール製造工場ができたのは明治3年(1870年)のこと。

    アメリカ人のウィリアム・コープランドが横浜・山手に開設したスプリングバレー・ブルワリー製のビールは、当初は居留地の外国人をお得意様としていたが、やがて日本人にも親しまれるようになったのだという。

    まもなく150年を迎える日本のビールの歴史。今回の調査で票が分散したのは、各メーカーが様々な銘柄を展開している昨今、なかなか一つには絞れないということなのかもしれない。

    2019年3月15日 6時0分 Jタウンネット
    http://news.livedoor.com/article/detail/16162612/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【調査】好きなビールメーカーといえば? 2位「サッポロ」、1位はやっぱり...】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。(pc?) [JP] :2019/03/09(土) 14:21:14.45


    イオンのランドセル、見守りサービス「みもり」提供開始
    https://resemom.jp/article/2019/03/07/49525.html

    Series3R@Series3R3703
    今、閑散が進んでいると噂のイオンモール名古屋みなとに久しぶりに来てみましたが、これは……
    https://twitter.com/Series3R3703/status/1103568541213589504

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【画像】 イオンモール名古屋みなと店が死にそうでヤバイと話題にwww】の続きを読む



    1 僕らなら ★ :2019/03/05(火) 21:55:33.00

    東京地方裁判所が示したゴーン前会長の保釈条件の詳しい内容が、弁護士への取材で明らかになりました。

    ■住居は日本国内に制限 取締役会に出席可能

    それによりますと、住居は日本国内に制限され海外への渡航は禁止されています。また、事件関係者との接触は制限され、3日以上の旅行は裁判所の許可が必要です。日産やルノーの取締役会には裁判所の許可があれば出席できるとしています。

    ■住居入り口に防犯カメラ 携帯通話記録を提出

    このほか、住居の入り口には防犯カメラを設置し、録画の内容は定期的に裁判所に提出するほか、携帯電話はインターネットに接続せず、通話先の記録は裁判所に提出するということです。また、パソコンを使う際は弁護士の事務所の端末を使うことが条件になっているということです。

    ■弁護士「びっくりしていました あまり喜んでいなかった」

    弘中惇一郎弁護士によりますと、こうした保釈の条件はゴーン前会長本人も了承しているということですが伝えた際の反応については「びっくりしていましたし、あまり喜んでいなかったです。嫌そうな顔をしていました」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011837061000.html

    K10011837061_1903052146_1903052148_01_02


    【【ニュース】ゴーン前会長、渡航禁止や監視カメラなどの保釈条件にびっくりした顔・・・弁護士「あまり喜んでなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ