芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 他事件・ニュース



    1 記憶たどり。 ★ :2018/05/22(火) 04:46:51.25

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000011-jct-soci

    登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが2018年5月21日、自身8度目となるエベレスト登山中に
    死亡したことを受けて、彼の活動を支援してきた企業からも追悼のコメントが出ている。

    11年から支援を続けている江崎グリコは、特設サイト上で「チャレンジの途中でこのような結果と
    なってしまったことが、とても悲しく残念でなりません。謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福を
    お祈りいたします」と悼んだ。

    ■Abemaは番組中止「栗城さんから応援依頼を頂き...」

    江崎グリコは栗城さんの活動を紹介する特設サイトを運営しており、5月18日にもエベレストでの様子を紹介。
    現地で体調を崩していたという栗城さんを心配しつつ、

    「現地では、グリコのパワープロダクションやDONBURI亭を活用頂いております。グリコ商品が少しでも
    力になれば、嬉しいです!何よりも安全第一で!皆様、栗城さんのアタックを応援しましょう!」

    との思いを書き込んでいたばかりだった。

    また、17年から支援を始めたリクルートも、訃報を受けて「いまだに信じられない気持ちです」とツイート。その上で、

    「前回のチャレンジより応援させていただいており、社内の講演会でもたくさんのメンバーたちが
    勇気をいただきました。多くの方々も力をいただいていたと思います。残念で仕方がありません。
    ご冥福をお祈りいたします」

    と悔やんだ。

    また、21日夕から登頂の様子を生中継する予定だったインターネットテレビ「Abema TV」は、
    訃報を受けて番組の放送を中止。局の公式ツイッターで、

    「登山家の栗城史多さんがエベレスト下山中にお亡くなりになりました。栗城さんから応援依頼を頂き、
    ご準備されていた映像の同時生中継を我々も予定しておりましたが、叶わない結果となりました。
    ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます」

    とのコメントを発表した。


    【【追悼】登山家、栗城史多さんの死去を受け、支援企業が追悼コメント。リクルート「信じられない」江崎グリコ「とても悲しく残念」 】の続きを読む



    1 にぼしΩ ★ :2018/05/21(月) 19:05:20.30

    電車内で50分間触り続けられる 寝たふりの女子高生、携帯カメラで顔撮影 会社員の男逮捕
    5/21(月) 17:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000012-kobenext-l28

     電車内で約50分間にわたって女子高校生の体を触り続けたとして兵庫県警加古川署は21日、強制わいせつの疑いで神戸市西区の会社員の男(38)を逮捕した。

     逮捕容疑は4月25日午後9時すぎから約50分間、JR尼崎-加古川間を走行中の新快速電車内で、隣に座った加古川市内の女子高校生(17)の胸や下半身を触った疑い。同署の調べに、「距離が近かったので触りたくなった」と容疑を認めているという。

     女子高校生は電車内で寝たふりをしながら携帯電話のカメラ機能で隣に座った男の顔を撮影しており、容疑者特定の決め手になったという。


    【【兵庫】電車内で50分間触り続けられる 寝たふりの女子高生、携帯カメラで顔撮影 会社員の男逮捕】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/05/21(月) 22:12:41.80

    北海道出身の登山家 栗城史多さん死亡 35歳 エベレスト挑戦中 遺体で発見

     エベレスト登山に挑戦中だった、北海道南部の今金町出身の登山家、栗城史多(のぶかず)さんが5月21日朝、ベースキャンプで死亡しているのが確認されました。

     栗城さんの事務所によりますと、21日、エベレスト登頂を断念して下山途中、栗城さんが無線に反応しなくなり、第2キャンプの撮影隊が捜索したところ、低体温症で死亡している栗城さんを発見したということです。

     栗城さんのフェイスブックには、標高7400メートルの地点で、咳と風邪に苦しみながらも慎重にやり遂げたいと最新のメッセージがアップされていました。

     今金町の栗城さんの父親が経営するメガネ店には、栗城さん死亡の一報が事務所から伝えられたということです。

     栗城さんは、酸素ボンベなしシェルパのサポートなしのエベレスト単独登頂を目指していました。

    2018年5月21日15:36
    北海道ニュースUHB
    https://uhb.jp/news/?id=4664

    -------------------------------------------------
    栗城についてのご報告

    2018/5/21 15:13

    栗城事務所の小林と申します。

    このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、

    エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

    下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、

    暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから

    キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、

    先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

    生きて帰ることを誓っておりましたのに、

    このような結果になり大変申し訳ございません。

    生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、

    最後に執着してしまったのかもしれません。

    皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

    何m地点で発見されたかなど

    これ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、

    またわかり次第お知らせ申し上げます。

    これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました。

    栗城事務所  小林幸子

    https://lineblog.me/kuriki/

    関連スレ
    【訃報】登山家の栗城史多氏がエベレストキャンプIIで遺体で発見される★4
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526886004/

    ★1が立った時間 2018/05/21(月) 15:43:08.38
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526904585/


    【【訃報】登山家 栗城史多さん(35) エベレスト下山中に遭難 キャンプIIで遺体で発見 所属事務所が発表 ※コメント全文★5 】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2018/05/21(月) 20:16:20.37

    スーツ姿に「?」...還付金詐欺見破る
    カテゴリ:国内
    2018年5月21日 月曜 午後1:20

    スーツ姿を不審に思った警察官の機転で、キャッシュカードをだまし取った男が逮捕された。

    無職の穴井 誠容疑者(28)は5月18日、東京・中野区の74歳の女性に、「医療費の還付金があり、キャッシュカードの交換が必要です」などと電話をかけ、銀行員を装ってキャッシュカードなど2枚をだまし取った疑いが持たれている。

    穴井容疑者はその後、カードで現金100万円を引き出し、路上を歩いていた際に、スーツ姿を不審に思った警視庁の警察官から、西武新宿線の都立家政駅前で職務質問され、身柄を取り押さえられた。

    穴井容疑者は、「アルバイト感覚でやりました」と容疑を認めている。
    https://sp.fnn.jp/posts/00392488CX


    【【東京】スーツ着ていた無職(28)、警察がスーツ姿に違和感で逮捕 詐欺罪 】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/05/21(月) 08:31:44.87

    新潟女児殺害、社員寮で「たった一人の独身者」の風評被害

    ・新潟市の女児殺害事件には「別の被害者」がいたと週刊ポストが報じた
    ・容疑者が逮捕となる直前までメディアから「犯人扱い」されていた独身男性
    ・部屋に入る姿を撮影されたり、関係先に聞き込みを始める社もあったという

     新潟市西区の線路上で小学2年生の大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった事件で5月14日、小林遼容疑者(23)が死体遺棄などの容疑で逮捕された。日本中が注目した凶悪事件だが、逮捕までの1週間で、現場ではその存在を報じられない“別の被害者たち”が生まれていた。

    ◆パトカーが駐まってるぞ!

     逮捕されたのは、被害女児の自宅から100メートル、遺体遺棄現場からもわずか70メートルほどの所に住む小林容疑者だった。事件当日の5月7日は大型連休明けだったが、小林容疑者は勤務先の電気工事関連会社を無断欠勤していた。社長はこう証言する。

    「その翌日には警察から連絡があり、小林君が在籍しているか、今日は会社に来たのかと聞かれました。それから毎日、警察からは連絡があり、逮捕の当日朝8時頃にも“彼を確保して話を聞いている”と伝えられました」

     逮捕までの1週間、被害女児を事件当日の朝に追いかけていたという「黒い服を着たサングラスの男」、現場付近で目撃されたという「白いワゴン車」など、不審者情報が続々と報じられていたが、いずれも事件とは無関係だった。

    「小林容疑者は、4月にも車で女子中学生を連れまわした県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されていたこともあり、事件直後から捜査線上に浮かび、マークされていた。ただ、それは逮捕されてからわかったことで、現場に殺到したメディアは『サングラスの男』や『白いワゴン車』などの情報に右往左往し、近隣住民の疑心暗鬼も高まって、現場は異様な雰囲気になっていた」(地元紙記者)

     そうしたなか、現場の住宅街では何人もの“容疑者候補”が浮上したという。メディアから最も“有力視”されてしまったのが、地元の銀行に勤めるA氏だった。

     14日、「近所に住む20代」の重要参考人に事情聴取という情報が出ると、A氏の暮らす社員寮には記者やテレビクルー、カメラマンが殺到。小林容疑者が遺体遺棄・損壊の疑いで逮捕されたことが明らかになる直前まで、“犯人扱い”だった。

    「とはいえ、何か“証拠”があったわけではない。遺棄現場からも近い社員寮で、A氏はただ一人、独身での入居者だった。単身向けのアパートなども見当たらない地域で、夜中までA氏の部屋だけ灯りが漏れていたため、目立ってしまったようです。さらに寮の駐車場に警察車両が駐まっていたので、“警察に監視されている”という誤解が広まってしまった。有力な犯人候補として、記者が張りついて部屋に出入りする姿を撮影したり、関係先に聞き込みを始める社もあった」(現地で取材した記者)

     見かねたA氏の勤務先の銀行が11日には報道各社に対して、風評被害につながる取材を慎むよう要請するFAXを送った。さらに逮捕当日にも、「重要参考人が当行の行員ではないかとの問い合わせをいただいておりますが、当人は本日、朝から勤務地に出勤しており、通常の勤務を行っております」とのFAXを再度送る事態となった。同行の広報担当者は、こう話した。

    「間違った方向に報道がいってしまわないようにその都度対応をさせていただきました。警察に対しては(寮の)駐車場を提供して協力しておりました。(行員が疑われたことは)そのために起こったのかもしれません。従業員の保護を最優先して動きました」

    ※週刊ポスト2018年6月1日号

    2018年5月21日 7時0分
    NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/article/detail/14743766/


    【【風評被害】新潟女児殺害 報じられぬ別の被害者 メディアから「犯人扱い」された独身男性銀行員 】の続きを読む

    このページのトップヘ