芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 映画関連ニュース



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/08(月) 19:44:19.08 ID:CAP_USER9.net

    9月29日?30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、3位にV6の岡田准一の主演映画「散り椿」が入った。

    同作は名カメラマンの木村大作氏が映画監督第3作として手がけた時代劇だ。同28日から全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万2000人、興収1億0800万円を記録したのだが…。

    「ターゲット層はシニア世代の作品ですが、ほかにターゲット層がかぶる作品もなく、もっと動員できると思っていました。
    正直、岡田の主演作としてはかなり物足りない数字です」(映画業界関係者)

    ここ数年の岡田の主演作では「永遠の0」(13年)が興収87・6億円、「蜩ノ記」(14年)が11・2億円、「海賊とよばれた男」(16年)が23・7億円、
    「関ヶ原」(17年)が24・0億円をそれぞれ記録。これらの作品で数々の映画賞を受賞していた。

    「今や映画業界では『侍や軍人は岡田に頼めば鉄板』と言われている。そんな期待に応えるべく、岡田はフィジカルトレーニング、
    映画の撮影に必要な殺陣の鍛錬などを欠かさない。しかし、今作でややその評判がダウンしてしまった」(同前)

    昨年12月に結婚した妻で女優の宮崎あおいが第1子の出産を控える岡田。

    宮崎との新居として、岡田は都内に5億円の豪邸を建てたことも報じられている。

    「もともと、岡田は宮崎との不倫交際からスタート。事務所としてもそのイメージをなんとか打ち消したいが、ここに来て“ファン離れ”が起こり映画の動員に響いたのかもしれない」(芸能記者)

    初のホラー作品となる主演作「来る」(12月7日公開予定)の公開を控えた岡田だが、とりあえず、「散り椿」の動員が気になって仕方ないはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536185/
    2018.10.08 18:40 リアルライブ


    【【芸能】V6岡田准一、新作主演映画が期待はずれ? 「侍や軍人を任せれば間違いない」と評判も】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/01(月) 18:24:33.39 ID:CAP_USER9.net

    山下智久主演の映画「劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」の興行収入が90億円を突破したことがわかった。
    この記録は、歴代実写邦画の中で6位だという。

    「7月27日に公開されて以降、8週連続で動員ランキングトップ10に入るなど、夏映画としては圧倒的な強さを見せ、歴代でも6位に。
    また今回の結果を受け、山下ファンは“山Pを100億の男にしたい!”と、何度も映画館に足を運び、リピートするという運動が始まっているようです」(映画ライター)

    テレビドラマだけでなく映画も大ヒットさせ、まさにジャニーズを代表する俳優となった山下。
    しかしそんな中、一部で彼がジャニーズ事務所を離れる可能性が噂されているという。

    「9月27日発売の『週刊文春』が、山下が行っているソロツアーの様子を報じました。
    それによると、ライブで山下は、香取慎吾とのユニット曲『MONSTERS』を披露しているだけでなく、“paris”の文字とエッフェル塔のイラストが入ったTシャツを着ていたとのこと。
    これがルーブル美術館で個展をやっている香取に敬意を表明している可能性があると伝えています。
    またジャニーズといえば最近、滝沢秀明の後継者騒動など、内部のゴタゴタが報じられている。
    それだけに、このタイミングのアピールは、『新しい地図』への合流の可能性を疑われています」(芸能記者)

    もしも数字を持っている山下が独立となれば、ジャニーズは大打撃となりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1530993/
    2018.10.01 13:50 アサ芸プラス


    【【芸能】「コード・ブルー」大ヒットの山下智久が「新しい地図」との合流を匂わせ!?】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/14(火) 17:37:19.96 ID:CAP_USER9.net

    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドらメインキャスト4人が再結集
    2018/08/14 13:27掲載 amass
    http://amass.jp/109054/

    映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開から33年、マイケル・J・フォックス(マーティ役)、クリストファー・ロイド(ドク役)、リー・トンプソン(マーティの母ロレイン役)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ役)のメインキャスト4人が先週末に行われたイベントにて再結集。
    4ショット写真がInstagramページで公開されています。トンプソンは「4人の旧友が未来から戻ってきたわ」、ロイドは「特別だった」とコメントも添えています。4人はボストンで行われたイベント<FAN EXPO Boston>に出演。同イベントには5万人を超えるファンが参加しています


    Michael J. Fox, Christopher Lloyd, Lea Thompson, Thomas Wilson

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドらメインキャスト4人が再結集】の続きを読む



    1 ほニーテール ★ :2018/07/20(金) 12:46:06.13 ID:CAP_USER9.net

    昨年9月にジャニーズ事務所から独立した元SMAPの3人だが、3人の中で唯一、稲垣吾郎が現在も地上波でのレギュラー番組「ゴロウ・デラックス」(TBS系)を抱えている。

     来月は京都で主演舞台が上演され、11月からは剛力彩芽と共演する舞台「No.9 不滅の旋律」(再演)が上演される。

     その一方で、毎月第一日曜日にはインターネットTV・AbemaTVで7・2時間の生放送番組をこなし、日々、ブログも更新している。そして、すでに主演映画「半世界」(阪本順治監督)の来年公開が発表されている。

     「炭焼き職人を演じていているが、これまで演じたことのないような役。共演は名優・長谷川博己で2人のやりとりがかなり見ものだとか。稲垣の新境地開拓の作品になりそうだと評判です」(映画ライター)

     そんな稲垣だが、「週刊文春」(文芸春秋)によると、同作を含めすでに3本の主演映画が決定しているという。

     ほかの主演作は1本が手塚治虫原作の「ばるぼら」。

     手塚作品の中でも異色の漫画で、自身の異常性欲を認識する小説家の主人公を稲垣が演じ、共演は二階堂ふみ。

     そして、もう1本が一昨年、肺がんで余命三か月を宣告された巨匠、大林宣彦監督の新作「海辺の映画館」。大林監督がそれこそ命をかけた力作だというのだ。

     「現状、地上波のドラマ出演は厳しい稲垣。一時期はドラマでも映画でも脇役での魅力に目覚めたようだが、ここに来て主演映画をこなす方針に転換。マネジメント会社社長の飯島三智氏は映画に力を入れているようで、いずれも名匠の阪本監督と大林監督に預けて、稲垣を俳優としてステップアップさせようとしているようだ。特に大林監督の作品は映画賞を狙えそう」(芸能記者)

     主演映画で開花する稲垣が見れそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000003-reallive-ent


    【【芸能】 現在、主演映画が3本決定済! 稲垣吾郎、名監督の作品で映画賞狙えるか】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/07/15(日) 14:05:53.28 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/15/kiji/20180715s00041000104000c.html
    2018年7月15日


    (出典 www.sponichi.co.jp)


     映画「ビー・バップ・ハイスクール」で鮮烈なデビューを飾ってから33年。俳優の仲村トオル(52)は年々渋みを増し、幅広い役柄で代表作を増やしている。故松田優作さん(享年40)や舘ひろし(68)、柴田恭兵(66)を仰ぎ見ながら歩んだ役者人生。ダンディーな“大人の男たち”の背中を今も追い続けている。(飛澤 美穂)

     デビュー当時と変わらないシャープなスタイルで、渋さとスマートさが際立つ。テレビ東京の主演ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(16日スタート、月曜後10・00)では初めて大企業の社長を演じ「そういう年齢になったんだなと感じます。数年前から新聞で大企業の人事欄を見ると、新社長が俺より年下!?ということも増えました」と笑う。

     順風満帆だった銀行マンが、他行との合併を機に人生が一変。飲食フランチャイズ企業のCFO(最高財務責任者)に転身し、異業界で会社再建に奮闘する。「僕は座長意識が普段からあるわけではないけど、今回は“(共演の)水野美紀ちゃんは子供が小さいから早く帰してあげないと”とか、撮影現場でさまざまな方の労働環境に少々思いをはせていました」と“トップ”らしい顔つきだ。

     デビュー作の85年「ビー・バップ・ハイスクール」、翌年始まった日本テレビのドラマ「あぶない刑事」など作品に恵まれ、転職とは無縁のスター街道を歩んだように見えるが「20代後半はその2本だけで語られる抵抗感、違和感がありました。俳優として歩く道がどんどん狭く、両サイドの壁がどんどん高くなって、どこにも逃げ場がないような感覚でした」と明*。転機は94年。所属事務所を移籍し、フジテレビ「29歳のクリスマス」を皮切りにトレンディードラマにも出演。幅広い作品に出合うきっかけとなり「転職に近いようなターニングポイントでした」と振り返る。

     「ラストチャンス」では、「人生の七味唐辛子」がキーワードの一つ。主人公は恨み、辛(つら)み、ねたみ、そねみ、嫌み、ひがみ、やっかみを浴びながら、企業再生に力を注ぐ。「僕の人生も七味が相当利いている。かけすぎだろうって。でも辛いという字は幸いという字とそっくり。からい、つらいがそこそこあったのは幸せだったと今は思います」。

     デビュー当時所属事務所が同じで兄のように慕っていた優作さん、「あぶない刑事」シリーズで共演した舘、柴田は格好いい大人の男の代名詞。15歳ほど年上の3人から受けた影響は計り知れない。「お借りしてコピーさせてもらったみたいな感覚ですけど、自分で自覚できていないくらい大量のものを頂いたと思います」

     3人を見ていて気づいたのは、顔の造形ではなく、にじみ出る何か。「結局俳優は普段どう生きているかがカメラの前で出てしまうもの。お三方とも、カメラの前にいない時に、ぬるくない日々を過ごしていたんだろうなという気がします」

     16年の映画「さらば あぶない刑事」で舘、柴田と11年ぶりに共演。「“よかった。まだこの2人格好いいわ”と凄くホッとしたと同時に“15年後、俺はこういうふうになれるかな”といまだに思いました」。自宅には優作さんのポスターを飾った部屋があり「僕の方がかなりお兄さんになってしまったけど、なぜ40歳くらいでこれほどの顔を作り上げたんだろうと問題提起してくれる。30年間変わらない感覚ですね」

    >>2に続く


    【【芸能】渋み増す仲村トオル…優作さん、舘ひろし&柴田恭兵を今も追う】の続きを読む

    このページのトップヘ