芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 映画関連ニュース



    1 ゴアマガラ ★ :2018/05/20(日) 06:54:12.57

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Bla*kklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    1:2018/05/20(日) 03:24:16.27
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526759879/


    【【映画】是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】★3 】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2018/05/15(火) 22:24:24.57 ID:CAP_USER9.net

    2018/05/15 15:22
    トム・ヨーク音楽担当、『サスペリア』のリメイク版映画 全米公開日決定、日本は2019年1月公開予定

    レディオヘッド(Radiohead)のトム・ヨーク(Thom Yorke)が音楽を担当する、ホラー・クラシック『サスペリア』のリメイク版映画『Suspiria』。全米公開日が11月2日に決定。日本ではギャガ配給で2019年1月に公開予定です。

    鬼才ダリオ・アルジェントの傑作ホラー『サスペリア』(1977年)をリメイクしたのは、『君の名前で僕を呼んで』『胸騒ぎのシチリア』『ミラノ、愛に生きる』で知られるルカ・グァダニーノ監督。脚本は『胸騒ぎのシチリア』で一緒に仕事をしたデヴィッド・カイガニック。出演はダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ、ミア・ゴスほか。

    ギャガによればリメイク版は「旧作とは異なるラストに新たな旋律が走る!」

    2019年1月公開『SUSPIRIA(原題)』

    傑作ホラーをオスカーノミネート監督が完全リメイク!旧作とは異なるラストに新たな旋律が走る!

    監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』
    出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ#ギャガラインナップ
    映画配給会社 ギャガ株式会社 (@gagamovie) 2018年4月4日


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/gagamovie/status/981515641659129856/photo/1
    https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/suspiria-lands-fall-awards-release-date-theaters-1111639

    http://amass.jp/105009/


    【【映画】トム・ヨーク音楽担当、『サスペリア』のリメイク版映画 全米公開日決定、日本は2019年1月公開予定】の続きを読む



    1 名無しさん必死だな :2018/05/12(土) 21:12:04.73 ID:fOen19SY0.net

    人気ハンティング・アクションゲーム「モンスターハンター」の実写化映画に、『バイオハザード』シリーズや『フィフス・エレメント』(1997)などで知られるミラ・ジョヴォヴィッチが出演することが分かった。米国時間2018年5月11日、Varietyが報じている。
    今作で「モンスターハンター」の実写化映画を取るのは、実生活でのジョヴォヴィッチの夫であるポール・W・S・アンダーソン。
    二人は過去『バイオハザード』シリーズ、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(2011)などで数回タッグを組んでいる。
    多種多様な世界で巨大モンスターに立ち向かう「モンスターハンター」シリーズは、2004年にカプコンよりPS2用ゲームとして発売されて以降、多くのファンを魅了している。
    この人気ゲームをアンダーソン監督が実写映画化する企画は2016年頃から存在し、2016年時点で脚本初稿の執筆作業を終えていることが明らかにされていた。
    そこからさらに変更が加えられている可能性はあるが、ある日古代英雄の末裔であることを知った平凡な男が、モンスターハンターとなるべく神秘的な旅に出る……といったストーリーになるようだ。
    特殊効果はカナダ・トロントのVFX製作会社Mr.Xが手掛ける。
    同社は過去『バイオハザード』シリーズや『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)『パシフィック・リム』(2013)など数々の映画で特殊効果を手掛けており、その実力は折り紙付きだ。
    映画『モンスター・ハンター(仮題、原題:Monster Hunter)』は6,000万ドルほどの予算で2018年9月より製作がスタートし、南アフリカのケープタウン周辺で撮影が行われる。
    映画はシリーズ化も予定しているとのこと。何はともあれ、まずは第1作目の完成を楽しみに待とう。
    https://theriver.jp/monster-hunter-milla-jovovich/


    【「モンスターハンター」の実写化映画化決定!! ミラ・ジョヴォヴィッチが出演】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/05/12(土) 16:51:50.96 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805120000040.html
    2018年5月12日5時32分

     米俳優ニコラス・ケイジ(54)が、映画「愛のむきだし」(08年)などで知られる園子温監督がメガホンをとる初の英語作「プリズナー・オブ・ザ・ゴーストランド」に主演することが明らかになった。

     「愛のむきだし」がベルリン映画祭で国際批評家連盟賞を受賞するなど海外で高い評価を得ている園監督が手掛ける同作は、文明崩壊後の世界を舞台にしたアクションスリラーで、ケイジは悪名高き犯罪者を演じるという。ケイジ演じるヒーローは、闇の超常世界に拉致された少女を見つけるため送り込まれる役柄。

     ケイジは2016年に着物姿の謎の日本人女性とデートする姿が目撃され、最近も新作映画「プライマル」を撮影中のプエルトリコで日本人女性とデートする様子が目撃されるなど、日本好きで知られている。最近のインタビューでは、「俳優業を続けるのはあと3、4年」と語り、俳優を引退した後は監督に転身する意向を示している。(ロサンゼルス=千歳香奈子)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【映画】ニコラス・ケイジ、園子温監督初の英語作映画で主演】の続きを読む

    このページのトップヘ