芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 映画関連ニュース



    1 ( ´∀`) ★ :2019/03/11(月) 09:19:23.16 ID:B3I0GI6Y9.net

    3月1日に公開された高橋一生・川口春奈のダブル主演映画『九月の恋と出会うまで』が大コケしている。
    このままでは、2人の役者生命にも影響が出かねない状況だ。

    映画は同名タイトルの恋愛小説を実写化したもの。川口はとあるマンションに引っ越してきた北村志織を演じ、高橋演じる平野進と〝タイムパラドックス〟に翻弄されながら愛を育てていく。

    上映館数は全国248スクリーンとなかなかの規模な上、2人はプロモーションに多数のテレビ番組へ出演。
    土日2日間を対象とした「週末興行ランキング」のトップ10入りは確実視されていたが、フタを開けると11位という〝圏外〟に終わってしまった。

    この苦戦ぶりは、同ランキング9位の『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』が上映館数251とほぼ同数な上、公開4週目であることを踏まえればより際立つだろう。

    「子役のころから数多くの作品に出演していた高橋ですが、主役を張るようになったのはここ数年のこと。
    2016年ごろから突如として人気が上昇し、30代後半にして脇役メインだった状況を一変させました。
    しかし昨年、ゴールデン・プライムタイム初主演の連ドラとなった『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が平均視聴率6.5%と大爆死。
    ようやくつかんだ主演のポジションも、『器ではなかった』と疑問視され始めています」(テレビ誌記者)

    そもそも無謀?「実は不人気」な2人

    しかし、映画大コケの責任は高橋だけにあるのではない。
    ダブル主演という形でパートナーを務めた川口は、13年に主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で
    「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という空前絶後の珍記録を樹立。
    メディア露出の多さと反比例した需要の低さは明らかで、起用の段階から失敗が約束されていたとさえ言えるだろう。

    そして、今回の映画が大コケしたことにより、両者の〝実人気〟のごまかしも限界に達したようで…。

    「『九月の――』の〝逆ロケットスタート〟により、高橋と川口の〝虚像〟が白日の下に晒されましたね。
    2人ともメディアでは〝人気者〟として扱われていますが、周知の通りドラマの結果は散々。
    そもそも主演作を爆死させた2人を組ませる発想自体がナンセンスですが、今回の大コケにより、不人気さは隠しきれない段階にまで達したと言えるでしょう」(エンタメ雑誌編集)

    若くして「史上最低視聴率」の称号を手にした川口と、40手前でようやく主演クラスまで上り詰めた高橋。
    いずれも没落していくのは気の毒な境遇だが、果たして今後のキャリアやいかに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725860/
    2019.03.10 19:01

    b763712a492daae27834a6bb342c2aabda3


    前スレ
    【芸能】高橋一生・川口春奈タッグ映画が大コケ! 数字のない2人に業界は…
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552216399/


    【【芸能】高橋一生・川口春奈タッグ映画が大コケ! 数字のない2人に業界は… ★2】の続きを読む


    清水富美加の主演映画公開…ネットのレビューが興味深い - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7303822 2019/03/03 13:34
    清水富美加の主演映画公開…ネットのレビューが興味深い
    清水富美加の主演映画公開…ネットのレビューが興味深い
    清水富美加の主演映画『僕の彼女は魔法使い』が、2月22日に公開された。

    千眼美子に改名後初の主演作は、「幸福の科学」創始者・大川隆法総裁が製作総指揮を担当したものだが、ネットのレビューが興味深いことになっている。

    清水は10代半ばでデビューし、ドラマ、映画、バラエティなどで活躍。

    複数の番組で司会を務め、CMにも多数起用され、順風満帆の芸能生活を歩んでいたが、状況が大きく変化したのが2017年の出家騒動だ。

    芸能誌記者が振り返る。

    「若手女性タレントでもトップクラスの売れっ子だった清水富美加ですが、2017年2月に突然、芸能界からの引退と幸福の科学への出家を発表しました。清水は『給料が5万円だった』『嫌だった水着の仕事をやらされた』など不満を爆発させ、『全部、言っちゃうね。〜本名・清水富美加、今日、出家しまする。〜』(幸福の科学出版)というタイトルの告白本も出版。当時、大騒動になりました」(芸能誌記者)

    そして名前を清水富美加から千眼美子に改めた彼女。

    新作は、「人びとの幸せを奪い去る黒魔術の脅威から、“愛の魔法”で世界を守る白い魔法使い。そんな彼女が、赤い糸で結ばれた『運命の人』を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていく」──というストーリーだが、映画ファンは、この作品をどのように見たのか?

    女性週刊誌の映画担当記者が語る。

    「普通の映画のレビューは5段階の3点が一番多く、点数分布は山の形になります。しかし、『僕の彼女〜』のYahoo!のレビューを見ると、6割以上の人が1点をつける一方(1点が最低)、3割の人が5点をつけており、評価が完全に二分されています。どうやら教団は世間の反応を気にしているようで、教団のIT伝道局から、良いレビューを書き込むよう推奨するメールが信者に送られているというウワサも。そのかいあってかどうなのか、評価は1点だらけでも、コメントを書き込んでいるのは5点をつけた人ばかりです。別のレビューサイトでは、この映画だけコメントしている人の平均年齢が異常に高くなる現象も発生しています」(映画担当記者)

    それでも『僕の彼女〜』は、2月23日〜24日の週末動員ランキングで3位に入っている。

    ずばり、誰が本作を見ているのか?

    「基本的には、もちろん信者です。しかも信者は同じ作品を何度も見るので、大コケすることはありません。また、信者の中には映画のチケットを大量に購入し、周囲に配る者もいます。ビジネスとしては優れたやり方ですよ」(同)

    コケる心配がゼロとは、“一般の映画”の関係者には夢のような話。

    映画公開直前には「もう一段、清水富美加と遠ざからなあかん」とツイートした清水富美加だが、その宣言通り、完全に遠い存在の人になってしまったようだ。
    【日時】2019年03月03日 10:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【【芸能】清水富美加の主演映画公開…ネットのレビューが興味深い - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/02/26(火) 20:10:23.91 ID:CuIOzhvx9.net

     俳優、高橋一生(38)と女優、川口春奈(24)が26日、東京・江東区のユナイテッド・シネマ豊洲で行われたW主演映画「九月の恋と出会うまで」(山本透監督、3月1日公開)の公開直前試写会に登壇した。

     運命を予言する“未来からの声”に翻弄される男女の切ない恋物語。その設定にちなみ、高橋は「14歳の自分へ38歳になっても同じタイプの自転車に乗ってるぞと伝えて幻滅させたい」と笑ったが、自転車愛はそれだけ深い。

     川口は「10年前の自分にもっと勉強してと言いたい」と真顔に。高橋から「いろんなことを現場で吸収している。反省しなくていい」とやさしく言われ、うなずいた。

    2/26(火) 20:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000592-sanspo-ent

    無題


    【【芸能】<川口春奈>10年前の自分に「もっと勉強してと言いたい」】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/02/11(月) 15:59:29.48 ID:TUlXV7ar9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902110000475.html
    2019年2月11日15時36分

    来年公開の映画「燃えよ剣」(原田真人監督)に出演する俳優鈴木亮平(35)が、オファーを受けるべきか悩んだことを明かした。

    司馬遼太郎の不朽の名作を実写化した同映画は、V6岡田准一(38)が新撰組副長の土方歳三役で主演。鈴木は、土方の盟友で新撰組局長の近藤勇役を演じる。

    鈴木は11日にブログを更新し、「このお話を初めていただいた時、正直迷いました」と告白した。昨年放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛役を演じただけに「西郷さんと同じ時代に、反対の立場で戦った人間を、僕が演じて良いのか。鹿児島の方々、西郷どんを愛してくれた皆さん、そして新選組ファンの方々が、どんなお気持ちになられるか。何より実際のおふたりに、失礼に当たるのではないかと」と悩んだことを明かした。

    考え抜いた結果、オファーを受けることを決心したという鈴木。「さまざまなご意見があるとは思いますが、どうか僕のわがままをお許しいただき、見守っていただけたら幸いです」と呼びかけて、「皆さんに『良くやった』と言っていただけるよう、再びあの時代に入り込み、また違った覚悟の元に生きた一人の若者の人生を精いっぱい生きてみたいと思います」と決意をつづっている。


    (出典 www.nikkansports.com)


    関連スレ
    【映画】『燃えよ剣』映画化決定 鬼の副長・土方歳三に岡田准一、沖田総司には山田涼介 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549849310/


    【【芸能】「西郷どん」鈴木亮平、『燃えよ剣』近藤勇役出演オファーに迷い「反対の立場で戦った人間を、僕が演じて良いのか」】の続きを読む



    NO.7249418
    BNK48キャプテン初出演のタイ映画 大阪アジアン映画祭で上映
    BNK48キャプテン初出演のタイ映画 大阪アジアン映画祭で上映
    2019年3月8日(金)から17日(日)まで開催される「第14回大阪アジアン映画祭(OSAKA ASIAN FILM FESTIVAL 2019)」の「特集企画《ニューアクション! アジア》」で、タイ映画「ホームステイ(Homestay)」が上映となります。

    「ホームステイ」は、超人気アイドルグループBNK48のキャプテンであるチャープランの映画初出演作としても話題になり、興行収入1億2100万バーツの大ヒットになりました。

    ホームステイ Homestay2018年|タイ|132分[監督] パークプム・ウォンプム(Parkpoom WONGPOOM)
    【日時】2019年02月08日
    【提供】タイランドハイパーリンクス


    【【芸能】BNK48キャプテン初出演のタイ映画 大阪アジアン映画祭で上映 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ