芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 海外事件・ニュース



    1 シコリアン ★ :2019/03/11(月) 15:40:39.16 ID:Ft5eS7Y+9.net

    https://jp.reuters.com/article/singapore-idJPKBN1QS0HM

    無題


    [ソウル 11日 ロイター] - 韓国のアイドルグループ「BIG BANG(ビッグバン)」のV.I(ヴィアイ)ことイ・スンヒョン(28)が、所有する会員制クラブで外国人投資家らに対し売春をあっせんしていた疑いで立件された。現地メディアが10日報じた。

    所属事務所のYGエンターテインメントはロイターに対し11日、立件は認めたが、新しいコメントはしなかった。イ容疑者からのコメントも得られていない。

    前月、投資家への「性的接待」に関与したと一部で報じられた際、同容疑者は報道を否定していた。

    韓国には兵役義務があり、同容疑者は月内に入隊を控えている。



    ※関連スレ
    【韓流】行為中に首をしめるクセ…日テレ「金田一少年の事件簿」にキャスティングされたBIGBANGのV.Iがベッド写真流出スキャンダル
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1347691080/
    【週刊文春】韓流BIGBANG最年少メンバーV.I 交際日本人女性の告白「自分のファンだとわかると、V.Iはすぐにホテルへ来るよう連絡」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481710911/


    【【芸能】韓国アイドル「ビッグバン」のV.I、売春あっせんの疑いで立件】の続きを読む



    1 動物園φ ★ :2019/03/09(土) 21:23:07.43

    北朝鮮のロケット施設が活発化、打ち上げ準備か 米専門家
    3/9(土) 14:00配信
    CNN.co.jp

    (CNN) 北朝鮮の平壌近郊にあるロケット組み立て施設で活動が活発化し、打ち上げの準備が進んでいる可能性があることが衛星画像からわかった。ミドルベリー国際大学院モントレー校東アジア核不拡散プロジェクトトップのジェフリー・ルイス氏が8日、CNNに明らかにした。

    一連の画像は米衛星画像企業デジタルグローブが先月22日に撮影したもので、平壌近郊の山陰洞(サンウムドン)にある施設で活動が活発化した様子をとらえている。専門家2人はCNNの取材に対し、衛星打ち上げを示唆する動きとみていることを明かした。

    北朝鮮は以前、山陰洞で大陸間弾道ミサイルや衛星打ち上げ用ロケットの一部を組み立てていた。

    これに先立ち、北朝鮮情報サイトとして定評のある「38ノース」は、西海(ソヘ)衛星発射場が通常の稼働状態に戻ったとの分析を発表した。同発射場は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の意向で一部解体されていたが、この数週間は復旧作業が進行。特にハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わって以降、作業ペースが上がったとみられる。

    ルイス氏は「山陰洞の施設と西海に向けた積載を行う鉄道輸送ポイントで車両の動きが多くみられる」と指摘。山陰洞と西海の双方の動きから「衛星打ち上げだと考えている」と述べた。

    ただ、北朝鮮が軍事用ミサイルと宇宙ロケットのどちらを準備しているのか把握するのは不可能とも注意を促した。また、米国の偵察衛星の注意を引こうと故意に行っている活動の可能性もある。

    米国務省はこの件でコメントしていない。

    別の専門家は西海からICBMが発射されたことがないことから、衛星打ち上げの可能性の方が高いと見る。過去の事例から、発射場の動きから発射の約1週間前には予想できるとも指摘した。

    人工衛星の打ち上げでは、弾道ミサイルに似た技術が使われる。専門家はかねて北朝鮮による衛星打ち上げの試みについて、有効な長距離弾道ミサイルの開発につながる可能性があると警鐘を鳴らしてきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-35133940-cnn-int

    20190309-35133940-cnn-000-2-view


    【【国際】北のロケット施設 発射準備か】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/02/27(水) 07:28:04.99 ID:478rh7iV0.net BE:765014536-2BP(1500)



    (出典 www3.nhk.or.jp)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190227/k10011829211000.html

    米朝首脳会談 日本政府も注視 外務省幹部をハノイへ派遣

    日本政府は、27日から開催される2回目の米朝首脳会談が、核・ミサイルの完全な廃棄や
    拉致問題の解決につながるよう、アメリカ側に繰り返し働きかけを行ってきており、
    今回、現地に外務省幹部を派遣して情報収集にあたらせるなど会談の行方を注視しています。


    【【写真】米朝首脳会談に招待もされていない安倍首相(日本)が中心に居座ってしまうw】の続きを読む



    (出典 www.at-s.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/02/27(水) 09:04:47.41

    2/27(水) 8:59配信

    金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を乗せた特別列車がベトナムに到着する直前の26日未明、中国・南寧駅でしばし休息中の金委員長と一行の姿がテレビカメラに捉えられた。特に金正恩委員長がタバコを吸い始めると妹の金与正(キム・ヨジョン)労働党第1部部長がクリスタルの灰皿を持って近寄り、吸殻を管理する場面は話題になった。

    金正恩委員長を最も近くで補佐する最高実力者の金与正第1部部長がタバコの吸殻を管理する「雑用」までするのはあまりにもひどいのではないかという反応も出ている。

    しかし、これは最高指導者の金正恩委員長に関する身体データを徹底的に遮断しようとする北朝鮮当局の意図が隠れていると対北朝鮮情報関係者らが指摘している。タバコの吸殻に付着した唾液から西側の情報機関などが金正恩委員長の健康やDNAに関する情報を確保するおそれがあるためだ。金与正第1部部長が吸殻を徹底的に管理し、金委員長もタバコに火をつけた後マッチをマッチ箱に戻す場面が見られたのも関連情報の露出を遮断しようとする措置ということだ。

    国家最高指導者の健康やDNA情報は各国の情報機関が最も欲しがるアイテムだ。敵対国はもちろん、主要相手国家の大統領など首脳級要人の生体情報を採取し、自国の該当情報は流出しないように徹底的にセキュリティー措置を取るのが基本だ。過去に相手国の最高指導者の健康関連情報を知るために首脳会談会場や宿泊先のトイレの便器を探ったり体液などが付着したティッシュペーパーを回収しようとする隠密な工作が行われることも多かったという。

    対北朝鮮情報の世界では更に激しい試みがあったという。金日成(キム・イルソン)主席や金正日(キム・ジョンイル)総書記に会うために北朝鮮を訪問した米国など西側の人物の手に特殊な装置を装着させ、北朝鮮の最高指導者の体液を採取しようとした場合もあったということだ。北朝鮮もこのような動きに対応し、セキュリティー対策を徹底的に立てているが、最高指導者の海外訪問時にはより細かい対策を設けているものと知られている。

    北朝鮮は金委員長のタバコの吸殻はもちろん汗や鼻水を拭いたティッシュペーパーやタオル、ホテルなどに落ちた髪の毛まで徹底的に回収して行くものと情報関係者らが耳打ちする。大小便の場合も完全密封して化学処理するなど特殊な過程を経るか、それが不可能な場合は北朝鮮に回収して行くという話だ。対北朝鮮情報関係者は「過去に主に中国・ロシアなどを訪問した金正日総書記とは違い、金正恩委員長の場合シンガポールやベトナム、板門店(パンムンジョム)の南側地域など韓国と米国が掌握または影響力を及ぼすことのできる場所を訪問するという点から最も強力な水準の生体情報露出防止策が取られているのだろう」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000011-cnippou-kr


    【【金正恩】DNA情報露出防止…タバコの吸殻・汗・鼻水・髪の毛・ウンチ・オシッコも回収💩】の続きを読む



    1 動物園 ★ :2019/02/13(水) 19:35:34.83

    2019年02月13日 19:24(アップデート 2019年02月13日 19:25)

    フィリピンのドゥテルテ大統領は、植民地時代の名残だとして国名を変更したいとの意向を表した。

    マニラ・ブリティン紙は12日、フィリピンの新たな国名は「マハルリカ共和国」になる可能性があると報じた。

    ドゥテルテ大統領はマギンダナオ州での演説で、祖国の文化に対するスペインの影響を批判し、「我々の国名は、その旅をスペインの国王フィリペが支払ったマゼランが考えたものだ。だから愚か者はフィリピンと名付けた。だがいつか我々はこれを変更しよう」と述べた。

    またドゥテルテ大統領は、その前世紀の治世時に国名を「マハルリカ共和国」に変更しようとしたフィリピンの独裁者マルコス元大統領の提案を支持した。ドゥテルテ大統領は「マルコス大統領は正しかった。なぜなら『マハルリカ』は(我々の同系語である)マレー語の言葉だからだ」と説明した。

    「マハルリカ」は現代のフィリピン語で「王族」を意味しており、20世紀にはマルコス政権によってフィリピンの伝統文化を指すものとして積極的に使用されたという。

    https://jp.sputniknews.com/politics/201902135918431/

    5263735


    【【国際】フィリピン、新たな国名で「マハルリカ共和国」になる可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ