芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ギャンブル



    1 猪木いっぱい ★ :2019/11/27(水) 22:41:34.66

    グローバルアミューズメントは11月26日、都内品川区のスタンダード会議室で「時流預言セミナー2020」を開いた。

     第1部では㈱風土の小山政彦代表取締役会長が「2020年時流予測と対策」と題し、来年の世界情勢や国内の政治、経済の動向を予測。パ*業界については「かつて30兆円だった市場規模が18兆円、今後は12兆円にまで落ちると予想されるなか、2021年か2022年には地域3番店以下の多くが潰れるだろう。

    また2028年には大阪でカジノが始まる。一番怖いのがパ*の賞品交換が禁止されたときで、マーケットは1/10となる。そうなる可能性もあることを皆さんも考えて欲しい。
    今後の10年、余裕のある内に次の事業をどうするかしっかり取り組んで欲しい」と述べた。

     第2部ではグローバルアミューズメントの青山真将樹代表取締役が2020年のホール営業の予測と、それに基づくアドバイスを行った。

     同氏の分析によると2019年の新台の販売台数(予測含む)はパ*が117.4万台、パチスロは59.4万台。

    去年に比べ、多くのホールがパチスロの撤去対応を優先したため、特にパ*の新台販売が停滞する結果(前年比86%)になったという。

     今後の遊技機の撤去対応について同氏は「特に低玉部門での新規則機化が遅れている。このままのペースだと、2021年1月末時点でも3割は旧規則機を残したままとなる。

    最寄り客を獲得する上で、自店において撤去対応を乗り切ることが中長期的にみて正解ではないだろうか」と話した。

    解説:現時点で景品交換所の景品買いは古物営業法違反との指摘もある。

    忖度しない正義のエンタメ業界メディア、グリーンベルト
    https://web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00011660

    (出典 web-greenbelt.jp)


    【【風俗4号営業】ぱちんこ業界:2028年、特殊景品廃止で市場は1/10になると予言。もはや泥舟状態】の続きを読む



    1 猪木いっぱい ★ :2019/10/26(土) 21:07:28.29

    遊技産業未来研究所は10月23日、都内墨田区のグローリーナスカ会議室にて「未来研究会セミナー」を開催した。セミナーの講師は、PRCの中田藤生代表取締役(チャーリー・ロドリゲス・湯谷)、ソニー生命保険のトータルライフコンサルタント・猪野塚伊彦氏、遊技産業未来研究所の中野忠文代表取締役が務め、今後の経営課題や低ベース機の運用状況が語られた。

    第1部で*は、高射幸性パチスロ機撤去後の営業戦略、MNRSなど射幸性を理解した上での機械運用、ペルソナ像に合わせた業態転化など、将来の稼働増に繋げる為の経営戦略を説いた。*は、高射幸性パチスロ機の撤去後によって生まれる負のスパイラルに強い危機感を示し、「撤去後に残されたパチスロ機の設定配分を落とし、パ*で利益をカバーしようとするものならユーザー離れが加速するだけ。これと同様の営業をするのではなく、今こそ自店の独自性を打ち出す必要がありそのタイムリミットがすぐそこに来ている。これは他店と差別化する絶好のチャンスでもある」などと述べ、さらに魅力的な店舗を目指す上での必要な事として、「ペルソナ像の設定」「根拠ある機械選択」「プロスペクト理論に基づいた機械運用」を挙げた。

    機械選択については、「Pツインループ花満開」などMNRSが高い機種を例にし、「MNRSの数値はレイアウトにも活かせる台選びのポイント。把握することで他機種とも比較しやすく、『MNRS×交換率×運用方法』のバランスが整っているほどユーザーの期待感にも結び付き、自店の魅力へも繋がってくるだろう」とし、最後に「高稼働を維持する店舗は、コミュニケーションなど日々の営業努力を積み重ねた結果。勝ちの経験を提供するためのその姿勢が今問われている事を理解して欲しい」とまとめた。

    第2部では、猪野塚氏が「組織改革とライフプラン」をテーマに講演。他業種でも顕著化されてきた働き方改革と労働環境のギャップを改善するために、働く目的や人生のビジョンを見据えた人材育成を提案。目的を遂げる為に目標を達成するという意識改革が必要だと話し、この他100年時代を豊かにするための資産運用や、老後2,000万円問題について解説した。

    第3部で中野氏は、8月~9月のスペック別稼働推移や導入週の玉粗利を示した上で、定番となるべき注目機ほど辛く扱われている現状を指摘。「新規則機の普及という目的に逆行し、ファンからも打つだけ損だと思われる運用を続けるのは危険。適正の数値で運用していればキラーコンテンツは活かせるのに育てる気すら感じられず、なかにはBA70で使われる新台もあるなど将来に不安を感じる状況。新規則機を慣らす必要がある今、機種データを把握した上での運用は必須だ」と警鐘を鳴らした。

    また、低ベース機についても言及。3個賞球機ついては、4個賞球機比でベース3~7程度、千円スタートは0.5~2.4円程度低下し、TYは210~280個程度上昇した市場数値や、3個賞球機と同レベルのベースで運用された1個賞球機の稼働粗利推移を公表。1個賞球機に限っては、ベースが低いことを「多く抜ける」ことにしか活かされていない事実が如実に表れた結果となった。中野氏は「確かに新規則機は出玉性能が低下しているものの、それ以上に辛い運用が商品価値を落としている。数年後へ繋げるためには新基準機の魅力を引き出し、旧台の撤去後も足を運んでもらえる店舗作りで、機械の魅力を運用側で高めていくことは十分に可能。新規則機でも生き残れる体制を確立するべき」と新規則機の新たな利益構造への移行を促した。

    解説:ベース30が基準、デジパチでいうと1000円で20回以上回らなければ違法に運用されている可能性有

    中立、公正な報道メディア 遊戯日本
    https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-30662/

    (出典 yugi-nippon.com)


    【【風俗4号営業】ぱちんこ業界、低ベース機の高粗利運用を懸念:今冬より違法営業蔓延か】の続きを読む


    パチンコCR浜崎あゆみ物語が意味不明と話題 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7818894 2019/09/24 12:29
    パチンコCR浜崎あゆみ物語が意味不明と話題
    パチンコCR浜崎あゆみ物語が意味不明と話題
    伝説のクソ台と言われたパチンコCR浜崎あゆみ物語のパチンコドラマの意味不明すぎる演出が話題になっている。

    演出埼玉県の与野のイオンモールのゲーセンに設置されてる模様。

    無駄に作画の完成度が高いのは時代だったのか……。

    異世界デビューも近そうである。
    【日時】2019年09月24日 12:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】


    【【ギャンブル】パチンコCR浜崎あゆみ物語が意味不明と話題 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む


    データが示すパチンコ業界の実態 遊技機市場「1兆円」割れ判明 - 政治・経済ニュース掲示板


    NO.7048215 2018/11/05 17:08
    データが示すパチンコ業界の実態 遊技機市場「1兆円」割れ判明
    データが示すパチンコ業界の実態 遊技機市場「1兆円」割れ判明
    出玉や広告に関する規制強化の影響もあり、かつてのような勢いを失いつつあるパチンコ業界。

    今後の展開を不安視する声は目立つ。

    そのような状況下、またもや暗いニュースが舞い込んできた。

    矢野経済研究所が「2017年度パチンコ関連機器市場調査」を発表。

    2017年度のパチンコ関連機器全体(パチンコ機、パチスロ機、周辺設備機器)の市場規模は、メーカー売上金額ベースで8574億円だったことが業界誌「遊技通信」(遊技通信社)11月号で特集されている。

    1452億円(前年度比85.5%)の大幅なマイナスとなった様子。

    同研究所が調査を始めて以来、初めて1兆円の「大台」を割ってしまったようだ。

    〇〇〇
    ■パチンコ機市場
    5157億円(前年比98.1%)

    ■パチスロ機市場
    2434億円(前年比68.1%)

    ■周辺設備機器市場
    982億円(前年比82.4%)
    〇〇〇

    公益財団法人日本生産性本部が報告した「レジャー白書2018」によれば、2017年のパチンコ参加人口は、2年連続で過去最低値を更新したことが明らかになっている。

    最盛期には約1万8000店だった店舗数も、2018年9月末現在で9362店舗まで減少。

    市場規模は19兆5400億円と、20兆円の大台..



    【日時】2018年11月04日
    【ソース】Business Journal
    【関連掲示板】


    【データが示すパチンコ業界の実態 遊技機市場「1兆円」割れ判明 - 政治・経済ニュース掲示板】の続きを読む


    パチンコ「大物タレント」来店の数々大注目の激アツイベント - ニュース総合掲示板


    NO.6994440 2018/10/11 18:56
    パチンコ「大物タレント」来店の数々大注目の激アツイベント
    パチンコ「大物タレント」来店の数々大注目の激アツイベント
    「〇日は激アツ」「設定5・6確定」といった出玉イベントが禁止になった今、パチンコホールを盛り上げているのは、パチンコライターなどの演者たちである。

    ホール内ではサインイベントや撮影会などが行われ、それを目当てに訪れるファンは多い。

    その人気は"芸能人クラス"といっても過言ではないが......。

    テレビで活躍する「本物の芸能人」たちも負けてはいない。

    お笑い芸人、大物タレント、そして人気アイドルまでもが来店イベントを行っているのだ。

    そこで今回は、パチンコ営業の「神」と呼ばれる芸人から意外と知られてない大物芸能人まで、来店イベントで人気を博す「超人気タレント」をピックアップしたい。

    ■須田亜香里(SKE48)
    AKB48の姉妹グループで、全国区の知名度を誇る人気アイドルグループSKE48。

    そのチームEでリーダーを務め、今年の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』で2位となった須田亜香里もパチンコ営業を行ったことがある。

    2017年、鹿児島県のホールに来店した際は、人気アイドルを一目見ようと多くのファンが駆け付けたようだ。

    そんな須田といえば、絶好調メーカー・京楽産業が結成した「ゼブラエン..



    【日時】2018年10月11日
    【ソース】ギャンブルジャーナル


    【パチンコ「大物タレント」来店の数々大注目の激アツイベント - ニュース総合掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ