芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 車関連



    1 ばーど ★ :2019/10/23(水) 10:37:05.99

     本田技研工業は10月23日、東京 お台場臨海副都心エリアで開催される「第46回 東京モーターショー 2019」(一般公開日:10月25日~11月4日)の会場で、2020年2月発売予定の新型「フィット」を世界初公開した。

     今回のモデルチェンジで4代目となる新型フィットでは、歴代モデルで継承してきた「広い室内空間」「使い勝手のよさ」はそのままに、グローバルで通用する新しい時代のコンパクトカーのスタンダードになることを目指して開発を実施。数値で表わすことができない「感性価値」を追究し、「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」の4点で心地よさを具現化。また、ユーザーのライフスタイルやライフステージごとに選択できるよう、「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「CROSSTAR(クロスター)」「LUXE(リュクス)」の5タイプをラインアップする。

     パワートレーンでは、ハイブリッドシステムに従来の1モーター式に変えて2モーター式を採用。ホンダのコンパクトカーとして初搭載となるこの2モーターハイブリッドシステムには「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の名称が与えられている。

     全車で標準装備する安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」では、車両前方の状況をワイドに検知する「フロントワイドビューカメラ」を新採用。車両前後に装着する計8個のソナーセンサーと組み合わせて従来機能を拡充することに加え、ホンダ車初となる「近距離衝突軽減ブレーキ」を装備に追加している。

     また、ホンダ車専用となる車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。スマートフォンを使ってエアコンの始動やドアロックの操作、車両の駐車位置などを確認できる「リモート操作」、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに通報を行ない、的確な対応が迅速に可能となる「トラブルサポート」、異常を検知した際にガードマンを派遣できる「Honda ALSOK 駆けつけサービス」といったコネクテッドサービスを提供する「Honda Total Care プレミアム」を新型フィットから展開していく。

    ■新型フィットの主な特長

    「心地よい視界」を実現するため、従来とは異なる断面構造をAピラーに採用。万が一の衝突時にはボディに荷重を伝える構造として、十分な衝突安全性能とワイドで優れた視認性を両立させる。また、インテリアでは直線基調で水平デザインのインパネを採用。車内からワイパーが見えにくいようにして、運転時の心地よい視界を実現する。

    「座り心地」では、上級セダンでの採用も視野に入れて開発した新世代の「ボディースタビライジングシート」をフロントシートに設定。柔らかな座り心地を持ちながら、乗員の体をしっかり保持する面支持構造によってロングドライブでの疲れにくさを実現する。リアシートは従来同等の多彩なシートアレンジを維持しつつ、大人がストレスなく座れる広さと厚さのあるクッションを採用。上級セダン並の快適さを手に入れている。

    「乗り心地」のよさでは、新搭載した2モーターハイブリッドシステムのe:HEVにより、日常シーンの大半で滑らかなモーター走行を実現。優れた環境性能のほか、滑らかな走りと力強い加速で快適な乗り心地を提供する。

    「使い心地」の面では歴代フィット同様の広い室内空間に加え、収納スペースをストレスなく使えるようレイアウト。日常生活からロングドライブまで、移動中に乗員全員が快適に過ごせるようサポートする。

    ■ユーザーライフスタイルやライフステージに合わせて選べる5タイプ

    「BASIC(ベーシック)」はデザイン性と快適性を備えた基本タイプ。柔らかな表情のフロントマスクとシームレスで流れるようなフォルムなどにより、親しみやすさを感じさせるシンプルなデザイン。


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    2019年10月23日 09:15
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1213862.html




    【東京モーターショー2019 開幕】新型「フィット」やマツダの新型EV 日産は軽クラスの小型EV「IMk」を世界初公開
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571781276/


    【【車】ホンダ、4代目新型「フィット」世界初公開 2モーターハイブリッド「e:HEV」搭載 2020年2月発売予定】の続きを読む



    1 Hikaru ★ :2019/07/04(木) 12:44:23.53

    ブランド力強化で「地獄」から脱却 マツダ、次は車名へ
    朝日新聞デジタル 2019年7月4日11時45分


     かつてはブランド力の低迷に苦しんだマツダ。最近は車のデザインコンセプトを統一し、
    「スカイアクティブ」と呼ばれるエンジン技術も評価され、ブランド力を強めています。
    そして今回、新たに車名も見直すことになりました。慣れ親しんだ名に代わる新たな名はどうなるのでしょうか。

     マツダが新たなブランド改革を打ち出した。
    国内で販売されるハッチバックやセダンで使われてきた「デミオ」や「アテンザ」といった車名をやめ、
    「マツダ」と数字を組み合わせたものにする。

     すでに中型車「アクセラ」は5月の全面改良に合わせ、「マツダ3」に改めた。
    7月4日には、最上級セダン「アテンザ」を「マツダ6」に変えた。
    車名変更を機に排気量2.5リットルのガソリンターボエンジンを加えた。

     小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に変える予定。
    新たな車名では、「マツダ」の後につく数字が大きいほど車体が大きくなる。

    ~有料記事のため続きはソースで~
    https://www.asahi.com/articles/ASM732W3CM73ULFA001.html

    ◇ マツダは最上級セダンの車名を、「アテンザ」から「マツダ6」に改める(同社提供)

    (出典 www.asahicom.jp)


    【【企業】ブランド力強化で「地獄」から脱却 マツダ、次は車名へ…「アテンザ」→「マツダ6」、「デミオ」→「マツダ2」】の続きを読む



    NO.7279137
    eKワゴン、デイズがフルモデルチェンジ3/28発表 自動運転レベル2導入
    eKワゴン、デイズがフルモデルチェンジ3/28発表 自動運転レベル2導入
    三菱の軽自動車・eKワゴン シリーズと姉妹モデルの日産・デイズ シリーズがフルモデルチェンジを受けて2019年3月28日に正式発表。

    4月に発売される見通しとなっている。

    今回からSUVスタイルの上級グレードが設定される。

    その三菱ブランドのモデル、eKクロスのエクステリア画像が既に流出している。

    三菱自動車では、デリカD:5がビッグマイナーチェンジを受けたばかりで、その押し出し感の強いフロントデザインが話題となっている。

    このダイナミックシールドと名付けられている三菱ブランドの最新型ファミリーフェイスがeKクロスにも採用されることになる。

    新型eKシリーズ、デイズシリーズの開発製造は、三菱&日産の共同出資によるNMKV社によって行われる。

    プラットフォームからの新開発となる。

    ホイールベースは現行2430mmから2495mmに延長され、後席居住性は大幅に向上する。

    パワートレインでは新開発のBR06型エンジンが搭載される。

    アシストモーターを備えたマイルドハイブリッドも用意される。

    トランスミッションのCVTも新開発となり、燃費性能でクラストップになることが予想される。

    駆動方式はFF/4WD、吸気方式はNA/ター..


    【日時】2019年02月20日
    【ソース】自動車リサーチ
    【関連掲示板】


    【eKワゴン、デイズがフルモデルチェンジ3/28発表 自動運転レベル2導入 - ニュース総合掲示板】の続きを読む



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/17(日) 23:04:23.158

    四台目(前期型)マイチェン前

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    四台目(後期型)マイチェン後

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【トヨタ自動車の新型プリウスが無駄にカッコイイ件wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    日産・デイズが2019年春にフルモデルチェンジ、三菱と協業 - 政治・経済ニュース掲示板


    NO.7138973 2018/12/17 21:13
    日産・デイズが2019年春にフルモデルチェンジ、三菱と協業
    日産・デイズが2019年春にフルモデルチェンジ、三菱と協業
    ■軽自動車デイズが2代目モデルへ来春FMC
    日産の軽自動車デイズ シリーズがフルモデルチェンジを受けて2019年春に発売される見込みとなっている。

    次期型も軽自動車専業のNMKV社によって開発製造される。

    三菱ブランドの姉妹モデル、eKワゴンも同時デビューとなるだろう。

    ■NMKVの次世代プラットフォームは、新開発ハイブリッド、EVにも対応
    次期デイズは、プラットフォームから新開発となる。

    他社ライバルモデル同様に、モノコック構造の最適化や超高張力鋼など最新素材の採用による、大幅な軽量化およびボディ剛性アップが期待される。

    パワートレインの一つには、アシストモーターと駆動用バッテリーを備えた、新開発のハイブリッドシステムが採用される見込み。

    ただし、これはコストアップを抑えたマイルドハイブリッド方式になるだろう。

    この新型軽自動車向けプラットフォームは、EVパワートレインにも対応するとのこと。

    これは、デイズEVとしての発売よりも、むしろ三菱・i-MieVの後継モデルとして、独立した車種で登場する可能性が高い。

    もちろん日産ブランドからも姉妹モデルが設定されるはず。

    この次期型デイズの最新プラッ..



    【日時】2018年12月17日
    【ソース】自動車リサーチ
    【関連掲示板】


    【日産・デイズが2019年春にフルモデルチェンジ、三菱と協業 - 政治・経済ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ