芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 吉本興業問題



    1 1号c ★ :2019/12/05(木) 17:02:17.66 ID:1HKpsLNK9.net

    闇営業騒動でいまだ謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之。一度は‘20年1月に行われる明石家さんまの舞台で復帰すると報じられるも、さんまは自身のラジオで「時期尚早と判断した」として白紙に戻すと発表した。

    「さんまさんが300万円の自腹を切って、11月21日に都内のホテルで開かれた“宮迫を励ます会”ですが、予想以上に業界関係者や視聴者の反発が強かった。それを見て、さんまさんも、今復帰させるのは得策ではないと判断したのでしょう」(テレビ局関係者)

    しかし宮迫は、さんまの後輩を思う熱い気持ちに感謝しているという。

    12月1日にさんまの知られざる一面を掘り起こす『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)が放送されると宮迫は感銘を受けたのか「生きてるだけで丸儲け。素敵な番組ありがとうございました」とツイッターに投稿。これが2ヵ月ぶりのつぶやきとなった。

    宮迫の活動といえば、こうしてツイッターをたまに更新するか、もしくは仲間と共に全国を回りボランティア活動に勤しんでいるのみだ。

    そして最近になって宮迫に変化が起きた。

    「実は宮迫さんは目黒区にある沢尻エリカさんと同じマンションに住んでいたのですが、11月上旬くらいに家族で引っ越したようです。ここは超高級マンションですし、金銭的にも厳しくなってきたんでしょう。年収は4~5億円程度あったそうですが、今年は闇営業騒動があって6月で収入がストップしているはずです。おそらく今年の収入は1億円弱くらいではないでしょうか。節税していなければ、今年、昨年の所得税を2億円以上支払い、さらに来年も5000万円ほど税金を払うことになるでしょう。無収入の中、超高級マンションに住んでいられなくなったのでしょうね」(宮迫と近しい人)

    宮迫の長男はフリーの漫才師として活動しているが、今も大学在学中。何かと物入りなのは間違いないだろう。

    「ロンドンブーツ1号2号」田村淳は、相方で活動休止中の田村亮と吉本興業との架け橋となり復帰をサポートすると表明。会社設立し、YouTubeチャンネルを開設した。“復帰はまだ見えないが亮といつか一緒に出たい”と、切実な思いの丈を動画に投稿した。

    さらに12月3日、淳のInstagramには亮と満面の笑みでの2ショット写真を投稿。ファンからも温かい言葉がコメントに投稿された。

    「世間的に、亮さんは宮迫さんにウソをつかされた被害者という見方が定着していて、亮さんの復帰に関しては反感は少ないと思います。しかし宮迫さんはまだ厳しい。復帰を匂わす放送をちょっとでもしたら、視聴者から“宮迫の復帰なんて許さない!”と恐ろしいほどのクレームの電話が鳴り止まなくなるんです」(ワイドショー関係者)

    家族を巻き込みひっそりと引っ越した宮迫。過去の栄光を取り戻せる日は来るのだろうか。

    2019年12月05日
    https://friday.kodansha.co.jp/article/82882

    img_5de8d896c31a5


    【【芸能】宮迫博之が高級マンションから引っ越し のしかかる巨額税金】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/03(火) 21:31:15.89 ID:nJDUaMKr9.net

    闇営業騒動により芸能活動を謹慎しているお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之に関し、「週刊女性PRIME」がその私生活における様子を綴っている。

    反社会的勢力への直の営業に手を染め、当初、金銭授受は無かったと嘘の声明を発表していたこともバッシングの拡大に繋がっていた宮迫だが、周囲からのケアは手厚く、吉本興業ならびに芸能界の重鎮でもある明石家さんまが“フリー”となった宮迫を引き取る意向を示すなど、身内への甘さを指摘されても仕方がないような復帰へのアシストについては世間からも反発の声が寄せられている。

    そうした状況のなか、活動休止中に宮迫の“プライベートで起こった変化”として、同メディアは長く住んでいたマンションから宮迫が引っ越し、「ご近所への挨拶はなく、ひっそりと姿を消した」と伝えると、11月初旬夜には5~6人の男性グループと都内の居酒屋で会食をしていたとの目撃談も紹介。「宮迫さんは特に落ち込んだ様子もなく終始、上機嫌だったみたいですよ」「“お前、テープ回してないやろうな?”“宮迫、動きます!”など、騒動の時に吉本の岡本昭彦社長や松本人志さんが口にしていた言葉をネタにしていたそうです」などといったテレビ局関係者の証言を添え、さらに「一連の経緯をよく知らない店のスタッフには、宮迫さんが自ら“説明”していたといいます」とも綴り、今や宮迫にとって件の騒動をイジることが「鉄板ネタ」と化している可能性も指摘した。

    「これらの証言がもしも事実であれば、7月の“お涙頂戴”会見での発言も薄っぺらく映ってしまいますし、そもそも宮迫が巻き込んでしまった格好で、憔悴しきった姿が心配を集めたロンドンブーツ1号2号・田村亮、さらに当初から宮迫に真実を話すよう説得し続けていた松本にも失礼な言動だと言えるでしょう。また、『テープ回してないやろうな?』などの圧力を受けた被害者のような立場を取ることで世間からの同情をかっていただけに、それすらもネタにしているのであれば、あの会見での涙の訴えは何だったのかという違和感が出てしまいます。ネットでも『本当に言っていたとしたら松ちゃんに失礼すぎませんか?最悪な人間性だと思います』『騒動をネタに…絶対早いでしょ。反省してないですね』『宮迫の復帰を願う人はほとんどいないのが現状』と酷評が占めています」(テレビ誌ライター)

    騒動発覚後、すぐに吉本興業と宮迫の間に入り、仲裁の立場をとった松本はどのような心境で現在の宮迫を見ているだろうか?

    http://dailynewsonline.jp/article/2102104/
    2019.12.03 18:14 アサジョ

    6ae9bf72d21f879fc674656843e7899a54b193d


    【【芸能】宮迫博之、闇営業騒動を“鉄板ネタ”にする「私生活報道」に非難の声】の続きを読む



    1 牛丼 ★ :2019/11/30(土) 21:37:30.37 ID:0kf2svrj9.net

    先日、明石家さんまが、雨上がり決死隊・宮迫博之を激励するための会を開催。タレントやテレビ局関係者など100人ほどを出席させ、宮迫をテレビに復帰させる気運を高めたと報じられた。ところがこの後、さんまが、来年1月に宮迫を出すはずだった舞台について、「間違った情報」と白紙に戻している。

     「さんまが宮迫復帰に対してサジを投げた背景には、思ったよりも宮迫バッシングがいまだ根強かったことが挙げられています。同様に復帰の道のりが遠いのは、同じく闇営業に関わったロンドンブーツ1号2号・田村亮も同じ。このままでは復帰どころか、引退も現実味を帯びてきました」(芸能ライター)

     活動自粛をしているタレントはまだいる。例えば、タピオカドリンク店への恫喝ダイレクトメッセージ騒動で批判を浴びた木下優樹菜、無申告・所得漏れ問題が露呈したチュートリアル徳井義実だ。

     「ちなみに、記憶に新しいところでは、ゲスの極み乙女。ボーカル・川谷絵音との不倫が発覚したベッキーは、復帰までに半年かかりましたし、同じく不倫の矢口真里も1年半かかりました」(同)

     では過去、不祥事を起こしたタレントの復帰時期は?

     「1986年、ビートたけしが、軍団を引き連れて『フライデー』編集部に襲撃。これは当時交際していた女性に、記者がケガをさせたことがきっかけでしたが、いずれにしても、たけしは住居侵入や器物損壊、暴行容疑で現行犯逮捕。その後釈放されましたが、この時は半年間の謹慎で済んでいます。また最近では2013年10月、元サッカー日本代表の前園真聖が、酒に酔ってタクシー運転手に暴行を加えた容疑で逮捕されましたが、翌年6月の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で復帰しています」(同)

     その時代から比べると、活動自粛を余儀なくされるタレントが増え、さらには長期化している印象があるが……。

     「今までは、マスコミがある程度取材規制をしたり、かん口令を敷いてコントロールしていました。もちろん苦情の声は以前もありましたが、それは電話や手紙という、手間がかかる方法でした。ところが今や、誰もが瞬時に思ったことをつぶやけるSNSが発達し、それが『世論』となってダイレクトにテレビ界を直撃しています。つまり一度でもバッシングに遭うと一発アウト。今後ますます芸能人は襟を正さなくてはならないでしょう」(同)

     ネットユーザーの「芸能界監視システム」はまだまだ強まりそうだ。

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/71661417/

    71661417


    【【芸能】芸能界監視システムにより宮迫、ロンブー田村亮、木下優樹菜、チュート徳井の復帰は絶望的!?】の続きを読む



    1 幻の右 ★ :2019/11/22(金) 17:32:55.01 ID:ffACmi279.net

    闇営業問題で今年7月に吉本興業から契約解消された雨上がり決死隊・宮迫博之(49)のために、明石家さんま(64)が呼び掛けた激励会「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」が、21日夜に都内のホテルで開催された。

    厳重な警備体制の中、さんまが招待状を送った、テレビ各局の制作幹部、お笑い関係者らが集まった。

    さんまが宮迫の再出発に向けて後押しする会が行われた。この日、会場となった都内のホテルは厳重な警備体制がしかれ、ピリピリとした雰囲気。そこへ午後5時半頃に、さんまが自ら車を運転して登場。待ちかまえた取材陣に「駐車場どこ?」と呼び掛けて空気を和らげた。

    その後、さんまが招待状を送った、テレビ各局の制作幹部やお笑い関係者が続々と会場入り。午後7時から始まった会は、午後9時すぎにはいったんお開き。白いジャケット姿の宮迫は、宴会場の外のエレベーター前で出席者を見送った。雨上がり決死隊がMCを務めていたテレビ朝日「アメトーーク!」を担当する加地倫三プロデューサーの姿も見られたが、取材陣の問い掛けに無言で会場を後にした。

    さんまは自身の個人事務所「オフィス事務所」で、宮迫を受け入れることを表明。先月12日の毎日放送系ラジオ「ヤングタウン土曜日」では、宮迫に「お前、これからも笑わせたいのか?」と質問して、「笑わせたいです」と答えが返ってきたことを明かしていた。

    今後は、来年1月10日に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで開幕する、さんま主演の舞台「七転抜刀!戸塚宿」が、宮迫の復帰初仕事となる予定。その後はYouTubeのチャンネルを開設して、ユーチューバーとしてお笑いを発信する計画も持ち上がっている。

    宮迫は6月7日発売の雑誌「FRIDAY」で、特殊詐欺グループのパーティーに、所属の吉本興業を遠さない闇営業で出席したことが発覚。当初はギャラの受け取りを否定していたが、100万円を受け取っていたことを告白。謝罪会見を開きたいと申し入れたが、吉本興業に拒否されて7月19日に契約解消。同20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに会見して引退を否定、お笑い芸人としての復帰を目指すと話していた。

    日刊スポーツ
    11/22(金) 4:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-11220014-nksports-ent

    無題

    ※前スレ 
    【芸能】さんま主催の宮迫博之「激励会」テレビ局幹部が集結
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574364376/


    【【芸能】さんま主催の宮迫博之「激励会」テレビ局幹部が集結 ★2】の続きを読む


    明石家さんま「宮迫博之謝罪&復帰会」で500万円自腹の男気! - 芸能ニュース掲示板


    NO.7949658 2019/11/14 11:50
    明石家さんま「宮迫博之謝罪&復帰会」で500万円自腹の男気!
    明石家さんま「宮迫博之謝罪&復帰会」で500万円自腹の男気!
    「さんまさんが主催する、宮迫さんの激励パーティの日が近づいてきました」

     そう話すのは、在京キー局関係者。

     雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら、お笑い芸人、そして所属事務所をも巻き込み、芸能界を揺るがした一連の“闇営業”問題。

     10月22日の『日刊ゲンダイ』では、明石家さんま(64)がごく親しい関係者にあるパーティの招待状を送ったと報じている。

     実は、さんまは宮迫が所属事務所からマネジメント契約を解除された当初から、「自分のところで預かろうと思っている」と話しており、今回の“パーティ”は、そのバックアップが形になったものだという。

    「招待状は、さんまさんの個人事務所『オフィス事務所』から送られてきました。『日刊ゲンダイ』の記事にもありましたが、パーティのタイトルは、『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会』(笑)。11月21日の夜、都内の超高級ホテルで行われます。招待状は100名以上に配られていると聞こえてきていますよ」(前出の在京キー局関係者)



    【日時】2019年11月14日
    【ソース】日刊大衆


    【【芸能】明石家さんま「宮迫博之謝罪&復帰会」で500万円自腹の男気! - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ